【五次元スクール校長】凝り固まった心に効きそうなブログ

アイシス レインボーヒーリングのメンバーの
心の内を綴った、飾らない、気取らない普通のブログです。

ワークショップのご報告 

2010-09-25 02:14:07 | Weblog


9月20日に京都で行ったワークショップには シャーマン シダーサ先生の
スピリットと彼を守るスピリットのひとつも参加してくださいました。

強力なスピリットにしっかり守っていただいていたので私は安心してその場に
臨むことができました。
それで、どうなったかといいますと、

『スピリットに導かれるままに全て委ねます。』と、私は完全にニュートラルの
状態になれました。それで高い次元と繋がることができたというわけです。
そしてそこから受け取ったメッセージをみなさまにお伝えしたのでありました。
ワークショップにご参加下さったみなさまお一人ずつに心を込めてエネルギーを
お送りいたしました。

スピリットからのメッセージをおひとりおひとりがしっかりお受け取りになって
次のステップへと進んでいかれますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョウびっくり、でもこの世界に偶然はないのです。

2010-09-16 03:30:07 | Weblog



嵐山というところに出かけたときのことです。
電車を待つため、駅の待合室にしばらくはいたのですが外の空気に
触れたくなって待合室の外に出ました。

別に何をするでもなく引き寄せられて行った方向で、そこでまた目が
すうっと引き寄せられたそこの葉っぱには羽を広げたアゲハチョウが
とまっていました。作り物かと見間違うほど、じーっとそこにいる
ままで、私がチョウの近くまでかなり接近しても動きませんでした。

すると、そこに一人の青年がこれまた引き寄せられてきたのでした。
私とはまったく面識がないというのにその彼は躊躇することなく
「すっごいですねぇ、こんなん珍しいですよ!」とチョウを見つけて
目をキラキラさせながら話しかけてこられたのでした。

それをきっかけに私は彼とお話をする機会ができたのです。
聞くところによりますと彼は自分探しをされている最中でした。
なるほど!だから引き寄せられてきたんですね。
こんなところでもスピリットは見せてくれました。
たった5分かそこらの電車が来るまでの間でしたが偶然という
言葉では片付けられないほどの見事なタイミングでの出会いが
あったのです。

この世界に偶然なんてありません。
何もかもがプランされているのです。
全てのことが起こるべくして起こる。あるのは必然、ということですね。
答えを求める者がいて、その答えを導ける者へと繋げていく。
この必然として起こった彼との出会いから私は、
私に与えられた今生の使命の原点にまたまた気づいたのでした。
「伝える」ということ。

スピリットに用意された場で私は、彼の自分探しのヒントになるで
あろうということをお伝えすることができました。
喜んでいただけました。
名前もお聞きしなかったその人でしたが、必然の中でのやりとりは
きちんとできたと思います。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャーマニックジャーニーの不思議

2010-09-07 03:36:43 | Weblog


スピリットが入ったCD、《シャーマニックジャーニー》をお聞きに
なられたみなさまから続々と感想が届いています。

どなたからの感想にも共通して使われていたのは、『不思議』という
言葉です。例えば、

現実の世界のこととは思えないような不思議な体験をしたという方、
偶然という言葉では表せないほど不思議な出来事に遭遇したという方、
前世を思わせるような不思議な夢を見た、という方もありました。
中にはCDを聞いている最中にスピリットだと確信できるような存在が
側に来たのを実感されたというご報告もありました。
『不思議』はそれだけにはとどまりません。
このCDを聞いた直後から身体の不具合が好転し始めたという方さえ
あります。

なぜこんな不思議なことが起こるか、というとですね、
このCDはエネルギー的に働きかけて聞き手の深い部分に響いていき
ます。ですからその人の魂が揺さぶられて、心にも身体にもいろんな
反応が出てきたりもするというわけです。
ヘッドホンをご使用になると、より効果的だとおもいます。

さて次はどんなご報告がいただけることかと楽しみです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

先週東京 今日京都

2010-09-01 03:54:16 | Weblog


日本に到着して1週間ほどになります。

この間、それはそれは濃い時間を過ごしておりました。
どんなに濃厚だったかというのはまたの機会にお話しするとして、

明日からの1ヶ月間は京都に腰を落ち着けてみなさまにお目にかかります。
その様子はブログでもできるだけご紹介したいと考えております。

ではよろしゅうお頼申します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加