きまぐれ雑記帳

きまぐれに日々の思いを綴ります。

散歩

2012-03-29 10:44:15 | 散歩

今日はいいお天気なので散歩に行くことにしました。

散歩の途中、千本今出川の越後屋でカステラを買って帰りました。                               

こちらのお店は、いつもおまけに切れ端が付きます。

ふわっとして上品なお味です。

コメント

うなぎ

2012-03-27 00:17:14 | グルメ

最近うなぎが不漁だというニュースをよく聞きます。聞くたびに頭をよぎるのです。うな重が!             

これは食べに行くしかありません。瀬田のちか定迄行ってきました。もちろん美味しかったです。

 

コメント

バリ島へ

2012-03-26 23:00:00 | 旅行

3月15日から6日間バリ島へ行ってきました。

ガルーダインドネシア航空の往路の食事です。

こちらは、復路の食事です。同じ和食を選びました。

でも微妙でした。

夕方テンバサールのングラライ空港に到着。アマンのスタッフがプラカードを持ってお出迎え。

入国審査は機内で受けていたので荷物を取りセキュリーティーチェックを受けて終了です。

スタッフに車まで案内されホテルへと向かいます。車内では冷たいおしぼりと飲み物のサービス。

ちょうどラッシュの時間帯なのでホテル(アマンキラ)まで2時間弱かかりました。

チェックインの手続きを済ませて先に食事。レストランは3組だけ。皆さん短パン、Tシャツ等々。

ドレスアップの方は、今回見かけません。タスカル~。気楽でいい~。

まずは、ウエルカムドリンクのカクテル。

軽く済ませてフロントへ部屋迄車で送ってもらえます。

部屋は、ざっとこんな感じ。

 ごきぶりちゃんもおります。床はピッカピカ!

2日目 朝食は、レストラン迄行くのがめんどうなのでルームーサービスにしました。

オムレツ、サラダ、丸いのはホットケーキ。

部屋からの眺めは、コレ!

山の斜面に37のヴィラがあり階段で結ばれています。とにかく降ります。

メインロビーにプール。

夕食は、こちらのレストラン。バーもありますが行くの忘れていました。

また斜面を下りていくと

41メートルのプール。

プールに併設しているレストラン。昼ごはんです。

ナシゴレンとサラダ・・・・食べ過ぎです!

ビーチにでてデザートのアイスを食べます。・・・本当に食べ過ぎ。

砂がついた足を洗う水甕。

 朝に予約を入れていたアマンキラ・マッサージの時間が来たので部屋に戻ります。

アマンキラの宿泊パッケージでは、3泊以上ではディナーが一回、4泊以上でサイクリング、トレッキング

マッサージ、モーニングクルーズの中からひとつ体験できます。今回は60分のアマンキラ・マッサージ

を選びました。部屋に戻ると簡易ベットが用意せれていており主人と二人たっぷりほぐしていただき

ました・・・が! まず背中から始まり仰向けになって右手、右足、足の裏、しっかりツボを押してくれます。

左足、左手、頭、最後に顔をこねくり回してくれます。でも先に足の裏、さんざんもみまわしたやん。

その手で!

 マッサージの後でジンジャーティーを。これは美味しかった。

夕食迄まだ時間があるので又ブラブラ散歩です。メインプールの側で、現地の女の子が神様に供える

花籠を作って私達に。かわいいですよね!

ちょうどアフタヌーンティーの時間でお茶とお菓子をいただきました。無料です!

夕食はルームサービスにしました。 インドネシア料理とイタリアンでしょうか。とにかく西洋料理です。

3日目 ルームサービスで朝食です。これはインドネシアのおかゆです。主人が気に入って毎日食べて

おりました。

これもインドネシアのお料理でバナナのフライです。わざわざフライにする必要がないのに・・・という感じです。

少しは運動しようとビーチクラブのプールへ。 はじめは二人だけでしたが白人の親子、日本人の新婚さん。

3組だけです。白人の方はお母さんと20歳位の娘さん。お二人とも立派な体格をされておりました。私の

崩れた体型がさほど気になりません。お二人のおかげで助かりました。もう一組の新婚さんは、やはり

初々しく奥様が浮き輪に乗ってバシャバシャ!・・・バシャバシャ・・・だんだんムカついてきました。

そんな訳ないやろ!!かわい子ぶるんじゃない!!とメラメラ燃え出し年甲斐もなくがっつりバシャバシャ女

の横で泳いでやりました! あほなおばはんです!!

