Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

リンダ・ロンシュタット

2015-07-15 15:27:06 | ウエスト・コースト


  Linda Ronstadt - The Tracks Of MyTears (1975)

 久しぶりの更新になります。これくらい空けてしまったのは、初めてかもしれません。

 ご訪問いただいて方々には、大変失礼いたしました。

 さて、今日は、リンダ・ロンシュタットの69歳の誕生日です。

 70年代のウエストコースト・サウンドが好きだった小生には、やはり忘れられない歌姫です。

 リンダのバックバンドだったストーン・ポニーズは、イーグルスに発展して行ったり、彼女が関わった曲やアーティストは、ことごとくビックになっていきました。

 彼女自身もソロ・デビューしてからあっという間に、大ヒットを飛ばし続けるビッグ・アーティストになっていきました。

 また、男性との噂も多々あり、華やかなだった全盛期でしたが、80年代から変わっていったアメリカの音楽シーンの中では、シンガーとしての彼女は、苦労の連続だったのかもしれません。

 その点は、カントリー・シンガーとして大御所となり、今も活躍するエミルー・ハリスとは対象的な歩みだったのかもしれません。

 その辺は、小生も70年代後半から、90年代中盤まではあまり音楽をリアルに音楽は聴いたことがなく過ごしておりましたので、あまりその辺の事情は分かりません。

 リンダは、長年患った甲状腺の病気により、既に引退してしまいました。残念なことではありますが、これからも体調に気をつけて、幸せな余生を過ごしてほしいと願っています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イアン・マシューズ | トップ | ケニー・エドワーズ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kashin)
2015-07-16 07:08:34
余生をどう過ごすのかって
大変なことだよね・・・
だって意外と長い時間だもの・・・
ましてやスターだったらよけいだよね・・・
Unknown (takaboh)
2015-07-16 11:17:41
kashinさん

コメント、ありがとうございます。
余生ですか! まだ余生とは思っておりませんでした。(笑)
ある人が言うには「還暦からが本当の人生だ」と言いますが、小生も kashin先輩を見習い、精進したいと思います。
Unknown (mackk)
2015-07-18 04:46:51
この歌も大好きでした・・・
リンダももう69歳ですか。

「還暦からが・・・・」

そうなのでしょうか。
もうすぐ60の自分にとってその言葉は重く響きます。

現在もいろいろあって葛藤していますが、それが人生というものなのでしょう。

こちらも先輩方を見習いたいと思う今日この頃です。
Unknown (takaboh)
2015-07-18 08:04:05
mackkさん

コメント、ありがとうございます。

小生も未だに還暦を越えているという実感がないのですが、何かで読んだ記憶としては、人生のいろいろなことを経験、蓄積してきたことなどを活用し、他に左右されることなく、自分の思ったことができてくる円熟した年代ということだったように思います。

その意味ではある程度ですが、自分としてもそういう気がします。

とにかくお互いに健康があってのことでから、mackkさんもお身体には気をつけて、旅を楽しんで下さい。
Unknown (mackk)
2015-07-18 09:32:59
すみません

もうひとつ肝心なことを書きそびれました。

リンダの病状のこともですが
ケニー・エドワースの姿を見て何故か涙がこぼれてしまいました。

カーラ・ボノフと一緒に来た際、とっても人懐っこい感じで入場のために並んでた我々と接してくれたのを思い出しました。

彼の歌もいつかアップしてください。

お願いします
Unknown (Pinebridge)
2015-07-18 16:37:28
 そうでしたか、彼女も69歳、既に引退していたんですね。

 彼女にはいろいろな側面がありますが、“♪It's So Easy”のときのドスの利いた歌い方には、驚いたと同時に別の魅力も感じたものです。
Unknown (takaboh)
2015-07-18 21:19:22
mackkさん

コメント、ありがとうございます。

ケニー・エドワーズも、アンドリュー・ゴールドも亡くなってしまいましたし、リンダもこの頃は、美しくて、ケニーもアンドリューもかっこいいので、私もこの動画を見て、胸が切なくなりました。

ケニーは入場者のために接してくれたんですか! 嬉しいことですよね。

私もケニー・エドワーズは、大好きでした。正直、あまり彼の歌は聴いていませんが、必ずご要望にはお応えしたいと思います。
Unknown (takaboh)
2015-07-18 21:26:30
Pinebridgeさん

コメント、ありがとうございます。

書いておられるとおり、彼女はいろいろな側面があった、というか、歌が上手すぎて、何でもこなすのが逆に彼女の仇になったのではないかと個人的には思っています。

私があまり音楽を聴かなかったあたりには、JAZZとかも歌っていましたからね・・・。

個人的には、彼女の原点だったカントリー・ロックに戻り、売れなくてもカントリー・シンガーになって、息が長いシンガーでいてほしかったと思います。

彼女は音楽性よりもいい曲に恵まれれば、力を発揮できますから、その辺が残念でなりません。
Unknown (北平道敏)
2015-07-19 21:36:31
確か、ジャクソン・ブラウンの「プリテンダー」に収録されている「リンダ・パロマ」はこのリンダ・ロンシュタットのことを歌ったと聞いています。メキシコの血を引くリンダの容貌は、エキゾチックで魅力的ですね。男はみんなこの手の女性に弱い(^^)。でも、とにかく、この歌もいいですね。
Unknown (takaboh)
2015-07-20 07:06:50
北平道敏さん

コメント、ありがとうございます。

「リンダ・パロマ」がリンダ・ロンシュタットのことだったんですか!

「プリテンダー」の当時は、ジャクソン・ブラウンが私の一番好きなアーティストでしたが、そのことは知りませんでした。

どのような歌詞なのか、調べてみたいと思います。m(_ _)m

この歌、好きな歌です。いいですよね! 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ウエスト・コースト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。