Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

リア・カンケル

2013-07-30 21:56:57 | シンガーソングライター

  Leah Kunkel - Don't Leave These Goodbyes

 リア・カンケル、そう名ドラマー、ラス・カンケルの元奥さんで、あのママ・キャスの妹でもあります。

 この曲、いいですよねぇ。大好きです。リアの歌声にも聴き惚れてしまいます。元ファンキー・キングスのジュールズ・シアーが書いた曲です。

 そうそう彼女、ニック・デカロの「イタリアン・グラフィティ」に取り上げられていた「Under The Jamaican Moon」の詩も書いています。

  Art Garfunkel, Leah Kunkel - Don't Leave These Goodbyes - Live

 アート・ガーファンクルもこの歌をライブでカヴァーしています。バックは、リア・カンケルです。

 こちらもまたさすがアート・ガーファンクルという感じですが、リアとのデュエットがまたいいです。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ロニー・レーン

2013-07-24 22:12:47 | ブリティッシュ

  Ronnie Lane & Pete Townsend - Annie

 ロニー・レーンは、スモール・フェイセスやロッド・スチュワートで有名なフェイセスのオリジナル・メンバーでした。

 亡くなって15年くらいになりますが、この人も好きな人で、たまに彼のスリム・チャンスのCDをひっぱり出して聴いています。

 この曲を聴いても分かると思いますが、商業ベースとは無縁で、懐かしい田舎の郷愁を感じさせる音楽、というところが何とも彼に惹かれるところです。

 この動画のピート・タウンゼントとのアルバム「ラフ・ミックス」は持っていません。

 ピートは、このアルバムで、レコード・リリースの契約義務があったレーンを助けたようですが、彼はクラプトンをドラッグ中毒から救った人でもありますし、人助けの人ですね。

 レーンは、クラプトンともアルバム「シー・ミー」を作ったりしていて、ミュージシャンからは好かれる人だったんでしょうね。これは持っています。

 残念ながら、難病の多発性硬化症で亡くなってしまいましたが、彼の音楽を好きな人には忘れられない素晴らしい音楽を残してくれました。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ポール・マッカートニー

2013-07-23 07:07:02 | マイ・フェイバリット

  Paul McCartney and Wings ~ Bluebird

 ポール・マッカートニーが11月に11年ぶり4度目の来日するとのことです。

 御年71歳になるポール卿ですので、これが最後の来日?!ということで、今回は見逃したくないというファンも多いのではないでしょうか?

 既に予約も始まっているようですので、取り上げてみました。

 曲は、「Blackbird」ならぬ「Bluebird」です。この曲もアコースティックでいい曲ですよね! (^o^)

---------------------------

<公演日程> すべて17時開場、19時開演

 11月12日(火)大阪(場所未定)
 11月15日(金)福岡ヤフオク!ドーム 
 11月18日(月)東京ドーム 
 11月19日(火)東京ドーム 
 11月21日(木)東京ドーム

<チケット>
 S席16,500円、A席14,500円、B席12,500円

<先行チケットの受け付け>

 http://pia.jp/v/pm13/ (7月31日23時59分まで)

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アリソン・クラウス、ショーン・コルヴィン、ジェリー・ダグラス

2013-07-18 07:04:38 | フォーキー

  Alison Krauss / Shawn Colvin / Jerry Douglas - The Boxer

 前回、取り上げましたショーン・コルヴィンにたくさんのコメントをいただき、嬉しかったです。ありがとうございました。m(_ _)m

 以前にも取り上げましたが、小生がショーン・コルヴィンを知ったきっかけは、この動画でした。

 この動画のパフォーマンスは、数ある「ボクサー」のカヴァーの中でも珠玉のものではないかと思っています。

 最初は、アリソン・クラウスが目当てで、メインはやはりアリソンだと思いますが、実に素晴らしいハーモニーで、ここではやはりショーン・コルヴィンあってのこその名演ではないかと思いました。

 それでショーン・コルビンのことを強く記憶に残っていた人でした。

 ジェリー・ダグラスも素晴らしいし、何回聴いていもいいですね。

 そんなわけで、またこの歌を聴きたくなってしまい、取り上げさせていただきました。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ショーン・コルヴィン

2013-07-16 19:31:09 | フォーキー

  Twilight - Shawn Colvin

 この曲、ザ・バンドの曲で、大好きな曲です。

 リック・ダンコが歌っていました。名曲だと思います。

 ショーン・コルビン、日本ではあまり知られた人ではないと思いますが、アメリカでは結構人気があるシンガー&ソングライターと聞いています。(小生もよく聴いている人ではありません。)

 このカヴァーもなかなかいいですよね。

 控えめそうな人ですが、芯はしっかりとした人のように感じます。

 これからはカヴァーだけではなく、オリジナルも聴いてみたいと思います。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加