峠おやじの「たわごと」

峠、自転車、キャンピングカー、野菜、園芸、時事ネタなどをぼやいてます。

太陽光発電のパワコン交換

2022年12月04日 | 太陽光発電

太陽光で発電した直流電流を交流に変換するパワーコンディショナー(通称パワコン)が最近きちんと働かなくなった(「パワコン不調(太陽光発電)」)。そこでパワコンの交換を依頼していたのだが、12月2日にやっと交換工事が完了した。

(左側:今までのパワコン、右側:交換した新パワコン)

見た目や大きさはあまり変わらない。しかし最近のトレンドで蓄電池の情報や、消費電力量もわかるようになっているそうだ。

それらは室内のマルチエネルギーモニターで分かるようになっている。

(左側:今までのモニター、右側:マルチエネルギーモニター)

今までのモニターが発電量(瞬間、日別、月別、積算発電量)しか表示しないのに対し、マルチエネルギーモニターでは消費電力量も表示し、その差で売電量、買電量を表示してくれる。ここに蓄電池があればwebのように蓄電池との連携も表示してくれるのだが、旧式のLEAF to HOMEとは連携できないようで、その点だけは不満である。

 

ちなみにこの画像では「16時14分、瞬間発電量70w、消費電力70w、買電中0w」こんな数字はあり得ないのだが、家で使っている電気はリーフから給電しているので「消費電力」と表示されているのはLEAF to HOMEが稼働するための電力である。

 

これはカテエネで電力使用量のチェックをしていると、給電時に使ってないはずなのに100w程度の使用量が発生しているのでLEAF to HOMEの稼働電力だろうと思っていたのが立証されたわけである。

 

とにもかくにも、ここ数日晴天の日でも正午ごろしか「発電」してなくて悔しい思いをしていたので、とりあえずひと安心である。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レシップ 置き去り防止装置 開発

2022年12月02日 | 時事ネタ

今年、幼稚園などの送迎バスでの園児置き去り死亡事件が多発しているのを受け、バスなどの運賃収受装置の製造・販売を主力とするレシップ(岐阜県本巣市)

置き去り防止装置を開発した(下記新聞記事)。

記事によると、無線式のためボタンをつけるための配線工事がいらず、既存車両に比較的簡単に取り付けられるのが特徴。エンジンを止めるとチャイムが鳴り、車内の後方などに設けた押しボタンを押すと止まる仕組みで、乗務員の車内確認を促す。1台当たり18万円程度の補助金を政府が支給することを受け、価格を補助金の上限額以内に抑える予定とのこと。

また本巣市内の真桑幼稚園(まくわ)で実証実験を行ったとの記事も載った。

補助金も出るなら一刻も早く取り付けて、将来を担う子供たちが亡くなるいたましい事故を減らしてもらいたい。

 

さて、この装置を開発したレシップだが、株主優待で地元産の富有柿(ふゆう)が貰える。

配当金は多くないが地元でもあり、3年前から株主になっていて、毎年柿をいただいている。

こんなふうに地元支援をするのもいいよねえ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地熱発電所

2022年12月01日 | 太陽光発電

NHKの「クローズアップ現代」で『ニッポンの温泉に異変!? 湯の“枯渇”を防ぐには』が放送された。

温泉はもちろん好きだし、車中泊と立ち寄り湯をセットにして、峠漁りをやっている関係上

温泉が枯渇するのは御免こうむりたいので、録画して見てみた。

 

番組の案内には

各地で増え続ける日帰り温泉入浴施設。今や7800施設に上る一方、各地の温泉では、湯量の減少やお湯の温度の低下といった“異変”が報告されている。地下1000mから温泉をくみ上げてきた青森の入浴施設では十分な湯量が得られない状況に陥り、廃業を決断。さらに大分県別府市では、市内の温泉を調査したところ、広い範囲で湯温の低下が起きる可能性も明らかに。わき出る温泉を使いすぎず上手に利用するための策に迫る。

とある。

 

最近はやりの日帰り温泉などは1000m以上掘った大深度掘削の温泉が多い。

山中に降った雨水が湧出する自噴泉と違い、大深度掘削の温泉は長年かかって溜まった地下水なので

汲み上げると水位が下がって枯渇するのは当然という内容だった。

 

