A.himeのフォト日記

日常の思ったこと、感じたことを自由に気ままに・・・
写真・旅・ワンちゃん・園芸・お花・趣味・日常…etc

チェーンメール

2008-03-31 | 日常
「わんこいる?」から数日後のことです。

某TV番組の「怒りの相談室」というので、チェーンメールのことを取り扱っていました。

メールの内容は
「誰か知り合いでRHマイナスB型の人知りませンか?
友達の知り合いの三歳の子が急性リンパ性白血病になって,●●医大に入院してます!
RHマイナスB型の血液不足にて手術受けれない状態で,誰かRHマイナスB型の人いませンか!?
友達にまわしまくってもらって結構です。是非そうしてください!
なかなかない血液みたいで,自分だけの人脈だと間に合わないので、是非協力おねがいします!
○○○○(氏名)
090XXXXXXXX 」


実在の病院の名前が書いてあり、送り主の氏名と携帯電話の番号が書いてあったので、相談主の方は疑うことなく何人かの知り合いにメールを送ったそうです。
あとで、それらがデタラメと言うことが分かり、善意の気持ちからとは言え、友人たちに迷惑をかけてしまって、大変困ったとのことでした。

調べてみると、同じようなメールが多数の人たちにまわっていて、実名をかかれた病院に問合せなどが殺到し、業務に支障をきたすこともあったようです。書いてあった送信者の氏名と携帯番号はもちろんデタラメです。

ホント迷惑な話ですよね。人の善意をこのように悪用するなんて、許せないことです。

昔「不幸の手紙」や「幸福の手紙」など似たようなことがありましたね。手紙を貰った人は何日か以内に5人に同じ手紙を送らないと不幸になる(幸せになる)といった内容で・・・当時は手紙を書き写す作業が面倒なのでそんなに連鎖は続かなかったようです。

今は電子メールや携帯電話で簡単に転送ができるようになったので、広まる速さが加速し、瞬く間に全国に広まってしまいます。そのためサーバーに深刻な障害が起きたり、社会を混乱させたり、内容によっては業務妨害や重大な事態を引き起こすことにもなりかねません。

転送を依頼する(ほのめかす)書き込みのあるものは、このようなイタズラ(迷惑)チェーンメールなので、絶対に転送しないで下さいとの事でした。

私の所にきた「ワンちゃんを救って」というのも同じで、よくあるそうです。

「撃退!チェーンメール」(財団法人・日本データ通信協会)

内容の真偽は問わず、チェーンメールは転送してはいけません。勝手な転送を押し付けたり、内容に責任の持てないメールはただの迷惑メールですので、受け取った時は相手にせず、あなたのところで止めるようにしましょう。
なお、文中の電話番号へ連絡するなどするとその電話番号の持ち主に迷惑がかかり、今度は、電話をかけた人が加害者となってしまいますので、絶対にしてはいけないことです。(撃退!チェーンメールより)



参考までに、私のところにきたメールは
「知り合いのペットショップが潰れるらしく、貰い手がなかったら保健所行きになるそうです。飼える人居たら飼ってあげてください(>_<)
急ですが15日までらしいので超至急です。ちなみに血統書つきで、無料です。
ヨ-クシャテリア♂1匹♀1匹 コーギ♀2 コッカ♂1♀2 シュナウザ♂1♀1 ケアン♀1 スピッツ♀1 ワイマラナ♀2 柴犬♂1♀3 シェルティー♂3♀1 パピヨン♂2♀2 チョコラブ♀1 ダックスフンド♂4♀8
出来れば早急に回してください。保健所行きに>なってしまうので、協力宜しくお願いします。
連絡先090XXXXXXXX
○○○○(氏名)
大切な命を守ってあげたいので協力してください。お願いします」


本当にもっともらしく書いてありますね。
他にも世間を混乱させるような悪質なものもあり、びっくりしました。


対策は
「受取った人が次の人に転送しないこと」それが一番です。

皆さんも気をつけて下さいね。^^


訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆうたん、ごめんね

2008-03-30 | 写真と旅
今日は(もう昨日になってしまいましたが)いいお天気だったので、ゆうたんと一緒にお出かけしようとしたその時、一本の電話がありました。
写真仲間のKさんから、「あ、めずらしい。家にいた。忙しい?」と。
よっぽど遊びまわっているイメージがあるらしい。ほとんど家でおとなしくしているんだけど・・・
「ミツマタを撮りにいくんだけど、どう?」とのお誘い。
もちろん「行く行く」と即OK。
ひとりではなかなか撮りにいけないので、お誘いがある時はいかなくっちゃ。

と言うわけで、ゆうたんとのお出かけは明日までおあずけに。
「ゆうたん、ごめんね!」



スギの林の中に、黄色いミツマタがびっしり。



道中にははやくも鯉のぼりが。早っ!



畦にはフキノトウがいっぱい。


いつもの愛用カメラは入院中なので、古いのを久しぶりに出してみました。ここ数年使ったことがないので、微妙に操作が違ったりして・・・よく使いこなしていたはずなのに、忘れているんですね~。モタモタしてしまいました。

今日のは・・・うまく撮れているかな~?


訪問ありがとうございます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わんこ いる?

2008-03-29 | わんちゃん
「わんこ いる?」
先日、息子からメールがきました。

友人からきたメールの転送らしい。
知り合いのペットショップが潰れたので、貰い手がなければ保険所行きになると言う・・・血統書付きの犬種がたくさん書いてありました。

ゆうたんがいるんだけど・・・
以前は5匹もいたこともあるんだし・・・
可哀想だから一匹ぐらい増えたって・・・

「貰い手がなければ・・・」と返信しようとしたその時、
再度メールが来ました。
「もう貰い手が決まったんだって」と。
早い!5分もたっていないのに。

それにしても、貰い手見つかってよかったね。
ちょっぴり残念な気もするけれど・・・
もう少しで、わんちゃんが増えるところだった~

と言うことで一件落着はしたのだけれど・・・

後に、これがチェーンメールの一種だと知りました。


訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダメになってしまったかも・・・

2008-03-28 | 写真と旅
春らしい暖かい日が続くと、家にじっとしているのがもったいないような気がします。

久しぶりにフラワーセンターへ行ってみました。何だかお花の写真を撮ってみたくなって・・・いいお天気だし、友人にもらった招待券(入場券)があるし、カメラの中に残っているフィルムも使い切ってしまいたいし・・・

家から車で30分。意気揚々と出かけていったのですが・・・

現地に着いて「さぁ頑張るぞ!」とカメラを取り出してみると、何だか変なんです。裏ブタがふわふわしてカチッと閉まりません。あせりました。よく見ると裏ブタを閉めるところのツメが壊れているようです。このままだと撮影ができません。

友ヶ島から帰ってから、しばらくカメラはリュックの中でお休みしていました。その時はどこも悪くなかったと思うのですが・・・落としたり、乱暴に扱った覚えはないんだけど。なぜ壊れたのでしょう?不思議です。

フィルムが中に残っているので、とりあえず蓋が開かないように紐でくくって固定し、撮ってはみたのですが・・・カメラに入っている友ヶ島の写真、ダメになってしまったかもしれません。ショックです~^^;

愛用のカメラ君は即入院・・・メーカーに送るのでしばらくかかりそうです。これからの桜の季節、花の時期はあっと言う間なのに、間に合うかな~?





訪問ありがとうございます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友ヶ島旅行記~まとめ

2008-03-27 | 写真と旅
旅のレポート

・・・わくわく探検・友ヶ島・・・


☆序 章:無人島、友が島・・・

☆第1章:煉瓦の廃墟に魅せられて~友ヶ島①

☆第2章:はるばる無人島へ~友ヶ島②

☆第3章:瓦礫の中の砲台跡~友ヶ島③

☆第4章:わくわく探検~友ヶ島④

☆第5章:異次元へタイムスリップ?~友ヶ島⑤

☆第6章:トホホ^^;の第3砲台~友ヶ島⑥~

☆最終章:無事帰還!~友ヶ島⑦





訪問ありがとうございます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事帰還!~友ヶ島⑦

2008-03-27 | 写真と旅
そして帰路につきました。第3砲台から野奈浦桟橋まで、下り道を約20分です。さすが案内人さん、ちょうどいい時間に桟橋まで戻ってきました。

こうして私の友ヶ島の旅は終ったのでした。心残りがいっぱいですけど。
今回はハイキングのツアーだったので、じっくり写真を撮るのは無理でした。目的が違うと見る目も違ってくるので・・・次回への下見というところでしょうか。



友ヶ島を後にして・・・



和歌山の加太港へ帰ってきました。



無事、加太港桟橋へ到着です。


<おまけ>
ハイキングでいい汗をかいた後は温泉で・・・と今回のツアーには黒潮温泉の入浴と黒潮市場でのお買物タイムがありました。
温泉にゆっくりつかっていい気持ち。やっぱり温泉はいいですね~。



温泉で疲れを取り・・・



おみやげもちょこっと・・・


この次はぜひ、写真仲間と行きたいですね~。カメラ一式、三脚も持って。第3砲台を中心に、じっくり時間をかけて探索と撮影を・・・付き合ってくれる物好きな仲間を探さないと・・・1人じゃ心細いので。


<蛇足ですが・・・>
★友ヶ島への船は本数が少なく、船が出ない曜日もあるので、要注意です。事前によく調べてから計画を。
★また、シーズンオフは島に宿はありません。無人島です。くれぐれも最終便に乗り遅れないように。


昨年友ヶ島へ行かれた円柱野郎さんのブログ(詳しいです。写真もいっぱいです。)


訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トホホ^^;の第3砲台~友ヶ島⑥~

2008-03-26 | 写真と旅
たどり着いた場所は第3砲台跡と言って、友ヶ島の観光パンフに必ず掲載されている島観光のメインとも言える場所(掩蔽部:敵から見えない設計で人が居住、仕事をする場所)でした。
そしてひとり迷い込んだ不思議な空間はその砲台の跡のようす。後で調べたのですが、ここには8つの砲台が据えられていたそうで、私が見たのは6つ、最後のトンネルの向こうにもあと2つ、同じような光景があったのでしょう。

そしてトンネルの途中で消えた彼女は? 
あのトンネル内の入口からこの建物の内部に続く地下道があるようです。

この場所は何年か前に見た写真の所です。この煉瓦の廃墟に魅せられて、ず~っと行きたいと思っていました。必ず行こうと心に決めていました。やっと憧れの場所にたどり着いたのに・・・



第3砲台の掩蔽部。この煉瓦の廃墟に魅せられて・・・



建物の内部。この奥から地下道に抜ける道があるようです。



発電所の跡らしい。内部は草が生い茂り、屋根もありません。


見学をしたり写真を撮る間もなく出発しなければなりません。船の時間があるので、これ以上ゆっくりはできないのです。仕方なくビリからついていきました。結局ここでの写真はこれだけで・・・泣きたいくらいです。^^; もっといっぱい探検したかったのに・・・

悔し涙をこらえながら、絶対にもう一度来るぞ!と心に誓ったのでした。


無事帰還!~友ヶ島⑦へ

訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異次元へタイムスリップ?~友ヶ島⑤

2008-03-25 | 写真と旅
コウノ巣山展望台で少し休憩することになったのですが、私は先ほど見た丸い池(水溜り?)が気になって気になって・・・
案内役の1人の方が先に行って見て来ると言われているのを小耳にはさみ、そっとついていきました。

丸い池のところの階段を下りていくと、鬱そうと茂った木立の間に煉瓦の建物があり、その中央に丸い池?が二つ並んでいます。その前方にトンネルがありました。
トンネルを恐る恐る潜り抜けて見ました。するとまた煉瓦の建物に囲まれた丸い池が二つあります。その向うにはまたトンネルが。

案内の女性の方が戻ってきて、最初のトンネルの中ほどにある地下道のような通路を懐中電灯を片手に潜っていきました。行き止まりだったのかすぐに引き返し、途中からまた左に折れて消えてしまったのです。真暗な闇の中、私はついて行けなくて・・・。



不思議な池(水溜り?)降りてみると・・・



1つ目のトンネル。トンネルの中ほど左側に地下道があるようだ。真暗で何も見えない。


トンネルを抜けると不思議な空間が。



彼女は戻ってきて、地下道の中に消えてしまった。



こちらの丸い池?には水はなく、草が茂っています。



向うにはまたトンネルが・・・



振り返ると・・・人っ子ひとりいない。



彼女はこのトンネルの中で消えてしまった。私は・・・戻るべきか?


ひとり残された私は、心細くなってきましたが・・・
もうしばらくすれば休憩中の仲間もやってくるはず、トンネルに消えた彼女も戻ってくるはずと・・・信じ・・・探検を続けることにしました。

2つ目のトンネルを抜けると、そこにも同じような光景が・・・鬱そうと茂った木立に囲まれた煉瓦の建物の中央に2つの丸い池があります。こちらは緑の水を湛え、底なし沼のように不気味でした。奥に行くほど人が踏み入った形跡がなく鬱そうとしています。何だか異次元に迷い込んだような不安な気持ちになりました。向うにはまたトンネルがありましたが、さすがにそこを潜り抜ける勇気はなく、引き返そうと思ったその時・・・



2つ目のトンネル。進むべきか?



好奇心の方が勝ってしまい、トンネルを潜ってしまいました。



秘密のトンネルを潜り抜けたような不思議な感覚で



鬱そうとしたその空間は、異次元に迷い込んだような・・・


引き返そうと思ったその時、煉瓦の壁の向うから人の声がしました。休憩が終った仲間たちがやって来たようです。しかもそれは私がいるこの場所ではなく、壁の向こうのようです。

慌てて壁の間にある落ち葉に埋もれた階段を登りました。階段の上は林の中です。木々の切れ目の向こうの下の方に数人の人影がみえます。早くみんなの所にいかなくてはと林の中を歩き回り、降りるところを探しました。あっちへ行ったりこっちへ行ったり・・・見つけられません。すぐそこに見えるのに行くことが出来ないのです。

「たすけて~!」と叫ぼうかとも思いましたが、あまりにも恥かしくて・・・やはり遠回りでも元の道に戻るのが一番と思い引き返したのですが、林の中で迷ってしまったようで、上ってきた階段が見当たりません。あせりました。本当にあせりました。このまま遭難かと。しかも無人島に。チョコは持ってないし、どうしようかと・・・冷汗で体中びっしょり。長~い時間さまよったように思えたのですが実際はそうでもないかも知れません。とにかく降りる道を探さなくてはと・・・

やっとのことで落ち葉に埋もれた階段のようなものを見つけました。木の枝につかまりながら、そこまで降り、階段を下りてやっと仲間の元へ。高い階段だったので、その上の林を必至でうろうろしている私には誰も気づかなかったようです。いきなり階段の上から下りて来た私をみて不思議そうな顔をしていました。私は遭難しそうになったことはおくびにも出さず、平然を装って皆と合流したのでした。内心はヒヤヒヤものでしたが。

そして、たどり着いたその場所は・・・


トホホ^^;の第3砲台~友ヶ島⑥へ


訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わくわく探検~友ヶ島④

2008-03-24 | 写真と旅
灯台のすぐ側に朽ちた煉瓦の建物が見えます。
これが第1砲台跡だそうです。
急な階段を下りて行くようになっていますが、ここも立入禁止で上から見るだけでした。向うにトンネルがみえますが、どこにつながっているのでしょうか。時間があれば、まだまだ付近を探検してみたい所です。

灯台を後にし、少し下った所にも柵をしたトンネルがありました。先ほどのトンネルはここにつながっているのかも知れません。



第1砲台の掩蔽部(敵から見えない設計で人が居住、仕事をする場所)



この階段はどこへ続くのでしょうか?



トンネルの向うには煉瓦の壁が見えます。


灯台と第1砲台を後にして椿の花のトンネルを歩いて行きます。
右手に海の見える所へ出ました。孝助松の海岸と言うのだそうです。
孝助松の謂れを説明されたのですが、撮影に夢中で聞いていませんでした。ゴメンナサイ^^;



右側に少し見える道の向こうが第1砲台と灯台です。



孝助松の海岸。石がゴロゴロしていて面白い形の岩山があり、風光明媚な場所です。


きれいなツバキのトンネルを歩いて行きます。山道ですがそんなに急な所はないので、私でも楽に歩けました。仲間の1人が「あっ!リスがいる。2匹」と言ったので、指差す方向を見ましたが、見つけられませんでした。この山道で鹿をみかけた人もいるそうです。
途中の小さな展望所から野奈浦桟橋に入る船が見えました。小さな島は神島です。



つばきのトンネル



野奈浦桟橋に入る船


白い灯台は島の西端、孝助の松海岸は島の南側、野奈浦桟橋と池尻海岸は島の北側になります。先ほどの展望所からは島の北側が望め、次のコウノ巣山展望台からは島の北側と西側が望めます。友ヶ島はそんな小さな島なんですね~。

階段を少し登ると、コウノ巣山展望台に到着です。友ケ島で一番高い場所で見晴らしがいいです。北には神島と沖の島の東半分その向こうに虎島と地の島も見えます。西は眼下に紀淡海峡を見下ろしその向うに淡路島が見えます。お天気のよい日ははるか四国、六甲、和泉葛城の山々も見えるそうです。



紀淡海峡を望む



眼下に見えるのは友ヶ島灯台。向うは淡路島。


そして私は、展望台に行く階段のすぐ下に何やら不思議な池?があるのを見逃しませんでした。この池に興味を示したがために、後でとんでもない事態に・・・



不思議な二つの丸い池?


異次元へタイムスリップ?~友ヶ島⑤へ


訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つくしんぼ・・・

2008-03-23 | お花
春の野に、つくしんぼを見つけました。
かわいい頭をちょこっと。
探せばもっと見つかるかもしれません。

つくしと言えば、何年か前に行った美山で、たくさんの、本当にたくさんのつくしを見つけてびっくりしました。あんなにたくさんのつくしを見たのは久しぶりです。子供の頃はよく採りにいきましたが。
そう言えば、餘部鉄橋の下にもニョキニョキ出ていたのを思い出しました。今でもあるのかな~?


つくしを見ると、なぜかホッとしますね。



すみれの花も控えめに咲いています。かわいいですね。



雑草ですが、お花畑のようです。


春の野辺を散策するのは楽しいですね~


訪問ありがとうございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加