Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

エッグズ・オーヴァー・イージー

2012-08-31 22:28:47 | マイ・フェイバリット

  Eggs Over Easy - Face Down In the Meadow

 我が故郷、八戸には、せんべい汁なるB級グルメがあります。

 このエッグズ・オーヴァー・イージーも例えるなら、音楽のB級グルメというところでしょうか。

 小生が若い頃、隠れた名盤ということで紹介されていたこのグループでしたが、真偽の程は分かりませんでしたが、ジャケットが何となくザ・バンドの「ムーン・ドッグ・マチネー」のような雰囲気があったので、買ってしまった記憶があります。

 聴いてみたら、当時英国のパブ・ロック・バンドの好きなグループだったブリンズレー・シュワルツに似ていて、味わいがあったので、好きになりました。

 この曲が記憶に残っていたので、取り上げてみました。今聴くとやはり当時の懐かしさが込み上げてきます。

 イモ臭いサウンドでしょ?! でも、味わいがあると思いませんか?

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B000E42O7E&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

アリソン・クラウス&トニー・ライス

2012-08-29 06:48:57 | カントリー・ブルーグラス

  Alison Krauss & Tony Rice - Sawing on the Strings

 最初のジェリー・ダグラス、アリソン・クラウスのコメントからトニー・ライスがミュージシャン仲間から尊敬されている様子がよく分かりました。

 しかし、楽しそうに演奏するアリソン・クラウスとバックのユニオン・ステーションの面々、そしてたんたんとギターを奏でるトニー・ライス、こういう緊張感のある演奏と楽しそうな雰囲気がブルーグラスのいいところですよね。

 トニー・ライスのギターは勿論ですが、渋い歌も好きです。昔からかっこいいイメージの彼も最近は風貌的にはどうしても年齢を感じるようになりましたが、これからも元気で少しでも長くプレイしてほしいものです。

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ピーター・ポール&マリー

2012-08-26 08:59:41 | フォーキー

  'Live In Japan' 10 Don't Think Twice, It's All Right

 東北の地もお盆あたりから急に暑くなり、仕事疲れと暑さで更新をサボっておりました。m(_ _)m

 朝夕は涼しくなってきましたが、日中はまだ暑いです。

 今日は、60年代に世界中に愛されたフォーク・グループのピーター・ポール&マリーです。

 マリー・トラヴァースは、既に亡くなり、ポールやピーターも既に70歳半ばになっている彼等です。

 しかし、今なお我々のようなオールド・フォーク・ファンには、彼等のあの素晴らしい歌声は忘れられません。

 彼等が60年代に来日した時のヴァージョンのようです。

 最初に訳詩を入れるところなんかは、時代を感じさせますね。(笑)

 大好きな歌「Don't Think Twice, It's All Right 」、聴いて下さい。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

レイチェル・ファーロー

2012-08-16 06:35:06 | シンガーソングライター

  Rachel Faro - No one can hurt you

 このレイチェル・ファーローというシンガー&ソングライターですが、若かりし頃、名前だけは知っておりましたが、聴いたことはありませんでした。

 学生時代の頃、70年代のシンガー&ソングライターが数多くアルバムを出すようになったあたり、確かあのジョン・サイモンがプロデュースし、アルバムをリリースしたことがあったはずで、少し興味があったのですが、結局アルバムは買いませんでした。

 しかし、昔からシンガー&ソングライターを好きな私は、ギターは決して上手くはないのですが、このような歌を聴くと心の琴線に触れてしまいます。

 初めて聴きましたが、いい歌ですね。ガツンとやられてしまいました。(笑)

 来日公演のようですが、このようなマイナーな人を好きなファンがいて、ライブが行われる我が国はあらためていい国だと思います。

  Rachel Faro & Yoshida Yoshiko Live at Woodstock Cafe, Oct. 2010

 こちらでは、よしだよしこさんという女性と一緒に「ウォーター・イズ・ワイド」を歌っています。ウッドストック・カフェという場所でのライブのようですが、興味がある名前のお店です。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ジュリー・フォーリス

2012-08-13 10:43:29 | アイリッシュ

  Julie Fowlis - Tha Mo Ghaol Air Aird A' Chuain

 アスリート達の数々の熱い戦いを繰り広げたロンドン・オリンピックも閉幕いたしました。

 多くの感動をありがとうございました。m(_ _)m

 お届けする曲は、やはりイギリス地方にちなんだアーティストということで取り上げてみました。

 ジュリー・フォーリス、疲れた時など彼女のクリアな歌声が聴くと癒されます。

 聖堂のような素敵な場所、12弦ギターとヴァイオリンの控えめな伴奏と彼女の歌、最高です。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加