マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「007/スペクター」

2015-12-04 | 2000年~代映画 た~と

Spectre (007/スペクター) 2015年 イギリス・アメリカ作品 12月4日より公開中



監督 サム・メンデス
制作 ダニエル・クレイグ 他
出演 ダニエル・クレイグ レナ・セドゥ クリストフ・ヴァルツ デイブ・バウティスタ アンドリュー・スコット   モニカ・ベルッチ レイフ・ファインズ ベン・ウィショー ナオミ・ハリス 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
メキシコ、死者の日。
お祭りの広場に集まる人々の中で、白いスーツを着た男がある場所へ向かって群衆の中を歩いていた。その後を、仮装したカップルがついていく。カップルは、部屋へ入り、女はベッドへ。しかし、男は着替え、窓から出て行ってしまった。
殺しのライセンスを持つ英国諜報員ジェームズ・ボンドは、窓から外へ出て、向かいの建物にいるあの白いスーツの男スキアラを狙う。
スキアラの取引を阻止したボンドは、彼との格闘の末、彼の指輪を奪った。その指輪には、マークが印されていた。
ロンドンに戻ったボンドを待っていたのは、Mからの職務禁止命令だった。
ボンドは、現在の任務は、前任Mの遺言だとし、Mの秘書、マネーペニーやQを巻き込み、あの指輪の印である、謎の組織『スペクター』を追うのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
本日より公開のこの作品。先行上映で見てきたが、もう1回見に行きたい作品となった。
まじで、見に行こうかな。
きっと、今年見た中で、ナンバー1決定だな。(今から、SWがあるけども)

という事で、長文です。お付き合い下さい。
ネタバレしてないつもりですが、楽しみにしてる方は、観賞後の方がいいと思われます。

さて、
ある評論家は、無難な作りと、低評価していたが、
個人的には、今までのダニエル=ボンドと歴代ボンドの面白さが上手く融合していて、良い感じだったのだ。

ダニエル=ボンドらしい、一途さで終わってるのも、納得だったしね。

でもなあ~。
贅沢を言えば、あのボンドガールがねえ。もうちょっと、好みだったらなあ。(~_~;) 

パンフの中にも書かれていたが、ボンドガールも現代の女性になれば、そりゃ~ボンドと対等くらいに戦えちゃうのも、頷ける、彼の助けになるのは分かるけども・・・。
個人的には、もう少し、熟女ボンドガール、モニカ嬢を活躍させて欲しかった!
相変わらずのお綺麗なお姿でしたけども。

で、
思い出したが、彼女の夫、ヴァンサン・カッセルともう一人のボンドガール、レナ・セドゥってフランス映画「美女と野獣」で共演してたって事。
クレイグといい、彼女は、おじさまキラーか?(^◇^;)

それでは、
ダニエル=ボンドはと言いますと。
相変わらず、がむしゃらにむちゃくちゃに戦っておりました。そこが彼の良さで大好きな所。
クレイグ自身、膝を手術しちゃうくらい無理しちゃったらしいけども。(少しだけ、膝が痛そうな歩き方をしているシーンがありました。)
オープニングのヘリの中での攻防戦は、すげ~ドキドキものだった。
さらに、拷問が~。(*_*) 
そのシーンでは、歴代ボンドを知る人には、嬉しいサプライズがあるのでした。きゃ~お懐かしい~。

雪山での死闘は凄かったですが、
そこに登場する、バーテンダーと殺し屋は、ドイツの俳優さんだったので、いや~この脇役陣を知ってるのは、きっと自分だけだ~とマニアック心がくすぐられ、一人、にやついておりましたとさ。(誰も分からない世界感だろうなあ)

そうそう、
あの歴代の車。
あんな仕掛けがあったとは。途中で、わかるっちゃ~わかりましたけども。お茶目でした。

前回あまり好きになれなかった生意気Q君。今回は、むっちゃ大好きになりましたよ。
アイテムの紹介もさることながら、あんな場所に来てくれて、それも、上手くかわすなんて・・・。
頭でっかちじゃなかったのね。

それと、
大好きなマネーペニー=ナオミちゃん!ボンドガールより、可愛くて綺麗だったよ~。

そして、アクティブになったM。レイフ・ファイズで本当によかった~。

そうそう、忘れてならない、彼が登場してたんだった!
そう、イギリスドラマ「SHERLOCK」のモリアーティーと言えばおわかりになるだろう。
モリアーティーは、まんま、モリアーティーだったんだよねえ。(なんのこっちゃ)

先行上映を見に行く事に決めた前日に、ダニエル=ボンドのシリーズは、必ず、続いているという定番の定義を思いだし、
「007 スカイフォール」を見直して行ったのは、正解だった。

出来れば、ダニエル=ボンドシリーズだけでも、見直していくと、面白さが違うと思う。
そうすれば、あれ?この人誰だったかな?という、もやもやがなくなるからだ。

でも、
この作品だけ見ても楽しめる
鑑賞した後は、今までのダニエル=ボンドを見たくなるのは間違いないけども。(現代、DVDをひっくり返して見直し中)

WOWOWで特集していたが、映画評論家の人が、
「サム・メンデス監督は、今まで家族間を描くのが得意な監督だったので、その点も考慮して鑑賞するのを、お薦めする。」
とも言っていた。
ある意味、それも頷ける解説であった。

次回は、どうなるか分からないらしいが、出来れば、もう一度、この監督とクレイグで作って欲しい。

荒っぽい一途なボンドって大好きなんだよねえ。
それに、Mも、Qも、マネペニーも大好きだから、もう1作品、このメンバーでのミッションを見たいんだよなあ。

クレイグは、基本、脚本で作品を選ぶそうだから、プロデューサー様、面白い脚本を作って下さい。

やっぱ、マジでもう一回見に行こうかな?

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「バトルライン」 | トップ | 「鑑定士と顔のない依頼人」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む