喫茶 輪

コーヒーカップの耳

まさか。

2017-03-21 15:57:32 | 宮崎修二朗翁
宮崎翁をお訪ねしてきました。

この施設に入られてからもう一年と三カ月になります。
お話ししていて、わたしは涙が出る思いがしました。
あることで、「まさか!」と絶句しました。
いや、翁ご自身はお元気でしたよ。
わたしの草稿を見て、「ここはね…」とチェックして下さいました。
翁、95歳、まだまだ頭脳は衰えてはおられません。
一時間余りお話しして、「また来月来ます」と言って帰ってきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮崎修二朗翁のお若い声 | トップ | まさかの本が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む