凝り固まった心に効きそうなブログ

アイシス レインボーヒーリングのメンバーの心の内を綴った、
飾らない、気取らない普通のブログです。

バランスをとる

2010-06-28 23:38:01 | Weblog
『心と身体のバランスをとることが大事です。』と
セッションを受けにいらっしゃるみなさまにはしつこいほどにお伝えして
いるくせに、ここ最近の自分自身についてみてみますとそのバランスが
全くといっていいほどとれていませんでした。

そのことにはもちろん気付いてはおりました。ですが、そこに意識を集中
しないようにしていたわけです。

そしてメールやお電話での
「緊急なんです。」「助けてください。」の言葉に反応して

「じや、今回だけ特別ということで。」と

この言い訳を何度も何度も繰り返しては『休み』として設定していた
日にちまでどんどん埋めていき結果、休養をとることなくずーっと動き
続けてきました。

そして気が付けば2010年の半年が過ぎようとしているというのに今年に
なってからまだ1日としてまるまるのお休み日を過ごせていませんでした。

心の疲れた部分は瞑想やチャンネルを変えるという方法でなんとか立て
直せていましたが、いかんせん身体は正直です。
セッションの合間に少しでも隙間の時間があれば横になる、とか
しないではたまらないほど身体に溜まった疲れが出始めたのでした。

シャーマン先生からのクレンジングでオーラはきれいにして
いただけても体力の回復というのには休むことをしないでは
どうしようもありません。

で、午後のブログに書きましたように徹底的なクレンジングと
エネルギーの充電をすることが目的で『山ごもり』の旅に出かけた
わけでございました。

この山ごもりの旅では予想以上に過酷な修行もありましたし、また
強烈な霊的体験もありました。

山ごもりの旅で私が一番に学んだ事は、
私自身に欠けていた事、『身体を休める』ことが絶対的に必要だと
いうことでした。
霊的な部分に集中しすぎるのでなく、身体にも深い気遣いを持たなく
てはひずみが出てくるということを厳しい体験から気付かされたので
ありました。

その、山ごもりでの厳しい体験談については次の午後のブログでお伝え
することにいたします。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

癒しの過程を振り返ってのご感想

2010-06-21 00:13:02 | Weblog
一時的に気分を紛らわせるようなものでなく、本当に癒されていくには
問題の根っこを取り除いていく作業が必要です。
この作業をすることなしに本当の癒しに到達するということは難しいかと
おもいます。

問題の根が深ければ深いほど取り除くのに時間がかかるかもしれません。が、
本気で問題の根を取り除きたい。本気で変わりたい。という強い気持を持つ
限り、そしてそのための努力をする限り、根絶に向けて必ず前進していけます。

根っこを取り除いていく過程において、胸の内深くに埋もらせていた痛みや
忘れたい過去の苦しみといったマイナスを出していく作業がつらいことが
あるかもしれません。が、
それを乗り越えていくことで本当の意味での癒しにたどり着けるのです。

今日ご紹介しますのは本当の癒しを体感されたパメラー久美子さんです。
癒しの過程を現在形で進んでいらっしゃるみなさまへの励みとなることを
願います。



『   真由美先生とのセッションを振り返って。

私が真由美先生のオフィスを初めて訪れたのは2009年の9月でした。
ちょうど子育てが一段落して余暇もあった時期なのですが、ぽっかりと
空いた時間をただ虚しく過ごしては無気力な自分に喪失感を抱いていました。
それでも、ほんの少しでもいいから自分自身を改善できたらという一縷の
望みを繋いで真由美先生とのセッションに辿り着きました。

緊張の面持ちで迎えた初日から9ヶ月間、私の人生に本気で向き合って
くださる先生に対して私も自然と身が引き締まる思いで、自分自身と
家族関係の改善に本気で取り組んできました。そしてその結果、私の予想を
遥かに超えた大きな癒しと祝福が私たち家族にもたらされたのです。

