荒川家具 店主のブログ

ほとんどが私事、たまに仕事、素直な気持ちを書きます

納品例

2019-10-27 | 納品例

当店でも大人気の子供椅子アップライトチェアをお届けいたしました。以前にご購入頂いたウォルナットのテーブルに合わせ、同じウォルナット材でお届けいたしました。
人が一番楽な姿勢は立っている時の姿勢です。ちょうど背中がS字カーブを描く状態が一番良いと言われています。アップライトチェアはその姿勢をサポートするように背もたれが立体的に曲げられて作られています。
昔の人は「姿勢を正せ!」とよく叱りました。実は姿勢を正すことは健康にも良く、集中力も高まると言われています。また、テーブルに対して最適な椅子の高さに調整できますので、食事の時もしっかりと食べ物をみて食事ができ、お子さんの食育にもつながります。

ありがとうございました。

コメント

納品例

2019-10-26 | 納品例

座面の奥行が深くその上でゴロゴロできるソファ。片肘タイプでお届けいたしました。ソファ全体の奥行はありますが、高さが低めですのでお部屋に入れても圧迫感がありません。ナチュラルテイストのお家にダークグレーの張地を選んで頂き、空間が引き締まりました。

ありがとうございました。

コメント

価格改定のお知らせ

2019-10-18 | お知らせ

宮崎椅子製作所の全商品が11月1日より価格改定となります。2%~5%ほどの値上がりとなります。ご検討のお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承頂けますようお願い申し上げます。

 

消費税も上がりました。今回の増税は前回よりさほど駆け込み的なものもなく、お客様も静観されている方も多かったのでしょうか。2%という数字的なこともあると思いますが、キャッシュレスポイント還元などの政策が効いているのかどうか。新聞に、あるマーケッターが「キャッシュレスポイント還元などはあまりお客様に響かない。どこでもやっているので差別化にならない。それよりもお客様が本当に欲しい物を売れ」と言っていました。当たり前に聞こえますが、本当に欲しい物って皆さんあるのでしょうか?例えば家具なら、「宮崎椅子製作所のNO.42チェアがめちゃくちゃ欲しい。寝ても覚めてもNO.42チェアのことばかり」という人はどれぐらいいるのか。私は洋服が好きなので増税前にとりあえず買うといった事はせず、ほしい物があれば増税後も気にせず買っていると思います。もちろん売っている商品にもよりますが、お客様のほしい物を売るのが小売業の基本でしょう。しかしながらその欲しいかどうかはお客様の気持ち次第。それを常に捉えなければならないのだから小売業は大変です。

コメント

店主のひとりごと

2019-10-18 | 店主のひとり言

中2の次女は勉強嫌い、だいたい毎日スマホでラインかユーチューブ。この前テストでとんでもない点数を取ってきた。特に社会がひどく100点満点中20点ぐらい。(おそらくその20点は勘で当たったのだろう)正直私も社会や理科を勉強する意味があるのかと思っている所がある。娘にも「社会と理科みたいな暗記する科目は、まー勉強しなくてもいいよ」なんて話した時もある。娘はそれを素直に受け取っているようだ。妻も妻で「嫌いといってるのに無理に勉強させてもね~」なんてのんびりしている。
実際教科書をみても私が中学生だった30年ぐらい前とあまり変わっていない気がする。スマホで何でもすぐに調べられる世の中で本当に意味があるのだろうか。誰か教えてください。

コメント

店主のひとり言

2019-10-13 | 店主のひとり言

今回の台風で皆様被害はございませんでしたでしょうか?当店もお店の前が川のようになってしまったのですが、4年前の大雨被害の経験から土嚢などを準備し被害は最小限に収まりました。被害に合われた方にはお見舞い申し上げます。
お店は通常営業しておりますので皆さまのご来店お待ちしております。

ちょうど12、13日が鹿沼の秋祭りの予定だったんですが、もちろん中止になりました。そんな中、祭りの仲間がボランティアで駆けつけてくれたり、様子を見に来てくれたりと声をかけてくれました。お祭り自体もボランティアですが、損得抜きで行動してくれる人って本当に素敵ですよね。少々落ち込んでいたりしてもそれで元気になれたりするんですよね。やっぱり人は人とのつながりで生きているのですね。
私自身は誰かを元気にさせたりしたことがあるのでしょうか?聞いた時もありませんし、相手の気持ちだからそれは分かりませんが。もちろんアイドルやスターではありませんので多くの人に元気を与えることはできませんが、少なくとも家族には必要とされたいものです。
昨日はその台風対策でお店の前に土嚢を積んだり色々準備をして夕方家に帰りました。妻がいきなり「こんな大きな台風が来るのに何してたの?」「お客さんなんか来ないでしょ?」と言ってきました。「何って土嚢を市役所にもらいに行って、店の前に積んだりしてたんだよ!ボケーとしてたわけじゃないよ!」と少しカチンときて強めに言い返しました。妻は納得いかない様な態度で「私がもし仕事でこんな日に帰ってこなかったらどうする?」と返してきたのですが、何を言いたいのかすぐには理解できませんでした。
結局妻が言いたかったことは「会社も大事だけどもっと家族を心配して」つまりは「私、こんなに大きな台風が来るのにとても不安だったの」という気持ちだったのだろうと理解し、なだめるように1人で苦労していた事をねぎらってやりました。女性とはそういうものなのでしょう。
(後片付けがおわり多少の疲労感の中で感じた事を書いてみました)

コメント