マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「007/スカイフォール」

2012-12-15 | 2000年~代映画 た~と

Skyfall (007/スカイフォール) 2012年 イギリス・アメリカ作品



監督 サム・メンデス
出演 ダニエル・クレイグ ジュディ・デンチ ハビエル・バルデム レイフ・ファインズ ベン・ウィショー ナオミ・ハリス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
トルコ、イスタンブール。
殺しのライセンスを持つ英国諜報員ジェームズ・ボンドは、仲間のイヴと共に、ある物を探していた。それは、NATOが世界各国へ送り込んでいる諜報部員(スパイ)のリストだった。
一足遅くハードディスクを盗まれたボンドは、盗んだ相手バトリスをあと一歩のところまで追い詰める。だが、Mから犯人射殺の命令を受けたイヴが誤射してしまい、ボンドは高架橋から転落してしまうのだった。
Mが007の追悼文を作成してから数ヶ月後。
彼女のPCが何者かにハッキングされ、MI6本部が彼女の目の前で爆破された。
一方、人里離れた海岸で女と酒におぼれた生活をしているボンドは、そのニュースを聞きつけロンドンのMの自宅へと戻ってくる。
諜報部員を5人殺すという脅迫文が送られて来ている現在、職務へ復帰したボンドは、犯人の手がかりを突き止めようと、逃がしてしまったバトリスを再び追跡する為、中国、上海へと向かうのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
待望の0007最新作。やっとの思いで見に行ったのだ。大好きダニエル・ボンド!!

前作が終わってから、次回作が本当の勝負どころと個人的にはにらんでいたので、すっごく期待大だったのだ。
その為、事前の情報は一切入れず、一応のまっさらのまま観賞したのだ。(なるべく予告編も見ないようにした。最近は良い場面集のようになっているのが多いので)

それでは、
大好き、ダニエル(ジェームズ)・ボンドはと言いますと。
いきなりの、切れのいいアクション後の、あの、やさぐれ具合。(*^-^*) きゃ~渋くてかっこいい!
女と酒におぼれるなんて、にくいねえ。
そして、彼の過去。
孤児というのは、「007/ゴールデン・アイ」で告白していたので知ってはいたのだが、スコットランドの出身なんて知らなかったのだ。
うわ~といつも以上にうれしくなったよ~。
肉弾戦も車の運転も、バイクアクションも最高に様になるボンド。もう、何も文句なし。
そうそう、若いQになってぼそっと「世代交代かあ」はなんか好きだったなあ。

そのQですが、なんか妙に生意気で。
それでも、「万年筆が爆弾のほうがいいですか?」にはクスと笑えた。
そうそう、決め台詞も言っておりましたなあ。
「壊さずに・・・」
大概無理ですが。(^◇^;)

そして、Mとの攻防戦、の前のあの車での会話。
どう見てもあのボタンはあの時のボタン。
Mが言う一言もうれしかった。
「助手席は・・・」
それしたら、ボンド逆に殺されるわさ。(爆)

忘れてならないのが、今回の悪役シルヴァ事、ハビエルさん。
いや~金髪が~と思っていたらの妖艶な頭の切れる役で、彼ならではじゃなかったかな。
展開は少しだけわかっちゃったけども。

今までのながれでどうしても、なんか企んでる?なんて思ってしまった、Mの天敵マロリー事、レイフ・ファインズ。(^_^;) 
そんな事はいっさいなかったが、ラストは感激してしまった。

そして、それ以上に感激したのが、イヴを演じたナオミ・ハリス。
どこかで?と思ったらキリアン君主演の映画「28日後…」のセリーナだったのだ。
美しく年を重ね、相変わらずのスタイルでアクションもかっこよく、もう一人のボンドガールより断然好きだ~とおもった矢先のラスト。
もう、たまらなくうれしかったのだ。

ある意味、観賞した皆々様がおっしゃている通り、続きを感じるラスト。
うん、もしできればメンバーは今回と同じで願いたい。

長文だが、もう少しおつきあいを。
エンドロールの最後の方に「長崎市軍艦島」と出てきたのを知っている方はいらっしゃるだろうか。
あ~やっぱりあのシーンはあそこだったんだ~と思ったのは自分だけだろうけども。
撮影クルーしか訪れなかったらしいが、なんかうれしかったのだ。
いろんな映画での舞台で使われているが、一番最近見て覚えていたのが、
真田広之さん&千葉真一さん主演の映画「冒険者カミカゼ」のシーン。(以前真田さん祭りをひっそり開催していたので)
独特な土地なので何となく覚えてしまう場所。(詳しくはこちらのウィキぺディアで)

今までは007に何も思入れもなく見てきたが、今回約全作品見てから鑑賞したので、今まで以上に妙に思入れができてしまった。(こだわりはないので、別段素直に観賞は出来た。)

やっぱこのボンドが最高に好きだと実感。
舞台も、いきなりトルコだし、ラストは大好きなスコットランドだったし。
(あの場所カーライル氏がCMに出ていたJohnnyWalkerの場所に似てる。)

次回も是非期待して待ちたい。

え~っと何年後だったかな? 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「007/ダイ・アナザー・デイ」 | トップ | 「The Mentalist -メンタリス... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む