SAILIN' SHOES

デジタル一眼、ライカ等でのスナップ写真や、カメラ、音楽、鉄道・車、子育ての日々雑感です。

SONYのレンズだけのカメラ? QX10 そしてニコンDfのこと。

2013-10-31 | カメラ・レンズ







10/25に販売開始されたSONYのレンズだけのカメラ? QX10を見てきた。
今回の「レンズだけカメラ」はQX10とQX100の2種類だが、残念ながら上位機種のQX100は展示されてなかった。
QX10はスマホに連動させるレンズで、コンデジのレンズ部分を切り出したモノ。
なので異常に軽いしコンパクト。
想像よりも軽く、これでズームするのかいなと思うほど。
もうすでに触られているようで、注目度は高いのは判る。
実際には売れたかどうかは不明だが、SONYの姿勢が素晴らしい。
こういうものを発想し、社内で販売のgoをもらい、世に送り出す。
今の保守的な日本ではなかなかできないことだ。
昔を想い出す。
SONYがデンスケを出した頃、スカイセンサーを出した頃、ウォークマンを出した頃、
8ミリビデオを出した頃、プレイステーションを出した頃・・・
そんな元気なSONYを想い出す。
最近ではフルサイズセンサーのコンデジRX1やミラーレスのα7、ハイレゾ関連製品の普及価格帯製品、スマホなど、
久しぶりに攻めてる。
正常進化とか、毎年決まった時期のニューバージョンとか、それはそのメーカーを使い続ける上では
重要で顧客に安心を与えるものだが、ワクワク感が無いし、
アメリカ、中国、韓国、台湾のようなスピード感にはついていけないだろう。
買う側の意識改革も必要だと思う。
同じメーカーに拘るあまり、そのメーカーに正常進化を強要してしまう。
ゆっくり正常進化してる間に諸外国に抜かされてしまう。
叶うならば、正常進化型のラインナップと、劇的進化の製品の2本建てがあればいい。
まあ、そんな余裕は今は無いだろうが。






近々にニコンがフルサイズデジカメで昔のFM2だかF3のようなスタイルのデジカメを出す予定だ。Dfという名称だと噂されている。
FM2はカメラの歴史上、最もスタイル・デザインの良いカメラだと思う。
持つだけの価値があるカメラだ。
(ライカのM2、3もそうだな。)
そんなスタイルのカメラがデジタルで蘇る。欲しい。不便なデジカメ。
でも志で言えば低い。それにきっと高い。
ニコンは10年ほど前のフィルム時代にもニコンSPを復刻させて大いに沸かせた。
69万円もしたのにすぐに売れた。
そういうのが好きな会社。
ライカがそうだからだと思う。現行のライカのデジタルもM3時代と同じ格好。
ニコンは今でもライカを追いかけているのだ。
不思議だが、何十年も前の遺伝子が残っているメーカーは多い。
オリンパスもPENやOM-1のデザインでデジカメを発売し続けている。
そして、それが売れる。
考えてみれば不思議な世界だ。
ああ、なんだか私が70年代のクルマやロックが最高だった。って言ってるのと同じか。
70年代とかに最高のデザインは出尽くして完成してたってことだ。
それでもSONYのNEXなどは新しいデザインであれだけの完成度を見せたのだからすごいな。
日本では元気でやんちゃなカメラメーカーなんてSONY(とコシナ)ぐらいだよなあ。




iPhone5s
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

少年さんのこと。(ベストカーに載る)

2013-10-30 | 

吉田少年さんという知人がいる。
吉田少年さんは恐らく25年ぐらいのお付き合いだ。
レースの設営やスタッフの仕事をずっとやってた頃、設営側に居るかと思えば、
レーサーにもなっていたのが少年さんだ。
なんとF3000まで所有しているのだ。
先日、サーキットで取材された風景はFBで見ていたのだが、実際に雑誌「ベストカー」に
掲載されていた。
この日は富士スピードウェイで午前はバイクのRZV500Rに乗り、午後はローラF3000に乗ったのだった。
すごいよなあ。
どんだけ好きなんだ。
こういう雑誌に載ったことが無い私はなんだか羨ましい。

