A.himeのフォト日記

日常の思ったこと、感じたことを自由に気ままに・・・
写真・旅・ワンちゃん・園芸・お花・趣味・日常…etc

何の集まり?

2007-08-29 | 日常
昨日は私の送別会でした。
と言っても職場の同僚はひとりだけで、あとは職場仲間のOGたちです。私もこれからOGの仲間入りをすることになるので、厳密には歓迎会ともいえるのですが。

数年前、何となく気のあった職場の仲間数人で日本海の方へカニを食べに行きました。それが恒例になって、毎年必ず行くことになっています。その間、転職したり、他の部署に移動になったりした者もいるけれど、何かあるとこのメンバーで集まって食べにいったり、小旅行をしたりと交流が続いているのです。

最初20代だった彼女も今は32歳になったそうです。30代から年長の私(○歳)まで、幅広い年齢層の不思議な繋がりです。もちろん女性ばかり8名ほど・・・

そして今回、私が退職することになったので、結局元の職場に残っているのはただ一人になってしまった訳で・・・こうして誰かが召集をかけなければ揃うことのない仲間ですが、何かを口実に集まるのをみんな楽しみにしているようです。

もちろん、久しぶりに会っても話の種はつきません。懐かしい職場の近況報告からはじまり、新しい職場のはなし、家族のはなしや趣味のはなし、そして彼氏のはなしなども。

昨日は32歳になった彼女の新しい恋の話で大いに盛り上がりました。私の若い頃とはずいぶん違っていて、驚きと共にギャップを感じながら・・・

そして、今年の冬もみんなでカニカニすることを約束して解散したのでした。

8月は有給消化のため休みの日が多く、29日・30日・31日とあと3日出勤して私の会社勤めは終了です。5月から引継ぎをしてきた新人ももうすっかり慣れて頑張っています。ちょっぴり心配な部分もありますが、そこは、ケセラセラ~。と言うことで・・・

31日は職場の上司たちと女子社員が送別会をしてくれるそうです。あと少し・・・有終の美を飾れるように頑張らなくては。


訪問ありがとうございます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本最後のトキ・・・旅の思い出5

2007-08-28 | 写真と旅
はぁ~佐渡へ~ 佐渡へと 草木もなびくよ
アリァアリァアリァサ
佐渡は居よいか住みよいか~

民謡「佐渡おけさ」でも親しまれている佐渡へやってきました。
乗ってきた夜行バスは「おけさ号」カーフェリーは「おけさ丸」これから乗る島内観光バスも「おけさAコース」いろんなものに「おけさ」がつけられています。

10日昼に佐渡に着いた私は、予約していた定期観光バス「おけさA]に乗ることに。このコースは午後半日コースで、陶芸苑⇒白雲台⇒大佐渡スカイライン⇒佐渡金山⇒尖閣湾湯島遊園⇒遊覧船(オプション)⇒七浦海岸 を5時間程でまわります。

出発まで50分ほど待ち時間があるので、まずは腹ごしらえと思ったのですが、ウロウロしている内に出発時間になり、結局昼食抜きに…。ま、いいか。少し前に朝食を取ったところだし、あまり食べると乗り物酔いしても困るし…

この日は乗客が少ないのでどこでも好きなところに座ってもいいということでした。わたしは前から2列目を占領。ガイドさんは小柄で少し年配の方で、車中のガイドも楽しく…バスは最初の目的地陶芸苑に。佐渡の焼物は無名異焼きと言って、佐渡金鉱から取れる二酸化鉄と、沢根産粘土による陶土を練りこんで焼かれた赤土の陶器です。端正な作りが多く、使うほどに味わいが増すそうです。

売店で目に止まったのがトキの絵葉書。思わず購入してしまいました。
「かつては日本のいたる所に生息していたトキは今、佐渡にたった一羽だけとなってしまった。ふたたび日本の大空にトキがはばたく事を願って…」と作者の言葉。
1999年日本最後のトキになってしまったキンちゃん32歳は子孫を増やすこともできず…。同年中国から贈られた2羽のトキの人口繁殖により、現在少しずつ増えてはいますが、2003年日本の野生のトキは事実上絶滅したのでした。(つづく)



佐渡の陶芸苑


訪問ありがとうございます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不覚にも・・・

2007-08-27 | 日常
何気なく見ていたテレビ番組で、ナイナイの岡村さんがヨガの体験をしていました。キックを取り入れた新しいヨガがブームだとかで…ライオンのポーズとかぞうのポーズとか…をやっていました。

