A.himeのフォト日記

日常の思ったこと、感じたことを自由に気ままに・・・
写真・旅・ワンちゃん・園芸・お花・趣味・日常…etc

感動の白い世界! ~美ヶ原

2007-01-31 | 写真と旅
ただいま~、行ってきました美ヶ原へ。
360度パノラマで見るアルプスの山々…
遠くには富士山もくっきりと見え…
一面真っ白な広い大地…
朝日・夕日に輝く白銀の世界…
白い世界に真っ白な樹々…

見るものすべてが感動でした!

詳しいレポはいずれ書きたいと思いますが、まずは感動のおすそ分けを…





美ヶ原(うつくしがはら)は、八ヶ岳中信高原国定公園北西部にあり、長野県松本市、上田市、小県郡長和町にまたがっています。日本百名山の一つで、最高峰王ヶ頭(2034m)を中心に王ヶ鼻(2008m)、茶臼山(2006m)、牛伏山(1990m)、武石峰(1973m)などからなる標高2000m近い熔岩台地です。
初夏から秋にかけて200種類を超える高山、亜高山の花に彩られ、360度のパノラマが遠く富士山をはじめ、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳の雄大な景観を望めることでも有名です。
高原の中央には霧の発生時に鐘を鳴らし登山者を安全に導く目的で建設されたシンボルタワー『美しの塔』があります。




美ヶ原は長野県の放送局の親局となっているそうで、頂上にはたくさんのアンテナが建っていました。標高が非常に高いところにあるため他県まで電波が届きやすいのだそうです。NHK、SBC、NBS、TSB、abn、FM長野の送信所のほか、NTT、国土交通省、長野県防災行政無線、などの中継所、中部電力のマイクロ波反射板なども建てられており、放送・通信の要衝となっているそうです。




高原頂上からは360度のパノラマが楽しめ、富士山をはじめ、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、浅間山、御嶽山などの日本の名だたる山々が 一望できます。その雄大な景観は四季を通じて私たちを魅了します。








また美ヶ原は樹氷・霧氷が見られることでも有名です。霧氷は、空気中の水蒸気が樹木や草枝に付着して氷結したもので、天気のいい冬の朝には、細い枝先一本一本にまで白く氷結した樹々が光に映え、幻想的でとても美しい光景を見せてくれます。


訪問ありがとうございます。
美ヶ原撮影ツアー 2泊3日(2007.1.29~31)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二宮くん・・・

2007-01-30 | 映画・テレビ
先日のワイドショーで知ったのですが、大女優の森光子さんがあのジャニーズ嵐の二宮くんのファンなんだって。○十歳の年の差をもろともせず、ラブコールを送っているとか。

実は…私も嵐がデビューした頃から二宮くんをひそかに応援しています。歌手ではなく俳優としての二宮くんを・・・。年齢差は森さんにはちょっといやかなり負けますが・・・

本当に、ドラマの二宮くん、いい味でてますよね?


訪問ありがとうございます(1/29)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白銀の世界へ・・・

2007-01-29 | 写真と旅
今日から2泊3日の撮影旅行に出かけます。行き先は美ヶ原。樹氷・霧氷が撮影出来ると言うのでとても楽しみです。気温氷点下の世界、防寒を充分にとのアドバイスを受けているのですが、どの程度の装備をすればいいのか・・・
ガソリンも入れたし、手袋も入れました。懐中電灯も用意したし、電池の予備もOK。デジカメの充電器も持っていくことにしました。前回の失敗を繰り返さないように今準備をしています。ちょっぴり不安です。私のことですから・・・きっと完璧とはいかないでしょうね。
今から少し寝て、4時半起きの5時半出発です。

いってきま~す!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

華麗パン・・・

2007-01-28 | 日常
遅まきながら、今話題の華麗パン、食べました~
山崎製パンとTBSドラマ「華麗なる一族」とのコラボレーション企画「華麗(カレー)ぱん」
山崎豊子氏→山崎パン?
華麗なる一族→華麗パン?
バカバカしいと思いながらもスーパーの陳列棚で見つけたのでつい購入してしまいました。私もそうとうなミーハーです。
お味は、まぁ、カレーパンですね。フツーの。


また、万俵家のリビングボードの中に飾られているディナーセット「瑠璃金蝕稲穂模様」は今回この番組のために特別に制作されたそうですが、これも「万表家のディナーセット」として販売されるようです。かなり高価で。こちらはミーハーできませんが・・・見てみたい・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年会・・・

