凝り固まった心に効きそうなブログ

アイシス レインボーヒーリングのメンバーの心の内を綴った、
飾らない、気取らない普通のブログです。

始めに カフナとの旅のご報告

2009-08-26 02:43:58 | Weblog


シャーマンとカフナから学ぶ5日間の旅のご報告です。
始めの3日間はハワイ島に行き、クムフラ フランクヒューイット先生
から教えを受けました。
大自然に囲まれたヒューイット先生のお宅に泊まらせていただきながら
彼から『ホ・オポノポノ』を教えていただきました。

『ホ・オポノポノ』というのはハワイに古くから伝わる知恵で『許す』
ということが大きなテーマです。

例えば家族間やグループの間で考え方や意見の違いから口論や争いが
生じた場合に、誰が悪いとか責めるのではなくて問題を修正していく
そして許していく、それがホ・オポノポノなのだそうです。

家族やグループの中での一番の賢者がリーダーとして選ばれ、その人が
最良の解決策を考えて こうするべき、という最終決定権を持ち、その
決定は『絶対』となるのだそうです。



フランクヒューイット先生はホ・オポノポノは一生をかけて学ぶほどの
奥深いものだとおっしゃっていましたが、私たちの3日間の滞在中に
その深いレッスンのおおまかなところを自然の中に出て植物を見つけ
てはその習性やその植物にまつわるお話しを聞かせてくださったりも
しながらわかりやすく説明して下さいました。

ハワイ島ではホオポノポノ以外にもたくさんの学びがありました。
これは合宿生活をしたからこその大きな副産物と言えるかもしれません。
みなさんとずっと行動をご一緒する事でその場で実際に起こる出来事を
みなさんと一緒にいろいろな角度から検証する事ができたのはとても
よかったとおもいます。
ご参加なさったみなさん方はわずか3日の間に奇跡の数々を目の
当たりにされるという貴重な体験をされました。
一生忘れられない経験となることでしょう。

そしてシャーマンとの旅へと続きます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャーマンとカフナから学ぶ5日間の旅

2009-08-17 18:17:08 | Weblog


日本での旅のご報告はまだ完結してはいないのですが、今日17日から
ワークショップが始まりますので日本の旅のお話しはひと休みとして
そちらのお話しをさせていただきます。

この5日間のワークショップでは、始めの3日間はハワイ島に行って、
フラのマスター フランクヒューイットさんから教えをいただきます。
そして続く2日間はオアフ島でスピリチュアルマスターのシャーマン
シダーサからシャーマニズムの教えを受けます。
ハワイ島、オアフ島、ともに中身の濃い旅となりそうです。

余談
今回のわたくしはですね、ハワイ島、オアフ島でのツアーに参加される
みなさまと全日程をずっとご一緒するという、添乗員みたいなお役も仰せ
つかっておりますのでこの任務も遂行できますようにと「添乗員の心得」
のページを読んで快適な旅をお届けするポイントを押さえておきました。
添乗員初体験です。
こちらもどんなことになりますか、楽しみです。

それでは行ってきます!













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ回想録

2009-08-12 08:18:16 | Weblog


日本でおこなったワークショップの様子は過日のブログでも
ちょっとお伝えしましたが、今日のブログではもうちょっと深い
ところをお届けいたします。

ワークショップに参加されなかったみなさまの一番お知りに
なりたいところは、『いったい何をしたんだろう?』というところ
だとおもいます。

ということで、今日はそこにスポットをあててみます。
ワークショップでおこなったことの1つを挙げてみますと
エネルギーワークの実践として、お集まりいただいた30余名の
みなさま全員で円になり、エネルギーサークルを作ってみなさま
順番に円の中に入っていただきそのサークルの中でエネルギーを
浴びていただきました。
サークルの中では熱を感じたり、圧力を感じたり、ビリビリと
した波動を感じたり、また心地いいと感じたり、と人によって
感じ方はさまざまでした。
そしてワークショップの後日談として、参加されたたくさんの方々から
肩こり、偏頭痛が収まったとか、腰痛が治ったとか、
身体が軽くすっきりしたとか、中には運がついてきた、とかいう
ご報告までいただきました。

