A.himeのフォト日記

日常の思ったこと、感じたことを自由に気ままに・・・
写真・旅・ワンちゃん・園芸・お花・趣味・日常…etc

マスコミに不信感!!

2013-08-03 | 雑感
麻生副総理の発言によるパッシングに思うこと。

朝日新聞:麻生副総理の憲法改正めぐる発言の詳細(2013年8月1日2時18分)
と題した朝日新聞の記事より引用(全文)

       ★ ★ ★ ★ ★

 麻生太郎副総理が29日、東京都内でのシンポジウムでナチス政権を引き合いにした発言は次の通り。

僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。

 そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見識であったり、矜持(きょうじ)であったり、そうしたものが最終的に決めていく。

 私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の意識は、今回の世論調査でも、20代、30代の方が、極めて前向き。一番足りないのは50代、60代。ここに一番多いけど。ここが一番問題なんです。私らから言ったら。なんとなくいい思いをした世代。バブルの時代でいい思いをした世代が、ところが、今の20代、30代は、バブルでいい思いなんて一つもしていないですから。記憶あるときから就職難。記憶のあるときから不況ですよ。

 この人たちの方が、よほどしゃべっていて現実的。50代、60代、一番頼りないと思う。しゃべっていて。おれたちの世代になると、戦前、戦後の不況を知っているから、結構しゃべる。しかし、そうじゃない。

 しつこく言いますけど、そういった意味で、憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、おれたちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。そういった思いが、我々にある。

 そのときに喧々諤々(けんけんがくがく)、やりあった。30人いようと、40人いようと、極めて静かに対応してきた。自民党の部会で怒鳴りあいもなく。『ちょっと待ってください、違うんじゃないですか』と言うと、『そうか』と。偉い人が『ちょっと待て』と。『しかし、君ね』と、偉かったというべきか、元大臣が、30代の若い当選2回ぐらいの若い国会議員に、『そうか、そういう考え方もあるんだな』ということを聞けるところが、自民党のすごいところだなと。何回か参加してそう思いました。

 ぜひ、そういう中で作られた。ぜひ、今回の憲法の話も、私どもは狂騒の中、わーっとなったときの中でやってほしくない。

 靖国神社の話にしても、静かに参拝すべきなんですよ。騒ぎにするのがおかしいんだって。静かに、お国のために命を投げ出してくれた人に対して、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かに、きちっとお参りすればいい。

 何も、戦争に負けた日だけ行くことはない。いろんな日がある。大祭の日だってある。8月15日だけに限っていくから、また話が込み入る。日露戦争に勝った日でも行けって。といったおかげで、えらい物議をかもしたこともありますが。

 僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。

 昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。

 わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない。

       ★ ★ ★ ★ ★

引用はここまで。

この発言による新聞報道は…

YOMIURI ONLINE:ナチスの手口学んだら…憲法改正で麻生氏講演(2013年7月30日07時32分 読売新聞)(リンクは元記事の魚拓)

なぜか?タイトルがこそっと変えられました(マズイ!思ったのでしょうか)

YOMIURI ONLINE:改憲「狂騒、狂乱の中で決めるな」…麻生副総理(2013年7月30日07時32分 読売新聞)

読売新聞のこの記事に追従するように、各新聞社、テレビなどの報道、コメンテイターと呼ばれる人々、野党議員による麻生氏、安倍政権への総攻撃がはじまりました。

麻生氏のコメント全文を読む限り、日本のメディアが寄ってたかって攻撃する内容ではないと思うんですけど。中韓ならイザ知らず…

面白い記事があります。こちら↓

麻生氏「ナチス発言」、揺れる大手新聞報道 最初は問題視せず、後から大きく取り上げる(J-CASTニュース 8月2日(金)19時55分配信)

社会の事、政治の事、よくわからないフツーの主婦のわたしでも、
最近のメディアは偏向報道、ねつ造・歪曲報道が目立ち、ちょっと(イヤかなり)醜いと思えるんですけど。

日本のメディア、マスコミの皆さんは日本のため、日本人のための正しい報道をお願いします!

(公正に、冷静に、書くことに責任をもって…)


訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ←クリックよろしくね






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かんべんしてよ~gooさん!

