事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

日本の警察 その83 「松谷警部と三ノ輪の鏡」 平石貴樹著 創元推理文庫

2016-04-28 | 日本の警察

その82「警視庁文書捜査官」はこちら

これまた初めて読む作家。本業は英文学研究で東大の名誉教授ですって。

ほのぼのとした装丁に騙されてはいけない。行われているのはかなり邪悪な事件。しかし、人間として冷静であたたかい(新左翼だったある登場人物への彼のスタンスがいい。警察とは体制の最右翼であるにもかかわらず)松谷警部の人柄と、実質的に名探偵を演ずる部下の白石巡査部長とのからみがいいので、気持ちよく読み終えることができる。確かに、英文学っぽいです。

これだけの連続殺人だと、日本の警察ならもっと殺伐とするはず(笑)。おそらく松谷警部のモデルはP.D.ジェイムズのダルグリッシュあたりでしょう。あ、ついにあのおばあちゃんも亡くなってたんだね。もう新作読めないのかあ。合掌。

これがシリーズ3作目とか。こうなったら日本のアダム・ダルグリッシュ(勝手に断定)の前作も読まなきゃ。舞台が都会でも田舎でもないあたりが絶妙です。

その84「64(ロクヨン) 前編」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の警察 その82 「警視... | トップ | わたしのGWってこういうもの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の警察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。