これはですね、プラスの高いエネルギーをたっぷり浴びられたから
なのです。
なにせ本物のエネルギーサークルを作ったわけですから、そして
そこにはシャーマン先生のスピリットが来てくださったわけですから。

どういうふうに具合の悪いところが改善されたりしたかというと、
その人の気付かないうちに溜まってしまったマイナスのエネルギー
(悪い状況を引き寄せてしまう)がプラスの高いエネルギーを受けて
吸い出されたというか、取り除かれたからなんです。
で、その放出されたマイナスエネルギーはどうなったかというと
エネルギーサークルの中にどんどん溜まっていきました。
そしてサークルの中(マイナスエネルギーのたまり場)にいた私はそれを
たっぷり吸い込んで、青菜に塩みたいなかんじであれよあれよという間に
エネルギー値が下がっていけばそれに伴って防御が薄れていき、ひどい
頭痛と嘔吐感に襲われたのでした。
ワークショップで使ったパワーストーンのいくつかも割れてしまったほど
すさまじい、それはそれは強烈なマイナスエネルギーを受けてしまった
のでありました。

マイナスのエネルギーがどう作用するかというのを間近でご覧になった
スタッフのみなさんたちは、愕然とされてました。
「本当のヒーリングというのは穏やかでやさしいだけのものではないと
いうのもよくわかりました。」ともおっしゃってました。

そうなんです。
本当のヒーリングをお届けすることを目指している私たちはマイナスの
影響を受けて具合が悪くなったりする可能性があることさえも承知して
みなさまと向かい合っているのです。
いつもしつこいほどに言っている 本気でやっている、というのが
そこのところです。

以上、身体をはって行ったワークショップの回顧録でございました。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本での旅の様子

2009-08-05 17:56:18 | Weblog


日本での旅の様子を少しづつお伝えしてまいります。

今回の滞在は東京、京都合わせて28日間でございました。
滞在期間中にお会いした人数を調べてみましたらワークショップに
参加されたみなさまも含めますと177名となっていました。

これだけのみなさまとこれだけの限られた時間内にお会いするには
時間との熾烈な戦いが繰り広げられたであろうとはご想像いただける
かとおもいます。
はい、その通りでございます。

1分とかいう単位の時間を継続して気にしたことは過去にはあまり
ありませんでしたが、それが滞在期間中 毎日ずーーーーーっと
続いたわけです。
お一人目のセッションが終わって次の方をお迎えするまでの10分と
いう時間がどんなにすさまじかったことでしょう。

思い起こせばこんなこともありました。
京都での初日を終えてほっとしたところで
「あと残り何人いらっしゃるんですか?」となんとはなしに
誰とはなしに聞きましたら「はい、あと18日で112人ですね。」
と軽い口調で返答されて、
「えっ!?・・・・」っと、後は絶句したのを覚えています。
18日の間にまだ100人以上のセッションがある?・・(心の声)
ってことは、
折角の祇園祭ってのを見れないの?(心の声)
楽しみにしていた湯葉を食べに行けないってこと?(心の声)
映画村へは行けないのぉ?(心の声)

心の声がとめどなくこだましてきてどっと疲れ、初日のセッション後の
心地よい余韻を楽しむどころではありませんでした(涙)

その日を最後に(と言っても京都での初日が終わったばかりでしたが)
帰国する2日前までは、スケジュール表を見ることと人数を聞くことは
タブーといたしました。
他にも 祇園祭に関わる話しとか美味しい食べ物の話しとかも禁句とした
のでありました。
毎日お手伝いしてくださったレインボー京都スタッフのみなさん方も
そこらへんには触れないようにと気を使ってくださったのでした。

p.s.
写真はせめてものお祭り気分を味わいたいとセッションが終わった後で
それらしきものを探して写したものです。

続く






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加