少年さんはいつも鉄道の本や模型やナローゲージの本を持ってきてくれる。
どこか出先でトワイラな物件(鉄道系で謎めいた物件)があれば、その場で電話してきてくれる少年さん。
有り難い人だ。
いつも感謝しているのだ。

良い人に出会えたよなあ。

ちなみに奥さんは、私の親友の職場の人でもあり、
変な4角関係である(笑)。



EPSON EP-805A
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

断捨離 (していたらEOS5のグリップが溶けていた。)

2013-10-29 | カメラ・レンズ

日曜日に長男が陸上クラブの体験会に行った帰りに渋谷で買ってきたシューズだ。
陸上のシューズはアシックスと決まってるらしい。
そして、今回から初めて大人用のシューズになったのだ。
大人用の最も小さいサイズ。
子供用よりずっと作りがイイらしい。
店員さんにそんな事実を聞いたら、もう二度と子供用は買わないだろう。
そういうものだ。
きっと小学校でそんな話をしてるはずだ。
小学生の情報流通速度はインフルエンザよりもすごい。









今朝はさっそく新しいシューズでジョギングしてきた。
「クッションが全然違う。すごくイイ。」のだそうだ。
彼は情報への食いつきがひじょうに良いので、情報操作もされやすいタイプかな。
その辺を気を付けていこう。
でも、何でも食いつくのは良いことだ。








一方、すっかりモノを捨てるのが好きになった私は、いろいろ部屋の整理をしていた。
いわゆる今風に言えば断捨離。
K君ママもすっかり断捨離が旬らしい。
我々も情報操作されているのか?
まあ、部屋が広くなるのは良いことだ。
恐らく潜在的に、子供が中学生になることに対する準備なのだ。
カメラ用リュックサックから使っていないカメラが3台出てきた。
キヤノンのEOS5はグリップが溶けていて、触っただけでべっとりするので、そのまま捨てた。
この頃の製品はグリップがべたつくものが多い。
キヤノンに限ったわけではなく、SONYのビデオもそうだった。
タイマーみたいなもんだ(笑)。










ただし、EOS-RTはグリップがまったくべたつかず、サラサラしたままだ。
これは名機なので取っておく。
なにが名機かと言えば、ペリクルミラーと呼ばれる固定式の半透過型ミラーを持った特殊なカメラなのだ。
ミラーが上下しないので、シャッタータイムラグが無い。
弱点はミラーがそのままなので、ファインダーをのぞくと暗いこと。
それとミラーが汚れたら、その汚れがそのまま写ること。
定価は115,000円もした。
その後は作られていないので、まあいろいろ欠点があったんだろうな。
保存しておこう。










もう一方の残されたカメラはミノルタ XG-S。
なかなかスマッシュヒットしたカメラで、軽快軽量。ボディーはプラ製。
シャッターの落ち方はXDのほうが好き。(XEも素晴らしい。)
でも、この頃のミノルタはシャッターがどれもすごくいい。
ライカの一眼レフをOEM生産していたのがわかる。
だけど、そんなに売れなかったんだろうなあ。
もうキヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパスが圧倒していたな。
私は主にOM-1を使っていた。写りはすごく満足だった。
精緻でクールな写りなのだ。
しかし、シャッターの感触はミノルタに遠く及ばなかったな。
あの「ファシャンッ」って感じの柔らかいシャッター。
オリンパスはゴリゴリだった。
その後、α7000で一気にシェアを奪還するミノルタ。
私も買った。いや親父が買って、私が使った(笑)。
そんなミノルタが好きで、今もSONYを使っている。
要するに新進気鋭で技術的に攻める会社が好きなのだ。
売れないけどね。

さあ、次は写真棚を整理しよう。
我が家に激安の昨年モデルのプリンターがやってきたのだ。


(断捨離はつづく)










