Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

ダン・ペン

2012-02-22 18:32:12 | スワンプ・ロック

  Dan Penn - "Lodi" - (1973 CCR cover)

 以前、エミルー・ハリスのカヴァーで取り上げてみましたCCRの曲です。

 これもまた、学生時代に好きでよく聴いていたアルバム、ダン・ペンの「ノーヴァディズ・フール」に入っていました。

<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B0032VFE6O&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

 「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」などソウル・シンガーに曲を提供していたソング・ライターのアルバムということで、彼を知りました。

 渋くて、男っぽい歌、そしてこのアルバム、いつ聴いてもしびれます。

 CCRとは、またちょっと違った魅力のヴァージョンになっています。

  

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ケニー・ランキン

2012-02-21 21:39:23 | マイ・フェイバリット

  While my guitar gently... (Kenny Rankin)

 今月の4日、八戸で行われた「ビートルズのチカラ!」の余韻のせいか、このところ少々ビートルズづいています。

 ところで、このケニー・ランキンという人、学生時代「シルヴァー・モーニング」というアルバムを聴いて以来、好きになったギタリストですが、そのアルバムにビートルズの「ペニー・レイン」と「ブラック・バード」がカヴァーされていました。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B002PQ7JUG&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

 特に「ブラック・バード」がオリジナルとは違ったまた良さがあり、好きでした。

 この曲も彼独特の解釈で、叙情的に演奏されています。天国の彼を思いながら、曲に浸りたいと思います。

 最後に「シルヴァー・モーニング」に入っていた「ブラック・バード」も併せてお届けします。

  Blackbird - Kenny Rankin

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トム・ウェイツ

2012-02-17 18:51:14 | シンガーソングライター

  Tom Waits Ol' 55

 イーグルスが「On The Border」でカヴァーしたトム・ウェイツの名曲です。

 トム・ウェイツのアルバムは、彼のデビュー・アルバム「クロージング・タイム」に入っていました。

<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000002GYR&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

 このアルバムもよく聴いたアルバムでした。アルバム・ヴァージョンでは、ピアノの弾き語りでしたが、このヴァージョンは、アコギ・ヴァージョンで、これもまたなかなかいいです。

 「70年代も遠くなりにけり」ですが、名曲は、いつ聴いてもいいですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッド・テイル・リング

2012-02-13 22:47:47 | フォーキー

  The Blackest Crow - Red Tail Ring

 静かな森に、フィドルとギター、そしての素朴な二人の歌。

 最初、この映像を見た時、映画の「歌追い人」を思い出しました。

 アメリカはまだまだ深く広く、素敵な歌が残っているようです。

 溜め息が出てくるくらい何とも言われない素敵な歌です。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ライ・クーダー

2012-02-05 19:13:19 | ルーツ・ミュージック

  Ry Cooder Tattler

 ライ・クーダーの「パラダイス&ランチ」、昔良く聴いたレコードでした。

<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=eightdoormem0-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000002KC4&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

 その中にこの曲が入っていました。ライの場合、ほとんどはカヴァー曲ですが、これはオリジナルだったので、よけい印象が深い曲でした。

 いつも見ても彼のギターはかっこいいです。しかし、以前は下のようにスライド・ギターで、まったく違う雰囲気でやっていたんですね。

  Early Tattler - Ry Cooder (1973)

 これはこれでまたナイスです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加