2013-02-15 | 雑感
昨晩のことです。
ブログを更新しようと編集画面を開いたら、変な画面がデーンと貼ってありました。



goo機能追加による「誘導画面」のようです。

スマホ持ってないし…
私には関係ないと思って閉じようとしましたが、どうしても閉じないのです。グレーの角に×がありましたが、クリックしても反応しません。いろいろ試してみましたが、このジャマな画面、消えないのです。もうパニックで…^^; 

ここをクリックすればいいのか?
右下のこちら⇒というところをポチッとしてしまいました。

ガ~~ン!
いきなりテンプレートが変わってしまって…(涙;)


そう、ブログを何か月か更新しないと勝手に変えられてしまう、あのテンプレートと同じもの。やたら広告が多くて、大きくて、あまり品がいいとは思えないものに…

もうショックでブログやめようかと思いました!

元のテンプレートどこにあるのか?
設定ちゃんと覚えてないし…

気を取り直して手当たり次第テンプレートを開いてみて、やっと元のテンプレートを見つけましたが、元通りになったのかな~?ちょっと違うような…?

と言う訳で…
gooブログをお使いの皆様、
くれぐれも『誘導画面右下のこちら⇒』をクリックしないようにね。


うっかりポチッとしてしまって、泣いてる(怒ってる?)ユーザーさん多数です。こちらのコメントごらんになってみて下さい。⇒『スタッフブログ』  この機能に興味のある方も先にこちらを見てからのほうがいいと思いますよ。

gooブログ、気に入っているんだけど…機能追加や変更の度にあたふた・オロオロ・イライラ…ちょっと不親切(説明不足)なんだよね~


訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ←クリックよろしくね




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壊さないで!・・・美しい日本の風景

2011-05-30 | 雑感
ショッキングなニュースが飛び込んできました!

休耕田を利用して、大規模太陽光発電所「メガソーラー」を建設する計画が急浮上しているそうです。テレビに映し出された映像では広い敷地にソーラーパネルがずら~っと敷き詰められ、とても異様な光景でした。

原子力発電に代わるエネルギーとして太陽光発電に移行することに異論はありません(むしろ大賛成ですが…)

「美しい日本の原風景」である農村の風景が壊れていくのはとても残念です。





休耕田は政府の減反政策や後継者不足などで、水田として利用されていない田のことで、その大半は政策により水田としての機能をさせていない農地です。
そして、農地は日本の数少ない資源の一つで、「日本の原風景」とも言われる美しい風景をつくっています。それは日本人みんなの宝物でもあると思うのです。


訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ←クリックよろしくね
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

いいのかな~???

2009-09-12 | 雑感
先日の諏訪湖への道中で・・・

土曜日とあって高速道路はかなり車が多かったです。土日1000円の経済効果でしょうか。パーキングエリアもごった返していました。そういう観点からでは、「経済効果はある」と言えるのかな?

当然渋滞することも多く、たくさんの車がノロノロ運転。進んだり止まったりで、イライラ・・・バスの運転手さんも申し訳なさそうに「到着は予定よりかなり遅れるかもしれません--;」
前々から言われているように、この景気対策の1000円走行・・・商業車には嬉しくない制度ですね。流通、運送、観光バスなどには大打撃です。

また、通行量が増え、渋滞が多くなったのと比例して、高速道路での交通事故も増えているそうです。この日の往路でも2ヶ所で交通事故を目撃しました。復路は寝ていたので・・・??

頭にきたのが・・・あたりまえですが、諏訪ICの料金所で、みんな1000円で通り抜けていくのに、私達の乗った小型観光バスの料金は13800円・・・ETC専用ゲートは大混雑。不公平?

街中も車が溢れていて大渋滞。目的地はすぐそこなのに、なかなかたどりつけません。大会の主催者側では公共交通機関を利用して下さいと言っていますが、1000円の魔力には勝てず・・・^^;

花火大会が終わっての帰りは・・・人々の移動が集中するので、混雑を避けるために、2駅電車で移動。そこから観光バスでの帰路にと苦肉の策です。電車も混雑を予測して臨時の下り改札を作り、臨時列車を運行しているようでしたが、思ったほど混雑はせず、比較的すんなりと乗れました。上りホームはガラガラでびっくり(私たちは下りでしたが)。一昨年来た人によるとこんなことはなかったと。そう言えば、駅に向かう人は少なくて、みんな反対方向にゾロゾロ・・・どうして?と思ったのですが、それは車で来た人たちの群れでした。

岡谷の駅で待っていたバスと合流。やっと帰路につきました。
ここから高速の乗り口までもず~っと渋滞。これは予想外だとか。一昨年は電車に乗るのにかなりの時間かかったけれど、ICまではすいすいだったそうです。それだけ車での来場者が増えたってことですね。

道路もパーキングエリアも料金所もそして街中も・・・本当に車・車・車で溢れていました。いったいどれだけのCO2を排出しているのでしょう。この景気対策ETC1000円はエコとは反比例。これでいいのでしょうか?

また、遊ぶ人優先?それはそれで嬉しいことかもしれないけれど、働く人にはマイナス。これでいいのでしょうか?
そして、経済効果の恩恵を得るところも不公平。陰で泣いている業種がいっぱい。それでもいいのでしょうか?

景気対策・・・もっと他にいい策はなかったのかな~?


守りたい里山・・・



訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ←クリックよろしくね
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

暮らしは変るでしょうか?

2009-08-31 | 雑感
久しぶりに盛り上がった選挙でしたね。

昨日はめずらしくテレビに張り付いていました。
投票の締切と同時に政権交代の発表が報じられたのには驚きましたが・・・
民主党の圧勝で政権交代が現実のものに。
若い議員さんや女性の議員さんが増えたのもいいことです。

マニフェストがどこまで実行できるのか?
見守ることにしましょうか。


子供たちの笑顔は宝物!



訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ←クリックよろしくね
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

富士通テン・新人研修~その笑顔の陰で・・・

2009-06-09 | 雑感
夕方のニュース特集で、この春入社した新人研修の様子が紹介されていました。希望にあふれたその笑顔の陰で・・・彼らと入れ替えのようにこの春リストラされ途方にくれている人達が大勢います。

富士通テンは昨年100人の派遣切りを発表しました。そしてこの春にもたくさんの社員が(派遣ではない)解雇されたそうです。

富士通テンに勤めていたA君はこの3月に解雇を言い渡されました。昨年に子供が生まれ、「これからは子供のためにも頑張るぞ!」と思っていた矢先の出来事でした。若い二人には蓄えもなく、突然の解雇に目の前が真暗になったそうです。

社宅になっている住まいも引き払わなくてはいけません。会社が負担していた住宅手当分を上乗せした家賃を支払えば、そのまま住んでもいいと言うことでしたが、収入の道を閉ざされた彼らにはとうてい無理なことでした。

住む家もなく、収入もなくなって、「親子三人、これからどうして生きていったらいいのか」と絶望感でいっぱいだったそうです。

泣きながら電話してきた娘さんに「みんなで家に帰ってきていいよ」と慰めたものの、「絶望して悪い方向を考えたりしないかと心配で心配で・・・」と嫁さんの実家になる友人は言っていました。

結局A君の実家に居候させてもらって次の仕事を探すことにしたようですが、今現在まだ再就職できていないそうです。「子供のために嘆いてばかりもいられない。何とかなるとプラス思考で」と頑張っているようですが・・・。

たまたまテレビで「富士通テン」の企業名が出たので、ふとA君のことを想いました。映像では素適な企業のように映し出されていましたが、友人やA君家族にとっては決していい会社ではないでしょうね。その話を聞いた私でさえ腹がたつのですから。

年末に企業の派遣切りが問題になり、マスコミでも毎日取り上げていましたが、解雇は派遣労働者だけでなく、正規社員にまで及んでいます。解雇された社員の肩には奥さんや子供達の生活がかかっています。帰る実家のない人達はもっと深刻な状況でしょう。また年老いた親の生活もかかっているかも知れません。企業は安易に人員削減など考えずにもう少し踏ん張って欲しいと思いました。そして、社会もマスコミもそれ(不況=解雇)を肯定しないでと言いたいです。

『人材は宝』なのですから~ ネ!

A君にはピンチをチャンスに変えて、「転職してよかった!」と言える人生を歩んでほしいですね。そうなるよう応援してるよ~。



訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ←クリックよろしくね
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

これって、だいじょうぶなの?