2007-01-27 | 仲間
今日は写真クラブの新年会でした~。 このクラブは男性が多く女性は3人だけ。皆さん紳士で飲んでハメを外すひともなく、話題も写真のことや健康のことなど、健全そのものです。経験豊富で物事をよく知っている先輩方のお話には教わることが多く、時間のたつのを忘れるほどです。

職場では年長組の私なのですが、ここでは若い方なんですね~。この年でも・・・

食べて(今回は北京料理)飲んで(ウーロン茶)写真談義に花を咲かせて…その後喫茶店に場所を移してまたまた写真談義…根っから写真バカの集まりなんですね~。

その後はみんなで近くのギャラリーの写真展を見学し、ここでも写真を熱く語り合い、市立美術館で開催中の美術展にも足を運び、写真を楽しみました。

今日はとってもいい1日でした~ 


訪問ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はやと・・・16歳4ヶ月

2007-01-26 | わんちゃん
いよいよ我家も介護が必要になってきました…あの恋わずらいで獣医さんを手こずらせた愛犬“はやと”のことです。

15歳を過ぎた頃から急に足腰が弱ってきて、楽しみにしていたお散歩ゆっくりコースが行けなくなってしまいました。オシッコもウンチも間に合わず、小屋のまわりでしてしまうことも多くなりました。目も白内障のようだし、耳も聞こえにくくなっているようです。

それでも、朝晩のお散歩は楽しみにしているので、家の近くを少しだけまわって帰ってきます。食欲は旺盛なのでシニア用のドッグフードをやわらかくふやかしてやっています。

1日中寝ていることが多く、傍に寄っても気づかずに寝ていて、声をかけても反応しない時などドキッ!とすることもあります。

あんなによく吼えて元気いっぱいだっただけに、なんだか哀れですね。早逝されるのも辛いですが、老いを見るのも辛いです~。人間も同じことですが・・・我家で生まれ、子供達と一緒に成長してきた“はやと”。1日でも長く傍にいて欲しいと願っています。



“はやと”(12歳の頃)


訪問ありがとうございます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

華麗なる一族~ドラマ

2007-01-25 | 映画・テレビ
TBSドラマ『華麗なる一族』第2回が放映されましたね。関西地方での視聴率は第1回で30%を超えたとありましたが、我が事務所の女性たちは誰も見ていないようです。6名いるのですが、見たのは私だけ。少し年齢層にギャップがあるんですけどね・・・

20代半ばの女の子が一人と後は30代半ばの彼女達。普段の会話はマンガ(アニメ?)だとかアイドルのKAT-TUN?などで盛り上がっています。ドラマでは花より?お笑い系、ダイエットだとか、携帯の着メロだとか、新しく出たゲーム機のことなど・・・おばさんの私にはついていけません・・・^^;

で、話を「華麗なる・・・」にもどしますと。たくさんの方がブログでとりあげていらっしゃいましたが、やはり原作を読んだ方にはちょっと物足りないようですね。人物像にしても、時代背景にしても、自分の頭の中でイメージが出来ているので、映像とのギャップは仕方のないことで、それが又面白いところでもあります。

原作を読んで私が感じた「華麗なる一族」、監督や脚本家が表現したかった「華麗なる一族」、俳優たちが演じたかった「華麗なる一族」、そして何よりも作者山崎豊子氏が描きたかった小説「華麗なる一族」…それぞれ色んな想いがあって、面白いですね。

ただ私の場合、映像を見てから原作を読むとイメージが膨らまないで、映像そのままを感じてしまうので、いい作品は原作を先に読むことにしています・・・。


皆さんはどう感じましたか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月は忙しい・・・

2007-01-24 | 仲間
年が明けて1月は何だか忙しい日々が続いています。(仕事ではなく、プライベートで)と言うのも撮影会や例会の他に、新年会が3つも入っているのです。年末は仕事も家事も忙しいので忘年会はありませんが。

ひとつは先日の職場仲間のカニカニ新年会。27日には写真クラブの新年会があります。そして今日は写真仲間の主婦7人で居酒屋に行くことに。私は車なので飲めませんが、仕事が終わってからすっ飛んでいくことになりました。久しぶりに皆と会うのでとても楽しみです。

例年ならもうひとつ文庫仲間の新年会があるのですが、いつもお世話をして下さる先輩が昨年体調をくずされ入院。今はもう退院されているのですが、まだ、みんなでワイワイの気分ではないのでしょうか、今年はまだお声がかからなくて・・・早く元気になってほしいですね。いつものメンバーが集まらないとちょっと寂しいです。

