荒川家具 店主のブログ

ほとんどが私事、たまに仕事、素直な気持ちを書きます

なぜブルーなのか

2014-08-31 | 新入荷

Usf45295

なぜブルーのチェック柄に張替えたのか?それはただそんな気分だったからです。最近色選びに大胆になっています。ファッション的な感覚です。昔はベーシックな色を選んでいました。特に大きいソファーはベージュとかグレートか合わせやすい色に。
良いか悪いかはお客様が決めてください。



コメント

2014-08-18 17:16:20

2014-08-18 | 納品例

Imgp3657

やさしい雰囲気のお家にオーク材で製作したダイニングテーブル、宮崎椅子製作所のPePeアームチェアーをお届けいたしました。

ありがとうございました。

コメント

匂い

2014-08-17 | 新入荷

Tv0077

新しい家具との出会いは合同展示会などが全国の家具産地であって、大きな会場に色々なメーカーが各ブースに商品を展示している。そこを一つ一つ見てまわるのだけれど、その中から当店で扱いたい商品を見つけてくる。
ほんと色んなメーカーがあって、大型店向けの商品を作っている所や今流行のテイストを取り入れてる所、見せ方がうまい所などなど。その中で私はしっかりとした作りで職人さんの手仕事が生かされ真面目に家具を作っている所を見つける。なかには見せ方がうまくてスタッフの人もオシャレでビシッとスーツで決めていて、でもなんか商品はそこまでではない、パッと見はいいんだけれどよく見ると細部までは作りこまれてはない。手を抜いている訳ではないけれど効率を優先している感じのメーカーもある。

こちらのTVボードは広島府中のメーカーで関東での取扱いは今の所当店だけ。ブースを訪れた時も見せ方は正直うまいとは言えない。ただボコッと家具が置いてあるだけ。あっても間に合わせで集めてきたであろう雑貨が少し飾ってるぐらい。スタッフの人も普段職人さんなのだろうオシャレとはいえない着慣れないスーツ姿。質問しても言葉少なにボッソとしゃべる。でも私の好きなメーカーの匂いがする。
商品を良く見ると「これは真面目に作っている」と直感でわかった。手間のかかることを当たり前にやっている。これが本来の家具だ。「当店で取扱うのはこのようなメーカーだ、しっかりと説明してお客様にお勧めしよう」
その後すぐに取扱いをさせて頂いた。

TVボードお探しの方はぜひお勧めです。 ご興味ある方は こちら*

コメント

2014-08-10 16:26:59

2014-08-10 | 納品例

Imgp3601
宇都宮市の かんばら設計室さん へダイニングテーブルとチェアーをお届けいたしました。今回、事務所兼ご自宅を新築されて当店の家具を選んで頂きました。かんばらさんはご夫婦で建築士でいらっしゃって、さすが細部まで考えられたすてきな住宅でした。作家さんにお願いしたという照明器具も、お部屋の雰囲気にぴったりでした。

ありがとうございました。

コメント