私もヨガには少し興味があって、何冊かの本を持っています。
エアロビなどとは違って、飛んだり跳ねたりしないので、自宅の狭い空間でも静かに出来るのでいいなと思って…

それを思い出し、本を出してみると、初心者向けのCDがついていました。(知らなかった~。買っただけで、見ていなかったんだっけ。)CD聞きながら私でもできるかな?と思いながらやってみました。ずいぶん体が硬くなって情けないですが、なんとか…ついていけそう…

バッグに静かな音楽が小さく流れていていい感じです。
インストラクターの講師の声が、息を吸って、息をはいて…体をねじって…伸ばして…と誘導してくれます…

腰や背中を気持ちよ~く伸ばしたり緩めたり…
コブラのポーズ・山のポーズ・バッタのポーズ・武将のポーズ…いろんなポーズがあります…

そしてエクササイズの合間に必ずはいる、くつろぎのポーズ。
足の先から頭のてっぺんまで、全身の力を抜き体をゆったりと大地にまかせます。
このとき、インストラクターの声で、静かに…ゆっくりと…身体のすみずみまで…リラックスするように誘導されます。そしてバックには心地よい音楽が…

このくつろぎのポーズをしていて、まるで催眠術にかかったように…眠ってしまったのでした~。まだまだ、エクササイズは続いていたのですが…私は昼間から心地よい眠りに・・・


訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハゲタカ・・・

2007-08-25 | 映画・テレビ
久しぶりに見ごたえのある日本のドラマを見ました。

NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」
と言っても本放送は2月だったようです。
今回は再放送で、それも録画したのを今日やっと見終えたところですが…。

「企業買収」ビジネスをめぐる男たちの野望と葛藤・・・
バブル崩壊後、長いトンネルの闇に包まれていた日本を舞台に男たちの熱い戦いが描かれています。

企業として生き残れるかどうか…さまざまな思惑(おもわく)が交差する中で、鷲津昌彦(大森南朋)と芝野健夫(柴田恭兵)の戦いはどう決着するのか…
手に汗を握る展開に最後まで目が離せません。

原作は真山仁氏、主な出演は大森南朋、柴田恭兵、栗山千明、他…

ライブドアや村上ファンドの事件などで、M&Aやファンドといった言葉は聞いたことはありますが、実態は私にはよく分かりません。それでも物語の中にぐいぐい引き込まれて、一気に見てしまいました。

そんな戦いの中にも、ホッとする人情もあり、人間味のあるドラマに仕上がっています。出演者の味のある演技もすばらしい…。

原作をぜひ読んでみたいと思う作品でした。


☆「ハゲタカ」公式HP



訪問ありがとうございます。



コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆうたん嫌い!・・・眠れぬ夜

2007-08-23 | わんちゃん
ここのところ毎日雷とともに夕立がやってきます。

夕立は庭木が潤ってありがたいのですが・・・それにしても限度がね。先日のように道路が浸水するようでは困ってしまいます。幸い住んでいる住宅街は坂道になっていて、床下浸水や床上浸水はなさそうですが。

昨日も4時頃からすごい雷と大雨で、ゆうたんがあばれまわって困りました。せっかく片付けたのに、またひっくりかえされると困るので、今日はずっと抱っこしたりして、落着かせていたのですが・・・

すぐに遠くへ行ってしまうといいのですが、雨は降ったり止んだりで、雷がず~っと長く、3~5時間も続いていていました。強い閃光のあと雷鳴が響きわたり、停電したりして…。そんな状況で暴れるゆうたんを捕まえておくのは至難の業で…あちこち傷だらけです。ほんとにもう~~。

夜になってやっと落ち着きを取り戻し、いつものように日にちが変わってから眠りについたのですが・・・すぐに雷鳴に起こされました。また、はじまったのです。雷さんとゆうたんの大暴れが・・・

私ひとりだと平気で眠っていられるのですが、ゆうたんが暴れて…どうも隅っこのほうに入りたいようで…あちこちガリガリ・ガリガリ… 何をされるのか、たまったものではありません。大事なものをひっくりかえされるのも困るし、家具に傷をつけられるのも嫌なので、結局眠気まなこのまま、朝まで…

以前はこんなこと、なかったような気がするのですが、最近特にひどいです!