SONY NEX-6、16-50mm F/3.5-5.6/PZ OSS





人気ブログランキングへ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の日もサッカー。

2013-10-28 | サッカー・陸上
土曜日は外出もしないで、ひたすら断捨離をしていた。
本は山のように捨てたし、不要な電気機器も捨てた。

さて、日曜は天気も良く、長男は中学のための陸上クラブの練習会、
次男はホームで試合だった。





いいシュートしていたなあ。
上手くなったよ。









秋ですなあ。




















光線が秋そのもの。





























早く小学生になあれ。



























みんな大きくなってるなあ。
(5年生)









コーチに怒られております。
ふざけすぎって。










今年は紅葉をどこに見に行こうか。



















ああ、しかし秋だ。
食欲の秋だ。
お腹がすく。
試合後には焼き肉を食べに行った。
幸せ。









SONY NEX-6、SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS 、16-50mm F/3.5-5.6/PZ OSS





人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改修される明治屋京橋ビル

2013-10-26 | スナップ

「一時休業のお知らせ 明治屋京橋ストアーは地区再開発による明治屋ビル改修工事 開始に伴い、
9月20日(金)の営業をもちまして一時休業させていただくこととなりました。
営業再開は平成27年(2015年)秋を予定しております。」

この明治屋ビルは、昭和8年(1933年)3月に建築されたというから、今年で80年経ったわけだ。
東京都中央区の有形文化財に指定されている。


























改修工事とはどういうものか。
この有形文化財にも指定された築80年の優雅なビルヂングがどうなるのか
すごく気になる。
明治屋のまわりは32階建ての高層ビルになるらしく、明治屋は耐震工事のみで、
建物はそのまま生かされるようだ。










仕事で使っている会計ソフトの会社が付近にあるために、
時々、ここに来る。
その際に、銀座線の駅から上がったら写真を撮っている。
もう何十枚か撮りためている。それぐらい好きな建物だ。
なので撮影日はバラバラだ。



















地下鉄銀座線と一体になったビルで、そういう作りとしては日本最古なのだ。
民間建物では初めて建物地階部分と地下鉄駅とを連結させるように計画して造られており、地下鉄駅と一体化して建設された現存最古のビルとして、
歴史的にも文化的にも価値のある建物なのだ。





























対面にはなぜか阪神の文字があったりするのが面白い。





今回、このままの姿で残ってくれるようで、ちょっとほっとする。
ずっと残したい建物だ。









SONY NEX-6、16-50mm F/3.5-5.6/PZ OSS





人気ブログランキングへ



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

東京の空はなぜ明るい?

2013-10-25 | スナップ

会社からの帰り、なんだか町がすごく明るい。
思わず写真を撮りたくなるほど明るい。
渋谷はしばしば非常に明るい時がある。
天気が悪い時だ。










セルリアンタワーは高さが184mだ。
てっぺんはほぼ雲がかかっている。
曇ってここまで下がってくる。
こりゃあ、明るくなるわけだ。
雲が近いので、街の明かりがすぐそこで反射してるのだ。


ちなみに手前は解体中の旧渋谷駅だ。










ヒカリエは182mだ。
セルリアンタワーより2m低いだけだが、建っている場所がセルリアンタワーのほうが高い場所なのだ。
ヒカリエの建つ場所は東京都心で最も低い場所なのだ。
だから銀座線が高架になっている。

夜が明るいと鳥は眠れないんだそうだ。
まあ、カラスしか居ないけど。







SONY NEX-6、16-50mm F/3.5-5.6/PZ OSS





人気ブログランキングへ



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

連合運動会

2013-10-24 | 子供

「連合運動会」という単語はなんだか久しぶりに聞いた。
うちの長男は6年生で連合運動会の準備や練習をするために、朝は7:30頃に小学校に行っていた。
区内には64校の小学校があり、全小学生は31,765名。
そのうち6年生は165クラス有って、5276名だそうな。
その5276名が総合運動場で運動会をやるのだ。
さすがに1回では無理なので3回に分けられる。
息子の日は22の小学校の参加で、区内で子供の数が多い1番目と2番目の小学校も来ていた。
会場への移動は公共交通だと一般客に迷惑がかかるだろうからか、
チャーターバスでの移動だったそうだ。
長男の情報では、国際興業の緑色の路線バスだったと言う。
それが本当だったら、総合運動場の駐車場で待っていればよかったなあ。壮観だったろう。
22台の国際興業のバスが来たのか。うーん、すごい。
どうでもいいけれど、国際興業グループの社長の名前は「南 正人」というのかぁ。
まさかあのフォークミュージシャンの南正人とは関係ないか。あるわけないよな。
今は国際興業はファンド系の運営だったな。サーベラスだったか。
脱線した。(脱輪した。)









