とどちゃんの縁側でひとり言・・・。

日々の生活の中で見たこと感じたことを記録していきます。

お疲れちゃんで・・・。

2011-03-30 00:01:03 | 徒然なるままに・・・。
今日は、いつもより早く帰れるし、色々お話したい事もあったのだけれど・・・。

久々・・・と言っても2週間振りだけど、手術だったので、何だか疲れちゃって・・・。

恐らく、明日も疲れが残ってると思われ・・・。

申し訳ありませんが、明後日までお待ち下さい・・・。

震災後、初の手術でちょっと緊張したのかねぇ・・・。

帰宅後、すぐ睡魔が・・・。

それでなくても、最近テレビを見ては福島県の行く末を案じて、涙する事が多いです・・・。

今私が心配なのは・・・。

まずは、埼玉スーパーアリーナに避難しておられる双葉町の皆様・・・。

本当ならね、県民で救いたかった・・・。

中通りでも、会津でも・・・。

できれば知ってる土地が良いもんねぇ・・・。
田舎だし・・・。

また、別の場所に避難しなくてはいけないのです・・・。

子供たちは、その場所で新学期を迎えます・・・。

どうか・・・。

変な風評によるいじめになんかあいませんように・・・。

子供はたくましいから、大丈夫だとは思うけれども・・・。

今はちょっとね・・・弱い部分もあると思うから・・・。

でもね。

福島県は見捨てたりなんかしない!!

きっと帰ってこれるからね!!

大丈夫だよ。

きっと帰れるからね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島から・・・。

2011-03-29 00:50:19 | 徒然なるままに・・・。
原発の事・・・。
被災者の事・・・。

沢山伝えたい事があります。

・・・と思ったら・・・。

深夜なので・・・。

仕事から帰ってきてからきちんと書きます。

ごめんねぇ・・・。

暫くお待ち下さい・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不死鳥の力を借りて・・・。

2011-03-27 12:50:32 | 徒然なるままに・・・。
いわきに響く「ひばりの歌声」(日刊スポーツ) - goo ニュース

♪髪の乱れに手をやれば

赤い蹴出しが風に舞う・・・♪


そうだよね、福島も不死鳥の様に蘇らなければ・・・。

いわきの青い海・・・。

美味しい海の幸・・・。

毎年訪れてたお店・・・。

学術研究としても名が高いアクアマリン福島。

同じ福島でも、一年中温暖で、気候が良い。

そして、雪もめったに降らない・・・。

福島の広さを実感するよねぇ・・・。


みだれ髪 美空ひばり Misora Hibari 1987.avi


ちなみに・・・。

塩屋岬の歌詞は・・・。

つよくなろうとつぶやいた・・・から始まるような・・・。

こちらも福島の復興ソングになりそうです・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悲しみは続かない 

2011-03-24 17:17:49 | 徒然なるままに・・・。
震災から明日で2週間・・・。

仕事もいつものペースに戻りつつあります。

ここに来て、ようやく物資も供給されるようになってきて、スーパーも少しずつ品数も増えてきた。

ガソリンも少しずつ開いてるスタンドが多くなってきて、お陰で、今日の午後並んで1時間半・・・。
20リッター入れる事ができた。
軽ならこれだけあれば結構持ちます。

ただ・・・。
まだお仕事が始まってない方もいるのですが、あちこちのスタンド情報を見ると・・・。
「明日も並ぼう」とか、今日も入れられたのに、明日も並ぶのってどうなのかと思います。

私が今日入れた時は、すでにガソリンのランプも点いてましたし、正直、仕事の帰りだったので、並んでて動かなくなったらどうしようって、おまけに、スタンドの中には、会員じゃないと入れてくれない所もあるらしく、並んだ挙句に入れられなかったら・・・とか、並んでても入れられなかった人もいるので、自分は大丈夫かなとか、ガソリン入れるのにこんなに緊張したのは生まれて初めてです・・・。

中には、満タンなのに入れにくる方もいたりするとか・・・。

正常じゃないと思います。

福島は原発の不安もあり、いつでも逃げれるようにという気持ちも解りますが、不安な気持ちからは何も良いことは起こりません。

原発にあまり負のエネルギーを送らないようにしないと・・・。

特に、中通りの私達は、浜通りは勿論、他県の被災地から比べても災害が比較的少ない方なのですから、そろそろ心を立ち直さないと・・・。
気仙沼の学校だって、場所を変えたりしながらも卒業式をやったりしてるのに、福島市の学校がまだというのも、勿論、安全確認もあるとは思いますが、方法はあるはず。
気持ちが負けたらダメだよねぇ。

少しでも私達から普段を取り戻さないと・・・。
犠牲になった方々にも申し訳ない・・・。

時間は平等に流れます。
傷も癒えないものはありません。
立ち止まったままでいいのか、歩き出すのか・・・。
明日を生きたいと思うならたやすい選択だと思います。

悲しみは続かない 椎名恵




人は誰も弱くて
間違いを起こすけれど
本当の愛があれば乗り越えて行ける
それを見つける為に
そして守って行く為に
どんな暗闇にもくじけずに生きて行かなければ・・・。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

相変わらずのぉ~。

2011-03-22 17:36:33 | 徒然なるままに・・・。
ガソリン~
ぶぅ~そぉ~くぅ~~


もうね、歌うしかないわ。
ここは、歌で乗り切るか!!

って感じですよ。

今日から我が家は通常勤務。
お休みの間、とてもとてもあの列に並ぶ勇気は無く・・・
落ち着いたら入れればいいや~
くらいに思ってたら・・・。

一向に落ち着かんやないのぉぉぉぉ

暫くは、バスと徒歩での通勤になりそうです。

運動になるから良いか~。

でも、バスからも今朝見たけど・・・。

みんなよく並ぶのぅ・・・

ってか、君達、仕事はいつからやるのだ!?

正直ねぇ。

仕事してるとガソリンに並ぶ時間も無いし。

じゃあ休みの間なにしてたんだよと言われますが・・・。

だって、休み中なんて、徹夜組みがすでにいたりする。

今朝見た給油待ちの車の列も、誰も乗ってない車が多かった・・・。

で、入れられるのが10リッターだったりするんだよね・・・。

並ぶにも、私の車、すでにガソリンランプが点いてるから、確実な所で入れたいのよ・・・。

なんかもう、地震の日から、断水とか、物資が無い状態とか、余震とか、原発に対する事とか、ストレスが溜まってるのかなぁ・・・。
気力も徐々に落ちてきてる・・・。

みんなそうだよね。

こんな状況で仕事ができるのは、気分転換にもなる部分もあって良いのだけど、反面色々と心の葛藤もある。

私って、こんなだったっけ?って思うくらい・・・。

夫のガソリンも減ってきたし、ここで二人でガソリン切れたら福島じゃぁ動けないよ。
福島に限らず、東北じゃ車が無いと無理。

バスも休日ダイヤになってるから、いつもの調子で出かけたら遅刻するし、何か、こういう細々した事が叫びたくなる原因なのかも・・・。

ガソリンも、昨日ゲットした人は今日は控えるとかしてくれればもっと多くの人に周るのに・・・とか思うしね。

仕事が終わってから並んでも果たして給油できるかも不安だし。

一旦家に戻って車をとって・・・ということになるから、これで入れられなかったら私、泣くよ・・・。

と、いう事もあってさ、

もっと手に入りやすくなるまで・・・と我慢してるんだけどね。

ガソリンに限らずさ・・・。

何か、みんな疲れたよね・・・。

あまりの色んなものの対応の遅さに・・・。

折れないように頑張らないとね。

そういえば、今朝の新聞に、阿武隈川河川敷で、焼死した人がいたって書いてあった・・・。
自殺のようだけど・・・。
悲観する気持ちも解るなぁ・・・。

色んな部分が弱くなってきてるんだと思う・・・。

はぁ・・・。

世の中って甘くないなぁ・・・。

甘くない・・・。

でも!!

