事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

真田丸 第十六回「表裏」

2016-04-24 | 大河ドラマ

第十五回「秀吉」はこちら

先週は地震の日々だった。こういうとき日本人はNHKについチャンネルを合わせるものなのである。これはもうしょうがない。残念なことにそのNHKの速報が拙劣だったことがニュースになっていたようだけれども、報道の視聴率トップテンはすべてNHK。

ドラマがそこに引きずられたわけでもないでしょうが、前回の視聴率はめずらしく予想が当たって18.3%と好成績。裏のイッテQが19%かせいだ上での数字なのでこれは立派でしょう。

今回は、脚本家として会心の出来だったのではないだろうか。

淀君(竹内結子)、秀吉(小日向文世)、信繁(堺雅人)、きり(長澤まさみ)、秀次(新納慎也)がからんだラブコメに見せながら、この恋愛ゲームに負けたら死が待っているという状況を描き(恋愛が成就した瞬間に加藤清正に殺されるのだ)、それ以上に信繁がその状況を利用しようとするあたりまで突っ走る。

シュガーコーティングされたラブコメにどうしたって見える。しかし淀君の暴力的な無邪気さが、実は過去の壮絶な体験にもとづくことをうっすらと匂わせ、その解説を柄の大きい大蔵卿局(峯村リエ、身長は170cm超)に語らせるあたり、うまい。

秀吉(と三成)はタイトルどおり社会人らしく表裏ある行動をとり、真田は翻弄される。またしても芸能面を騒がせている吉田羊が本多忠勝の娘として登場し、真田をぶっつぶすと気炎を上げる。次のシーンでは、のちに彼女の夫となる信幸(大泉洋)がうろたえているあたりの仕掛けもいい。

この人が長生きしたら様相は変わっていただろう羽柴秀長の述懐が泣かせる。

「わしらは、今はこんな立派な着物を着ているが、もとは中村の百姓。(現状に)心が追いついていないのじゃ」

は、秀吉の孤独もうかがわせて深い。

秀長役の千葉哲也、大蔵卿局の峯村リエ、三谷ドラマレギュラーの近藤芳正、小林隆など、小劇場出身者がのびのびと活躍していてすばらしい。今回も18%キープと読みました!

第十七回「再会」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポップ・ライフ~追悼プリンス | トップ | 日本の警察 その82 「警視... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

大河ドラマ「真田丸」第16回 (日々“是”精進! ver.F)
信繁、秀吉の家来に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604240001/ 仕事の虫 [ 三谷幸喜 ]価格:1188円(税込、送料無料)
真田丸 第16回「表裏」 (あしたまにあーな)
上杉が徳川が攻めてきた際には真田に味方しないことを秀吉に約束させられた後、信繁の知らない間に越後に帰ってしまいます。この段階はもはや信繁は上杉の人質ではなくなり秀吉の家臣となるしか選択肢はない状況でした。真田家のためを思えば秀吉の動きを上田に伝えること...
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第15回「表裏」感想 信繁より先に消されるのは吉田羊? (しっとう?岩田亜矢那)
最初のテロップみて驚いたんだけど、 撮影協力に 「長野県  群馬県  和歌山県  長野県上田市」 とあっての 大阪府、大阪市がないんですな。 現在は 「大坂編」 であるにも拘らず。 大阪を表裏から牛耳ってる、おおさか維新の会の怒りに触れる事を何かしたのかな~? 今...
真田丸 第16回 (レベル999のgoo部屋)
『表裏』「清正井戸表裏」 内容突然、秀吉(小日向文世)から、景勝(遠藤憲一)が越後に戻ったと知らされる。唖然とする信繁(堺雅人)に、上杉に真田への支援を禁じた続ける。そのうえ、秀吉の馬廻り衆に加わるよう命じられるのだった。 秀吉の護衛役と言うことで、色...
NHK大河ドラマ「真田丸」第16回「表裏」 (真田のよもやま話)
表があれば裏がある~裏があってもおもてなし~の心で信繁様を遇してらした秀吉様ですが、ニコヤカ~にしている裏でちゃくちゃくと真田家を追い詰めるご差配!なんとなんと上杉は真田に味方してはならぬとの厳命でございます。 先週ラストの秀吉一家全員集合のシーンも、...
【真田丸】第16回 「表裏」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
秀吉(小日向文世)が上杉景勝(遠藤憲一)に真田への支援を禁じたと知った信繁(堺雅人)はショックを受ける。 秀吉はその信繁を自らの護衛役、馬廻(まわり)衆に加える。信繁は秀吉と行動を共にするうち、秀吉が熱を上げる茶々(竹内結子)に気に入られてしまう。 一...
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い16信繁は景勝の人質から秀吉の人質となり秀吉と茶々の間で板挟みの苦悩を味わう事になった (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第16話は景勝は秀吉から真田を支援するなというお達しを受けて苦悩しながら越後に戻った。信繁は秀吉の馬廻衆となり、秀吉に仕える事になった。そしてそこ ...
真田丸 第16回「表裏」~身の丈から外れた地位と暮らしの中で溺れかけている秀吉たち (平成エンタメ研究所)
 サブタイトルは「表裏」  信繁(堺雅人)が目撃した、いくつかの表と裏が描かれる。  まずは茶々(竹内結子)。  無邪気な屈託のない女性かと思いきや?悲しむことをやめた女性?  裏面では、とんでもない闇を抱えていた。  闇は他にも至る所で。  秀吉(小日向文...
大河ドラマ「真田丸」 #16 表裏 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
妙に秀吉に気に入られた信繁。 しかし、その裏で秀吉は真田家をつぶす策略を・・・。
大河ドラマ 感想 真田丸 第16回「表裏」 (架空と現実の雑記帳)
稲役の吉田羊さんがお目見え。薙刀振って凛々しい娘さん。着物といい、思いっきり若作りで、可愛らしくありました。が、毎度ながらこのときの登場人物の歳はいくつなんだ? と困惑半分(笑)。でも、旬な女優さんの登場で、楽しみが増えまするぅ~。
真田丸 第16話「表裏」 (昼寝の時間)
公式サイト 秀吉(小日向文世)が上杉景勝(遠藤憲一)に真田への支援を禁じたと知っ
真田丸 第16回「表裏」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第16回「表裏」 あらすじ・・・・・・・