連合運動会は6年生全員が競技に参加する。
長男は400mリレー、走り幅跳び、長縄飛び、の3つだった。
最近はカメラに当たり前に動画機能がついているので、運動会系は動画が基本。
時々、静止画という感じだ。









なぜだか上空に何回もヘリが通る。
それも自衛隊。











400mリレーはやはり会場が盛り上がった。
優勝はできなかったけれど、そんなに差が無い展開だったので面白かった。









長男は2番手なので向こう側で待つ。











女子の400mリレーも同様に盛り上がった。
そして、1位だったのだ。

しかし我がチームで3歳ぐらいからの幼馴染のHironaは背が高い。
今風に足が異常に長いし。
彼女は高跳びで優勝した。

























走り幅跳びは地味に行われたが、人気競技で人数が多いので2か所で行われた。
長男は全体で5位ぐらいだったが、本人は不満足。
要は4mを超えれなかったからだ。
50点ぐらいだそうだ。やはりファールを恐れてしまったらしい。
本人的には4m20cmを照準にしていたそうな。
でも飛び方はうまいなあと思った。











Youtubeでよくカール・ルイスとか見てるからなあ。












見ていて楽しいのは走り高跳びだった。
男子で135cmぐらいだった。
背面とびやベリーロールは禁止されているらしい。
前とびとか、はさみとびだけが見られた。
そして女子の部では優勝したのだった。
今回の6年生は女子の健闘は素晴らしかった。


















長縄飛びは初めて見る競技だったが、最高に盛り上がる学校間の直接対決だ。
5分間に何回、縄を回してくぐるかの競技。
回し手の2名が速く縄を回せば勝てるわけだが、飛ぶ人間が引っ掛かったら大幅にロスする。
5分間で700回転が最高記録らしく、ふつうは400回転ぐらいな感じ。
男女合同で2チーム制で、小さな小学校は人数が少ないので、すぐに飛ぶ順番が回ってくるかな。
うちは2クラスなので、学級別に2つ出た。
長男のクラスは上手いらしく、練習では504回とかが最高記録だった。
今回は545回ぐらい飛んで、大幅に記録を伸ばして、6位入賞だった。
優勝、準優勝は600回以上で、同じ学校が2つ勝っているので、やはり先生や学校の入れ込み具合なんだろう。
いやあ、楽しかった。
TVで放映されそうな競技だ。
ギネスに挑戦とかね。






表彰式はなんとうちの小学校の校長先生だった。










帰りのバスは激混みかと予想していたら、観客のほとんど全員が自転車か車だったようで、
拍子抜けするほどだった。

観客は、さすがに父親は少なかった。
来てる父親はスーツ姿の人も多く、途中抜けで来たんだろう。
祖父母は多かったな。孫はカワイイ。

次男の時も行きたいな~。








SONY NEX-6、SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS 、16-50mm F/3.5-5.6/PZ OSS





人気ブログランキングへ




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フェスティバルで大騒ぎさ 03

2013-10-23 | 子供
次男坊の展示から帰ってきたら、随分と時間がたっていた。
調子がイマイチなのでちょっと休憩に家に帰ったら、
子供だらけだった。
家は商店街にあるので、我が家自体が休憩所だ。






雨はどんどんひどくなった。










売り上げは大幅に下がったが、子供達は元気に雨の中、遊んでいたし、
サッカー部は子供が売り子さんだ。









蜂窩織炎なので、食料品に触れなかった今年。
来年は元気に手伝いたいなあ。
っていうかビールも飲みたい。
蜂窩織炎はアルコールは控えないといけないのだ。
ああ、残念。










