A.himeのフォト日記

日常の思ったこと、感じたことを自由に気ままに・・・
写真・旅・ワンちゃん・園芸・お花・趣味・日常…etc

撮影旅行~長府から唐戸市場へ

2006-10-14 | 写真と旅
例年なら、小学生の修学旅行のように枕投げまではしないけれど、就寝前のひとときをトランプなどをして大いに盛り上がるのですが、この日はよく歩いたのと夜間撮影で疲れたのかいつものバトルはなく、みんな早めにおとなしく休みました。私はと言えば日課の深夜の更新作業がない分、久しぶりに充分な睡眠が取れ、翌日は元気はつらつ~で爽やかな起床です。
幸せなことに宿泊は海に面したホテルの10階。日の出の写真を居ながらにして撮ることができ、起床するとすぐに素ッピンで撮影タイム。朝に弱い私もなんとか日の出をカメラに収めることができました。

10月7日【2日目】幹事さんによると2日目は唐戸市場周辺での撮影とお買い物と言うことでしたが、せっかくここまで来たのだからと長府の城下町へ足を伸ばすことを提案。少しの時間ですが予定を変更してもらいました。ホテル近くのバス停からバスで2駅。通りがかりの人に道を尋ねて小さな川沿いの道をぶらぶらと歩く。ちょうど朝のお散歩タイムなのか、ワンちゃんの散歩の人や朝の散歩を楽しむ人たちと行き違い、「おはようございま~す」と自然とご挨拶。一期一会の出会いが心地よい。

こうしたぶら~っとした旅が私は好きなのです。何気ない裏通りや街角で気に入った被写体を見つけては立ち止まってシャッターを押す。ちょっとしたカメラマン気取りで…。ついつい夢中になってしまってまたまたはぐれそうになりました。
最初は7人で行動をしていても、撮りたいものがそれぞれ違うのでバラバラになるのはいつものこと。集合時間と場所を最初に決めておいてからの自由行動に。

長府で1時間程ぶらぶらして唐戸に向かいました。

予想通り唐戸では撮影どころではない。新鮮な魚介類が一般にも手に入るというので,一同市場へ直行~。お目当ての辛子明太子やふぐや新鮮な一夜干しなどを買いあさる。カメラマンからフツーの主婦に戻ってしまいました。昼食はふぐ料理のミニコースを予約していたので、市場の中で食べられる新鮮なにぎり寿司や海鮮どんぶり、揚げ物などをうらめしく横目で見ながら市場内をうろうろし、あっという間に両手がふさがってしまい予想通りの結果に…

ここでも私達にはめずらしい光景に出くわしました。あの有名な奥田英二さんが監督という映画のロケをしていたのです。女学生と青年とのからみのようなシーンだったが何度も撮りなおしているようでした。納得のいくものを作り上げるのにはこうした過程が必要不可欠なのでしょうね。きっと。しばらくこのロケ風景を見学していました。

市場に隣接するカモンワーフも魅力的です。食堂やみやげものやが軒を連ね満腹でもつい覗いてみたくなる。特設ステージでは観光寸劇「怪談耳なし芳一」をしていました。干物の焼きたて試食がとってもおいしかったので、ここでもまた、みんなどっさり買ってしまったり…。
私はと言えば、普段の撮影ではあまりお土産を買わない人なのですが、おいしい試食に釣られて、ついつい・・・使い物にならなかった三脚がうらめしい~。




ホテルの部屋から撮った朝陽。水平線は雲が厚く・・・



長府の毛利邸。受付の女性はとっても親切で美人だった・・・



静かなたたずまいの小路



唐戸市場のロケ風景



観光寸劇「怪談耳なし芳一」


1泊2日の楽しい撮影旅行は、お腹もいっぱい、両手もいっぱいで、にこにこ顔で帰路についたのでした。帰りの新幹線ではみんなお休みだったのは言うまでもありません。
さぁ!来年はどこに行こうか・・・!