忙しい忙しいと言いながらも、声をかけていただけるのが嬉しくて、いそいそと参加している私です・・・誘っていただけるうちがハナですよね。

訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水仙の香り・・・

2007-01-23 | 写真と旅
もう昨日のことになってしまいましたが、22日(月)福井県の越前岬へ行ってきました。

三木市を拠点に活動していらっしゃる写真家の先生のツアーで「冬の越前スイセンと琵琶湖の夕景撮影ツアー」に参加。朝7時半三木の道の駅集合でした。集合地へは私の家から車で1時間以上かかるので、逆算して6時出発、4時半起きです。

一番困るのはワンちゃんのお散歩。この時間だと外はまだ真っ暗なので、なかなか起きてくれないのです。特にシーズー犬のゆうたは寝起きが悪くて・・・

少し遅れて6時10分に家を出ました。外はまだ暗くて車も少ないのでこれはラッキーと思っていたら、運悪く、速度の遅い車の後ろについてしまったり、大型車の後だったり…追いこし禁止の1車線でちょっとイライラする場面も…でも大好きなRyuくんのCDを大音響で聴きながらのひとりの時間、結構楽しかったりして…途中すごく霧が濃くて走りにくい所もありましたが、予定よりも少し早く集合地に着きました。

今日の参加者は21名で小型バスはゆったりです。私はひとり参加だったので、1人席になってしまいました。少し寂しかったけれど、日頃の睡眠不足を解消できた…とちょっぴり強がり。(道中4時間ほど、寝てばかりでした~)

越前岬の水仙はたくさん咲いていて甘い香りがただよっていました。あいにくの雨と風で、撮影には少し苦労しましたが、日本海の荒波とやさしい水仙の花…とてもいい景色でした。





少し早めに切り上げて、琵琶湖の夕景を撮る予定になっていました。こんなお天気では無理かなと思っていたのですが、日頃の行ないがいい人ばかり参加していたのでしょうか、琵琶湖の夕日も見ることができました。湖面に落ちる前に雲の中に入ってしまいましたが…



久しぶりの撮影でしたが、楽しい1日でした。やっぱ写真は止められないわ~


訪問ありがとうございました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おしかけ女房

2007-01-22 | 動物
子供達が小さかった頃、うさぎさんを飼っていたことがあります。
幼稚園のお知らせでうさぎの赤ちゃんが産まれたので、里親を募集しますと書いてありました。動物大好きの子供達がこれを見逃すわけがありません。そして、同じく動物好きの母(私)を説得するのに1分もかかりませんでした。

そして数日後、真っ白い赤い目のうさぎさんが我家の一員になりました。

雪のように真っ白だったので、「ユキ」と名前をつけました。ユキは男の子だったのですが、やさしくて人なつこい子でした。ユキ!と呼んで手を出すと近寄って来るし、ちいさな尻尾も振ったりします。
庭に網で囲った小屋を作り、朝晩のエサやりは子供達の役目に。
近所の子供達もえさを持ってきてくれるようになり、私はうさきのおばちゃんと呼ばれるようになりました。

その頃、家の周りには空き地が多く雑草が茂っていたので、昼間はこの空き地に底のない移動式の小屋を作って外に出すことにしました。毎日草の茂ったところに小屋を置き、夜には家に入れる。エサやりと草刈りと一石二鳥です。

その日も仕事に行く前にユキを外に出してから出勤したのですが、帰宅すると、家の庭にうさぎがつないでありました。「あぁ~、ユキが脱走したので、近所の方がつかまえてくれたのかな」と思っていると、近所の方が「ユキが離れていたので捕まえてあげたわよ~。すごくあばれて苦労した」と・・・ん?「ユキはおとなしくて、小さい頃から子供達が抱いたりさわったりしているのでそんなにあばれることはないのに・・・」案の定、外の小屋にはちゃんとユキがいるではありませんか。「ではこのうさちゃんは?」

そのうさちゃんは少し離れたところのお家で飼っていたものと判明しました。それでその方のところに連れていったのですが、「あの空き地に捨てた!」と言われるのです。ひどいことを!・・・野生ではないうさぎが生きられる環境ではないのに。憤慨した私は大見栄をきって「私が飼います!」と言ってしまったのです。後先を考えもせずに。

そんないきさつで、我家の一員になったうさちゃんは活発で人慣れしていないちょっと年上の女の子でした。『ピョン』と名前をつけて『ユキ』と一緒に暮らすことになったのですが、うさぎさんの繁殖能力が非常に高いということはそのときはまだ知りませんでした。


 訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加