マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「アイドルとデートする方法」

2014-05-13 | 2000年~代映画 あ~お

Win a Date with Tad Hamilton! (アイドルとデートする方法) 2004年 アメリカ作品



監督 ロバート・ルケティック
出演 ケイト・ボスワース ジョシュ・デュアメル トファー・グレイス ネイサン・レイン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ウェストバージニア州に住むロザリーは、今日も映画館でうっとり。
大好きなハリウッドスター、タッド・ハミルトンの主演映画を親友と幼なじみのピーターと3人で鑑賞したからだ。ピーターは毎回うんざり。
そんなある日の事。
タッドとデートが出来るかもという広告を見たロザリーは、お金を集め、応募し、見事に当選!デートに向かう。
一方、タッドはスランプぎみ。次の主演作品も決まらないまま、ファンサービスのデートへ。
仕事の為とはいえ、田舎娘とデート。気が乗らなかったが、終わって見れば、彼女の素直さに惹かれていた事に気がつくのだった。
帰って来たロザリーは夢の世界から一転。日常を過ごしていた時、突然!タッドが現れた!
ロザリーと住むために家まで購入してしまった、タッド。
ずっと側にいたピーターの心は穏やかではない。
なんとか、彼に対抗しようと試みるのだが・・・。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
ニコラス・スパークスの原作の新作映画がDVDなるので、その前に、出演しているジョシュ・デュアメルの昔の作品を見ようと鑑賞したら、
トファー・グレイスが気に入ってしまったので、
今週は彼の出演作品を紹介しようと思う。(長い理由。(^_^;))

彼との出会いは、デニス・クエイドの「イン・グット・カンパニー」
初めは、なんだこいつ?と思ったが、見終わって良い奴に思えたのが第一印象だった。
その後、なんだかんだと出会っていたが、この作品で一気に興味を持った!
というか、
男性の片思い物語に弱いのだよ、基本的に・・・。(+_+)

細身の長身、知的でハンサム系統は、実は自分の大好物。
お~と見直したのは言うまでもない。

それでは、
今週注目のトファー君はと言いますと、幼なじみで、ロザリーに片思いのピーターが彼だった。
うんちくたれは、仕方ないが、さっきも言った通り、男性の片思いは、切なくて好きなのだ。
彼女の為に、街から出るのを渋ってるなんぞ、いいぞ~って感じで。
それでも最後に、告白して、出て行くのには、ちびっと涙・・・。
彼女の笑顔の解説が良かったなあ。それだけ彼女を見続けていたと思うと・・・(>_<)。
おきまりのハーピーエンドだが、
最近、心が廃れていた自分には、ちょうど良い特効薬だった。

それでは、
本来の目的のデュアメルはと言いますと。
やっぱ、全米で一番セクシーな男だかに選ばれただけあり、華やかな、ハリウッドスター!タッド役だった。
恋愛ものに関すると、こういう人物って、本当の恋を気づかせてくれる役で、損な役回り。(^_^;)
大概、この手のいい男って、
かっこいいけど、腕っ節が弱いとか、
かっこいいけど、頭弱いとか、
が多いんだよねえ。
仕方ないけども。

トファー君の出演作品を探したら、あらまあ、あの大作に出演してたのね~と、不本意ながらも、まずはそっちを観賞してみたのでした。
悪役かあ~どんなかな?楽しみだなあ~

という事で、

明日はその大作紹介です。 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スタートレック イントゥ... | トップ | 「スパイダーマン3」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む