とどちゃんの縁側でひとり言・・・。

日々の生活の中で見たこと感じたことを記録していきます。

Pray For Japan-ガンバレ日本!-小田和正(ダイジョウブ)

2011-04-30 20:27:49 | 徒然なるままに・・・。
一昨日、小田さんの情報が見れるプレスが届いた・・・。

表紙の小田さんのコメントを読んで、泣いた・・・。

小田さんが、高村光太郎の詩「樹下の二人」の一節・・・。

「あれが 阿多多羅山

あの光るのが 阿武隈川」

ここを引用して、この詩が好きだったと書いてくれてた・・・。

阿多多羅山、現在は安達太良山と書けば解りやすいだろうか?

現在の二本松市、旧安達郡安達町にその詩を読んだ場所はある・・・。

二本松人は空を見るのが好きだ。

私が子供の頃は、学校に向かう道の真正面に安達太良山が見えて、その上に広がる青い空を見ながら学校へ通った・・・。

「あれが本当の空なのだ」と・・・。

小さい頃から祖父母や両親に教えられて育ってきた。

まだまだ厳しい現実が続く福島県。

悲しい噂を聞く度に、心が折れそうになるけれども、そんな時に、小田さんが二本松を福島を詠ったこの詩が好きだと聞いて、無性に嬉しかった。

福島の空を取り戻さなければ・・・。

多くの人に見てもらえるように・・・。

心からそう思った。

小田さん、ありがとう。




Pray For Japan-ガンバレ日本!-小田和正(ダイジョウブ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永遠

2011-04-28 14:03:59 | 徒然なるままに・・・。
永遠を信じていた

愛する人は永遠に側に居てくれる事

温かい家がここにある事

死が分かつとも、故郷はここにあるものと・・・

永遠を信じていた

あの日、私の信じていた永遠の空を雲が塞ぎ

私の全てを連れ去ってしまった

うつむくばかりの日々に

何も見えない

何も聞こえない日々に

それでも春は訪れるのだと

足元に咲き誇る花達が教えてくれた

見上げた空は眩しいほどの青で

宇宙の優しさに触れた気がした

全ては私の為にある

良い事も悪い事も

甘い出来事も苦い思いでも

今を生きる私の為にある

私を待っている

沢山の未来が

私を育てた

沢山の過去がそうした様に

私に立ち上がる強さを与えてくれるだろう

何度もつまづき

転んでも

多くの声を聞き

深い闇に心が閉ざされても

きっとその全ての出来事が

いつか私の強い力になるのだ

立ち上がる

立ち上がる

いつか見た

雨の中に咲き誇る花のように

きっと・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四十九日

2011-04-28 10:51:55 | 徒然なるままに・・・。
今日は、東日本大震災から数えて四十九日だそうです。

早かったか・・・それとも、まだそんなものなのか・・・。

それぞれ思いがあると思います。

震災から間もなく2ヶ月。

テレビを点けると相変わらず、L字に災害情報が流れてます。

国道4号は、伏拝地区4車線通行可能になり、これで通勤がかなり楽になります。

原発から60キロ離れてる福島市では校庭に出れない学校や幼稚園があります。

郡山市は、放射能値を見て、校庭の砂など入れ替えすると言いまして、砂を取り除いたものの、運ぶ所が無く、(何でこんな事を思いついたのか不思議ですが、どこも拒否するなんて常識的に考え付く事だと思うけど)結果、校庭に山積み。全くもって、やってる事が意味不明。おまけに多方面に多大な迷惑。もっと冷静に考えてよね。

県内の他の方のブログを読んでみると、見方もひとそれぞれだなぁって思います。

「県民はみんな帽子とマスクを着用してます」

そうか?

正しくは、帽子とマスクを着用して、警戒してる人もいれば、全く着用せず歩いてる人もいますし、雨の日にずぶ濡れで自転車に乗る高校生もいます。

でしょ?

県は1時間あたりの放射能測定値を出してるけれど、1時間しかいないわけではない、生活をしてずっといるから、掛け算してなんたらかんたら・・・。

もしもし。

24時間まるまる外にいるんでしょうか?

