湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

虫の詩パート4

2017-04-20 12:22:15 | オリジナル
共通テーマ「虫」でAが書いた詩を投稿します。

色のない蝶

色のない春であった
持たされた買物籠の底に
少しの銭が入ったがまぐち
水蒸気が立つ黒く太い道に
シジミ蝶が群れる帰化植物
そこだけが切実に動いている

買物籠の底が地面につかぬよう
畦道にしゃがみ
膨らませた掌の中に捕えると
シジミ蝶の小さな羽は
思いがけない強さで
硬く掌を叩く
羽ばたきの速さに
追いつこうとするように
鼓動が早まって
耐え切れず両手を開く

黒い道は急な上り坂になり
灰色のアスファルトに出る
その先が小さな商店街だった
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初句会でビギナーズラック | トップ | 港の人創立20周年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。