雷が止むとゆうたんはいつものようにスヤスヤと…、私は寝ている訳にはいかず…、眠いけれど…もう朝で…



この瞳で見つめられると…ついつい許してしまうのです。


訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しみがひとつ・・・

2007-08-22 | 仲間
今日は月に1回の写真教室の日でした。
先日の撮影会と佐渡の写真を現像に出していたのですが、この日に間に合わず(出すのが遅かった…)皆さんのを見せていただいて…

花火の写真、夏山の写真、祭りの写真…等など、暑いのにみんな頑張っています。私はと言えば…仕事を口実に…実は…サボっていて…反省です。^^;

久しぶりに会った友人に「青春18切符、余っているんだけど…」と言うと、「9月のはじめだったら付き合ってあげる」と。一緒にどこかへ撮影にいくことを約束して帰ってきました。有難い友人です。

さぁ~、どこへ行こうかな~。楽しみがあると頑張れます。



今年も咲きました…アンデスの乙女

訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹を見ました~

2007-08-21 | 日常
仕事帰り、商店街のアーケードを抜けた横断歩道でとってもきれいな虹を見ました。
まだ暑さの残る夕方、東の空にくっきりと・・・とっても大きなきれいな虹でした。
通りがかりの人たちは立ち止まって携帯のカメラに収めていました。

そして、西の空はきれいな夕焼け。
赤く焼けた雲にはもう秋の兆しが・・・

デジカメを持参しなかったことがとても悔やまれました。

猛暑と言われた熱い熱い夏でしたが
もうすぐそこに…秋はきているようですね~。



庭にはぎぼうしの花が咲いています。


 訪問ありがとうございます 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆうたん大暴れ・・・

2007-08-20 | わんちゃん
昨日は午後から集中豪雨と雷で大変でした。
すごい雷鳴と閃光が長時間続き、薄暗くなった空に何度も閃光が走りました。滝のような雨で前が見えなくなり、あちこちで車が立ち往生していたそうです。

ちょうど休みの日で家にいたのですが、職場は大変だったようです。
短時間に大量の雨が降ったために、道路の排水が間に合わず路上に水が溢れ出し、商店街も水浸しになって店の中へ水が流れ込んできたとか。

事務所は1階が倉庫になっていて、床に置いていた商品が水につかりそうになったので、みんなで棚のうえに上げたりして大変だったと話していました。

落雷も何ヶ所かあり、停電したり、電車が止まったり、船舶の転覆などもあったようです。

我家でも、怖がりのゆうたんが大暴れして困りました。
だっこして落着かせるのですが、じっとしていなくて・・・何だか洗面所でガリガリやっています。あとで見てびっくり。脱衣かごやワゴンをひっくりかえし、タオルはぐちゃぐちゃ、風呂場も散乱していて手のつけようがありません。片付けるのにもううんざりです。いくら怖いからって・・・いったい何をどうしたかったのでしょう。ホントにもう~~。

雷が治まった頃にはもう疲れ果てて伸びていました。いびきゴ~ゴ~で。

そして、今日もまた。雷さんが来たのでしょうか。仕事から帰ったら、洗面所と風呂場は昨日と同様ぐちゃぐちゃで・・・おまけに棚は噛んだのか引っ掻いたのか壊れて木屑も散乱。

可哀想にひとりで余程怖かったのでしょうね。叱るに叱れなくて・・・

雷さんに負けじと大暴れしたゆうたんでした~~





訪問ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貧乏旅行・・・旅の思い出3

2007-08-19 | 写真と旅
10日朝、新潟からは路線バスで新潟港へ行き、そこで2時間程の待ち時間。ジェットフォイルだといい時間のがあったのだけれど、そこが貧乏旅行の辛いところ。ま、時間はたっぷりあるのだし・・・

顔を洗って身支度を整え、観光案内所で佐渡の定期観光バスの予約を取る。ネットで調べて見当をつけていたのでバッチリ。この日の午後の「おけさA」半日コースと12日の「たらい舟」1日コースを予約しました。本当にインターネットって便利ですね。自宅に居ながらにして、いろんな情報が得られるなんて。

ついでに佐渡の友人から預かっていたイベントのチラシを貼ってもらえるよう交渉。責任者が席をはずしていると言うので、とにかく5枚ほど預けておいたのだが、ちゃんと貼ってもらえただろうか。

そして近くの食堂で朝食。ここにもチラシを貼ってもらえるよう交渉し、即OKの返事をもらった。ついでに隣の席で食事をしている家族にもPRして配っておいた。見知らぬ土地での気軽さからか、大胆な行動に我ながらびっくり。イベントは翌日。ひとりでも多くの人に来て欲しい・・・

長い待ち時間もこの時は苦になりませんでした・・・。

いよいよ乗船。うっかり乗船名簿を書くのを忘れていて、改札口であわてて書いた。船は思っていた以上に大きくてびっくり。船首の方の見晴らしのいい席を探したが見当たらず、2等船室はどれも大部屋ですし詰め状態でした。船内放送で「今日は混み合っているので横にならずに座って下さい」などと言っていました。こんなに大きな船なのに、いったい何人乗っているのだろうか・・・もし何かあれば救命道具なんて全然足りないだろう。やっとひとり寝転がれる場所を見つけ、そこに落着いた。こんなときひとりだとどこでももぐり込めるんだよね。

乗船時間は約2時間半。これはもう寝るしかない。ひとりだし、船酔いも心配だし、身体伸ばしたいし・・・
隣で3,4人の女の子がどこへ行こうかなんて話しているのが聞こえたので、すかさずイベントのPR.チラシを渡しておいた。

佐渡の両津湾に入ったとのアナウンスがあったので、甲板にでてデジカメでパチリ。最近どこへ行くのにもデジカメは手放せない。古い型なので、もう少しいいのが欲しいなぁと思うときもあるが、まだまだ使えるので我慢している。

さぁ、いよいよ佐渡! 楽しい旅の予感が・・・    (つづく)



新潟港



カーフェリー「おけさ丸」



佐渡の両津港


佐渡の情報

 ☆佐渡汽船

 ☆佐渡観光Vavi






訪問ありがとうございます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横断歩道と夜行バス・・・旅の思い出2

2007-08-17 | 写真と旅
大阪は苦手です。いつ来ても道に迷ってしまって。
この日も例に漏れず自力で目的地へたどり着けませんでした。

夜行バスの乗り場は阪急三番街バスターミナル。すんなりと行けないことを予測して50分の余裕を持ってJRに乗ったのですが、10分程の延着で少し焦りました。大阪駅の改札を出て誘導案内を頼りに地上に出たのですが・・・

横断歩道を渡る時、青になるやいなや、一斉に向うから渡ってくる人の波に押されて、なかなか前に進めません。左側通行?それとも右側?そんな秩序は全くなく、全員がこちらに向かって進んでくるのです。ほんとうにびっくりしました。一番外側に出るのにも一苦労です。これが大阪なんだな~と関心するやら、びっくりするやら・・・(大阪の方ゴメンナサイ…田舎者なので…)

道を聞こうにもみんな急ぎ足で通り過ぎていき、聞ける雰囲気ではありません。一応地図は調べて印刷してきたのですが、直線的に書いてあるこの地図で分かるわけもなく…。駐車場の守衛さんのような方に聞いて、やっとバスターミナルにたどり着いたのですが…ここでも20分程の待ち時間…^^;

夜行バスは思ったよりゆったりしていて快適?とまでは行かなくても、まあまあでした。21時30分発の新潟行きはもうすでに睡眠モードになっていて消灯し、窓もカーテンで明かりを遮ってあって、誰一人話す人はありません。黙々と乗車し、黙々と着席、すぐにみんな睡眠モードに。それにしても、私のようなおばさんは一人もいなくて、若者がほとんどでした。

途中何ヶ所かで乗客を拾い、高速道路に入ってからは2度、草津と新潟あたりでトイレ休憩。あと2回乗務員交代のためインターに入ったらしいのですが、うつらうつらと寝ていたので、気が付きませんでした。
バスの中にトイレとお茶が用意してあるそうで、どんな感じなのか気になりましたが、確認できませんでした。幸運なことに、一番前の窓側の席だったのです・・・。

乗車時間は約9時間半。リグライニングを少し倒して、靴を脱ぎ、身体の向きを時々変えながら、いつもの睡眠時間の倍以上、ぐっすりではないけれど、何とか寝ていられました。時々めが覚めると、バスはびゅんびゅん飛ばしているようです。これは寝ているに限ります。外が見えないのが幸いだったかも?・・・

そして翌朝(10日)、何事もなく、無事新潟に着いたのでした~~  (つづく)



大阪発新潟行きの夜行バス「おけさ号」
4号車-座席3番(最前列左窓側)

夜行バスの情報
 ☆新潟交通
 ☆阪急バス



訪問ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加