ヒーリングの過程は決して生易しいものではありませんでした。
自分の内面を深く深く掘り下げて、既に封印してしまった過去の
マイナス感情をひとつひとつえぐり出さなければならないからです。
平静を装っていた心底がゆさぶられ、かき乱される思いもありました。
そしてその作業は突き詰めると前世にまで及んでいき、こんなにも
果てしない行程だったのかと途方に暮れたこともあります。
しかしそれら負の感情を一つずつ認め、許し、感謝の気持ちで包んで
昇華させることができた後は、身も心も光の中に解放されたような
爽快感と満足感が得られます。

私自身が癒されるに従って、一緒にセッションに参加するようになった夫や娘も
確実に変化し、家族間に心地よい調和も生まれました。私たちが互いに発する
エネルギーが良くも悪くも常に同調し合うという事実も今ではよくわかります。
先生とのセッションでは、本当の癒しとはどういうものかを実体験として
学ばせていただきました。今後の私の人生においてもこの経験は大きな指針と
なっていくと思います。
本当にありがとうございました。    』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お芋ごろりん

2010-06-14 15:29:32 | Weblog
庭の落ち葉や台所から出る野菜くずなどは庭の片隅に掘った穴に埋めて土に
返すようにしています。
と、同じ書き出しでブログを書いたのが今年の2月3日でした。
そのときのブログでは、野菜くずを埋める穴を掘っていましたら、おもいがけず
そこにお芋がコロリンとでてきて自然の恵みに感動したというようなことを
書きました。

さてわたくし、お芋コロリンの後も休むことなく野菜くずなどはせっせと土に
返すことを続けておりました。
そしてこの日も野菜くずを埋めるための穴を掘っていましたところ、
今度はコロリンという軽さではなく、ゴロリン、とそれはそれは大きなお芋が
出てきたのでした。
前回の倍はあろうかというほどの大きさのお芋でした。



お芋の収穫は2度目となりましたが、収穫の感動は1度目のときと同じでした。
写真に撮ったり、家族やシャーマン先生に見せに行ったりと、初めてのときと
同じ流れでひと騒ぎして気がすんでからそれから調理してみんなでいただき
ました。

さて、今回の収穫で気付いたことなのですが、もし私が1回目の収穫に味を
しめて次はいつか?まだできないのか?と収穫という結果を求める事に目が
向いてしまっていたら今回の収穫でのこの感動は無かっただろうとおもいます。

私の意識はリサイクルということに向いていて、毎日の生活から出るゴミを
できるだけ減らそうとしての努力を続けていただけです。

毎日の地道な努力を重ねることで必ず結果が現れるということをこのお芋が
証明してくれたようにもおもいます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ参加者のおひとり

2010-06-04 17:26:03 | Weblog


5月29日のワークショップでは、日本へのお引越しを翌日30日に控えていた
パメラーさん母娘もご参加くださいました。

今日は、娘さんのサブリナちゃんにフォーカスしてお伝えします。
日本の学校のシステムでは小学校4年生のサブリナちゃんは見た目は
子供さんですが彼女の魂はとっても古く、何回も転生されています。
何度も転生している魂は人間としての年齢には関係なくたとえ小さな
お子さんであろうと興味深いお話しをしてくれます。
サブリナちゃんも然りで、初めて彼女がセッションを受けられた時から
既にチャクラの話しで盛り上がりましたし、フェイシャルのエネルギー
ワークをすると彼女自身のチャクラが動き出したのをキャッチされました。
セッションの回数を増すごとに彼女の感覚は益々研ぎ澄まされていき
オーラだけでなくエネルギーが見えるようにまでなられました。
そして日本へ向かわれる前にシャーマン先生のライトクレンジングも
お受けになってピッカピカになられました。

サブリナちゃんがお好きだというアニメのキャラクター チョッパーを
チョコで作って(有希作)ご家族みなさまの新しい旅立ちをお祝いしました。



サブリナちゃん 「チョッパーが可愛すぎて食べられない。」と
はにかんでおっしゃる普通の子供さんの部分もお持ちです。
チョコの作品部分はパパへ見せたいとお持ち帰りになりました。

サブリナちゃん、日本でも夢に向かってトレーニングを続けてくださいね。

では次回はご両親のお話しをお届けしたいと思います。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加