【五次元スクール校長】凝り固まった心に効きそうなブログ

アイシス レインボーヒーリングのメンバーの
心の内を綴った、飾らない、気取らない普通のブログです。

戒めチェックリスト

2018-06-06 00:03:51 | スピリチュアル

シャーマンと言われていた人が自身のホームページに載せていたという、
「自我の強いヒーラー」という、ヒーラーの戒めチェックに使えそうな
リストを、ついに私も入手しました。

このリストを読んでみて、
項目の1つでも当てはまったら、ヒーラーとは言えないでしょう。と
いうくらいのレベルのリストだなと思いました。
ヒーリングに携わって結果を出していらっしゃる方には、この項目全部が
当てはまるようなことは先ずないだろうとは思いますが、もしも、
全部、あるいはほとんどに当てはまる人がいたとしたら、
その人はヒーラーというよりも、怪しい団体の教祖様というところに該当
するのではないかと思いました。

 

ヒーリングに関係していらっしゃる方でも、そうでない方でもご興味が
あればお試しください。

自我の強いヒーラー

1)自我の強いヒーラーは富と力を求めて他のヒーラーと競います。
 
2)他のヒーラーの悪い噂や陰口を言う。
 
3)嘘や恐怖心でクライアントを支配しようとする。
 
4)完璧を装いマスクをつけている。
 
5)クライアントに依存されるのを好む。
 
6)成功したヒーラー達を妬んだり羨む。
 
7)他のヒーラーと共に働くのを嫌う。
 
8)自分以外のヒーラーを推薦しない。

 

 



 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お気の毒

2018-04-30 00:40:15 | スピリチュアル

 何を血迷われたのか、釈迦のお名前 Gotama Śiddhārtha と同じ名を
持つと言っておられたその人はとことん自分を貶める行為を続けていらっしゃる。

その人は、私や私をサポートしてくれている五次元スクール生を不倶戴天の敵とでも
とらえているのか、執拗な嫌がらせを続けていらっしゃる。

とはいえ、正々堂々と正面からやってこられるのではなく匿名性が確保されている、
ネットという手段を用いてコソコソされているところには、なんと卑劣なことが
出来ることかと憤りを覚えるのだが、それとは別に、こんなカッコ悪いやり方を
何ども繰り返していらっしゃることを恥ずかしいとは思われないのだろうか?と
疑問も湧く。

その人が攻撃の矛先を向けている相手というのは、私の他に、かつてはその人と私の
生徒でもあった人たちである。その人たちの個人情報を漏らして嫌がらせを仕掛けて
くるなどもってのほか。

その人が投稿した嘘の書き込みや、なりすましサイトについては、
サイトの管理者から削除されても削除されても、懲りることなく何度もまた載せてくる。
もはや恥を恥とも思わなくなるほど乱心されたということであろうか。

その人が被害者のフリをして、どこぞの牧師にウソの投稿をしていたことが発覚してから
すでに1年という月日が過ぎたというのに、まだ同じことを続けるおつもりか。

ああいう連中は何を言っても因縁をつけてくるものです。」とおっしゃられていた
弁護士さんの言葉を思い出す度に笑いが込み上げてくる。

そう言えば、思い出せないくらいずっと前から私はその人に何度も繰り返してお伝えして
いたセリフがあった。それは、
「間違ったやり方を変えないでいたら、いずれ他人から笑われるようになりますよ。」

しかし、残念ながらその人は私の声を聞いて下さることはなかった。
結果、他人様から笑われるようになるとお伝えした言葉通りのことが起こり始めている。

 

 

 








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4月8日のカレンダーから。

2018-04-10 09:10:05 | スピリチュアル

4月8日はお釈迦様の誕生日ということで、日めくりカレンダーにはお釈迦様釈の
教えのひとつから「思う通りにしようとしないで受け容れよ」と書いていました。

釈迦のお名前 Gotama Śiddhārtha と同じ名を持つと言っておられたその人は
同じなのは名前の読み方だけで、その人がおやりになっていることは釈迦の教えとは
真反対で汚すぎる。
このところ、それが目に余るようになってきているので長年、
共に道を歩んできた私としては、いたたまれない気持ちになっている。

