Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

ランブリン・ジャック・エリオット

2013-03-31 08:31:47 | フォーキー

  Ramblin' Jack Elliott - Don't Think Twice, It's All Right

 この曲は、ディラン・ナンバーの中でも思い入れもあり、またフォーク時代のディランの曲の中でも大好きな一曲です。

 この曲は名曲ゆえに多くカヴァーがありますが、その中でも好きなのがディランの兄貴分である小生も敬愛するランブリン・ジャック・エリオットのカヴァーです。

 ジャックのカヴァーは「ライブ・イン・ジャパン」などの名演も含め、いろいろ聴きましたが、このカヴァーは初めて聴きました。

 ジャックは、ピート・シーガーには及びませんが今年82歳になるフォークの大御所です。

  takaboh - Don't Think Twice Cover

 花粉症で辛い季節がやってきました。昨年よりはやはりだいぶ来てますね。(><)

 目と鼻がやられ、そうなると頭もボォーっとしてしまいます。その上、咽もやられるので、声まで枯れてきます。

 そんな状態ながら、頑張ってみました。あまりフィンガー・ピッキングをしていなかったので、最初は指がなかなか思うように動きませんでした。

 良かったらお付き合い下さい。m(_ _)m

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

コリーヌ・ベイリー・レイ

2013-03-30 23:11:39 | マイ・フェイバリット

  Blackbird, Fly - Corinne Bailey Rae & Herbie Hancock @ White House 2010.mpg

 ご存じアコースティックなビートルズの名曲「ブラックバード」です。

 ポール・マッカートニー・トリビュート・ライブの動画のようです。

 歌うのは、イギリスのSSW、コリーヌ・ベイリー・レイです。それくらいしか分かりませんが、その不思議な癒される歌声、雰囲気、魅力的な人ですね。

 それから「ブラックバード」にピアノのバッキングは珍しいと思うのですが、ハービー・ハンコック、昔はよく聴きました。「処女航海」、V.S.O.Pクインテット、etc。

 元気ですし、さすがですねぇ。素晴らしいです!!

  takaboh - Blackbird

 それで、小生のパフォーマンスを試みましたが、花粉症で悪い声が益々荒れてきています。

 パスしていただいて結構です。m(_ _)m m(_ _)m

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャクソン・ブラウン

2013-03-26 23:00:28 | マイ・フェイバリット

  Jackson BROWNE - The Barricades Of Heaven Sarzana (SP) 22.05.10

 以前にも書いたことがありますが、小生が学生時代だった頃、大好きだった三大アーティストは、ザ・バンド、ジャクソン・ブラウン、ジェームス・テイラーでした。

 ということで、よくここでは取り上げているわけですが、ジャクソン・ブラウンは、当時、イーグルスの「Take It Easy」の作者ということでは知られていましたが、アーティストとしては、まだまだ知る人ぞ知るというようなアーティストでした。

 それが名盤「レイト・フォー・ザ・スカイ」のあたりからでしたでしょうか。その存在が一般的にも認知され、確固たるものになってきたように感じたものでした。

 しかしながら、時は流れ、イーグルスが歩み、そして解散したようにあの爽やかだったウエスト・コースト・サウンドは次第にロック化、コマーシャル化していき、ジャクソン・ブラウンもまたあのナイーブさはどこへ行ってしまったのだろうと思うようなサウンドになっていき、小生は次第について行けなくなってしまいました。

 それから彼が今どのような音楽をやっているかも知らずに過ごし、時はだいぶ流れました。

 そして、彼が「ソロ・アコースティック」のアルバムをリリースするというので、久しぶりにCDを買いましたが、そのサウンドは、小生が好きなギター弾き語りサウンドでした。昔のスターが帰ってきたという思いでした。

<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B001GJ2ZIY&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

 その思い出のアルバムの一曲目がこの曲でしたので、小生的には思い入れのある曲です。

  The Barricades Of Heaven

 ということで、また小生のパフォーマンスになりますが、小生的には、いろいろな試みをして、少しでもアクセスアップを図りたいというのも思惑もありますが、何せパフォーマンスが稚拙ですから、逆にアクセスダウンになるかもしれません。(><)

 熱しやすく冷めやすい小生なので、また直ぐに息切れするかと思いますが、もう少しお付き合い下さい。m(_ _)m

 しかし、自分のパフォーマンスを見るというのも自分自身を知ることができるというか、リズムはメチャクチャですし、ピッキングも下手、その辺がやはり勉強になります。

 これはアルバム・ヴァージョンのカヴァーです。

 それでは、本日もありがとうございました。m(_ _)m

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ケイシー・マスグレイヴス

2013-03-25 07:12:21 | ミーハー

  Kacey Musgraves - Heart Of Gold

 ニール・ヤングの「孤独の旅路」、高校生の時?にラジオからよく流れていて、好きになりました。

 彼独特の歌という感じの曲ですので、カヴァーはあまりない?と思っておりましたら、あることはありますが、やはりオリジナルには敵わないようですね。

 そんな中で、女性のカヴァーを見つけました。小生、女性のカヴァーというのをミーハー的に好きなので、取り上げて見ました。

 その他の詳しいことは分かりませんが、アメリカ、テキサス州出身のカントリー・ミュージック・アーティストで、ケイシー・マスグレイヴスという人です。

  takaboh - Heart Of Gold

 また、お耳汚しになりますが、小生のカヴァーも併せてお聴き下さい。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

J.D.サウザー

2013-03-24 16:43:26 | マイ・フェイバリット

  Roll Um Easy - J.D. Souther ~ Little Feat (Lowell George)

 J.D.サウザーが、こんな歌を歌っているとは知りませんでした。

 ローエル・ジョージのトリビュート・アルバムからの一曲です。

 このトリビュート・アルバム、ボニー・レイット、タジ・マハール、ランディ・ニューマン、ジャクソン・ブラウン、アラン・トゥーサン、それになんと桑田佳祐などがそれぞれに思い入れを込めて歌っているようで、興味があるアルバムです。

<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormemb-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000008855&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

 さて、J.D.サウザーですが、リトル・フィートの原曲の雰囲気をよく出して歌っていますね。

 そして、この動画には続けてリトル・フィートのオリジナルが入っています。

 この歌、リトル・フィートのサード・アルバムで名盤と言われる「ディキシー・チキン」に入っていました。

 リトル・フィートに興味がある方はこのアルバムがお買い得でお薦めかもしれません。

<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B009WBCWHC&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

 アコースティックなJ.D.サウザーのヴァージョン、とても気に入りました。

 ところで、ダイアリーも久しぶりに更新いたしました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加