そして別府温泉でも市内にある共同浴場「天満湯」では湯量減少で持ち帰り禁止になったのだが、

その原因が山上にあるホテル群の大量使用にあると解説され、温泉も限りある資源と明らかにされた。

そのような温泉資源の有効利用の例として番組では福島・土湯温泉を紹介していた。

 

第一にこれまでの泉源で「地熱発電」をし、その後の温泉水を温泉街で使う。

また発電機器の冷却水も「オニテナガエビ」の養殖に利用するなど色々な効果を生み出している。

 

そんな内容に感心していたら本日(12月1日)の岐阜新聞に同じような記事が載った(ネットニュース)

 

地熱発電については福島・土湯温泉が蒸気にする液体を別に使う「バイナリー式」であるのに対し、

奥飛騨温泉の中尾温泉では地熱流体を蒸気と熱水に分けて使用する「フラッシュ方式」だという。

 

中尾温泉と言えば我が高校の山の家がある。

そこに地熱発電所ができたということはSDGsの最先端を行ってるってことで嬉しい限りである。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子ども用箸

2022年11月28日 | 

最近の幼児用品には色々なものがある。特に感心するのが子ども用箸

リンク先の画像を見てもらうとわかるが、バラバラになりがちな2本の箸を根元で固定し、

さらにそれぞれの箸に輪っかを付け、そこに持ち手の指を差し込むと正しい持ち方になるという優れものだ。

3歳の孫はだいぶ前から使っていたが、

先日来た2歳の孫も画像のように上手に使っていた。

私ゃ、恥ずかしながら正確な箸使いを覚えたのは中学生だか高校生だか?の頃

だったから当時こんなのがあったら苦労しなかったのにと思うばかりである。

 

食後の儀式といえば先日もアップした「はみがきじょうずかな」である。

2歳児とはいえ、だいぶ自分の意志をハッキリ示すようになったらしく、自宅ではナカナカ言うことを聞かなくなったそうだが、

ジジババの家では猫をかぶってるらしく、ハミガキも自分からやった。そして、

「仕上げはおかあさん」

も素直に従ったので、子供にとって1年は大きな違いになるんだよね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022紅葉

2022年11月26日 | 自然

紅葉といえば過去記事にはこんなのがある。

2020.12.10「まだ紅葉」

2015.11.1「せせらぎ街道、紅葉狩り」

201412.6「岐阜公園の紅葉」

2013.12.1「岐阜公園の紅葉」

2013.11.25「圓興寺の紅葉」

2011.12.5「初冬か晩秋か?」

せせらぎ街道のような標高の高いところは11月だが、岐阜市ではどうしても12月になってしまう。

 

でも今年の紅葉は何とか11月中にお届けできた。11月25日早朝の画像である。

街路樹のイチョウも黄葉真っ盛りだし、今年の紅葉は早いのかもしれない。

 

そういえば11月12日に出かけた信州南部の根羽村平谷村では既に紅葉真っ盛りだった。

10月から峠漁りを再開し、都合3回出動しているが、気候が良い時季に峠漁りを進めようと行先の計画を練ったり、

タイミングを計ったりしていて、コレクション作成まで手が回らないのが現状である。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

馬喰一代リニューアル

2022年11月24日 | たべあるき

飛騨牛専門レストランの「馬喰一代」長良本家が本日リニューアルオープンしました。

長良本家は以前住んでいた家の近くだったので、何度か食べに行きました(前の店のレポート)

転居してからは岐阜市中心部にある神田店を2度利用しました。定年のときと娘の結婚前の顔合わせ会。

いずれもちょっとかしこまった場でした。まあ、そういう位置づけ・ランクのお店ではあります。

 

そんな馬喰一代の本家本元らしい長良店がいつの間にか建て替え中になっていて、

2階建てが平屋になり、広々とした感じになってました。

それでも前の店みたいな岩組みがまたもや出現してました。新聞広告によると山で切り出した恵那石を配置したそうです。

前の店では裏側の駐車場(下の写真側)からお店の玄関への動線が良くなかったように感じましたが、

新しいお店では店を囲むように作ってあるので入りやすそうです。

この駐車場の隅っこに駐車してあったラッピングトラックが目を引いたので撮ってきました。

パッと見、目は引きますが、ちょっとクドイなと思います。

飛騨牛一頭買いというコンセプトは伝わるかもしれません。

 