2009-04-05 | 雑感
定額給付金申請書が届きました~
A4サイズの市の封筒に「定額給付金申請書在中」と書いてありす。

この給付金、素直には喜べないけれど・・・
もう決定してしまったことだし・・・

とりあえず、手続きをすることに。

振り込み先の通帳番号を記入し・・・
通帳のコピーと、
身分を証明するもの(運転免許証など)のコピーを添付して、
返信用の封筒(よく目立つ専用封筒)でポストに投函するようになっていました。

でも、これって・・・
大丈夫なの?

重大な個人情報を、こんな形で、安易に郵送していいのかな~?
誤配・紛失の話、時々聞きますけど・・・
それにコピー
コンビニなどで出来ますが、あれって情報残るんですよね~

申請代行詐欺が頻発しているとの自治会放送もあったばかりだし・・・
悪いことをたくらんでいる人たちの手に渡ったりしないかしら?

ちょっと心配だったので、
コピーは家のプリンターでスキャンプリントし、
ポストには入れずに、郵便局に持っていきましたが・・・^^;

先日陶芸の集まりでも話題になり、
皆さん同じような心配をしていました。




訪問ありがとうございます。

にほんブログ村ランキングに参加しています。
   にほんブログ村 花ブログ季節の花へ←クリックよろしくね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いじめ その2

2006-11-16 | 雑感
翌日は土曜日でした。(当時、土曜は休校日ではありませんでした。)
担任の先生に言われたとおり、その日は学校を休ませました。
子供は先生にすっかり話しをしたので少し落ち着いたようです。

私も母親としてじっとしていられなかったので、その翌日の日曜日の朝、菓子折りを持って○○ちゃんの家を訪ねました。小さい頃からよく知っている聡明な子なので、言えば分かってもらえると思ったのです。
「○○ちゃん、△子が学校でいじめられて、もう学校に行きたくないと言っている」「いじめているのは○○ちゃんのお友達なので、○○ちゃんからもういじめないでと言ってもらえないかしら」とお願いしてみた。彼女がリーダーだったので問題は彼女次第だと思ったので。お母さんはまさか自分の子供が当事者だとは思っていないのでしょう。一緒に説得をしてくださいました。

夕方、担任の先生から「もう大丈夫なので、明日から学校に来させて下さい。」との電話がありました。クラブの先生と連携してお話をして下さったようです。○○ちゃんたちともお話をされたのでしょう。しばらくは△子を絶対に一人にはしないと言うことで、友人が常にボディーガードについてくれることになりました。

翌朝、クラブのお友達が誘いにきてくれました。△子は少し不安そうでしたが、お友達と一緒に登校しました。私は子供が帰宅するまで落ち着きませんでしたが、クラブの友人達と楽しそうにおしゃべりしながら帰ってきた子供の顔をみてホッとしました。子供が言うにはガードはばっちりで、トイレにもクラスの友人が付いて来てくれたそうです。

その後何事もなく、以前のように明るい笑顔がもどりました。クラブ活動にも力を入れ、楽しい学生生活を送ったようです。このことがあってより一層友人たちとの絆も強くなり、社会人となった今も交流は続いているようです。


「いじめ」による子供の自殺が問題になっている今日、私は子供を守るのは、まず母親だと思っています。早い時期に子供のシクナルを察知し、学校や地域と連携して最善の対処をする。もし、学校の対応が納得できなければ、いかに義務教育であろうとも、登校させない、そんな毅然とした強い意志も必要ではないでしょうか。


幸い、我が子の場合は、迅速な学校の対応、担任とクラブとの連携、何よりも良い先生、良い友人達にめぐり合えたことで「いじめ」というマイナス要素を「生きる力」に変える事ができました。今ではこのことで母も子もいい体験をしたと思えるようになりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いじめ その1

2006-11-15 | 雑感
「ただいま~」
夕飯の支度をしている私の背後で娘の声がした。
「おかえり~」
といつものように言って振り返ったそこに、もう、娘の姿はなかった。
「???」いつもは一言二言声を交わしてから2階に上がるのに、その日はちょっと変だ。
心配になって上にあがって見ると、娘はベッドのふとんにもぐりこんで泣いている。
中学2年の秋だった。

なだめすかして問いただしてみると、「明日からもう学校へ行かない」と言う。「行かなくてもいいから話してごらん」と私。泣くだけ泣いたら、ポツリポツリと話し出した。

最近学校で「いじめ」にあっているという。その日も教室に連れ込まれ4~5人に囲まれてこづきまわされたそうだ。そして、仲間の中心になっているのが、幼なじみの○○ちゃんだと言う。