1日中雨が続いたのだが、一瞬の合間に商店街のバンドがゲリラライブすることになった。
ついでに我々のバンドもゲリラライブすることになる。
機材は無いので、自宅から持ち込み。
ドラムは商店街のドラマーがストリート用の小さいのを持ち込み。
初めて叩いた。
アンプもすべて持ち込み。
ステージだけ使った。









さすがにいきなりのゲリラライブだから、お客さんはあまりいなかったけど、
フェスティバルは静かだとなんだか冴えないもんだ。










3人とも商店街の人達だから、何かやってもらわないと。










ヴォーカルも加わる。
商店街の若い世代の顔。
というか、サッカーのコーチ。





















商店街の人間が元気でないと、商店街の元気が無くなる。
ガンガンいってもらわないと。




















もう一人の商店街の顔。
地元では有名な沖縄系の音楽。










バックはウクレレキッズのバンマスと、うちのバンドのギタリスト。











商店街の顔が加わって、お祭りらしく。


実は、このバンドの前は私等だったけど、写真は無し。






















最後は皆で。


今日現在、まだ家の中はフェスティバルの荷物でいっぱい。









SONY NEX-6、16-50mm F/3.5-5.6/PZ OSS





人気ブログランキングへ




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

フェスティバルで大騒ぎさ 02

2013-10-22 | 子供
フェスティバル二日目の日曜日は朝から悪天候。
中央ステージで行われるライブなどは全て中止になった。
小学生で1年間練習してきたウクレレとフラダンスは控室の図書館の大きな和室で
発表会することに変更した。
呼ばれたのはメールできた親などだったと思うが、ほとんど満員の観客だった。
雨のステージよりも、室内のほうが緊張するとある子供が言っていた。
確かにじっくり見れたし、部屋の中は明るいので、誰が来ているのかすぐに判る。
校長先生も副校長先生や他の先生も見に来ていた。





伴奏はベースもパーカッションもおやじの会からの2名。
ベースの鈴木氏は総指揮官みたいな感じだ。








パーカッションはおやじバンドから星野さん。
子供達はなんだか年々上手くなるような気がする。
そういえば、土曜日にやった中学校の吹奏楽部も劇的にうまくなったなあ。
子供は進化している。
指導もだけれども。






























最初はウクレレ・キッズの演奏。
ほんと、上手くなったもんだ。










次にケイキフラが合流。
ケイキとは子供のことだ。



















小学生からフラダンスやってると将来が楽しみだ。




















楽しかったし、レベルが高くなった。










将来が楽しみだ。
我が町のウクレレとフラの文化を絶やさないようにしたいなあ。
ここまで出来てるんだから。









ウクレレキッズとケイキフラが終わったら、
次男の絵の展覧会に行った。
歩いて田園調布方面へ。
御屋敷街を抜けて行く。











彼独自の世界観があるようだ。
なんだか楽しい。











「1点を取る」というのが面白い。
3点でいいんじゃないかなあ(笑)。

知ってる人、サッカー部の人も居て、長居した。







(つづく)












SONY NEX-6、16-50mm F/3.5-5.6/PZ OSS





人気ブログランキングへ














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パ紋 (私のパーソナル家紋)

2013-10-21 | Weblog


以前、パ紋について書いた。
パ紋の作者、原田専門家さんのことについても書いた。
人気がすごく2年も待たねばならないことも書いた。
今はもっと待たねばならないだろう。
芸能人なども自分のネット用のアイコンを持っていたりする。
その原田専門家さんが時々、手を挙げた人限定で、優先してパ紋を作製してくれる時がある。
その特別期間であることを友人のT君が教えてくれたのだ。
作製状況はUSTREAMで配信までされている凝りようなのだ。
そして、日曜日に作製してくれたのだ。
私の好きなモノを盛り込んでくれたのだ。
その好きなモノとは、
「近鉄、OPEL、子供」
まったく正解!!
ああ、嬉しい。
自慢したい~!


OPELのマークをイメージして、近鉄のマルーンカラーが使われ、
さらに近鉄電車のヘッドマーク風で、よく見ると子供も2人居るのだ。
そもそもカッコいい。
うまいよなあ。



さっそく、いろいろ使いたい。
個人名刺でも作ろうかな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加