大体台湾、時々日本

台湾の日常生活

9月25日、埔里の紹興酒工場と18度Cチョコ

2012-09-27 20:39:51 | 中華の壷

日月潭をチャチャとまわったので、あとは車で埔里まで山道を戻ります。  運ちゃん、すごく飛ばします。  でも仕方ない、何せ紹興酒工場が5時に閉まってしまいますのでね。

埔里の紹興酒工場では、色々とお酒が試飲できます。  スナックが各種試食できます。  台湾人、中国人、大阪のオバちゃん、皆、無料が大好きです。  軍曹の同級生も友達も大好き。  試飲、試食、お土産購入が終わったら、また移動しますよ。

ジャーン、最後はゆっくりと。  18度Cチョコレート工場にて、無料のコーヒーをいただきながら、これまた無料のチョコをいただきます。

皆でゆっくり雑談して、一休み、二休み。  暗くなるまで、軍曹のタイの同級生、友達とバンコックの話、チェンマイの話、サメット島の話で盛り上がりました。

そして、その後は台中市内のレストランで食事をして、10時の新幹線で台北に戻りました。

タイの同級生と友達も、駆け足ではありましたが、日月潭観光に満足したようです。  自分もはじめて来ましたが、意外によかったです。  次回は、ゆっくり泊まりで来たいです。

コメント (2)

9月25日、日月潭、伊達邵、文武廟

2012-09-27 20:18:15 | 中華の壷

今回われわれが乗ったボートはこれだ。  何社か違う船会社があるので、乗る船を間違えないようにね。

じゃ、これから伊達邵埠頭へ行きます。

伊達邵は原住民の村、美味しい食事や紅茶があるそうですが、今日は何故か道路工事があってほとんどすべてのお店が休んでました。  どうして?  あまりにバッドラック。 (涙)

そんで時間があったら、このケーブルカーに乗ったほうがいいみたいです(すごく景色がいいらしい)が、今回はパス。

埠頭のビルもきれいで大きい。  さすが台湾の有名観光地。

地震があった時に、政府が絶対潰れない家として原住民に提供した水に浮かぶ家。  まあ地震があっても揺れるだけで潰れませんが、どうでしょう?  

さて、これからどうしたものか?  皆で協議のすえ、そう遠くない所にあるレストランへ行って、適当に食事をする事に。

食事の内容は、まあ観光地という事で、やや高く。  味は普通かな。  なので記載なし。

チャチャと食事をしてから、車で移動して、文武廟へ。

車で門前まで楽に移動できます。

昔は廟の下に船着場があって、

この階段を登って、湖の桟橋から来たらしいです。  でも今は道路が出来たので、車で移動。  超楽チン。

それでは寺の中をまわってみますか?

その前に、門前に構える大きな狛犬とお写真を。

中の方には、多分キリンが構えているよ。

 寺から日月潭方面を望む。

奥の方の寺に構えるこれもキリンかな?  それともドラゴン?

龍の噴水。  下の方にたくさんの硬貨が投げ入れられていた。

寺の上の方からも日月潭がきれいに見えます。  夕方の日月潭はすごくきれいらしいですよ。  でも自分達は時間があまりないので、サッサッと移動します。

コメント

9月25日、日月潭、水社埠頭、玄光寺

2012-09-27 10:03:55 | 中華の壷

ついた所は日月潭。  

水社埠頭にてボートの一日乗り放題300元を購入。

スタンプを腕に押してくれます。

船のガイドのワサビさんの説明を聞いて楽しく乗船。

拉魯(Lalu)島を横切って、玄光寺埠頭へ。

埠頭から階段登って、玄光寺へ向かいます。

玄奘さんを祀っているお寺?

 

多分そうでしょう。  ちなみに軍曹の同級生は仏教徒なので、しっかりお祈りしていました。

それにしても旅した距離、すごいですね。

今でもこの距離を移動するのは大変ですが、その時代の過酷さは想像できません。

それでは、われわれは階段降りて、

ワンコ見て、

門前にある有名な茶玉子屋で、ゆで卵買って食べます。  これはうまい。

玉子食べたら、またボートに乗ります。

コメント

9月25日、朝、台中へ行く

2012-09-26 22:24:45 | 中華の壷

バンコック在住の軍曹の同級生が友達と台湾に観光に来ているので、いっしょに観光する事になった。

朝、台北駅で待ち合わせをして、台湾新幹線にのる。

いつも思うけど、何で新幹線内の売り子のお姉さんはあんなにきれいなんだろう?  背は高いし、スタイルいいし、顔もきれい。 絶対、採用条件に容姿が含まれていると思うよ、ボキは。

コーヒー飲んでたら、飲み終わる前に台中に着いた。

駅の構内で、台中在住の同級生と合流して、車で出かける。

そして走る事、約1時間。

大きな湖についた。

コメント

安物ビニールカッパとU.L.傘

2012-09-24 18:16:00 | スカウトの壷

ウーライでは雨に結構やられました。

台北市内では晴れていたのですが、ウーライでは落雷とともに大雨。  

登山用の超軽い傘と安物のビニールカッパを持っていましたが、軍曹が傘を忘れて来たので、軍曹に自分の傘をささせて、自分はカッパとタオルと帽子で何とか凌ぎました。

まあやっぱり台湾は南方なのでスコール系の雨はよく降ります。  朝晴れていても、午後突然降るような事もよくありますし、ぜひ傘とカッパの御用意をお忘れなく。

コメント