ここまでの汚いことをするお人であったのかと、その人間性にあきれもするし、
恥ずかしくも思う。

どうか、お釈迦様と同じお名前に恥じない生き方をしていただきたいと願うばかり。

以下は、お釈迦様からの教えではなかったかもしれませんが、自分自身へ沁み込ませて
いるお気に入りの教えです。

『本当の心は、迷うことなく、すべてのウソと幻想を風化させることができる。

真実の愛情は、害されることなく、憎悪の毒を耐えることができる。』

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日めくりカレンダー終了 \(^o^)/

2018-03-31 23:59:47 | スピリチュアル

めくって破る「変われない」パターン 

2017年の4月1日から始まったひめくりカレンダーでした。
そして今日、2018年3月31日が日めくりカレンダー最後の日です。

私は、毎月の締め切りの恐怖生活からようやく解き放たれて感慨無量の
境地でいます。この1年というもの、締め切りを意識する毎月20日から
締め切りギリギリの翌月4日までの2週間というもの、腸が捻じれるような
締めつけられ感を
味わっていましたのでそれが無くなっただけでも
大きな幸せを感じます。

カレンダーの言葉に毎日のツイートを足してメッセージをお送りする
やり方で「どうしても変われない」とおっしゃっていたみなさまが
変わっていかれる様子を拝見することが出来て、私はホッとしています。

このカレンダーを手にしてから不思議なことが起こり始めたという評判
をお聞きになって、なんと1年分のカレンダーを大人買いして下さる方も
いらっしゃるとカレンダー担当者から聞きました。
不思議なことが起こるのは、私ではない見えない存在がサポートして
くれているからだと思います。
そういうのを信じる人には本当に不思議なことが起こるみたいです。

さて、1年のひめくりカレンダーの締めくくりの日の今日、3月31日は
タイミングよく満月です。それも、ひと月に満月が2回巡ってくるレアな
ブルームーンですから、神タイミングと言いたいです。

ひめくりカレンダーの最終日をブルームーンで祝福してもらえる贅沢を
思えばこの1年、腸が捻じれるような苦しい思いをしたことなど、もう
どうでもよくて、私は、超シアワセ✨です。




 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正夢となった夢の話

2018-03-05 23:41:51 | スピリチュアル

ハワイ 3月2日の明け方に見た夢の話。

3月3日を楽しみにして! キーワードは 333

と、どこからか声が聞こえて目覚めた私。時計を見ると3:33AMでした。
かなりインパクトのある夢だったので目が冴えてしまい、
結局、私はそのまま起きて朝を迎えたのでした。

夢のことが、時々気にはなりつつも、わりと普通に過ごしていた3月2日の夜、
9時半頃に、3年ほど音沙汰のなかったある人物からメールで連絡があったのでした。
メールの内容はこちらに迷惑をかけたことへの謝罪で、内容自体は余り印象に残る
ようなものではなかったのですが、
私が驚いたのは、その人物のメールアドレスでした。

そこには、夢でキーワードと言われていた 333 が使われていたのでした!

それを見たとたんに私は明け方にみた夢の内容をくっきり、はっきりと思い出して
しまいました。数字の3が3つ続き、同時にマントラのような言葉が聞こえ、
同時に 333  と関わる人(たち)がどうなっていくかの
映像を見ていたのでした。 

夢の細かいところまでを思い出してから
一夜明け、

見えない存在から お楽しみに!と言われた3月3日を迎えました。

この日、333のメールアドレスを持つその人物と私は電話で話したのでした。
その人との会話の内容はまさにデジャブ! 
前日の夢の中での出来事がそのまま再現されているようでした。

 

スピリットが言った、3月3日をお楽しみに! が、これ?! 


俗世間からは遠く離れた位置にいらっしゃるスピリットからは、楽しいと言える
出来事なのかもしれません。

しかし、

その位置には届きもしない、べったべたの地べたに張り付いているような私から
してみましたら、とてもじゃないですけれど楽しいなどとは言えません。
見えない存在に向かって「全っ然、楽しくないです。」と呟きましたら、

全てがプラン通りに動いているから大丈夫。と語り掛かけてくるように答えて
くれましたので気持ちを切り替えてみました。

ことわざにある、
人事を尽くして天命を待つ というモードにしてみました。

その人物との会話では、私、最善を尽くしましたのでね。
あとはスピリットにお任せします! 
と、バトンタッチをして私は力を抜きました。

そうしましたら、
3月3日をお楽しみに!と言われた当日は全然楽しめなかったのですが、
日にちが経つほどに、キーワードの 333 がどう展開していくのか、少しづつ楽しみに
なり始めています。



 

 

 


 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

午前の呟き

2018-02-03 17:51:54 | スピリチュアル

私は「自分は出来ている。」とか、間違っても思わないようにはなってきた。
出来てもいない自分だから、当然ながら人様のことをジャッジするような
真似など出来るはずもない。

私は思いやりの心を持つことを心がけ、毎日を一生懸命生きるということを
実践し、五次元スクールという心を鍛える学びの場を通して、そこに集う方々に
私の生きざまをお見せしてきた。

良いとか悪いとか、立場や見方を変えればなんとでも言える。だから私は言わない。
私には言えないことだが、宇宙というところは明確に善し悪しを伝えてくれる。

1月のワークショップでのこと、
五次元生たちを傷つける行為をしている人のことを話し終えた、まさにその瞬間に
雷が鳴り響いた。私は外が見える窓を背に座っていたので外の様子を伺うことは
出来なかったが、外の景色が見えていた人たちからお聞きしたところでは、
その人の話題になってから、晴れていた空が急に暗くなり私が話を終えたと同時に
雷が鳴ったのだと。。昼間だというのに稲光が見えたという人もあった。

雷の音を聞いた時、私は答をいただけたことを知った。

スピリットとの繋がりをお持ちの方であれば、その意味するところがおわかりのはず。
どうか、きれいに幕を引いていただきたい。

私は、元より競う気などチリほども持ち合わせてはいないので、勝つとか負けるとか、
そういうことにも全く興味はない。

どうか、もうこれ以上私を幻滅させないでいただきたい。







 

 











 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素直に頷けるところ

2018-01-17 22:08:55 | スピリチュアル

孔子の言葉として「罪を憎んで人を憎まず」というのがあります。

聖書にもそれと同じような意味の言葉

love your enemies and pray for those who persecute you -Matthew 5:44
(あなたの敵を愛し、そしてあなたを虐げる人たちのために祈りましょう。)

があります。

憎しみから報復への連鎖を止めるには、とても大切な教えだと思います。

しかし、

上記の言葉や犯罪者の人権を守る法律を盾にして、悪びれもしないで罪を重ねている人、

情状酌量の余地がない人、などについては私はこの教えに素直に頷くことが出来ません。

では、素直に頷けるところはどこまでか?と考えてみましたら

「罪を償い、改心した人は嫌わず」というくらいのところまで、でしょうか。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しいところと嬉しくないところ

2018-01-01 01:02:43 | スピリチュアル

例えていうなら、アナログ放送から地上デジタル放送に変わったような
感じとでもいいましょうか。
最近の私のところへは見えない世界からの色々がこれまでよりずっと鮮明な
映像と音声となって
届くようになってきています。

鮮明な映像と音声のおかげ、というところでは
お悩みを持った方の身体
の不調や精神的な問題の原因がよりクリアに見えますので、
どこにどう働きかけたらいいかが明確にわかるようになりました。
それで、今までよりスピードも技術も大幅に上がってきました。
こういうところは、とても嬉しく有難いです。

しかし、私は喜んでばかりもいられないのです。
といいますのは
、見えないところが見えるようになっただけでは済まなくて
これまで目に見えていたところまでも地デジ化されていますので高画質で
くっきり、はっきりと、、あんまり見たくないところまでが明るく鮮やかに
映し出されてくるのです。

例えば、
お腹の中に黒いドロドロが渦巻いているのがくっきりはっきりの高画質で見えた
時ですとか、
本音と明らかに違う、たてまえの音がノイズもなくクリアに耳をつんざいて
聞こえてきた時ですとか、
こういうところは
、高画質になってからはとてもつらいです。

見たくないところが映し出されたり聞こえてきた時には、
ホラー映画を見るのに匹敵するくらいの恐怖の戦慄が私の体の中を走りますので
身震いしてしまいます。時には身震いどころでは済まないことも。。
こちらの方の画質はできればアナログのままで残して欲しかったです。

 

 



 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分に喝!

