Eight-Door Memories

~ 〃歌探し人〃 takaboh のブログ ~         ※コメントは、管理者の承認後に表示されます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジェニー&タイラー

2014-07-31 19:15:32 | マイ・フェイバリット

  Jenny & Tyler - Skyline Hill


 S&Gのカヴァーを探していて見つけたのが、下の「The Sound of Silence」でした。

 この二人のデュオの「The Sound of Silence」もシンプルながら、正統なカヴァーで、初々しくもあり、好感が持てました。

  Jenny & Tyler - The Sound of Silence (Live at Center Street)

 そんな次第で、他の曲も聴いてみましたが、なかなか良かったです。

 若い男女の仲の良さそうな二人の映像、そして音楽の融合は、微笑ましくもあり、若いことを素晴らしさを感じさせてくれる二人でした。

 ホームページも見てみましたが、可愛い赤ちゃんと一緒の写真がありました。ご夫婦のようですね。活躍を祈っております。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ポーラ・フェルナンデス

2014-07-24 18:11:32 | フォーキー

  The Boxer - Paula Fernandes (legendado)


ぽーら  前回に続き、S&Gのカヴァーです。

 今回は、ブラジルの歌姫です。しかし、前回のブルック・フレーザーにしろ、ポーラ・フェルナンデスにしても若い人が名曲とは言え、S&Gをカヴァーしてくれるのは、嬉しいことです。

 彼女は、地元ではフォーク・ポップス系シンガーとして、人気があるようです。

 この歌もしっとりとして、正統派スタイル?でのカヴァーは、好感が持てました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルック・フレーザー

2014-07-22 18:46:08 | マイ・フェイバリット

   The sound of silence Brooke Fraser


 少し気が抜けているところで、更新をサボっておりました。m(_ _)m

 雑用もいろいろと溜まっていたので、あまりユーチューブも観ておりませんでした。

 今回は、ご存じS&Gの名曲ですが、気怠そうに自分の解釈で歌うこの女性は、ニュージーランドの歌姫です。

 S&Gというより、ポールのソロ・ヴァージョンの解釈のようですね

 名曲は、どのように料理されても、名曲の輝きを放ちますね。

 また、この曲は、女性も取り上げることが多いのも名曲中の名曲たる所以でしょう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アン・ウィルソン

2014-07-15 20:17:14 | ロック

  ann wilson - sail away

 前回のランディ・ニューマンの「Old Kentucky Home」のことに少し触れましたが、この歌もランディ・ニューマンがオリジナルです。当時は、よく聴いておりました。

 最初は、彼の良さもよく分かりませんでしたが、聴けば聴くほど味が出てくるタイプのS&Wだと思いました。

 ランディ・ニューマンの歌は、どこか古く懐かしい雰囲気を漂わせております。

 ところで、この歌をカヴァーするアン・ウィルソンですが、ご存じハートのヴォーカリストです。

 と言っても小生は残念ながら、最近までウィルソン姉妹のことはまるで知りませんでした。

 こちらで何曲かカヴァー曲を取り上げているうちに、彼女らのロック魂とそのヴォーカルの素晴らしさとサウンドの格好良さを知りました。

 人気も高いのでしょう。前回、「American Tune」を取り上げた時は、アクセス数が倍増したのに驚きました。

 アンのヴォーカルは勿論ですが、ナンシーのギターも歌もかっこいいと思います。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジョン・プライン

2014-07-14 19:00:35 | フォーキー

  John Prine - My Old Kentucky Home

 ご存じフォスターの名曲のこの歌、ケンタッキー州の州歌だそうです。

 どこかで聞いたことのある懐かしいメロディーです。

 小生は、学生時代によく聴いたランディ・ニューマンの「Old Kentucky Home」が懐かしいです。

 ジョン・プラインも小生が学生だった頃、デビューし、デビュー・アルバムを持っておりましたが、引っ越しの際、手放してしまいました。

 残念ながら、あまり記憶が薄いのですが、地味にフォーク・スタイルで歌っていたように思います。

 その後の彼のこともあまり知りませんが、カントリー歌手になったんでしょうか?

 その辺は、mackkさんが詳しいかと思いますので、教えていただければと思います。

 シンプルなギターに乗せて歌うこのヴァージョン、なかなかいい感じで気に入りました。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加