A.himeのフォト日記

日常の思ったこと、感じたことを自由に気ままに・・・
写真・旅・ワンちゃん・園芸・お花・趣味・日常…etc

慰霊碑~その後

2017-07-25 | わんちゃん
ゆうたんの月命日や近くを通った時など、
今でも度々名古山を訪れています。

慰霊碑をお参りして、
ゆうたんと遊んだ丘で思い出に浸り、
ゆうたんと歩いた道をお散歩して帰ってきます。



ゆうたんの遺髪とリボンで作ったお守りと、写真は
いつも一緒です。



姫路市の名誉のために、
ちゃんと報告しておかないと…


荒れた慰霊碑が悲しくて、
一時は連れて帰ろうかと思ったのですが、
次に訪れた時には見違えるようにきれいになっていました。



正確には連れて帰ろうと思ったのは5月3日に訪れた時のこと。
たくさんの(10匹以上?)ノラ猫ちゃんがたむろしていました。
5月6日記事『ノラ猫ちゃんに占拠された慰霊碑』

次に訪れたのは5月19日。家の庭に小さな慰霊碑を作ったので、連れて帰ろうとやって来ました。ところが、
慰霊碑の周りはきれいに整備され、フードや餌入れなども片づけられていて…。ノラちゃんを見かけたのは一匹だけ。それも耳にハートのカット(避妊手術の証?)のある猫ちゃんでした。愛護団体の指導でも入ったのかな?それとも偶然? 夕方にはまた餌やりの人たちが現れ猫ちゃんたちも集まってくるのかなと半信半疑。その日の夕方、所用の帰りに再び立ち寄ってみましたが、別の耳カットの猫ちゃんを見かけただけでした。この状況だと気持ちよくお参りが出来そうです。なので、連れて帰るのは止めてしばらく様子を見ることにしました。





その後も何度も訪れていますが、動物たちを慰霊する神聖な場所は保たれているみたいです。


★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

こんな貼り紙がしてありました!


猫を捨てないで
ここに捨てられた大半の猫は、家族の元に戻るため、山を下り、事故や餓死、虐待などで命を落としています。今、残されている猫たちも、過酷な環境の中で生きており、平均寿命は3~5年と、飼い猫の半分も生きることができません。
猫は沢山の愛情を家族に与えようとする生き物です。ここにいる猫たちも、優しい家族を待っています。最後まで責任を持って、家族の一員として育ててくれる里親さんを募集しています。

里親募集
名古山霊園には、現在80匹ほどの捨てられた猫がいます。
今年に入ってからも、沢山の名古山猫が寒空の中短い生涯を閉じました。不幸な猫が増えないよう、ボランティアが女の子の避妊手術を最優先に行っています。
厳しい環境に置かれている名古山猫が、新しい家族のもとで、幸せになってくれることがボランティア一同の一番の願いです。

★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。


・・・名古山猫ちゃんたちの幸せを祈っています・・・


訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ←クリックよろしくね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加