2017-12-15 23:06:00 | スピリチュアル

「お優しすぎるところにいつも甘えさせていただくばかりで本当に申し訳ないのですが、
今回もどうぞよろしくお願いします。」

相談事をお受けするようになって15年位になりますが、私はこの間にいったい何回くらい
このフレーズを聞いてきたのだろう?と、夕焼け色に染まる空や周りの景色を見ながら
ぼんやりと思っていた時のことでした。
少なく見積もっても1000回、いやいやもっと? もしかして2000とか超えてる?!

そうしたら急に、身体が一気に熱を帯びていくのがわかったほど・・・ (///∇///)
わたしは、とても、その場にじっとしてはいられない、とても平静ではいられない、
いたたまれないという気持ちになったのでした。 (///∇///)

その時の私は夕焼けの赤さにも負けず劣らず、ってくらい赤くなっていたことでしょう。
今思い出しても、ほんっとに恥ずかしい

なぜ私は今まで気が付かなかった?
そういえば、過去に遡ると毎日顔を合わす家族からは、ほぼ毎日のように「バカだバカだ」と
言われていたではないか!
他にも会社の会長とか社長とか弁護士という方々からも、家族よりはやんわりとでは
あったが「関わるの、やめた方がいいですよ。」「損ですよ。」と、何度もなんども
ご助言をいただいていたではないか!

そういうことが一気に脳裏によみがえってきたことも相まって、それはそれは(///∇///)

それはそうでしょう、私。。
1000回でも相当な(///∇///)だと言うのに、もしかしたらそれ以上も
私は同じ甘えを許して
しまっていたわけですよ!!

||||||||||||||(_ _。)ブルー||||||||||||||||

 

もう、このパターン終わらせよう、

いい加減に変われ、私!!




 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人を都合よく使わない 人から都合よく使われない

2017-11-08 21:53:51 | スピリチュアル

人に優しく寛容に接すると、人からはなめられる、そして使われる、
というおかしな法則があることは長年にわたっての痛い経験から学びました。

そういえば、いろいろな昔話というところのストーリーのパターンからも、
登場している 優しいおじいさん、おばあさんはたいていの場合、
意地悪で自分本位な おじいさん、おばあさんに都合よく使われています。
ということは、おかしな法則はずいぶん昔から存在していたのでしょうね。

物語で、優しいおじいさんおばあさんが意地悪でクレクレの相手からなめられて、
相手の都合のいいように使われて、なんどもひどい目にあう場面では、
「なんで、こんな意地悪なクレクレに犬のポチを渡すの? 
なぜ、ポチを殺されたのにまだ優しくするの?
非常識な意地悪たちにまだ優しく接するなんて、この人たちは優しいというより、
大バカじゃないの?」
と私はイライラして読んでいました。

そのことを思い出した時に私はデジャブを感じたのでした。
そういえば、我が子たちから
「なんで、都合よく頼みに来る人たちを助けるの?こんな人たちと関わったら
損するのわかってるのに。バッカじゃないの?」 
と、ずいぶん前から言われていたことと重なりました。

そしてようやく、気が付いたのです。
私が昔話のおじいさんおばあさんのおバカさ加減にじれったくてイライラして
いたのと同じような気持ちを我が子たちはずっと私に対して持っていたということ。
そういえば私は子供たちから大バカだと言われていましたわ。

 

昔話を読んでクレクレおじいさんおばあさんに体よく使われるおじいさんや
おばあさんのことを「大バカじゃないの?」と私が言える立場ではない。と。
そこらへんがはっきりわかるようになりました。

人のことは見えるけれど、自分のことは見えないというの、ものの見事に
私がやってしまっていました。

そこに気付いたときには軽いショックは受けました。そんな私に
「でも、バカは馬鹿だけどママの場合、いいバカだよね。」と、子どもたちは
なんと慈悲深く、精一杯の優しい嫌みも込めて接してくれていたことかと、、、

今、自分の行動パターンを思い返してみると、自分の弱点がわかります。

優しさや、寛容さを人からなめられたり使われたりしないように、
意地悪をしないで、意地悪をしてくる人にどうやって対応すればいいかの基本法を
次の五次元スクールでお教えします。

おかしな法則を絶対に都合よく使わないように。
そして、都合よく使われないように。
しっかり身につけていきましょう。



 

 



 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加