とどちゃんの縁側でひとり言・・・。

日々の生活の中で見たこと感じたことを記録していきます。

何とかなりませんか?

2005-08-28 15:32:51 | 地元ネタ
雨の日は憂鬱。何が憂鬱って朝のラッシュ。
まあな、小学生とか幼稚園くらいまでは100歩譲ってよしとしよう。
高校生にもなって車で送迎ってどうなのよ?
我が家の方針は義務教育の間は親が責任をもって引きずってでも学校に連れて行きますが高校は別。
自分の意志で選んだ道ですし、将来苦労するのは自分ですので、行くも辞めるも自由。ただし辞めた場合タダ飯喰らいは許しません。
アルバイトでも何でも仕事をしてもらわないと。それは彼が社会を選んだわけですからね。
おっと、話がずれてしまいました。
なんせ雨の日の送迎がほんとに多い。おまけに送迎する人も運転に慣れていないので大渋滞なんですわ。
あげくに私、前を通り過ぎた車に乗ってた高校生に「バ~カ」と言われました。
よほど追っかけて「親のすねっかじりで高校生にもなって自分で学校にも行けねえ奴に馬鹿よばわりする筋合いねえんだよ!」
と一発言ってやろうかと思いましたが、たいがいそんな子の親も馬鹿親なのでそんなの相手にして遅刻してもいられないのでやめましたけどね。
不思議なのは学校に送迎するけど病院には付き添ってこないのね。まさしく愛情のはき違えをしてるのね。
まあ、人の家の事ですから、その家で色々あると思いますからね。「学校には送っていきますけど、病院には自分でいきなさい」ってことですかなあ?
そんな親ばかりじゃないんだけどねえ。と言いますけど最近ちゃんとした親をみたことないなあ・・・。
まあ、子供はペットみたいな時代だもんね。「ちゃんと育てられるの?かわいいだけじゃだめなのよ、ご飯もたべるしウンチもおしっこもするんだから。何よりおおきくなったら面倒みるのも大変なのよ」な~んてな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑いですので・・・。

2005-08-20 23:21:49 | 怪談・不思議
ここいらで最近起こった怪奇現象をちょっとお話したいと思います。
先日、外来も終わり、事務の会計合わせを待ってる間、検査フロアのソファーに座って雑誌を読んでると一瞬電気が消えました。私がいる事に気づかなかった事務の子が電気を消してしまって慌ててまた点けたかのようなほんの一瞬の出来事だったのですが、「あっ!停電」ととっさに事務の子がいったので「ああ、停電だったんだあ」と納得してその時は終わったのですが・・・。
そんなこんなしてるうちに会計合わせも終わって先に2階へ上がった事務の子を追いかけるように私も2階へ・・・。
休憩室で着替えをしてると事務の子が「オペ室行きましたか?」と聞いてくるので「いんや、行ってないよ」と答えると「手洗いの水が出っぱなしになってます」と言うではありませんか・・・。
オペ室の手洗い機はセンサーで水が出るので勝手に出ることはないんですけど・・・。
停電のせいかと思ったりもしましたが、今までも停電になった時はありますがそんな事はなかったんですよね・・・。
それに、オペ室では他にも不思議な事が色々ありまして。
オペ中、服を後ろから引っ張られる感じがして振り向くと誰もいなくて他のスタッフもみんなちゃんと持ち場についてて誰もそばに行ってないとか。
私は誰かが傍にきて「・・・ですよね?」と話しかけられ、よく聞き取れなかったので「ん?」と話しかけられた方を向くと誰もいなかったり・・・。
みんなが帰った後器械のセットやら一人で色々やってると廊下を走る音がしたり・・・。
座敷童子なんでしょうか?お陰でこんなに繁盛してるんでしょうか?
だったら大事にしないと・・・。
それよりも気になるのは出雲大社の御札と羽黒神社?の御札があんな所にあるけど。
あれっていいのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファンクラブ

2005-08-18 21:34:25 | 徒然なるままに・・・。
久々にファンクラブ何て言うものに入ってみた。
昔から色んな人のFCには入っていましたが、今回初めて3ケタの会員番号です。
今までは4万とか16万とか。まあ、かなり入ったのが遅かったっていうのもありますけどね。
でもって、だれのFCに入ったかと言いますと・・・。
「F4」ですわ。
昔は某アイドルの親衛隊に入って追っかけまでやっていた私。
相方もそれを知っているのでそのうち「台湾に行く」とか言い出すんじゃないかと思ってるみたいです。
まあ、行ったところで見知らぬ土地ですし、言葉もよく知りませんし。
何より本人とも話せませんし・・・。
日本に来たらどうなるか解りませんが(笑)
私も昔ほどの盛り上がりはさすがにねえ・・・。
クローゼットの中にある赤いサテン地の親衛隊のコスチュームを見ては昔を思い出し、にやける今日この頃・・・。
青春でした・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここにいれば大丈夫ですよ。ハッ、ハッ、ハッって・・・。

2005-08-16 19:14:05 | 職場
いやいや、すごい地震でした。久々の大揺れ。
以下は診察室での会話
院長「どうしました?」
患者「どうも目頭のあたりが痒くて、目の周りもあかくなっちゃって」
・・・ここで小さい揺れ・・・
患者「あら、地震」
院長「ああ、そうですね」
・・・徐々に大きく・・・
患者「あら、何でしょう随分大きいですね。」
院長「ああ、そうですね。」
患者「何だか怖いですね。」
院長「まあ、ここにいれば大丈夫ですよ。ハッハッハッ!」
患者「(笑)それにしても最近おおいですよねえ。」
院長「そうですね」
・・・徐々に収まる・・・
患者「あっ、大分小さくなってきましたね」
院長「そうですね、よかったですね」
その後何事も無かったかのように診察は続行され、患者さんは眼底も異常なくアレルギーと診断されお帰りになりました・・・。
患者さんがお帰りになったあと院長が一言
「あ~びっくりした」
今日は手術の患者さんもいたのでどちらかと言えば病室の方がパニックでした。
当時、視力検査していた人も何事もなかったように「上、下」といっていたので。
だけど、東北ってやはり地盤も強いのね・・・。
昔から岩盤でできてるから大きい地震も大丈夫なんて祖父母がよくいってたけど、都会に比べて建物とか人口の差もあるだろうけど、被害が少ないのは何よりだもんね。
今後は余震に注意ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひっさしぶりだよ

2005-08-15 15:37:09 | 徒然なるままに・・・。
久々だよ・・・。この所忙しいのなんのって・・・。
あっ!でも旅行には行ってきたんだ。
1泊だけだけど。念願の即身仏も拝見できたし。とても感動の夏休みでした。
檀家を持たないのでお葬式もやらないそうで、祈願のみ受付してるんだそうです。
我が家ももちろんしっかり祈願してきました。
お礼参りにいけますように・・・。
宿泊もできるそうで今度お礼参りの時はぜひ宿泊したいな・・・。
だけど、即身仏は一見の価値があります。
煩悩を振り払って生きながら仏になっただけあって怖さなんて微塵もありませんでした。とても徳の高いお顔をしていらっしゃいました。
お参りをした人が色んなご利益があったのもうなずけます。
それに御住職のお話もなかなか楽しくてこれまた満足でした。
昔から神社仏閣巡りが大好きな私達夫婦、日本の神社仏閣は芸術的にも優れてますからね。
色んな楽しみ方があると思いますよ。歴史の勉強にもなるし。
これから秋にむけてちょっとした身近な旅行でもお勧めです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加