SAILIN' SHOES

デジタル一眼、ライカ等でのスナップ写真や、カメラ、音楽、鉄道・車、子育ての日々雑感です。

桜新町 物産展で徳島で会った人に会う。

2017-11-18 | スナップ
土曜日、桜新町で徳島の物産展をやっているという情報を聞いたので、
ちょっと寄ってみた。
先日、四国に行った時に徳島でお世話になった商工会の方に会えたのだった。
あのDMVの時だ。
日本と言うのは広いようで狭いものだ。
情報があれば、すぐに会えてしまったりするのだ。






生憎の雨だったが、桜新町は我が家から近い。










物産展は、
青森県浪岡  :りんご、リンゴジュース、カシスジャム 他
茨城県高萩市 :干し芋、アップルパイ、缶詰類 他
福井県    :水ようかん、羽二重餅、厚揚げ 他
長野県豊丘村 :りんご、ワイン、ジュース 他
群馬県    :お茶、酒まんじゅう、だるま最中 他
徳島県海陽町 :未来野菜、伊勢海老 他
愛媛県    :温州みかん、柚子胡椒、焼き栗の実演販売 他
徳島県牟岐町 :干物、珍味、帆布かばん 他

が出ていた。











知り合いを発見。








































女性は元々は相模原市の古淵の出身で育ち!(縁があるなあ。)
祖母の家が徳島で、移住したとのこと。
徳島は美しいから。

手に持っているのはサトイモらしいが、あまりにもデカいから違うのか?











隣は徳島県牟岐町から。

明日の日曜日もやってるそうだ。
徳島県海陽町のテントは伊勢海老を安く売るので、あっという間に無くなるらしい。










戦利品。







(つづく)










SONY α7Ⅱ、TAMRON AF 28-75mm F/2.8 (Model A09) (LA-EA4経由)











人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魔境 葛生 その3(日鉄羽鶴、駒形石灰工業 大釜工場)

2017-11-18 | 建物





















山を下りると日鉄羽鶴の工場で、ここで整えられた石灰やドロマイトなどが、
専用線で葛生駅方面に運ばれていた。
有名な蒸気機関車1080号が走っていた終点だ。
国鉄1070形式1080号機(通称ネルソン)。美しい機関車だった。
最後に運転されたのは1979(昭和54)年だ。
1923年生まれの古豪で、今は何と京都の梅小路に居るのだ。
若いころ、それが実際に走っていたのだ。
ただし、多くはディーゼル機関車だったので、私は走行風景は見ていない。
格納庫に居る時に中に入って見たのだった。
容易に入ることができた時代だ。
石灰の山なので野ざらしにはできないからか、倉庫というか格納庫に入っていたのだ。
それでも石灰をかぶって真っ白になっていたが。
あるとき、1976年ぐらいだと思うが、いつものように徒歩で羽鶴に行って、
工場内をうろうろしていたら、機関士の人が「もうじき夕方になるし、貨物列車が下まで行くから、
乗っていけば良いよ。」とDLの運転席に同乗させてくれた。
運転席からの写真もたくさん撮ったが、これも滅失してしまった。










日鉄羽鶴の敷地にはまったく入ることができなかった。
当たり前だ。今の時代では有り得ないのだ。










隣には泉工業があって、これは姿が変わっていたと思うが、これも時代か土曜は休みのようだ。
空の青色が美しかった。




















日鉄羽鶴専用線の廃線跡。
まだはっきりわかる。










勿論非電化だったが、電線などの為の架線柱がある。










ここに1080号ネルソンが走っていたのだ!










OPELザフィーラ。
最後のお勤め。









ここは踏切だったのだ。
なんとなく覚えている。
この近くにはプレートガーターもあったと思う。











県道283号線に入る。
鋭角に折り返す感じだ。





















三大砕砂をちょっと見て、県道283号線を北上する。
これも懐かしい道。



















しばらく走ると駒形石灰工業(株) 大釜工場。





















ここにもトロッコはあったかなあ。
記憶が定かではない。
しかし好きな事業所だ。




















(つづく)










SONY α7Ⅱ、TAMRON AF 28-75mm F/2.8 (Model A09) (LA-EA4経由)











人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加