そう言えば最近問題行動と思われることが・・・
制服のプリーツスカートが規定より短く裾上げがしてあって、ほどいてアイロンで伸ばしたことがある。2、3日すると又短くなっているので又伸ばす。を2~3回繰り返した。○○ちゃんが縫ってくれたのだと言う。縫うのも伸ばすのも大変な労力なのに・・・

○○ちゃんとは幼なじみで幼稚園の頃からの付合いだ。お母さんもよく知っている。教育熱心なお母さんで、子供の自立心を大切にポリシーを持って教育されているように見えた。家にもよく遊びにきて、家族で遊びに行くときなど○○ちゃんも一緒に行ったりした。地元のゆかたまつりには毎年家族同様にして連れて行ったものだ。主人も可愛がっていた。

中学に行くようになってからは、クラスも違うしクラブも違うので家に遊びに来るようなことはなくなったが、道ですれ違うと挨拶をする良い娘だったのに。

それだけに娘も私もショックが大きかった。

○○ちゃんは幼なじみの娘を仲間として付き合いたかったようだ。でも、娘はちょっと入りかけたが、彼女らの行動についていけなくて、また、私の目も厳しかったので、仲間から抜け出したかった。それで彼女たちの誘いを断ったのが、今回のいじめのような行動になったらしい。

私はすぐに担任の先生に連絡をした。電話口で娘に代わり、先生は娘の話をやさしく親身になって聞いてくださった。それで娘は少し落ち着いたようだった。私には、明日は学校を休ませて下さい。学校のほうで調査して対処、指導しますからというお話だったので、全ておまかせすることにした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラッピングバス~かわいそうなバスたち~その2

2006-07-28 | 雑感
ラッピングバスを調べてみた。

広告を請け負っている会社の言い分・・・
ラッピング広告とはバスの車体全体を特殊なフィルムで覆った新しい広告です。注目度抜群で格段の効果が期待できる「動く広告」として都心部では最も効果的な広告のひとつとして認知されています
ラッピングバスは、バスを塗装するのではなく、あらかじめ印刷された特殊なフィルムをバスに貼り付けるので、どんな複雑な図柄でもOK!ただし、広告掲載に当っては当社の審査があります。

ラッピングバスを走らせているバス会社の言い分・・・
(市営)広告を行う際には、内容に注意するとともに、良好な広告景観の形成を目的とする「屋外広告物条例」の基準によりデザインや色彩にも配慮したものとなっておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします
(民営)現実的にはバスの運賃収入だけでは維持し難い路線があり、そうした路線を維持していくためには広告収入が重要となっております。今後は、お客様が気分を害されることがないようなデザインにすることを心掛けていきたいと思いますので、何卒ご理解の程宜しくお願いします。

バス利用者の言い分・・・
経営が苦しいのは分かりますが、観光地としての美に欠けると思いませんか?市民として恥かしい思いです。道路に違法設置した看板と同じように公道を走る看板は違法ではないのでしょうか?
公的交通機関であるバスは、お客様から代金をいただいて目的地へ運ぶのが第一の仕事です。代金を取っている以上はお客様第一に考えるのが本当ではないでしょうか。正面からよく見ないとどこのバスだか分からない、広告主の社用バスかと見間違えます。
民営のオレンジのカラー、市営の緑のカラーをもっと大切にして、スキッとしたきれいなバスを走らすことが、乗客に対しても全国から来る観光客に対しても信頼を得るとともに、大きな宣伝効果になるのではないでしょうか。

考える会の言い分・・・問題点・・・
大型公共交通機関の色彩として交通安全の面からも相応しくない
「屋外広告物」と「公共交通機関」のあり方の問題
屋外広告物規制を無視した、都市景観の悪化
近づいて前面を見なければどこのバスかわからなくなったという事は、利用者に対して不親切であり、高齢者や弱者も多く利用する交通機関としてのあるべき意味が根本的に間違っていること

その他の意見・・・
個々の広告デザインに対する好き嫌いの評価に関心が集まり、こんなバス、あんなバスとラッピングバスの発見を楽しんでいる方たちもいます。ネットではいろんなラッピングバスが紹介されていますが、声を大にして反対を唱えている方はあまりいないようです。


 ご意見をお待ちしています 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加