なにはともあれ、天気も良かったし、ご盛況をお祈りしてます。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はみがきじょうずかな

2022年11月22日 | 日常

ウチもおかげさまで孫が2人おりまして、下の孫はNHKの幼児向け番組を毎日のように見ているらしく

私んちに遊びに来ると『おかあさんといっしょ』などを見せろとせがまれます。

私が子育てをしていた頃そんなに見ていたことはないのですが、そう言われて録画して見ると、

昔ながらの『はみがきじょうずかな』とか『パジャマでおじゃま』などの名曲が相変わらず流れていました。

『はみがきじょうずかな』は何と、あのPerfumeが歌って(動画あり)ますし、

『パジャマでおじゃま』ときたらLittle Glee Monsterって凄くね。

 

というわけで、最近の子供事情も理解しつつ、ジジババも孫たちに振り回されているのですが、

1ヶ月ほど前、上の孫がご飯を食べた後、歯磨きを愚図りまくってどうしてもやろうとしません。

仕方なく歯磨きをパスして「仕上げは・・・」で、いいやと

おかあさん

「いや」

おとうさん

「いや」

ばあば

「いや」

 

愚図り倒した孫のご指名は、なんと

「じいじ」

そんな。やったこともないのに・・・

 

ご指名なので、膝枕をしてやると・・・

そんな非日常に孫は「イヒヒ」と口を閉じて喜びます。

とにかく口を開けてもらわないと、

「くちゅくちゅ」も

「しゃしゃか」も

できないので、みんなで

「あーん」「あーん」

口を開けるよう連呼しながら、致させてもらいました(^^;

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パワコン不調(太陽光発電)

2022年11月18日 | 太陽光発電

ウチの太陽光発電システムは2003年8月に設置したので丸19年間稼働している。

太陽光パネルの寿命は結構長く、30年とも50年とも言われているが、発電した直流電流を家で使えるように

交流電流に変換する装置がパワーコンディショナー(通称パワコン)だが、これは通常の電気製品のように

10年を越えるとダンダン逝かれてくるそうだ。

ウチは設置してから2・3年後にそのパワコンを交換しに来たような覚えなのであるが・・・いずれにしても丸19年間きっちり動いているのは大したものである。

 

しかし2ヶ月ほど前から発電が不安定になってきた。外が晴れていても朝の立ち上がりが遅く、

昼日中には700w発電していたものが突然『日照不足』の表示になり、しばらくすると0w、300w、600wというように復活する。

そしてしばらくするとまた『日照不足』になる繰り返しが起こってきた。

朝9時頃

12時頃 700w

それが突然 日照不足に

しばらくすると 0w 表示に

やっと 300w台

 600w台

またもや 日照不足に

ということで、これはパワコンの交換しかないという結論になった。

後日、設置してもらった業者さんに連絡してパワコンの交換を依頼することになった。

今年はエコキュートも変えたし、散財の年だなあ(~_~)

 

以上の動画あります。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『孤独のグルメ』『最高のオバハン中島ハルコ』が下呂市に

2022年11月13日 | たべあるき

昨日のテレビで『孤独のグルメseason10』と『最高のオバハン中島ハルコ』がそれぞれ下呂市を舞台にしたドラマを放送した。

『最高のオバハン中島ハルコ』は東海テレビ制作なので、もともと愛知・岐阜が舞台になることはお約束なのだが、

『孤独のグルメ』だと韓国ロケはあったものの首都圏中心なので、

まさか岐阜県のそれも下呂市上呂(げろし、じょうろ)が出てくるとは思わなかった。

ひょっとすると原作者も『さらば下呂温泉』の『岐阜県下呂市の上呂・中呂・下呂~♪』を

聴いたからかもしれない(^^;

