【五次元スクール校長】凝り固まった心に効きそうなブログ

アイシス レインボーヒーリングのメンバーの
心の内を綴った、飾らない、気取らない普通のブログです。

8年目のサナエさん  

2015-02-07 22:00:00 | スピリチュアル
レインボーヒーリングに初めて来られた時から今年で8年目になるとお知らせ
下さったのは宮城サナエさんです。

サナエさんはレインボーヒーリングにいらして以来欠かさず、月1回開催して
おりますワークショップにも、そして今年で3年目を迎えた5次元スクールにも
ご参加いただいています。
そしてお聞きしましたら、これまでに書き留めたノートの数は18冊にもなると
いうことでした。

今回サナエさんからいただいたメールには、お父様との心のこもったやりとりが
書かれてありました。
是非みなさまにもご紹介したいとサナエさんにお願いしましたらお父様の写真も
いただけましたので合わせてご紹介いたします。


『インターネットやテレビ、他からの情報によると、実の親が自分の子供の成長に
嫉妬や妬みを持ったりして、親は自分の子供に対して陰湿な意地悪をすることも
あるということを聞きます。
5次元クラスに参加している子供たちからも、知り合いとか友達とかにそういう
親がいると聞くことがありました。自分の親も、という人さえありました。

親が子供に嫉妬とか妬みを持って子どもに意地悪をしたりすると、子どもたちが
大きくなったときに親は仕返しをされるようになるのではないでしょうか。

先日私は、自分の両親と会う機会がありました。
その時に今までのこと、これからのこと、全ての思いを伝え、私がここまでに
なれたのも全て真由美先生のお陰ですと伝えました。

私は、父に 「真由美先生と全くお会いしていないのに怪しいと思わないの?」と
聞くと 「娘が確実に変わっていっているのが分かるから思わない。」と言って
くれて、私の変化を通して先生を信頼してくれているのがわかりました。
父親の言葉を聞いてすごく嬉しかったです。

それを先生に伝えると「そうやって子どもの変化をわかって喜んで下さる
親御さんは、そんなに多くはいないから、お父さんにしっかりと言葉や形で
感謝のお返しをしなさいね。」と先生からお言葉をいただいたことを父に伝えたら
「すごく良い方と出会えてよかったね。お父さんも安心です。」と言ってくれました。
私は、その時に父が先生に対してジェラシーや妬みがないことにビックリしました。

そこで私は父に、世間の親の中には自分以外の人から教わり子供が変わって
いくのが気に入らなくて子どもに「前はおとなしくていい子だったのに」とか、
「洗脳されたんじゃないの」と嫌味を言ったりする人が多いことを言いました。

すると父は 「自分たちじゃない人の話を子どもが聞くことに妬みはあるが
しゃあない。 子供は大きくなりそれぞれの人生を尊重し、一歩下がった立場で
見届けてあげるようにならなあかん。何かあったら相談にくるから。 ただ親が
子供に面倒見てもらおうと思い出したり心配し出したりして欲がでたらうまいこと
いかんし、子供も順応するわけがない。それも親次第やけどそんなもんや。」
そして「いろいろと指導してもらえる先生がいるのは幸せなこと」と言って
くれました。

私のことを尊重し信頼して応援してくれている父を持っていることが嬉しくて
私は幸せです。 父のことを誇りに思います。
私が幸せになっていくことで両親が喜んでくれる。
これが親孝行のひとつだと教えていただけたことを本当にうれしくおもい、
こうして父が言葉にしてくれたことをお伝えしたくてお手紙を書かせて
いただきました。        

                                        
宮城 サナエ   』


私はサナエさんのお父様とは直接にお目にかかったことはありませんが
それにも拘わらず、お父様からは厚い信頼をいただけておりますことをとても
光栄に思います。
こちらに、サナエさんが誇りとされるお父様の写真をお載せしてお父様と
サナエさんの絆が益々強くなっていかれますようにとお祈りいたします。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加