Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポール・サイモン

2012-10-31 12:38:23 | マイ・フェイバリット

  Paul Simon - "Father & Daughter"

 久しぶりにポール・サイモンを取り上げます。

 この動画、まさにタイトルどおりですね。

 ポールが娘ルルと歌う"Father & Daughter"です。

 最後は父親としてのポールの姿が見えて、ジーンときました。

 娘さんは初めてみましたが、やはり顔立ちがそっくりで親子ですね。

 この曲、あらためていい曲だなと思いました。

 今月で、ポールも71歳になったんですね。

  Lulu Simon - " Hallelujah"

 続いて、ポール・サイモンのギター伴奏で、娘が歌う"Hallelujah"です。

 キュートな声で、なかなかいいですね。

 ポール・サイモンが見守る中、歌う彼女、歌唱力もありそうです。

 最後は父親としてのポールの姿が見えて、ジーンときましたね。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ボブ・ブロズマン

2012-10-24 22:43:34 | ルーツ・ミュージック

  Bob Brozman - Rattlesnake Blues

 なんという演奏なんでしょう! 足でリズムを刻み、リゾネーター・ギターをスライドで、弾きまくるという離れ業的パフォーマンスです。

 この方、アコギ、12弦ギター、リゾネーター・ギター、ボトルネック・ギター、ラップスティール・ギター、ウクレレと殆どの弦楽器を弾きこなし、ジャンル的にはカントリー、ハワイアン、アフリカ、ラテン(ブラジル)、沖縄民謡までとやってしまうということですし、またかなりのインテリでもあるそうです。

 この方、知りませんでしたが、年齢的には同じ世代のようで、2006年には来日もされているようです。 

 いやぁ~、驚きました。こういう人もいるんですね。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ジョン・セバスチャン&ラリー・キャンベル

2012-10-22 18:56:43 | マイ・フェイバリット

  John Sebastian and Larry Campbell - "I'm Satisfied"

 グッド・オールド・タイムな音楽を聴かせてくれるジョン・セバスチャン。いつもホンワカとしていて大好きな人です。

 ハープの腕前も素晴らしいですが、この人のラグタイムなギターもまた好きです。

 ラリー・キャンベルのフラット・マンドリンとのデュエットですが、ラリーも楽しそうに弾いてますね。

 こんな音楽だったら、いつまでもずっと聴いていたいですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニッティ・グリティー・ダート・バンド

2012-10-20 00:05:21 | カントリー・ブルーグラス

  Dark as a Dungeon - "Will the Circle Be Unbroken"

 これもまた大好きな曲です。多くのアーティストがカヴァーするマール・ハガードの名曲です。

 小生もいろいろなアーティストが歌ったこの歌を聴いていますが、YouTubeで聴けるのは限られており、ニッティ・グリティー・ダート・バンドを取り上げてみました。

 これは、ニッティ・グリティー・ダート・バンドのアルバム「永遠の絆」で取り上げられています。

 ちなみに小生が好きなヴァージョンは、ランブリン・ジャック・エリオットのアルバム「Friend's Of Mine」でのガイ・クラークとのディエット・ヴァージョン、そしてジム・クエスキンの「Jim Kweskin's America」のヴァージョン、それからギリアン・ウェルチ&デビッド・ローリングスのヴァージョンです。

 最後に、ギリアン・ウェルチ&デビッド・ローリングスも併せてお届けします。

 Dark As A Dungeon (Live) - Gillian Welch, David Rawlings.wmv

   

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ボブ・ディラン&ヴァン・モリソン

2012-10-19 13:26:17 | マイ・フェイバリット

  Bob Dylan and Van Morrison in Greece - Crazy Love

 北アイルランドのロック歌手、ヴァン・モリソン。小生が若い頃から、音楽誌などで評価が高いミュージシャンでした。

 R&B、ジャズ、フォーク、ブリティッシュ・トラッド、ケルト音楽などの幅広い音楽性と迫力あるヴォーカルは、ミュージシャンからも尊敬を集める存在であるとのこと。

 小生的には、ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」で彼のことを見たりしていましたが、正直、最初はあまりピンと来るものがありませんでした。

 しかし、歳をとるにつけ、彼のいぶし銀のような魅力が分かるようになってきた感じです。よくは分かりませんが、彼のこと、「アイルランド人らしい!」と感じる人です。

 アルバムは、チーフタンズとのアルバムとか2枚くらい持っています。

 この曲「クレイジーラブ」も好きな曲です。なんとディランとのデュエットとは驚きました。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加