何にせよ、番組は上呂の中学校(ほんとにあるかどうかわからぬが)に主人公・井之頭五朗(松重豊)が

行き、校長先生をしている同級生(松下由樹)の依頼で講演をする。

そのあとお定まりの「腹が減った」となり、食事処を探す。

上呂駅の次の列車まで1時間半もあるので仕方なく周辺を探し回る。

そして偶然見つけた「大衆食堂大安」。なんとホームページまであった。

やっと見つけた食堂の看板の前で、やに下がる五朗。

いつもながら初めてのお店でメニュー選びに迷った挙句『とんちゃん&けいちゃん定食』というイイとこどりのオーダー。

甘味噌仕立てのとんちゃんに感動しつつ、けいちゃんの美味さにも驚き、しばし飯を食べるのを忘れる五朗。

そして隣の客が料理に卵をかけるのを見て、生卵を注文し、料理を飯に載せさらに卵をかけて卵ごはん丼にする荒業。

そして「ごちそうさま」かと思いきや、

お約束の追加オーダー。

「マトンにソバ」

日本蕎麦かと驚いたが、出てきたのは焼きそばだった。それなら納得。

けいちゃんなどの地元グルメを押さえながら見事な出来だった。

もともとテレ東の制作で今回は愛知テレビの放送だったが、再来週には2週間遅れでぎふチャンでも放送されるので

見逃した方は是非どうぞ。

 

次に『最高のオバハン中島ハルコ』だが、先週もう下呂市金山の造り酒屋の話をやって、今回が下呂温泉とはわかっていた。

そして下呂温泉といえば老舗最高級ホテルの水明館(すいめいかん)が舞台だった。

古い旅館の写真など見せながら北条政子の子孫が開いたなどとビックリするような怪情報が語られていた。

この水明館を「みあきかん」と読み替えてドラマの中で使っていたり、下呂の街中を舞台にしたドラマを展開していた。

ドラマのストーリー展開など毎回かなりの力業だけど、林真理子が原作だとこういう風になるのかな。

大地真央が相変わらず若々しいし、妖怪シェアハウスにお岩役で出ていた松本まりかもいい仕事してます。

それぞれ岐阜県下呂市が舞台になったので取り上げてみました。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミラー型ドライブレコーダー交換(キャンピングカー)

2022年11月09日 | キャンピングカー

うちの車、キャンピングカーにもリーフにもドライブレコーダーを付けているのだが、

先日キャンピングカーのドライブレコーダーを新しいものと交換した。

 

キャンピングカーは冬場にお泊りするとき、車自体の断熱やFFヒーターも総動員して加温に努めるが、一番放熱するのは窓である。

そのため、その窓にアルミマットをはめ込んで保温する。フロントガラスについては吸盤で固定するが、サンバイザーで押さえて

少しでもガラスに密着させるようにする。

ところが、そのときサンバイザーとバックミラーに取り付けたミラー型ドライブレコーダーが接触してしまい、

バックミラーの角度が変わってしまう。バックミラーの角度を戻さないと、せっかく調整したドライブレコーダーの向きも

調整し直さないとならなくなる。

それより致命的なのは直射日光などで眩しいとき咄嗟にサンバイザーを下げようとしても

バックミラーに当たってミラーが動くことで視界が妨げられたりする。

ところがリーフに付けたミラー型ドライブレコーダーはバックミラーと干渉しない。

キャンピングカーのドライブレコーダーはカメラ部がミラー部の横に付いていて正規のミラーよりはみ出しが大きい。

それに対し、リーフに取り付けたドライブレコーダーはカメラ部がミラー部分より下部にあるため、正規のミラーより少しはみ出しているだけ。

またリーフのサンバイザーの幅が短いこと、サンバイザーと窓までの距離が長いことなどから全く干渉しないのだ。

そこでキャンピングカーもカメラ部がミラーの下に付いているドライブレコーダーに変更することにした。

 

その準備で今までのドライブレコーダーを外そうとバックミラーに力をかけたら「パリン」という音ともに

バックミラーが取り付け部から破損してしまった。

これは日産に頼むほかないので部品を取り寄せて、ついでに調達したドライブレコーダー

取り付けてもらった(^^;

リーフのように楽々ではなく、ミラーの角度を最大にしてクリアランスぎりぎりにできた。

これで眩しいときも気軽にサンバイザーが動かせるし、

フロントガラスにアルミマットを取り付ける時でもバックミラーを動かさずに済むので万々歳である\(^o^)/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする