遠野ごたく帳

田舎暮らしの何気ない日常を届けます

第58回北上・みちのく芸能まつり

2019-08-04 16:51:00 | 行事

8月に入ると東北は夏まつり一色。

東北の夏まつりで有名と言えば、青森のねぶた、秋田の竿灯や

盛岡さんさ、仙台七夕、山形の花笠踊り、福島のわらじまつりでしょうか。

でもそれ以外でも大小のまつりが各地で行われていますが、

今年で58回を数える北上・芸能まつりもその中の一つ。

今年で42回という盛岡さんさよりも長いのです。

北上は遠野の隣市ではありますが、このみちのく芸能まつり、

実は今まで見に行ったことがありませんでした。

今年はひょんなことからまつり2日目の昼{3日(土)}を見に行って来ました。

まずは岩崎城址で行われた鬼剣舞合同大供養へ。

岩崎城址に鬼剣舞の団体が全国から集まり、和賀忠親弔魂碑と剣舞供養塔に

舞を奉納し供養するとの事です。


和賀忠親弔魂碑前で鬼剣舞の始祖である岩崎鬼剣舞による「一人加護」。

続いて剣舞供養塔前。

剣舞供養塔への奉納は毎年踊る団体が違うようです。

一番庭という演目、今年は函館鬼剣舞でした。

これが最後のポーズですが、完全に疲れ切った様子にしか見えません。

ほぼ猛暑日なので仕方ないですね。


続いて黒沢尻鬼剣舞。刀剣舞の奉納。

この刀剣舞で岩崎城址での鬼剣舞合同大供養は終了です。

北上の街中に戻り、昼食後、詩歌の森公園に移動。

ちょうど江刺の石関獅子躍が始まるところでした。

案山子という演目。

鹿が案山子を人間だと勘違いするという内容。

それにしても芝の緑が良い感じですねー。

でも気温が気温なので芝の水分が蒸発してかなり蒸し暑い。

踊っている人はかなりしんどいと思います。

釜石市栗林の砂子畑鹿踊は遠野でおなじみの幕踊系。

幕踊系でも遠野のしし踊りとは大分違う雰囲気。

踊りは雌鹿をめぐる二匹の雄鹿の争いという内容。

北上の口内鹿踊

口内鬼剣舞

狐剣舞

口内地区の鹿踊と鬼剣舞のコラボ。

コラボと言っても交互に踊っているので、コラボとはちょっと違うかな?

でもあまり見る機会はないのかもしれませんね。

詩歌の森公園での芸能公演終了。暑い中お疲れ様でした。

夜の部も少しは見ようかなと思っていましたが、もう暑くて…ここで撤収です。

最終日の花火は約10,000発だとか。いつかは…と思っております。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 夏の焼石岳 後編 | トップ | 2019 SL銀河とひまわり »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鹿踊 (とらねこ)
2019-08-09 20:04:47
いや~・・・流石です。
いつもは小生同様、飽きやすいという印象ですが初めの岩崎城跡での和賀氏追悼の剣舞の舞、これは恐れ入りましたよ。
郷土史関係に興味持つ身としては興味ある内容ですね。
それと鹿踊りでの案山子・・・幕踊りでの遠野、その元祖である小生の地元、駒木鹿子踊でも演じられる内容、形は違えど基は同じという思いはそのとおりというところです。
仕事とはいえ、こうした内容が伝わり感謝です。
子供の頃、北上のみちのく芸能まつり、鹿子踊りに参加したことがあります。50年も前の話ですがね。別な思いで撮りに行きたいです。
みちのく (姫猫)
2019-08-10 05:33:34
とらねこさん
まったく行く気はなかったのですが、盛岡から撮影に来るということで、しょうがなく同行した次第です。
きっかけが無ければ行くこともなかったので、行って良かったと思っています。
とらねこさんも来年行ってみてはいかがでしょうか。
みちのく芸能まつり (笛吹)
2019-08-10 11:02:42
パチパチ(拍手)!
いいポジションだったようで、良かったですね~
現代詩歌記念館はそれほど混雑しなかったでしょうか?
カメラマンのいざこざと暑さが気にならなければ行きたい雰囲気ですね!
詩歌 (姫猫)
2019-08-12 06:04:04
笛吹さん
ちょうど一番前が空いていたので…そんな人出ではなかったですね。
会場も分散しているので、人も分散するのでしょう。
どうぞ来年行ってみてください。