何かねぇ。

勿論、注意しなくちゃいけないのは解るんだけどさ。

あんまり神経質に反応して、一人で神経質なら良いんだけど、周りまで巻き込んでギャンギャン騒がれるとねぇ。
正直・・・。

「暇な人なんだなぁ」

って思うよ。

みんな不安な気持ちなのは同じだと思う。

解らない事ばかりだし、相手は見えないものだし・・・。

でも、ここで生きていくと決めたのだから、この条件は受け入れなければ。

私達だって生活がある。

仕事はしなくてはいけないし、子供は学校にいかなくてはいけない。

与えられてる条件の中で生きていかなくてはいけないのだからね。

不安も話すことで軽減すると言うカウンセラーもいるけれど、そうかな?

今、県民が抱えてる不安はそういうことで解決するものではないと思う。

必要なのは、充分な正しい情報。

そして、それらをきちんと学んで、自分で判断・解析する冷静さがないとどんなに情報が入っても不安が増すだけだと思う。

ちなみに、私はマスクも帽子もかぶってないです。

全く何もしてません。

マスクだ帽子だ、上着は外で脱いで~なんてあんなの真面目に言われた通り徹底してやってたら生活できないでしょ。

ここはね、早い話が、外に出ないか、全く気にしないか、極論的にはそういう事だと思うのよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「I love you & I need you ふくしま」猪苗代湖ズ

2011-04-21 18:55:01 | 徒然なるままに・・・。
「I love you & I need you ふくしま」猪苗代湖ズ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ONE

2011-04-21 18:44:53 | 徒然なるままに・・・。
今回の震災により、福島を離れてる県民の皆様へ。

どこにいても、福島は一つです。





ONE-愛はふたりの言葉だから-杏里
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉報はゆっくりと・・・。

2011-04-16 19:44:01 | 徒然なるままに・・・。
福島市など、原乳の出荷制限解除…政府(読売新聞) - goo ニュース

訪れるものですねぇ。

福島の牛乳は美味しいです。

牛乳なんてどこも同じじゃね?と思ってしまいますが、福島県にとっては大きな第一歩です。

特に!!

私も大好き。
県外の福島県出身者も実家から送ってもらう人も多いという、「酪王カフェオレ」は福島県でしか手に入りません!!

えっと~。

細かく言いますと・・・。

酪王カフェオレは福島県の酪王乳業で作られてるカフェオレ。
濃さは2種類。
ハイカフェと呼ばれるものは、コーヒーの分量が多く、牛乳が45%だったかな?
カフェオレは牛乳が50%以上。と、なんともまったりした味わい。
以前は・・・。
ハイカフェは、200ml・300ml・500ml・1ℓとあるが、カフェオレは300mlシリーズが無いので、小さい200か、500を買わないといけないという・・・。
大昔の話ですけどね。
って言うか、私が見てないだけかも・・・(笑)。
ここ数年は300も出たかな?
結構な人気商品なんです。

牛乳不足で、当然カフェオレを見つけるのは至難の技だったのですが、カフェオレラブの私には天も味方してくれてたらしく、県内産の牛乳が出てない時も3回ほど口にする事ができました!!

皆様も、福島県においでの際はぜひどうぞ!
お土産にしても喜ばれると思います。

ところで・・・。

私の住む福島市も放射線の量がどうたらこうたらと連日うるさいのですよ。
気になるのは当然なのですが・・・。

正直、ちょいと待てと思います。

仮に、放射能の影響で身体に支障をきたしたとしても、十年後~数十年後・・・。
その時に何か起こったとしても、果たしてそれが放射能のせいかは微妙な所ですし、そればっかり気にしたところで、明日交通事故にあったり、心筋梗塞とか脳梗塞とか他の病気で亡くなる確率の方が遥かに大きいと思います。
放射能云々に関わらず、現在の日本では癌で亡くなる人がほとんどですし、目に見えない先の事でビビッてちゃぁ福島県民務まりませんぜ。

先日も、患者さんで60歳過ぎた方が、放射能で白内障になる確率が増える事を気にしてた方がおりますが、白内障なんて、年取れば誰でもなります。
大体、手術すればほとんどの方が見える様になる病気ですし、例え数年後にその方が白内障になったとしても、それは年齢的なものだと思うのですよ。
糖尿病があったり、リウマチとかアトピーとかでも若いうちから白内障になる方はいますし、先天性もありますしね。

