とどちゃんの縁側でひとり言・・・。

日々の生活の中で見たこと感じたことを記録していきます。

判断

2008-06-28 18:30:59 | 家族
病気が判明してから3年くらい経つ我が家の「トラ」さんですが・・・。
この所、ヨダレが本当にひどい事になってます。
今までも多少出てはいたのですが、それでも、具合の悪い時と良い時で出具合の差がありました。
それが、今は出っ放し・・・。
ポタポタポタポタ滴らせながら歩いているのですが、これが、また臭い・・・。
食欲も昔ほどは無く・・・。
パウチのものを一日一袋。
カリカリ少量・・・。
子猫用ミルクを少し。
でも、刺し身には容赦なく攻撃。
なのですが、体力はかなり落ちてます。

恐らく、年越しはできないのではないか?
ひょっとしたら、夏も厳しいのではないか?
という見解です。

今は、ヨダレで身体も汚く。
口の周りもすすけてる感じ。
一体どこのオヤジですか?的な風貌です・・・。

一日ほとんど寝てるわけで、体調の良いときに身体を洗ってあげようと思いますが、良いときって、いつだ?

ヨダレがひどい時は、全抜歯も一つの方法であるようだけど、果たして全身麻酔に耐えられるか・・・。

一体、何が彼にとって一番良い方法なのか。
もう治らない病気、死を迎えるしかない病気だけど、今の症状を和らげるには・・・。
かと言って、安楽死とか考えるほどは弱っていない。

でもなぁ・・・。
昔だったら、病院なんてほとんど連れて行く事なんてなかったんだよね。
今でこそ、ペットも病院に連れて行くけどさ。
私が子供の頃はねぇ・・・。
早く死ねば、寿命だぁとか言われてね・・・。
まぁ、それも間違いではないけどね。
動物だし、人間が寿命を決めるのはおかしいしね。
全抜歯とかも、彼らにとっては、歯が無くなるのは「死」を意味するものだからね。
これだけでかなり気落ちする子も中にはいると思うよ。
こちらが良かれとして思った事も、彼らにとっては甚だ迷惑な事もあるしね。

彼がまだ、容赦なく刺し身に攻撃してくるうちは、じっくり考えようと思います・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

レオって大変ねぇ・・・。

2008-06-19 22:15:26 | 徒然なるままに・・・。
夫は、私に付き合って、「コンドールマン」を見ている。
私は、夫に付き合って「ウルトラマンレオ」を見ている。
こちらは、夫の解説つき。
初めて知った・・・。

レオって、ウルトラの星から来たんじゃないのねぇ・・・。
セブンが戦えなくなって、自分の星を破壊されて、地球にやってきたレオに一緒に地球を守ろうと誘われる?のねぇ・・・。
レオは、獅子座L77星雲だっけ?からやってきてるので、ウルトラマンとかウルトラの戦士とは別物なんですねぇ・・・。
スポ根ドラマ並みに、日々特訓をしていて、毎回怪獣を倒すのに技を考えないと倒せない・・・。
しかも、キックとか・・・。光線関係は出ない(今見ている段階では)のねぇ・・・。
なので、毎回、怪獣を倒すのにかなり苦労してる・・・。
とにかく、レオをやってる間は、セブンは戦えない設定、しかも足を怪我してるので、あの、最後まで諸星ダンは杖をついている・・・。
これがかなり大変だったらしいです・・・。
これから話が進むと・・・。
レオの弟「ウルトラアストラ?」が出るとか、しかもこのアストラ、怪獣に捕らえられていたので、足に鎖を巻いてるとか・・・。
ウルトラの戦士じゃないので、ウルトラの誰かと戦うとか、ウルトラキングが出てくるとか・・・。
何でも、これまでのウルトラマンより異質だそうです・・・。
ウルトラマンブームもかなり下火になってきた頃のシリーズなので、あまり人気が無いとか、再放送が少ないとか・・・。

と、いう具合に、夫のウンチクを聞きながら見ているわけです・・・。

そんなワケで、我が家は「がんばれ!コンドールマン!」「がんばれ!レオ!」と大人が二人で胸躍らせながら見ております・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

正しい判断を・・・。

2008-06-18 20:52:20 | 社会
校舎屋上の明かり窓を踏み、小6男児が転落死…東京・杉並(読売新聞) - goo ニュース

学校の記者会見も見たが、どうもマスコミの対応が気になる・・・。
この事故は、あきらかに児童の不注意。
6年生にもなって、チョロチョロしてる様では、はっきり言って困る。
それが、学校の安全管理のミスの様に言われては、その辺の馬鹿親と同じ。

最近の子供は大人が怖くない。
なので、言う事も聞かない。
親は勿論、先生の言う事すら聞かない。
そのくせ、自分が不利になると全て人のせい。

そんな子供を作り上げてしまったのは、私達大人の責任。
近い将来、日本はとんでもない国になる。
今もそうだけど、今とは比較にならないくらいひどい国になるだろう。
この話は、また今度・・・。

今回の事件は・・・。
こういうことをすれば、こんな事故が起こる可能性があると言う事は、理解ある大人なら容易に考える事ができる。
それを子供に教えて、自ら危険を回避できる能力をつけてあげるのも親の責任。
いつまでも親がついているわけにはいかない。
明日、孤独になっても生きていけるくらいの事を教えてあげるのが親の役目。
人間を育てるというのは、そういうことではないのか・・・?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そう思うよ・・・。

2008-06-14 21:48:59 | 社会
「尊敬できない」「なら職変えて」橋下知事と職員バトル(朝日新聞) - goo ニュース

うん。私もそう思うよ。
トップに付いて行けないなら辞めるしかないよねぇ・・・。
「これだから公務員は・・・」と言われても仕方ないよねぇ・・・。
恐らく、職員は「これだから民間上がりは・・・」と思ってるんだろうけど・・・。
大阪の危機的状況を職員は理解してないんだねぇ・・・。
意外と、「税金上げればいいじゃ~ん」とか思ってんじゃないでしょうねぇ。
私的には、福島もこれくらいやって欲しいよ・・・。
飯野町も、福島市と合併するおかげで、母子家庭の保育料が今まで無料だったのに、お金取られるんだってさ。
な~んも良いことなんて無いのよ、田舎の合併なんて・・・。

橋下知事も、負けないで頑張って。
ちゃんと府民は見てるんだから・・・。
職員も気合入れて、自分の街を何とかしようと努力して下さい。
まあ、嫌なら辞めて、民間でお仕事すれば、自分達の事が見えてくると思うけど・・・。
でも、まあ、民間と公務員なんて、水と油みたいなもんだからねぇ・・・。
でも、誰かがやらないと変わらないからねぇ・・・。
今の大阪の状況では、痛みを伴う改革は仕方ないよね・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

それより理解できないのは。

2008-06-12 19:31:17 | 社会
秋葉原無差別殺傷 25歳どう見る 「共感できない」(産経新聞) - goo ニュース

日曜日、このニュースをニュース速報で知り、その後情報収集の為、色々見ていた、あれから毎日この話題で持ちきりだけれど・・・。
何度も流される映像を見て、私が感じた事は普通の人とちょっと違うようだ。

今の時代、容疑者のように「人生が嫌になった」と思う気持ちも理解できる。
かなり意識の偏りは見られるが、「どうせ自分は・・・」と思う気持ちも理解できる。
何をやっても上手くいかず、思うように楽しめず、やたら他人が羨ましく見えて呪ってしまいたくなる気持ちも理解できる。
そんな風に生きてきた容疑者が、「誰でもいいから人を殺したかった」と思う気持ちも人間の心理学とか、残虐性を考えれば理解できる。
大体、通り魔と言えば少ないのかもしれないが、無差別殺人は事件そのものは残虐非道極まりないが、昔から何度かあった事だ。
そういうことは起こり得る社会なのだと思うし、人間の中には誰しも持っているものなのかもしれない・・・。とも思った。

と、言う具合に容疑者の犯罪心理は何となく想像もつくし、勿論許す事はできないが、そういう犯行に及んでしまったという気持ちは理解できる。
ただ、私が今回どう頑張っても理解できなかったのは・・・。

「誰か、犯人を見た人はいませんか!!」
「何か知ってる方はいませんか!!」
と絶叫に近い声で呼びかけてる警察官。
目の前で生と死の境をさまよい、手当てを受けてる人々。
それを囲む野次馬が、そろいも揃って、携帯で写真を撮る。
呼びかけに答えるわけでもなく
ただ黙って写真を撮る人の群れ。
判ります?
群れですよ。
よってたかってパシャパシャパシャパシャ。
あの交差点を囲んでた野次馬がみんな一斉に写真ですよ。

私が被害者だったり、知人や家族が被害にあっていたら写真撮ってる人みんな殴り倒しますよ。

あれだけ人の不幸が面白い人間がいるんですよ。
こういう事件が起きるのも当たり前ですよね。
そんな社会なんですよね。

他人事、他人事。
自分達が何でもなければ問題ない。

その気持ちも理解できなくないです。
誰だって、自分が無事なら良いと思うのは仕方が無い。
奇麗事を言うつもりもないですし、私だって、あの場に居て、無事だったら「無事で良かった」と思うし、それが普通でしょう。

だけど、あの写真はどうなの?
モラルとか、マナーとか常識的にという事ではないのか?
まさに「人としてどうなのよ?」
って言うか、異常だと思いましたよ。
正直、容疑者よりも異常だと思いました。
だって、集団ですよ。
恐ろしい。

昔人にはとても理解できませんし、理解したいと思わないけど・・・。

もう、ダメだな。日本人。
コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ホントかい?

2008-06-09 22:16:24 | 映画
いえ、先日みた「八甲田山」って映画なんですけどね・・・。
うちの母が言うには・・・。
「ロケは安達太良山でやった!」
だそうです・・・。

当時、安達太良山のふもとの岳温泉に「みなとや」という旅館があったのですが、親戚がそこに勤めてまして、あまり売れてない俳優さんはみなとやへ、大物さんはあづま館へ泊まったそうな・・・。

ホントかなぁ・・・?

だって、テロップに何も出なかったよ。
「青森県」ってしか出なかったと思うけど・・・。
そこまで協力したなら
「福島県」と出てもいいし、「二本松観光協会」と出てもいいよねぇ・・・。
誰か知ってる人いないかなぁ・・・。
って言うか、
うちのオカンの言う事はちょっと信用できんからね。
時々、でたらめ教えられるので、大人になってから恥ずかしい思いをしたことが結構あるわ・・・。

誰か~。
知ってる人~。
教えて~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静寂

2008-06-01 23:55:28 | 徒然なるままに・・・。
土曜日の午後、子猫は新しいお家に引き取られて行った・・・。
わずか2週間位の我が家での生活。
足元にまとわり着いて、危うく踏みつけそうになった事もしばしば・・・。
私が帰ると、飛んで出迎えてくれた。
食欲旺盛で、トラも触発されたのか?いつもより食が進んだ。
少しでも姿が見えないと、ミーミー啼く。
まさに可愛いさかりであったけど、別れの日は着々と近づいていた・・・。

正直、「あげるなんて言わなきゃ良かった」と後悔した日もあった。
意外と、トラと仲良くできたし、頭も良かった。
だけど、やはり、病気のトラさんには疲れの色が見え始め、ここ2~3日は自分一人の時は、あまり子猫と遊んでいないようだった。
私達が帰ると、子猫も私達に来るので、そこでやっと遊ぶ程度。
寝る時も、最初は付かず離れずの距離で寝ていたが、最近は2階でトラだけが寝てる事が多かった。

最後の日。
新しい家族が家にやって来ると、子猫は悟ったのか?
慌ててコタツに逃げ込んだ。
少しして、相手家族のご主人の膝に落ち着いたりしたものの隙あればコタツに入る。
最後は私の所に来て、離れるのを嫌がった。
トラも、めずらしく、この家族が家に居る間ずっと側を離れなかった。

子猫が居なくなり・・・。
またいつもの生活。
何だか、妙に静かに感じる・・・。
トラも、空になった子猫が入っていたゲージの側でお昼寝をしていた・・・。

何度やっても、引渡した後は寂しさが残る・・・。
だからと言って、保護した子猫をみんな飼うわけにはいかないし・・・。

仕方ない事だけど、やはり別れは切ない・・・。
未だに子猫の声が時々聞こえる・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加