A.himeのフォト日記

日常の思ったこと、感じたことを自由に気ままに・・・
写真・旅・ワンちゃん・園芸・お花・趣味・日常…etc

お別れの日・・・

2017-03-20 | わんちゃん
3月4日、
いよいよ最後のお別れの日です。

昼頃納棺、
昨日作った箱に布団敷いてゆうたんを寝かせ、封筒とおもちゃ・ボール・フード・おやつなどを納め、大好きだったリンゴやバナナなども入れて…たくさんのお花で可愛くきれいに飾ってあげました。


(お花に埋もれたゆうたんの写真は公開せずに私の胸の中に…)

ペットの葬儀屋には頼まずに、歴代のワンちゃん・ウサちゃんたちと同じように名古山霊苑の斎場へ連れていくことに。骨上げはできませんが、ゆうたんといっぱい遊んだ場所なので思い出もいっぱいあるし、両親のお墓もあるし、いずれ私も行く場所なので…

大阪の息子夫婦が孫を連れて来てくれることになり、学校行事のため着くのは午後になるとのこと。現地で待ち合わせることにして、1時半ごろに自宅を出発。

お花に埋もれたゆうたんを助手席に乗せて、
住宅地のいつもの散歩コースを1周、
よくボール遊びをした近くの河川敷に立ち寄り、
元気な頃いつも散歩していた河原の小道や神社のコースを巡り
それから名古山へ。
名古山ではかつて遊んだいろんな場所をぐるぐる…

息子たちと合流するまでぐるぐるぐるぐる…



孫と息子と嫁さんにもお花をいっぱい入れてもらって…
ほんとに最後の最後のお別れをしたのでした。

そして…
みんなで仏舎利塔内を縦覧し、
火葬が終わるころを見計らって生類慰霊碑をお参りしました。



孫たちが駆けつけてくれて本当に良かったです。
ひとりだと耐えきれなかったかも知れません…
喫茶店でしばらく休憩し、息子たちは大阪へと帰って行きました。

私は…
お世話になった動物病院に立ち寄り、報告とお礼を。


これから始まる、ゆうたんのいない生活…
とっても寂しいです。


にほんブログ村
   にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジェルケア

2017-03-19 | わんちゃん
今でもこの日のことを思うと涙があふれ、キーボードを打つ手が震えます。でも気力を振り絞って…


(亡くなったゆうたんの写真は公開せずに私の胸の中に…)

昼過ぎまでゆうたんを抱きしめていましたが…
私がゆうたんにしてあげられる最後のこと、
ゆうたんをちゃんと送ってあげなくてはと
ある方のブログを参考に、エンジェルケアをしました。
ゆうたんとお話をしながら…

まずはゆうたんをいつも寝ていたベッドに寝かせ、
目、耳、鼻、顔をきれいに拭いて…
頭からしっぽ、足先、肛門まで、きれいに拭いてあげました。

そして、ゆうたんの形見にと、付けていたリボンと遺髪(胸のあたりの毛)を少しもらい、リボンは可愛いのに付け替えて…

家にあった石紛粘土「ラドール」で左前足の足型をとり、
水性アクリル絵の具で紙に足型も押しました。
その後きれいに足を拭き…



硬直しはじめたゆうたんの体(特に後ろ足)と尻尾を整え、敷き布団の下におもちゃなどを入れて固定し、いつも使っている布団をかけて座敷に安置。お花もいっぱい飾りました。

そしておもちゃやフードや持っていかせるものを枕元に準備、
私とツーショットの写真数枚と般若心経もプリントして封筒に入れ…
翌日納棺する箱は段ボールに和紙などを貼って用意しました。
いつものように話しかけたりなでなでしながら、
ず~っとゆうたんの傍に…



夜は私の横にゆうたんのベッドを置いて一緒に休みましたが、
何度も目が覚め…眠れぬ夜に…。


にほんブログ村
   にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆうたん最後の日

2017-03-18 | わんちゃん
こんなに突然に…
別れの日がくるとは、思ってもいませんでした。
いずれは…と覚悟はしていても。



3月3日、朝、

ゆうたんはいつものように目覚め、
いつものようにお散歩に行きました。

この頃のゆうたんは、あまり歩きたがらないので、排泄がすめば後は抱っこしたり少し歩いたりして、いつものコースをぐるっと一周。

朝ごはんのフードは食べなかったので、ブドウ糖液を少し飲ませ、ウイニー1本とビスケット5個を与えました。めずらしくパクパク食べたので、もう少しあげてもいいかな?と大好きなおやつのキューブを袋から出している時、「ドタッ」と大きな音が…
テーブルの下のベッドにいたゆうたんが出て来ようとして…2、3歩歩いて…倒れたのです。
慌てて抱き起し、いつものようによしよし…
いつもならしばらくよしよししていると、気がついて大丈夫になるのに…この日は…

1度は気がついて私の元に戻って来たのに…、
そのまま逝ってしまいました。
私の腕の中で…。

私はなすすべもなく、
ただ呆然として…、
ず~っとそのままゆうたんを抱っこしていました。

<2月28日撮影>

これが…ゆうたん最後の写真になってしまいました

ゆうたん最後の記録




2月に入ってどんどん食欲がなくなっていったゆうたん
朝何をどれだけ食べたのか?昼は?夜は?
水はどれくらい飲んだのか?栄養補給は?
診察の記録、検査の内容、薬の変更…などなど
2月からのゆうたんのことをメモったノートです。

にほんブログ村
   にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆうたん・・・天国へ・・・

2017-03-10 | わんちゃん
3月3日の朝、

ゆうたんは天国へと旅立ちました。

16歳と2か月の生涯でした。

<1月2日撮影>16歳になったゆうたん


<1月13日撮影>


ゆうたんの足型


★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

     ゆうたん、ありがとう

     やすらかに…

★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。



<2016年11月7日撮影>


血糖値の異常が見つかり、闘病生活が始まってから約2年5か月
ゆうたんは、よくがんばりました…

ゆうたん闘病記


悲しくて…
寂しくて…
今は何も手につきません。
覚悟はしていたけれど、いざとなると後悔ばかりです。


にほんブログ村
   にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆうたん闘病記…2017年3月(最終章)

2017-03-07 | わんちゃん
2017年、3月のゆうたんは…

<2月19日撮影>


食欲がなくてフードはほとんど食べないゆうたんです。
おやつは少し食べるので、何でも食べられるものをあげていました。とりあえず体力を戻さないと…

この頃好んで食べたおやつは、

赤ちゃん用の「ボーロ」と「シスコ」お散歩の前後に1~2個。血糖値が低いので糖分補給を兼ねて。

ドギーマンの「ひとくちダイス」食事替わりに10個。これは好きだったみたいです。

ドギーマンの「わんわんビスケット」5個を半分に割って。

デビフの「おすわりくん」ビーフ・ササミ・レバー・ラムなど

私も食べられる「食べる煮干」塩分が気になるので少しだけ。

それと食パンが好きなので、私の朝食をすこしおすそ分け。

「おさかなソーセージ」子どもがおやつに食べる細長いソーセージ3センチぐらいを小さく切って。2日ほどは喜んで食べましたが、すぐに食べなくなりました。

それならばと子どものお弁当の定番だった「ウイニー」を。
これはよく食べ、もっと欲しそうでしたが、これも塩分が気になるので1本だけ。

そして「りんご」や「バナナ」など、その時々でゆうたんが食べてくれるものを何でも。




★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

3月

3月1日検診
血糖値 117 体重5.2kg GPT? 心電図-異常あり

血糖値が異常に高い?いや異常ではないけれど、ゆうたんにしては… おやつの与えすぎ? ドクターも苦笑い^^; でもフードを食べないので今のゆうたんにはおやつでも何でも食べてくれれば…^^;
心電図検査の結果、あまり改善していないので、またまた薬を変えることに。血糖値と心臓の薬を再々調整して5日分。次の検診は6日(月曜日)です。
これで改善しなければ最後の手段として心臓ペースメーカーだと…。高齢なので、それだけは避けたい。

ゆうたん、がんばれ!



★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。


その後しばらく食欲もあり(おやつ食ですが)いつも通りのおだやかな日々でした。

元々食が細いゆうたんですが、今考えると食欲がなくなるのはいつも病気のサインだった気がします。食べないからと言って、あれこれトッピングしたり、フードを変えたり、おやつを与えたりしないで、治療をしながらでも、もう少しちゃんと食事のコントロールをしておけばよかった…と後悔しています。

<2月28日撮影>




それとも一つ…
心臓の異変にもっと早く気付いてあげられなかったこと。
毎月、一回以上は病院に行っていたのに、
その都度検査もしていたのに、

昨年1月から始まった「ギャー事件」あれが異変の始まりだったのかも。血糖値ばかりに気を取られていて…

今は後悔することばかりです。



闘病記、過去の記事はこちらから↓

ゆうたん闘病記


訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ←クリックよろしくね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆうたんは・・・裸族からセレブに?

2017-03-03 | わんちゃん
ゆうたんは16歳、
シーズー犬の男の子です(一応…^^;)

<若かりし頃のゆうたん>


以前はふさふさつやつやの地毛が自慢で、服を着た写真はほとんどありません。ず~っと服を着せない主義を通してきましたが…
昨シーズンの冬あたりから犬服が手放せなくなりました。

<2016年1月撮影>


高齢になって体温調整が難しくなってきたのと、薬の副作用によるハゲ(脱毛)隠しのため今はいつも服を着せています。

地肌を守り、冬は防寒、夏は虫よけと熱中症予防…
今のゆうたんには服は必需品です。

初めの頃はホームセンターなどで安い服を調達したり、100均で見つけた服にちょこっとプラスしたりしていましたが、簡単に手作りできることを知ってからはせっせと犬服作り。着なくなったTシャツなどをリメイクしているので、材料費は0円。長袖のTシャツからは2着作れます。

今回は着古したトレーナー赤と緑で作ってみました。
裏起毛素材なので温かいです


柄を上手く取り入れたり…


ワンポイントをプラスしたり…

いろいろ考えるのも楽しいです。

<2017年2月撮影>


<2017年1月撮影


歩く姿や容姿など、老犬らしくなってきたゆうたんですが、犬服と、ちょんまげリボンのお陰で…? いつも
か わ い い ー  」
と言われます。

訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ←クリックよろしくね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆうたん闘病記…2017年2月

2017-03-01 | わんちゃん
2月のゆうたんは…

1月末ごろからまたまた食欲不振…なんてレベルではなく、ほとんど何も食べなくて…体重は激減し、ガリガリに。
元気もなく心配で心配で…
いろんな検査をしたり、薬を再調整したりと、何度も病院へ行き…
大変な思いをした2月でした。今現在も…

<2月19日撮影>

この赤い服も着古したトレーナーのリメイクです^^;


抱っこお散歩から帰って地面に下すとそこから動かない…

2月1日、朝・夕共にシッコが我慢できなくなったみたいで、庭に下すと即ジャー。年齢的なものなのか?前日までは外に出るまで我慢してたのに。かと思えば月末には全く尿も便もが出ない日があったりでヤキモキ…
4日にはフラフラと倒れそうになったのを早くに気が付き事なきを得ましたが、ギャー事件のひとつと言えるかな?

おまけに、指間炎まで併発して…^^;


★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

2月

2月3日検診
血糖値 56 体重 5.4kg GPT 93

ここ数日、ほとんど何も食べなくて元気もないので、6日に行く予定だったのを前倒しして3日に病院へ行きました。
いつもの血糖値の検査と肝機能検査(GPT)の他に、一般血液検査、血液精密検査(9項目)、血圧検査、レントゲン、心電図、特別血液検査(ホルモン検査)と体温測定や聴診、触診など念入りに診ていただきました。

年齢的にあちこちの機能の低下があることは仕方がないことで、肝臓・腎臓も特に心配するほどの数値ではないとのこと。貧血・血圧も大丈夫。多少心音に濁りがあるけれど、心臓肥大も見当たらず、心電図でも特に異常は見つかりませんでした。ただ、体温が低いのが少し気になるとのこと。ホルモン検査の結果は翌日になるので、明日もう一度来て下さいとのこと。血糖値の薬はまだ残っているので、血流を良くする薬と甲状腺の薬を調合した薬を2日分です。


2月4日再診

ホルモン検査の結果(T4)1.88 心配していた甲状腺の機能も基準値(0.9-4.4)の範囲内なので大丈夫そう…。
昨日と同じく心臓(血流)と甲状腺の薬に従来の血糖値の薬をプラス、更に抗生物質(喉奥のゴロゴロが気になると訴えたので)を加えたものを5日分もらって帰りました。

昨年から時々起こっている「ギャー事件」倒れる原因は
ゆうたんの場合、
 1、脳からくるもの
 2、心臓からくるもの
 3、血糖値が急激に下がった場合
が考えられるとのこと。検査と症状からみて「てんかん」と「貧血」ではなさそう…。
脳の疾患の場合、ゆうたんは高齢で病気持ちのため、検査や手術は難しいとのことでした。心臓疾患の場合は激しい運動や長時間のお散歩などを避け、ストレスを少なくして心臓に負担をかけないように注意することが大切だとか。低血糖の時は砂糖水(ブドウ糖液)を投与することで落ち着くようです。


2月10日検診
血糖値 93 体重5.4kg GPT 106

血液精密検査(血糖値・肝臓他4項目)・血圧検査など。
内服薬は、血糖値・心臓・甲状腺の薬を再調整したものを14日分です。これで食欲が戻ればいいんだけど…

2月24日検診
血糖値 68 体重5.2kg GPT81

相変わらず食欲がなく、大好きなおやつも見向きもしない時もあり…全く元気がありません。体重激減で深刻な状態です。

血液検査・血液精密検査(血糖値・肝臓他5項目)・心電図など、再度検査。

心電図に異常が…心臓の鼓動が不規則だったり途切れたり、かなり乱れています。急遽注射をすることに。しばらくして生気が少しましになったような…?今のゆうたんは低血糖の他に心臓にも問題ありのようです。
お薬は5日分、血糖値と心臓の薬を再々調整したもの。

老犬になると心臓病の発症率が高くなるそうです。気になっていたゆうたんの喉奥のゴロゴロは心臓病の症状のひとつの咳だったのかも知れません。なぜかドクターの前ではこの症状が出なくて、うまく伝えられませんでした。

★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。


<2月26日撮影>

座り方変ですよゆうたん!

<2月27日撮影>

いつもはかわいい寝姿も…


病気の時は何だか痛々しい…

<2月27日撮影>

心なしか、しんどそう…?

24日から丸一日半、シッコが出なくてどうしようかと思いましたが…ネットで調べると「圧迫排尿」と言う方法があるらしく、詳しいやり方などいろいろ調べて試してみました。25日午後に少し出てホッとし、その後は順調です。お腹(膀胱のあたり)を少しさすってやると出やすくなるみたいです。

24日、25日頃はフードはもちろんおやつも何も食べなくて…元気もなくてぐったり。ブドウ糖液や重湯・わんわんカロリーなどをスポイトで強引に飲ませ、水分補給もスポイトで。この時ばかりは覚悟をしなくてはダメかな?と悲しい気持ちでいっぱいでした。

その後おやつとサツマイモだけは何とか口に入れてくれるようになって、少し元気になりひと安心。やはり食べないと元気出ませんね。ドクターからはおやつをあれこれ与えると余計にフードを食べなくなるからとアドバイスを受けているのですが、今はそんなこと言ってられません。何でも食べてくれれば…と祈るばかりです。


闘病記、過去の記事はこちらから↓

ゆうたん闘病記


訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ←クリックよろしくね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加