Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

トニー・ライス

2010-02-28 07:07:29 | カントリー・ブルーグラス

  The Tony Rice Unit - Blue Railroad Train

 ギターも上手いし、歌もいい、そして男前、ですから、自分的には、〃ブルーグラス界のクラプトン〃的な存在のトニー・ライスです。

 フラマンのサム・ブッシュやドブロのジェリー・ダグラスと言った人達とご機嫌なブルーグラスを聞かせてくれています。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=eightdoormem0-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&asins=B0000002DM" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング

2010-02-26 06:58:03 | マイ・フェイバリット

  Crosby, Stills, Nash & Young "Woodstock" 1970 Album- Deja Vu

 アメリカン・サウンドの伝統の一つでもある綺麗なハーモニーの代表グループの一つにあげられるCSN&Yですが、この曲は、あの伝説的コンサート、ウッドストックの素晴らしさをジョニ・ミッチェルが書いた名曲ですが、以前は、CSN&Yヴァージョンが見あたらず、マシューズ・サザン・コンフォートのヴァージョンをお届けしたことがありました。

 この曲は学生時代の自分の耳に忘れられず残っている大好きな曲でしたが、やっと取り上げることができました。アルバムでは、名盤「Deja Vu」に入っています。

<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=FFFFFF&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=eightdoormem0-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;asins=B0009EP07A" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョージ・ハリスン

2010-02-24 06:50:58 | マイ・フェイバリット

  George Harrison - "Here Comes The Moon"

 昨年は、デジタル・リマスター盤が出たりして、未だに人気の高いビートルズですが、今日は、2001年に亡くなった元ビートルズのジョージ・ハリスンが、もし存命であれば、67歳の誕生日にあたる日です。

 「Here Come The Sun」、「While My Guitar Jentry Weeps」、「Something」などいい曲をたくさん残してくれました。

 この曲は、一般的にはあまり知られていないと思われますが、あの「Here Come The Sun」のアンサー・ソングと言われる曲で、彼のソロ・アルバム「慈愛の輝き」に入っています。

 この曲もまた彼らしい素敵な曲ですね。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=eightdoormem0-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&asins=B0001BUF0S" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J.D サウザー

2010-02-21 18:39:14 | ウエスト・コースト

  JD Souther "I'll Be Here At Closing Time"

 J.D サウザーですが、今年もまた来日が決まったようです。今年はジャクソン・ブラウン&シェリル・クロー、ジェームス・テイラー&キャロル・キング、ボブ・ディランなどフェイバリット・アーティスト達が来日してくれますが、残念ながら、ジェームス・テイラーで、いっぱいいっぱいというところです。

 最近は渋い感じになりましたが、歳をとっても、ナイーヴな彼の歌、昔から大好きです。ファーストの最後?に入っていた「ララバイ」という歌、すごく好きでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギリアン・ウェルチ

2010-02-19 21:24:01 | フォーキー

  Gillian Welch and David Rawlings - Pancho and Lefty (09-27-1997)

 イントロのギターの音色、素敵ですねぇ! ギターのデビッド・ローリングスとギリアン・ウェルチのコンビ、雰囲気があって、大好きです!

 コマーシャルに流されない伝統に根ざした音楽、ルーツ・ミュージックとでも言うのでしょうか。そういう音楽が好みの自分は、この人達の演奏は心に滲みます。

 曲は、タウンズ・ヴァン・ザントの名曲です。前回登場のエミルー・ハリスも歌っていましたね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加