湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

港の人創立20周年

2017-04-21 16:41:32 | 文学
Aの詩集「チランジア」の発行元である鎌倉の出版社、港の人からPR誌「港のひと」最新号・創立20周年記念特集号が届きました。

巻頭に掲載されているのは、北村太郎の「少年の夢 または いつまでも来ない人」という詩です。
出だしを引用します。

(ねえ 何を夢みているの?)
だれもいなかった 光りの
輪のなかに 詩集がひろげてあった
少年の耳には ほそくなってゆく雨と
脚をこする虫たちしか きこえなかった


創立20周年記念出版として、北村太郎の名詩集「港の人」を来月復刊するそうです。おめでとうございます。

↑「チランジア」も掲載されている新刊案内「港の人の本」
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虫の詩パート4 | トップ | 浮かぶの詩パート5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。