薄暮の雰囲気もなかなか。ビンタンビール、おいしかったです。

4日目 アマンキラがお客を飽きささないよう又アマンキラだけにお金が落ちるよう子供用も含めて         

100程のアクティビティがあります。今回はカスタラからテンガナン迄のトレッキングに挑戦しました。

アマンのホテルスタッフが車で送り迎えとガイドをしてくれます。

案内書には大変美しいトレッキングコースで丘や田畑、川を抜け、時を忘れた村落を見学し

精巧なカゴ細工やイカットの織物を値段交渉しながら購入するというものです。・・・が!

当日は朝6時頃まで大雨で、この竹橋も よく滑るのです。でも渡らなければ始まりません。

下を見れば濁流、なんと恐ろしい!脇から滑り落ちても日本と違って自己責任で済まされる

でしょうから必死で渡りました    この細道。下を見て歩かないときっとこの小川にはまるでしょう。

景色どころではありません。

少し慣れて景色も見る余裕がでました。ホント美しい!

と思った瞬間、ジャングルに突入です。こんなん書いてなかったのに。でも進まなければ帰れません。

道はズルズル・・・・斜面をズリズリ滑りながらぬかるみを歩きます。

でもこんなジャングルの中でも人が住んでおります。たくましい!!にわとりも豚も放し飼いです。

ジャングルもなんとか突破するとたくましい人たちが野生のジャワコーヒーを抱えておりました。

水牛もピチピチして艶がよいのです。

やっとテンガナン村へ到着です。インドと違ってきれいな村でした。

織物、カゴありました。でも村の皆さん観光客慣れしておりまして、値段交渉しても

なかなか値切れません。しっかりしてはります。

この並べ方、整然としております。おじさんA型でしょうかねぇ。このおばさんもご苦労様です。

この犬不思議な寝方です。どないなってるのでしょうか。     籠に入ったにわとりは、闘鶏用です。

この闘鶏用たくさん見かけました。やはり娯楽が少ないのでしょう。競馬、競輪、競艇は無いです。

二時間あまりのトレッキングも無事終了いました。

ホテルに戻りフロントでどろどろの靴を見せると(私の靴はレンタルしました)部屋に戻るまでに

靴磨き用の箱が置いてありました。さすが!・・・・・・夕方にはピカピカになっておりました。ありがとう!

午後からは又マッサージです。マッサージパビリオンで受けました。

まずは、スイカのジュース。Tシャツとパンツに着替えマッサージを受けます。

足腰踏みつけられたり、反り返り等々刺激的でした。

終了後部屋に戻ると温かいジンジャーティーが用意されておりました。

夕食は、レストランでインドネシアの郷土料理を食べることにしました。

こちらのホテル、どのお料理もお値段の割には美味しくないのです。ランカウイ島のザ・ダタイの方が断然

良かったと私は、思います。・・・・老化で舌も認知症なのでしょうかねえ!

部屋に戻るとケーキとホテルからのプレゼントの扇子が届いておりました。

最終日 夜中から大荒れです。 

飛行機が深夜便なので日本でレイトチェックアウトプランにしてあります。

午後9時迄大丈夫。

 

朝食を済ませてホテルの車をチャーターし周遊観光です。

最初は銀細工の工房です。まだ時間が早すぎて職人さんはおりません。ガイドさんが実演です。

こちらの工房は、出来た製品も販売してます。だからでしょうか犬もゲージ入りです。儲けたはります。

ほとんどの犬がこのようなガリガリの野良状態です。でも自由です。どちらがいいのでしょうかねえ。

玄関先には、このような神様のお供え物が置かれております。みなさんとても信心深いのです。

次はティルタガンガの水の宮殿です。カランガサムの最後の王様が個人的な趣味でつくらせた宮殿です。

アマンキラを建てた建築家はこの美しい建築を取り入れたそうです。

宮殿の側の果物の屋台です。

宮殿の側のレストランの入り口には、サングラスを掛けたヤンキーな石造。

こちらは、カランガサムのプリ・アグン宮殿。宮殿の中は、トタン屋根でした。

3時間で観光も終了。

最後の夕食も済ませホテルをチェックアウト。アマンの車で空港へ。この運転手さんは、制服はアマンですが

外注のドライバーです。知り合いのお土産屋さんを紹介されましたがパスです。

1時間半で空港に到着。アマンのスタッフが出国カウンター迄の手続きをすべて済ませてくれます。

ありがとうございました。

インドネシアガルーダ航空のラウンジで出発を待ち帰国です。

今回の旅行も無事終了!!

自宅に戻るすっかり春~でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント