とどちゃんの縁側でひとり言・・・。

日々の生活の中で見たこと感じたことを記録していきます。

旅行はやっぱり山形だな・・・。

2007-04-30 22:00:15 | 旅行
今年は暖冬でしたので、山形の桜も早かったですねぇ・・・。
でも!
上杉神社の桜は待っていてくれました。
今年は、って言うか、ほとんど毎年恒例になっちゃってるんですけど・・・。
4月29日30日と山形へお出かけしてきました。
29日の早朝、福島を出て、とりあえず桜の具合を見るために上杉神社へ寄ってみました。
満開でしたよ!
風に花びらが舞って、何とも素敵な風景でした。
そうそう、29・30日は「上杉神社」で上杉祭りがあるからねん。
大砲の音が物凄い迫力でしたね。

相方は、上杉神社の時点でビールと牛串でいい感じになっておりました。
私はドライバーですからね・・・。
いいんです・・・。
夫が幸せならば・・・。(本心か?)

今回は、毎回酒代が物凄いので、車用冷温庫に酒やらジュースやら、おつまみやら色々持ち込みました。

その後は、「さくら回廊」を7箇所周りました。
あまりにも普段着なうえに、東北人丸出しな私たちは地元住民に普通に間違われ・・・。
烏帽子山では「すいません、さくら回廊ってどこですか?」と聞かれ・・・。
聞かれても、説明するのは至難の技で、知らない人は、普通にグルーっと周って見れるもんだと思うらしいです・・・。
まあ、確かにぐる~っと周るんですけどね。

とにかく歩きました・・・。
で、今回のお宿は・・・。
天童温泉の「ビューくろだ」さんです。
シティホテルにしては大浴場があるというのに惹かれまして・・・。
おまけに安いし・・・。
しゃぶしゃぶを頂きまして・・・。
夜は天童温泉をブラブラ・・・。
翌朝も早朝からブラブラ・・・。

本日は、花笠音頭にもある
「めでため~で~た~ぁ~のぉ わか~まぁ~~つさ~ま~」でおなじみの
「若松寺」へ行ってみました。
ここに!
あの!あれ!あ~・・・また度忘れしちゃった・・・。
あの、若くして亡くなった人が「あの世」で結婚できるように結婚式の絵を描いて奉納する・・・あの・・・あれですよ・・・。
あれが、沢山あったのです!
以前「山寺」でも見たのですが、たしか絵を書く方も山形にいらっしゃる?んですよね?
以前テレビで見たこ時、70歳代の女性だった印象が・・・。

それにしても・・・。
やっぱり山形は良いなぁ・・・。
歴史的建造物もちゃんと残ってるし、福島ももっと頑張らないと・・・。
他の東北5県を見ても全然違うものねぇ・・・。
談合ばかりに一生懸命で、私腹を肥やす事ばかり考えてるお偉いさんばかりでは発展はありえないのでしょうねぇ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何も無いときは「ねぎみそ」

2007-04-23 00:32:59 | 徒然なるままに・・・。
本日は午後からお出かけになりまして・・・。
恒例のおにぎりを作ろうと思いましたら・・・。
「おにぎりの具が無い!」ということになりまして・・・。
自家製「ねぎみそ」を作りました。
いたって簡単。
皆さんも、まだの方はぜひお試しあれ!

まず、長ねぎをみじん切りにして・・・。
ごま油で炒めたら・・・。
ちょろちょろっと水を入れて・・・。
だしの素を少々・・・。
みりんとみそを入れて・・・。
味をみながら炒めて・・・。
七味を好みで入れたら・・・。
出来上がり・・・。

そしたら!!
何と!我が家には「のり」も無かった!!
この所、外出の度に「おにぎり」持って行っていたので、あっという間に「のり」を使い果たしてしまいました・・・。
そこで・・・。
ご飯はゆかりをまぜまぜして・・・。
「ねぎみそ」入れて持っていきました。
自分で言うのも何ですが・・・。

超うめ~よ!!


だけど・・・。
今年はあんまり桜が見れなかったなぁ・・・。
あっという間に葉桜・・・。
去年が見すぎたのかなぁ・・・。
な~んか、あんまり感動しなかった・・・。
足利の「藤」ってどうですか?
どなたか行ったことある方おりませんか?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だからと言って飲みすぎはよくありません。

2007-04-21 21:51:23 | 医療・看護
赤ワインで眼病予防期待、ポリフェノールが目の血管拡張(読売新聞) - goo ニュース

この様なニュースが出ると、ちょっと早とちりして「赤ワイン飲むといいのか!」と勘違いする方がいますけどね・・・。
ポリフェノールの一種レスベラトロールが効果があるらしいということであって、赤ワインが良いわけではありませんからね。ご注意を・・・。
で、このポリフェノールの一種であるレスベラトロールを上手く活用してお薬とか作れないかという研究を進めている段階なわけですよ・・・。

「赤ワインが良い」とか言って、糖尿病性網膜症の人が赤ワインを大量摂取したら間違いなく失明する確率が上がりますからね。
この類のニュースって、伝え方に問題があるなぁ・・・。
まして、糖尿病性網膜症の末期の人に何て絶対やってほしくないですよ。
下手すれば本当に病状を悪化させますからね。

病気をお持ちの方は、それこそ藁にもすがる思いで「何か良くする方法はないか」と色々自分で学習したりしてるわけですから、安易に何でも発表すれば良いってもんじゃないでしょ。まして、糖尿病何て、民間療法で悪化するケースが多いんですから・・・。
学会でも公に公表するのはもう少し慎重にしてくれませんかね・・・。
すぐ飛びついちゃう患者さんも結構多いですし・・・。

民間への発表は薬ができた時点で良いと思うんですけどね・・・。
「あるある」みたいな事件もあるわけですし・・・。
それも、命を扱う者の責任の様な気がしますけど・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前世の記憶2

2007-04-19 22:51:28 | スピリチュアル
私は音楽が大好きだ。
ジャンルを問わず、何でも聞く。
それこそ、クラシックからヘビメタ、演歌、なんでもこざれ・・・。
音楽の無い生活は考えられないないくらい音楽を小さい頃から聴いてきた。
むか~しの音楽も勿論聴く。
お陰で、我が家にはサウンドプラネットも入っている。
こうして、色んな音楽を聴いていると、何故か魂が震える音楽にも出会う事がある。
子供の頃から、タンゴとカルメンには何故か惹かれるものがあった。
バンドネオンの響きが妙に懐かしく感じたりした・・・。

中学生の頃、大ファンの中森明菜さんが「ジプシークィーン」という楽曲を発表した。
彼女の歌の中でも大好きな歌の一つだ。
当時、私は新聞配達のお給料の中からそのシングルを買った。
A面を聞き終わり、B面にレコードをひっくり返し、針を落とす・・・。
流れるメロディーに衝撃が走った。
そして、一度聞いただけで、
「これは私の前世の事を歌った歌だ!」
何故かそう思った。

曲のタイトルは「最後のカルメン」
歌詞はこうだ・・・。

魔が差しただけ?ちがうでしょう
後ずさりするあなたの腕を掴んだ
傾く夕陽 夜になれば
これで最後のカルナバルが始まるのよ

狂ってこそ恋だわ
黒髪に赤いバラ
貴方の罪は
私を愛したことね

人には言えない嘘も重ねここまで来た
浮世を逆手に怖いものは何にも無い

Ahー炎のように
Ahー風に煽られ
Ahー悪事は千里走るけど
Ahー例え全てを
Ahー闇に変えても
Ahー燃え尽きるまで
愛し愛し抜く
女は誰も 最後の恋を
捜して生きる 踊り子
競い合って 奪い合って
祭り上げるエナジー
カルメン


お願いだから黙っていて
衣装(ドレス)を選ぶ事は真剣な儀式
どんな土地で捕まっても
女なら そう
華で散りたいと願うわ

逃げても負けじゃない
眼差しは熱いバラ
貴方の罪は
私の罪でもあるわ

小さい頃から変わった子だと言われてきた
何かに束縛されるならば死ぬ方がいい

Ahー炎のように
Ahー風に煽られ
Ahー貴方に抱かれ 昇ってく
Ahーたとえすべてを
Ahー敵に変えても
Ahー燃え尽きるまで
愛し 愛し抜く

女は誰も 最後の恋を
捜して生きる 踊り子
競い合って 奪い合って
祭り上げるエナジー
カルメン


今世では数ある前世の記憶の中でも彼女の時の影響が強いようです・・・。
まあね・・・
こんな話すると
「あ~逝っちゃってるよ」と言う方も多くおられる事と思いますが・・・。
私的には、昔の自分が望んでできなかった事を実現できて、例え一つでも出来たことは良かったと思ってます。
前世では捕まる前に殺されちゃってるんですよ。
まあ、話すと長くなるんですけどね・・・。

それは置いといて・・・。
皆さんも、行った事ないけど、何故か惹かれる国とか、初めて聞くのに、聞いたことがあるとか、そんな経験ありませんか?
そんな世界に旅するのも、時には楽しいですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それは誰?

2007-04-18 23:31:26 | 家族
私には甥っ子がいる・・・。
私と境遇が似ている子で、出戻り妹の子供だ・・・。
これが・・・。
またペラペラとしゃべるしゃべる・・・。

先日も、彼から誘いがあった。
電話に出るなり・・・。
「峰○です!todoちゃん、これからデニーズ来ない?」
ええ・・・行きましたよ・・・。

私と妹が話しをしてると、負けずに脇から口を挟むのですが・・・。
ポテトが来れば、
「これ、ケジャップつけて!!」
・・・。
ケチャップだろう・・・。
それとも、これが正しい発音なのか・・・。

でもって、甥っ子は時代劇が大好き・・・。
中でも大好きなのは、彼曰く・・・。

「山形の金さん!!」


なのだそうだ・・・。
勿論、決まり文句は・・・。
「このサクランボに見覚えねえとは言わせねぇ!!」
なんだろうな・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐ろしいトイレ

2007-04-14 21:32:06 | 地元ネタ
今日は、夜桜見物に行った。
私の故郷、二本松の霞ヶ城公園へ・・・。
日中の暖かさがウソの様に、風が冷たく、お弁当を食べて、写真を撮ってそそくさと帰ってきた・・・。

駐車場に行くと、相方が
「トイレに行ってくる」と言い残し、近くのトイレに行ってしまった・・・。
車の中で、相方を待っていると、急ぎ足で相方が戻って来た・・・。

「いや~・・・恐怖のトイレだった」と戻るなり相方が言い放った。
「何?何かいたの?」
私は、ついに相方もシックスセンスが強く働く様になったのかと、興味津々で話しかけると・・・。
「うん、恐ろしいトイレだ、みんな恐ろしくて逃げてくるべ」
と言う。
「何したの?」と聞くと・・・。


「シャッターが閉まりますってずっと言ってるんだ」
「恐ろしくて、おちおち用足しもできない」

そう、公園のトイレはいたずら防止も含めて、規定の時間になるとシャッターが降りるしくみになっているのだ・・・。

想像して下さい・・・。
あなたがトイレで用を足してる時に・・・。
背後で・・・。

「シャッターが閉まります」と延々と言われたら・・・。
閉まってしまったら・・・。
明日の朝まで出られません・・・。
どうです?
世にも恐ろしいトイレでしょう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いいですねぇ・・・。

2007-04-12 18:06:33 | 徒然なるままに・・・。
えっ、中森明菜が演歌に挑戦?デビュー25周年で心機一転(サンケイスポーツ) - goo ニュース


我らが明菜姉さんが、またまたやってくれますよ。
今回は演歌のカバーですか・・・。
確かに、千住明さんがプロデュースするようになってからのアルバムはどれもいい感じにアレンジされていて、聴き応えあるんですよね。
先日発売されたバラードのベストも、難破船と帰省を再録してまして、正直、彼女自身、声の張りも昔のようではないのですが、今の彼女の歌になってました。

さて、どんな歌が収録されるのか楽しみですね。
リクエスト結果も気になりますが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カタクリの花が・・・。

2007-04-08 21:38:12 | 地元ネタ
福島市にある「小鳥の森」へ行ってきました。
今は「カタクリ」の花が見頃です・・・。
今回、初めて知ったのですが・・・。
カタクリは花が咲くまで8年かかるのですね。
この8年もかかるカタクリの花が群生してるんですよ。
凄い見ごたえです。
種はアリなどが運んでくれるようで、それで増えるみたいです。
勿論、名前の通り、カタクリ粉の原料なんですよ。
現在はジャガイモから作られていますけどね。

今が見頃です。
急いで!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

問題発言

2007-04-07 23:38:13 | 徒然なるままに・・・。
4歳生ゴミで生存、1歳放置死…21歳母を殺人で起訴(読売新聞) - goo ニュース

ええ、問題発言と言われようが、人権侵害と言われようが、これは黙っていられません。
声を大にして言いたい!!

「こういう女の刑罰は子宮を取ってしまう」
ということでどうでしょう?

どうせ出てきても快楽に溺れるだけなんですから、子供はできないし、本人にとってもその方がいいんじゃない?
できちゃった結婚する人ってホント多いし、若くて母子家庭の人はホント多いけど、どうも最近の傾向は
「子供ができたから仕方なく結婚する」人が多いみたいです。
「責任をとって」結婚してもきちんと育てられないなら、それは責任を取ってるとは言いません。
「命です!」なんて奇麗事言っても結果がこれじゃあ意味無いんですよ。

問題は、命を育てる事の大変さ、責任の重さ、これをあまりに美化しすぎてきたのと違う?
そして、性教育をおざなりにしてきたツケ・・・。

少子化対策よりももっと先にしなくちゃいけないことがあるんじゃないの?
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

本当にそれで防げるのか・・・。

2007-04-07 21:37:59 | 社会
二女殴った義父逮捕 長女の通報で発覚 神戸(神戸新聞) - goo ニュース

こういう事件が起きる度に思うが・・・。
「口頭指示」とか、「訪問」とか・・・。
そんなに効果があるとは思えない。

こういう家庭の子供達は「今」その現状から救ってあげなければいけない・・・。
児童相談所などの機関が訪問したり、注意すればするほど暴力がひどくなるということも多々あるだろう。


自分の子供ですら愛せない親が増えている。
連れ子となるとなお更愛せないというのは目に見えている。
本当に簡単な事ではないのだ。
勿論、上手くいっている家もあるけれど、どれ程大変な事か・・・。
そう簡単にできる事ではありません。

そして、悲しいのはこの様な子供達で母親の連れ子の場合、すでに母親が「親」でなく「女」になっいる場合が多く、子供よりも、男との人生、自分だけの人生を選んでしまう事。
そんな親に着いて行くしか術が無い子ども達・・・。

施設に入ったところで、子供達はやはり親を求める・・・。
どんなにひどい親でも、子供にとっては唯一の人なのだ・・・。
そんな子供の気持ちも解って欲しい・・・。


だけど、何より今は、この子供達を救うことだろう・・・。
私に何ができるだろうか・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加