ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

イタリア野菜:ラディーキョ・トレヴィーゾ

2012-03-23 02:41:16 | イタリア:食材、レシピ

日本での仕事を終えてまだ寒いベニスに帰ってきての楽しみといえば

やっぱりイタリアの美味しいもん!

食いしん坊の私たち!

あ~帰ったらあれ食べようこれ食べようと

Piと二人飛行機の中から食べ物のことばかり

 

日本以上に旬のものが豊富に出回るイタリア

その時にしか食べられないものが沢山ある

 

その一つ!

ラディーキョ・トレヴィーゾという冬場の寒い時に出回る野菜がある

青梗菜くらいの大きさかな?

なんとも鮮やかな色で味もしっかり濃くてすごく美味しい

安い時で朝市では1Kg:2ユーロくらい(220円:1Kg3個くらいかな?)から

ベニス島内のように超物価が高いところでは

なんと1Kg/5ユーロ(600円弱)以上することもある

朝市でも綺麗に葉が揃ってしっかりしているものはかなり高めの値段がついている

 

冬場の野菜としてはすこしお高め?

いやー日本に比べたら涙ちょちょぎれめっちゃ安い野菜たち!

日本から帰って来たばかりだとすべての野菜が安く感じて

思わず買いすぎてしまう始末!

 

そして今回も朝市に行って例にもれず買いすぎてしまった野菜

 

特にPinoは八百屋のおっちゃんに〝1kg:2ユーロやけど2kgで3ユーロにするで〟

って甘い誘惑の言葉をかけられるとついつい買ってしまう性格

 

横からそれを阻止しようとする私を振り切り

そーなん!ならもらっとくわ!” と勢いよく返事している!

間違いなくおっちゃんに性格見透かされている!

 

でこの野菜どのようにして食べるかというと?

サラダとして生で食べてもOK

炒めてリゾットやパスタの具にしてもすごく美味しい

オリーブオイルでにんにくと玉ねぎと混ぜてたっぷり炒めて絡めると

肉などの動物性タンパク質などを入れなくても

この野菜だけですごく美味しく仕上がる

 

沢山買いすぎてしまったラディーキョ・トレヴィーゾ

いくら美味しいからっていっても冷蔵庫の中にはいりきらへんやろー

と怒る私に

 

大丈夫下ごしらえして冷凍保存する”とおばちゃんPinoに変身

さっそく料理にかかった

 

でとりあえず今回はパスタに絡めて出来上がり

上には勿論パルミジャーノをたっぷりかけていただきました!

めっちゃ美味しい!

 

炒めて残ったものは小分けにして冷凍保存

次回のリゾットに使うとか!

 

他にこの野菜の究極の美味しい食べた方!

焼きラディーキョ・トレヴィーゾ

左端のふにゃふにゃになったもの、、、

焦がさないように弱火でゆっくり焼きあげるのがコツだとか

 

葉っぱ物を焼いて調理するって感覚がない日本人の私

初めて食べたときは目から鱗が落ちました!

水分がとばされ味が凝縮されなんとも言えない究極の味

ほんの少しのオリーブオイルと塩だけでOKです

日本の野菜にはないな~この味

 

冬野菜のブログを書いてますが

現在ベニスはもう春まっさかり

この時期としては異常なほと暖かい毎日です

イタリアに戻ってからお湿り程度の雨が2回あっただけで

雲一つないいいお天気が続いてます

 

コメント (4)