乗り越えないと!!

くっそ~!!

来月は温泉にでも泊まりに行ってやるから~!!


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

復興ソング

2011-03-21 15:10:42 | 徒然なるままに・・・。
トシちゃんと馬鹿にしないで。
まずは詩を見て!!

ねぇ あの日僕と出逢った道
いまも覚えてるかな
そう まだなんにも知らない街
震えて見た夕暮れ

小さなBagに
詰め込んだ夢は
ぼろぼろになったけど
離さないでこれたよ

抱きしめられれば
人は強くなるんだね
抱きしめかえせば
もっと強くなれて

どんなにつらくても
決して一人じゃなかった
ふりかえる心には
いつでも君がいてくれた

もう 戻れないから 過ぎた日々は
綺麗に見えるのかな
そう 思い出には あふれてくる
いろんな涙がある

誰にも言えず
噛み締めた言葉
ありがとうそれだけが
伝わるならいいのに

愛にふれるたびに
人は弱さも知るだろう
愛しかないことに
きっと気付かされて

光が射す時も
雨に打たれたときにも
大切な心には
いつでも君がいてくれた

昨日の僕に
恥じない明日を
いつまでもどこまでも
探しながら行こうか

抱きしめられれば
人は強くなるんだね
抱きしめかえせば
もっと強くなれて

どんなにつらくても
決してひとりじゃなかった
あたたかい心には
いつでも君がいてくれた

君だけがいてくれた

田原俊彦 Cordially
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

生き抜く。

2011-03-20 10:12:29 | 徒然なるままに・・・。
震災から9日目の昨日、午後になって水道が復旧しました。

嬉しくて、嬉しくて涙が出ちゃいましたよ。

これだけでも精神的にこんなに違うんだと改めて普通に生活する事の難しさを知った気がします・・・。

それでも、我が家のある地区でもまだ一部。

同じ住宅地の中でもまだ断水してる所もあります。
夫の実家も未だ断水状態。
一部ではあと3日かかるという話もあります。
でも、少しずつ、少しずつ生活が復活しつつあります。

ガソリンは相変わらず長蛇の列で、待ってる間にガス欠になりそうですが、きっと時間が解決してくれると信じてます。

昨日は、午前中、家に居てもクサクサしてしまうだけなので、気分転換もかねて、避難所の状況も知りたかったし、近所のスーパーまで歩いてみました。
スーパーは午前中のみの営業。
入荷してるものにも数に限りがあります。
なので、人数制限をしながら入場させてました。
並んでいると、後ろの方の知り合いらしき方が駐車場からやってきて、あまりの行列に驚いていたのですが、話を聞けば、お父様が避難所に居るとの事。
南相馬から避難してきたそうで、買い物に行くと話したら、電話がきたとか・・・。

それが・・・。

「酒買ってこいって言うんだで、2升くらい」
「月桂冠ってなんぼすんの?」

知り合いの方も・・・。

「こだどぎに酒なんて飲んでんなって言ってやれ」
何て笑いながら言ってましたが、私も含め、周りにいたお父さん達が・・・。

「いやいや、こういう時だがら、飲んだ方が良いんだって、飲ませでやれ!」

と何となく和やかな雰囲気で話をしてました。

こんな時にお酒なんて不謹慎なと思う方もいると思いますが、個人的には、避難所に居る方にも、こんな日常が戻りつつある事が嬉しかったです。


今回、水道が復旧したり、また少し不自由な生活も送ってますが、改めて普段の何でもない生活が、本当に多くの人に支えられて成り立っているのだと言う事を強く感じました。

これはやはり、生かされているという言葉がしっくりくるような気がします。

物流も、ライフラインも、これまで当たり前の様に思っていたけれど、それらは本当に多くの人の手によって繋がっている事なのだと胸にヒシヒシと感じました。

また、私も誰かを支えているのかもしれません。

あなたも、あなたも。

避難所にいたとしても、きっとだれかの支えになってる。

避難所に居る、全く知らない誰かのお父さんの話で、こんなにも和やかな気持ちになる。

人の素晴らしさとか、強さを改めて実感しました。

震災から1週間も過ぎました。

まだまだ原発も、物資が行き届いてない避難所の現実も、問題が山積みです。

でも、そろそろ泣くのは終わりにしないと・・・。

生きている私たちは、前に進まなくてはいけません。

多くの犠牲となった方々の為にも、ここを何とか乗り越えて、あの海を、あの町並みを取り戻したい。

少しずつ、少しずつ・・・。

時に折れそうになっても・・・。

強くならなきゃ・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何度でも

2011-03-19 15:32:36 | 徒然なるままに・・・。
今日、皆さんに贈る歌はこちら・・・。


何度でも



何度でも、何度でも立ち上がり呼ぶよ・・・。

一万回ダメでヘトヘトになっても
一万一回目は何か変わるかもしれない・・・。


負けんな!!東北!!
負けんな!!福島!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被災されたお母さんへ。

2011-03-18 22:46:33 | 徒然なるままに・・・。
小さいお子さんをお持ちのお母さんへ。

どうか、目をそらさないで下さい。

子供たちは我慢してます。

何が怖かったのか、何が不安だったのか。
残さず聞いてあげて下さい。

お母さんも怖かった、振り返りたくもない。
それでも良いんです。

お子さんと一緒に。
現実と向き合って下さい。

この被災で、親や祖父母、兄弟を亡くした子もいると思います。

そばに居る子の話を聞いてあげて下さい。

見せないのではなく、受け入れる事。
それをサポートする大人が側に居る事で子供は安心します。

子供と一緒に、泣きながらでも良い。
子供の不安を聞いて下さい。

我慢してるはずです。
大人がこんなに我慢してるのですから、子供はもっと我慢してます。

それを世間はあまり聞くなとか言いますが、ぜひ、聞いてあげて下さい。
母親であるあなたが受け止めて上げて下さい、その上で、今何をするべきか、何が大事なのかを一緒に考えれば良いんです。

子供から逃げないで下さい。

今、一番辛いのは、辛い事を必死で我慢してる子供たちです。
見ないふりはしないで下さい!!

乗り越えるというのは、そういうことです。

田原俊彦 Cordially
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

被災から1週間

2011-03-18 15:36:38 | 徒然なるままに・・・。
早かったのか・・・長かったのか・・・。
何だかわからないうちに1週間が経ってしまった。

相変わらず断水。
今日くらいには回復するかもしれなかったのに、思いの外深刻な状況らしい。

福島市は被災も少ない方だが、どうしても岩手や宮城が優先になってしまう為、仕方が無いと解っててもイライラや疲れがピークになってくる。

被災が少ない分、水道が通れば、物が入れば、ガソリンが入れば、活動できる人も多くいるというのに・・・。
病院だって長距離を移送するより、福島の機能が回復すれば患者さんの負担も少なくて済むはず。

避難所にいる人を自分達で診る事もできる。

そうすれば、もっと被害が大きい所に外部からの援助も重点的にできるのではないか。

東北は規模が、面積が大きい。

避難所にもかなりの差がある。

放射能の事もあってか・・・。

被害も少ないと思われてる為か・・・。

原発ばかりが注目されて、そこに住んでる人、我々には目が向けられてない気がする・・・。

昨日も書いたが、被害は少ないと言っても、浜通りは壊滅的だし、さらに原発もあって、そちらからこちらへくる避難者の数も膨大だ。
中通りもダメージがゼロではない。
道路もあちこち寸断されてるし、動けるのに、ガソリンが無くて動けない状況。

医療機関も、もっと力になりたくてもなれない状況。

も少しかな。
もう少し待てば好転するのかな・・・。

火曜日には手術がある。
でも、水が復旧しなければ無理。
その次の週だって、物資が無ければ無理。

1週間たったけれど、良くなってる気がしないというか、進展が見えないというのが率直な感想。

明日は良くなりますように・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加