あまり過敏に反応しすぎて自分の生活が窮屈になるのもつまんないと思うのです。

人の明日なんてどうなるか解らないのですから、毎日をいつも通り生きていけば良いと思いますよ。

まだまだ私達の生活は辛い時期が続きますが、だからと言って腐っててもしょうがない。
腐ってたって何も良いことなんて無いのですから、今は一日も早く元の生活を取り戻す事を目標に生きていく時なのだと思ってます。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猪苗代湖ズ

2011-04-10 10:44:24 | 徒然なるままに・・・。
復興ソングは数あれど・・・。

ここまで「ふくしまふくしま」言われると照れるべ~・・・。

でもね、ほんと、今回の震災で気付かされた事沢山あった・・・。

当たり前の事など、この世には何一つない事も・・・。

何気ない日常をおくる事がどれほど大変な事なのか・・・。

多くの人の温かさを知って・・・。

時々絶望感とも戦いながら・・・。

そんな中でも驚いたのは・・・。

意外と自分が福島LOVEだったということ・・・。

立ち上がらないとね。

立ち上がろう福島!!

下記をアクセスすると、素敵なPVが見れます。

「I love you&I need you ふくしま」

http://youtu.be/3CQJuAN2BEY


所で・・・。

CD化してくれねぇんだべか?

おばちゃん、ダウンロードとかより、CDが欲しいんだげんちょも・・・。

3つとも買うがらさぁ。

CDにしてくんにがない・・・。

箭内さん・・・ご検討お願いします!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無常

2011-04-09 23:18:17 | 徒然なるままに・・・。
「世界中に助け求めて」福島の町村会、東電に直談判(朝日新聞) - goo ニュース

出荷制限とか、それどころではなく、もはや県民全員が被害者と言っても過言ではないこの状況。

今日付けの新聞にも、静岡県のGSには福島ナンバーの給油お断りの張り紙があったとか、コンビニやレストランまでも入店を拒否された県民もいるという記事がありました。

県民としては、こういうお店は店名を公表して欲しいくらいです。

とある市内の会社では、県外の運送業者の方が荷物を投げる様に置いていって立ち去ったとか・・・。

勿論、そんな人ばかりではないと解ってます。

連日多くの芸能人の方も県内の避難所に訪問してくれてます。
南相馬市には、細川前首相の奥様が義援金を届けに来て下さったりしてます。
本当にありがたい事です。

その一方では、一般人による、県民いじめが始まってます。

一部の人間だけだとは思いますが、大人がこれでは・・・。
子供のいじめが無くなるはずがありません。

そんな事をして、人として恥ずかしくないのか?
と思うのは福島県民だけではないはずです。

誰のせいでも無いはず・・・。

県民にとっては、本当にやり場のない気持ちで一杯です。

日本は、戦争でも原爆を体験し、その後、皮肉な事にその原子力を資源として使わざるおえない状況になりました。
だからこそ、一般の私達も原子力に対して深い知識を持たなくてはいけないのに・・・。
今の福島県民に対するこの状況・・・。

戦争で被爆された方々も、偏見の目で見られた方も多かったと聞きます。
あれから何十年も経っているのに、今のこの状況・・・。
何ら変わらないというのは、どういうことなのか・・・。
戦争で被爆された方々のご苦労や辛い思いが何も生かされてないのではないかとさえ思ってしまう・・・。

でも、絶えなきゃね・・・。

絶えなきゃいけないのでしょう・・・。

でも、今この苦しみをただの苦しみで終わらせてはいけない・・・。

謂れの無い偏見や差別で苦しむ人がいない社会を作り上げる事ができる県民にならなければ・・・。

時は流れてる。

平等に・・・。

震災にあった人も、あわなかった人も・・・。

そして、いつか必ずこの風評被害も跡形もなく消える日が来るでしょう。

それが、無常と言うのですね。

ずっとこのままではない・・・。

この震災も、いつかは遠い歴史になるように・・・。

その時に、意味の無い偏見や差別が無い場所であって欲しい・・・。

そういう歴史を作り上げるのが、この震災から立ち上がる福島県民の使命だと思う・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

天罰

2011-04-07 08:44:39 | 徒然なるままに・・・。
と、ある知事が言ったと聞いた時、確かにそうかもしれない・・・と思った自分がいたのは確か・・・。

子供の頃から、福島は地盤が強いから大きな地震が来ても大丈夫。
と聞かされて育ってきたし・・・。
事実、家の保険なんかでも、福島県は地震保険が一番安い事でも有名。
それだけ安全だと誰もが思っていた。

ただ・・・。

震災前の数ヶ月。
新聞の投稿欄を読んでいて、どうにも不快感を感じる事が多かった・・・。
新聞読者のいわゆる一般人の投稿欄。
何故かやたら私の目に止まったのは、自分が住んでる福島県を褒めちぎる投稿。
いや、褒めちぎるだけなら良いよ、それが、他県と比べてだった。

○○県は、畜産の感染系の病気が広まって、他にも台風などの自然災害も多いようだし、気の毒だ、それに比べて、福島は自然災害も少ないし、四季折々の風景が素晴らしく、海もあり山もあり、食べ物も美味しい、・・・私は福島に住んで本当に幸せだ・・・。


みたいな投稿がやたら多く私の目に飛び込んできていた。

どうなのよ?

福島の素晴らしさだけじゃダメだったのか?
他県と比べて何になるのよ?
こんな事思ってる人間が多いと、必ず罰が当たるぞ。

と、強い憤りを感じながら新聞を読んでいた・・・。

当たってしまった・・・。

福島県は確かにこれまでも自然災害は少ない方だと思う。
地震もそうだし、台風も福島に来る頃には消えちゃってたり、弱くなってたりする。
でも、全く無いわけではない。

台風だって弱くなっても風が吹けば果樹などの作物は落下、当然売り物にならなくて、被害だって数億円出ている。
遠い昔、忘れもしない、私が中学生の頃、8・5豪雨という災害もあった。
それでなくとも、最近だって郡山は駅前あたりがすぐ水であふれるし、雨による災害は実は多いのだよ。
白河あたりだって、雨に泣かされた事もあるし、投稿した人が思ってるほど福島は災害が皆無なわけでは無い。

みんな自分が関わらないから忘れてしまうだけだろう・・・。

そのツケが周ってきたのかな・・・。

原発だってそう。

誰もが安全だと思ってた。
いや、でも、事故はちょこちょこ起こってた。
でも、対策はばっちりなんだろうと思ってたよね。
扱ってるものがどれほどの威力を持ってるものなのかは日本人なら知ってるから、それだけのものを扱うなら、対策だってしっかりしてるんだろうと思っていた・・・。

多少事故が起こっても・・・。
まさかね、こんなやっつけ仕事みたいになるとは・・・怖いの通り越して、もはや笑うしかないよねぇ。

チェルノブイリちゃんは、教室でう○こもらしちゃたけれど、原発君は、学校中のあちこちでもらしちゃってるイメージ。
こっち拭いてるうちに、「何だ、あっち行ったぞ!!」ってみんなで追いかけながら後始末して周ってる感じがするのは私だけかねぇ?

東北人は、自然と共に生きてる。

はずだった・・・。

でも、ちょっと甘く見てたのかもしれない・・・。

津波がここまでは来ないなんて事は自然界ではあり得ない事なんだろう。

それも恐らく私達は知ってたはずなのに、大丈夫だと過信してしまった。

防波堤があるから。

毎年避難訓練もばっちりだから。

大丈夫な事など何一つ無く、挑戦状を叩きつけられた・・・。

受けて立とうじゃないの!!

自然界に比べれば、人間なんて本当にちっぽけで、その寿命なんて一瞬なのかもしれないけれど、受け継がれて歴史は作られる。

時は流れる・・・。

滞りなく・・・流れていく・・・。

今の私達の折れそうになる悲しい心や、その中にも見える希望の光が重なり合って積み上げられていく・・・。

何百年後の未来に、あの海が戻ってきていればそれで良いと思う。

そういう歴史をこれから作り上げなくてはいけないのだと思う・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SOS from Mayor of Minami Soma City (Fukushima nuclear power plant, Japan)

2011-04-03 22:30:26 | 徒然なるままに・・・。
SOS from Mayor of Minami Soma City (Fukushima nuclear power plant, Japan)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加