事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「ゴーン・ガールズ」(2017 日本)

2017-07-29 | 国際・政治

井上陽水 帰れない二人

ふたりの女性が、ほぼ同時に辞意を表明した。稲田防衛相と、蓮舫民進党代表。この、ほぼ同じ時期にというあたりが妙味。どちらかがどちらかにぶつけることで報道における扱いをなんとか小さくしたかったのかもしれず、政治とはこんな偶然の集積なのかもしれない。

蓮舫代表には同情すべき点が多々ある。彼女に失点があったとすれば二重国籍問題だろうが、あれを騒ぎ立てる神経がわからない。まあ、ウヨ系の方々からすれば、彼女をたたくネタがあればなんでもよかったのだろう。

代表の不幸は、率いるべき党が最初からバラバラだったことだ。だからどんな後ろ盾がついたとしても、その後ろ盾によって“色”がついてしまい、結局は足をひっぱられる。例によって前原が代表選に出るようだけれども、彼がふたたびトップに立つようならわたしはこの党を完全に見放す。改憲・原発推進派と護憲・反原発派に早いところ割れてくれないかなあ。

連合がそれを許さない?でもその連合自身が現政権と裏取引をしていたことがあからさまになっちゃったじゃないですか(笑)。なにやってんだか。

防衛相については、まことに残念なことと言わざるをえない。彼女のことだから特別監察の結果も無視して居座ってくれるものと期待していたのに。そうすれば、もっともっと現政権は弱体化し、民進党の混乱を相対化してくれただろうに。

しばらく稲田朋美はオモテに出て来れないだろう(油断はできませんが)。自民党の、といって悪ければ極右系与党の最も醜い部分を体現していたのが彼女だった。数に驕り、選挙民をなめ、マスコミや法律などなんとでもなると。

それ以前に、この稲田という人物が無能だったことは確かで、なにしろあの奇矯な籠池夫妻が自らの顧客であったことをすっかり失念していた(笑)というのだ。少なくとも、その申し開きが通用すると発想した時点でこの人はアウト。内閣改造一週間前に辞任という、ちょっと恥ずかしすぎる結末をつくりあげた首相と彼女の連携もおみごと。

ということで本日の一曲は井上陽水と忌野清志郎が三鷹のアパートでカレーを食べながらつくった「帰れない二人」。わたしは70年代フォークの最高傑作ではないかと思う。

で、関係ない話だけど、今日の「ひよっこ」にはまいった。

「わたし、わがっがら

自分も苦労してきたからこそ言えるみね子のこのセリフに泣けないやつは人間じゃねー(笑)

これから、このドラマは「ひまわり」(松嶋菜々子じゃなくてソフィア・ローレンのですよ)パターンで突っ走るのかなあ。岡田脚本だから油断はこちらもできませんが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うまい店ピンポイント 2017... | トップ | うまい店ピンポイント 2017... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (この1おおさか)
2017-07-31 09:02:12
前原は改憲、原発推進派ですかねえ。
早く一から出直したいですね、民進党。

連合の裏取引ね。
ここも出直しですかね。



Unknown (がrrrrrrrrふ)
2017-07-31 12:36:34
おひさしぶりです。リンクの「帰れない二人」聴きました。

さいごになってやっとライブ録音だったことに気づいて「おー、陽水、若い頃はこんなにまっすぐ声が出てたんだっけ」と。ピアノもすごい。昔のミュージシャンは、演奏力高かったですねえ。
すごいメンツ…… (hori109)
2017-07-31 17:43:36
……がバックなんでしょうね。
ここからどんどんロック色が強くなって
いって、もっともっと好きになって
しまったのでした。
「夕立ち」とかよかったなー。
前原は…… (hori109)
2017-07-31 17:44:54
やっぱり出るみたいですね。
まあ、選挙にならないよりは
100倍いいけれども。

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。