 訪問ありがとうございました 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

撮影旅行~レトロのまち門司へ

2006-10-11 | 写真と旅
1年に1回のお泊り撮影会、今回は門司・下関へ行きました。

中年主婦の7人組。いつもは誰かが都合が悪くて全員揃うことは難しいのですが、今回は久しぶりに全員参加となりました。
姫路から新下関まで新幹線で1時間47分。そこからローカル線を乗り継いで、~下関~門司へ。関門トンネルは歩きたかったのですが、トンネル内は撮るものは特になく、いくら短いと言っても歩くとかなりかかるのでと幹事さんに言われ断念しました。電車で通るとあっという間に九州へ。海底トンネルを走っているのだと思うと不思議な感覚を覚えました。

第1日目【10月6日】は門司でレトロな町を散策。3時半に門司港集合と言うことで、自由行動になりました。とは言っても、いつも誰かは一緒になるのですが、この日はちょっと撮影に夢中になっている間に皆とはぐれてしまい、しかたなく一人で・・・ちょっとしたひとり旅気分を味わうことに。途中イケメンレポーターによるTV中継に遭遇。バナナの叩き売りを撮影していました。定刻に門司港で皆と合流出来たのでホッ!。(なにもかも幹事さんまかせで、今日の宿泊先も把握していなかった・・・)

門司港からは船で唐戸へ。小さな船だったので船酔いが心配でしたが、ほんの5~6分の乗船で、酔う間もなく到着です。唐戸の漁港は海鮮物の土産物で有名で、ここだけを目的に来る人も多いとか。とても気になりましたが「明日に買い物タイムを取っているから」と幹事さんにうながされ、宿泊先のホテルまで路線バスで直行。

夕食後、ホテルでくつろぐ間もなく、夜景撮影に… 実は夜景撮影に必携の三脚を持参したのは私ともう一人のみ。あちこち歩き回るのに邪魔になるので持ってこなかったそうです。私もずいぶん思案しましたが、後悔したくないので軽いほうの三脚を持参しました。でも結局その三脚は役にたたず…柵ごしの撮影になり、持参したものは高さが足らず使い物になりませんでした。やっぱり中途半端な気持ちでは何事もだめですね。この三脚、翌日はまさに邪魔者に…日の山から見た関門海峡の夜景は本当にきれいでした。


駅舎からしてレトロです・・・JR門司駅



切符売り場もレトロな雰囲気で



大正6年建築の旧大阪商船、洋風2階建て。



火の山展望台から見た関門海峡の夜景。


つづく・・・


 訪問ありがとうございます 



コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

棚田の秋

2006-10-01 | 写真と旅
久しぶりに友人と岡山県中央町の棚田を撮りに行ってきました。ここの棚田は田植えの頃の夕日に染まる田がとても美しいので、カメラマンがよく訪れる場所です。その夕景を撮りたくて何年か前に通ったことがありますが、その頃はカメラマンしか訪れない穴場のようなところでした。国道からの入り口が分からず、いつも迷っていました。

先日行った時は、国道からの入り口に大きな看板が掲げてありました。町おこしの一つとして広く紹介しているのでしょうか・・・。迷わないのは嬉しいのですが棚田の素朴な美しさが損なわれないかとちょっと複雑な気持ちに・・・。案の定、美しい曲線を描く棚田の中央部に観光客のための駐車場とトイレ・休憩所が設けられてありました。もちろん、観光客への細やかなサービスは嬉しいのですが・・・

9月23日、この日の棚田は稲刈りが終わっているところもあり、田の色も黄金色、緑色、土色、ベージュ・・・と変化に富んでいました。爽やかな秋の日差しの下、カメラ片手にぶらぶら~~。友人との会話も弾み、おいしい空気もいっぱい吸って、楽しい1日を過ごしました。
















帰り道に偶然見つけたタイガースの田圃。TVでも時々紹介している。ここも10月の中ごろには稲刈りをするそうです。




 訪問ありがとうございました。


コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加