Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

J.D.サウザー

2011-06-30 19:43:50 | ウエスト・コースト

  Run Like A Thief - J.D. Souther- Live In New York 1975

 このところ、70年代ウエストコースト系の曲をお届けしているところですが、今日もまた当時、夢中になっていたJ.D.サウザーのデビュー・ソロに納められていた曲をお届けします。

 このソロ・アルバムは、当時、シンガー&ソングライターの素晴らしいアルバムを数多くリリースしていたアサイラム・レーベルからの一枚でした。

<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000002GYP&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

 この曲は大好きな曲だったので、このライブ・ヴァージョンを聴けて嬉しいです。

 自分的には、このような弾き語りスタイルが、素朴でアーティストの地がそのまま出るので、好きです。

 ボニー・レイットも「Home Plate」で、この曲を取り上げています。

 ちなみに、新作のセルフ・カヴァー・アルバム「Natural History」ですが、たまらず注文してしまいました。

<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B004TB6GM2&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポール・パリッシュ

2011-06-29 06:26:16 | シンガーソングライター

  Paul Parrish】 Jaynie (1971)

 このところ、ラリー・マレイの唯一のソロ・アルバム「Sweet Country Suite」がらみの曲をお届けしておりますが、今回もまた思い出した曲がありましたので、お届けしたいと思います。

 ラリー・マレイが「Sweet Country Suite」でカヴァーしていた曲「Jaynie」です。ポール・パリッシュの「SONGS」というアルバムに入っていました。懐かしい歌です。

 これもよく分からずにカット盤で、学生時代に購入しましたが、聴いているうちに好きになったアルバムでした。

 ポール・パリッシュに関しては、自分はこの一枚しか持っていませんし、ずっと聴いていませんでしたので、また聴き直してみようかと思っています。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フライング・ブリトー・ブラザーズ

2011-06-28 06:49:22 | ウエスト・コースト

  Flying Burrito Brothers - Bugler

 先日、ジャクソン・ブラウンの「Out To Sea」のところで、この曲を取り上げたラリー・マレイのアルバム「Sweet Country Suite」のことに若干触れました。

 それで思いついたのが、今日の曲「Bugler」です。この曲は、大好きな曲でしたので、ラリー・マレイというとすぐにこの曲を思い出します。

 フライング・ブリトー・ブラザーズもカヴァーしていたんですね。グラム・パーソンズ以降のことだと思いますが、その辺のことは詳しく分かりません。

 しかし、この曲も70年代カントリー・ロックの香りがして、好きです。

(参考)
<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B000GIXWBA&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J.D.サウザー

2011-06-26 17:07:48 | ウエスト・コースト

  Linda Ronstadt and J.D. Souther - "Hearts Against the Wind" from the Movie Urban Cowboy

 前回は、ジャクソン・ブラウンがカヴァーしたJ.D.サウザーの「Out To Sea」を取り上げました。

 今回は、かつての恋人リンダ・ロンシュタットとの歌うカントリー・ソングをお届けいたします。

 こんな歌を聴くと70年代が想い起こされますが、この曲はジョン・トラボルタ主演の映画「アーバン・カウボーイ」のサントラ盤に収められた曲で、映画の初公開が1980年ということで、やはり70年代のカントリー・ロックの香りが感じられます。

 自分は、80年代以降、AORやS&Wのロック化などの流れについて行けず、仕事や家庭も忙しくなり、好きな音楽を見つけることができなくなってしまい、ここ5年前くらいまで、音楽からずっと離れてしまっておりました。

 なので、知っている歌は、60年代、70年代で止まっており、今またそれを思い出しながら、ブログを書いていますので、新しい歌は申し訳ありませんが、ほとんど出てきません。m(_ _)m

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャクソン・ブラウン&デビッド・リンドレー

2011-06-25 11:12:50 | シンガーソングライター

  JACKSON BROWNE & DAVID LINDLEY play JD Souther - OUT TO SEA [LIVE] + Lyrics

 
 前回は、ジャクソン・ブラウンの歌をエミルー・ハリスとリンダ・ロンシュタットがカヴァーした曲をお届けしましたが、今日は、ジャクソン・ブラウンがカヴァーしたJ.D.サウザーの曲をお届けします。

 この曲は、J.D.サウザーのファースト・ソロ・アルバムのラス前の曲でした。大好きな歌で、ジャクソン・ブラウンがカヴァーしていたとは、知りませんでした。

 ラリー・マレイもまた彼のソロ・アルバム「Sweet Country Suite」で取り上げていましたね。

 J.D.サウザーは、自分の曲をリメイクした新作も出し、益々頑張っており、今はツアーの最中のようです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加