Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

鮨 割烹 みどり@西千葉 定番「鮨会席コース」5000円を堪能!

2019-01-03 12:13:38 | 千葉市 中央区

久々にやってきたなぁ、、、

昨年12月、某プロジェクトのミニ打ち上げ、つまりは、「お疲れ様会」。

その会場となったのが、、、

鮨 割烹 みどり

でした!!

前回は2014年なので、実に4年ぶりの再訪になります。

2011年に来た際には、なんと「冷しラーメン」が出てきましたねー

この日は、定番の「鮨会席コース」(5000円)を頂きました。

まずは、先付と、みどり自慢の旬のお刺身と、茶碗蒸しと、焼物です。

いやー、なんとも、美しいですね。

うっとりします。

普段はラーメンonlyの日々なので、お刺身を外で食べること自体、感動です。

(自宅ではたまにお刺身を買ってきて食べてますけど・・・)

焼き鮭も、香ばしくて美味しかったなぁ。。。

皮が美味しかった!!

前々から「焼鮭ラーメン」の可能性を書いているんだけど、あまり出てきませんよね。

今年、ブレーメンのお店でユニークな鮭を使ったラーメンと出会いましたね!

やはり、焼き鮭は旨い!!

それから、、、

この茶碗蒸し!!

みどりの茶碗蒸し、めっちゃ旨いです。

ダシの旨みがもう、、、(;;)

茶碗蒸しもまた、日本のココロというかなんというか、、、

誰がいったい考え出したんでしょうね。

調べると、「日本茶碗蒸し協会」というのがあるみたいで、そのサイトにこうありました。

1689年(元禄2年)、長崎(現在の長崎県長崎市館内町)に唐人屋敷が設けられ、唐人料理から卓袱(しっぽく)料理が生まれました。その献立の一つであったのが茶碗蒸しだそうです。/伊予松山の藩士であった吉田宗吉信武は、出入りしていた長崎の肥後屋敷で初めて茶碗蒸しを食し、こんなに美味しい料理があるかと感動し、1866年(慶応2年)、宗吉は「吉宗(よっそう)」の屋号で長崎県長崎市万町に茶碗蒸しと蒸し寿司の専門店を開業したそうです。引用元はこちら

ですって!!

実に、300年以上の歴史があるんですね。

長崎県長崎市で生まれたお料理だったんですね。

そして、天婦羅!!(あえて漢字で♪)

天婦羅は、僕の大好物。

天婦羅が好きだから、「天ぷらラーメン」も追いかけたりしています。

なんといっても、この「衣のサクサク感」がたまらないんです。

なんで、天婦羅って、こんなにも美味しいんでしょうね。

お酒も止まりません♪

そして、、、

本家のお寿司屋さんの絶品握り!!

いや~、美しい!!

具的には、コンサバティブ、というか、伝統的なお寿司でした。

世界では、もうなんだか分からない超進化SUSHIが出回っていますが、、、

これが、本来のお寿司の姿かな、と。

(ただ、世界のSUSHIと比べると、かな~~~り地味目ですけど、、、)

zoom up!!

それほど量的には多くないけど、どれもしっかりしています。

にぎり方が絶妙っていうのかな。

普段回転寿司にしかいかない僕としては、

「なんて、しっとりとして、そしてなめらかなお寿司なんだ!?」、と。

すし飯のまとまり方が凄いというか、、、

人間が作った「にぎり」という感じ!?

人の肌の体温まで伝わってくる、というか、、、

そして、最後にNachtischをば!!

いやー、いいっすね~~~。

でも、せっかくなら和菓子で〆たかったかな。

これからの時代は、先鋭的な和菓子が世界に広がるだろうから…

もっともっと、和菓子をリノベートしていってほしいなぁ、、、

***

というわけで、、、

西千葉の老舗の人気寿司屋さんの「みどり」のレポでした。

お高いですが、一年に一度くらい行くのも「あり」だと思います。

ほっとしますからね。。。

お店のオフィシャルホームページはこちら

Comment

一風堂千葉店@千葉 竹岡+背脂!?「千葉BLACK」にノックダウン…

2019-01-02 17:06:30 | 千葉市 中央区

2019年1月2日ですが、、、

昨年のレポの続き・・

***

僕は、根本的に「権威」が嫌いです。

権威的なものはどんなものでも否定的に見ます。

けど、どんなところにも、権威は生まれるし、権威のないところはない…

権威をいくら否定したところで、その権威がなくなるわけじゃないし、

権威がなくなればいいというものでもない。。。

それよりも、権威的なものにあやかろうとする人が嫌い。

中学生の時に「ロック」に出会ってから、ずっと…。

で、、、

ラーメン界にも、やっぱり「権威」はある。

権威のあるお店を絶賛することはできるだけ控えている。

とはいえ、老舗の名店好きなので、権威を完全に拒絶するのは難しい。

権威って、「歴史性」があって、過去の結果として権威が生まれる。

その辺は、僕自身の中にも「ブレ」があるということも分かっている…。

権威と伝統は、なかなか切り離すことが難しい…

というわけで、(どういうわけかは知りませんが…汗)

2018年の暮れ、久々にやってきました。

一風堂千葉店

へ!

一風堂は、間違いなく、「ラーメン業界の最高権威」の一つ。

だから、僕は極力一風堂には行かないようにしています。

…なんですが、、、

たま~に行くと、批判しようと思っても、「おお…」って思うことも多く…

なかなか批判的になれなかったり、、、(権威云々ではなく)

特に「限定系」には、毎度驚かされていたりします。

やっぱり、一風堂って凄いのかもしれない、、、(;´・ω・)

で、その「限定系」、、、

昨年から一風堂千葉店で二つの面白い地域限定メニューが登場しているんです。

千葉BLACK千葉RED

まぁ、竹岡ラーメン風と勝浦ラーメン風ってことなんですけど、、、

これをまだ食べていなかった、と思い、、、

今回は、千葉BLACKを頂きました。

店員さんに聞くと、やはりREDよりBLACKの方がよく出る、と…。

さて、、、

ジャジャーン!!!

こちらが、千葉BLACKです。

写真で見るよりは、ちょっとチープかなぁ、、、

わりと遠慮気味に背脂がふりかけられた淡麗醤油ラーメン!?

BLACKと名乗っているだけあって、わりと黒めのスープ。

でも、「竹岡式ラーメン」ほどではない??

イメージ的には、竹岡ラーメンっぽいですけど、、、

味も含めて言えば、

背脂醤油×竹岡ラーメンの融合系

かな!?

比ゆ的に言えば、「なりたけが作った竹岡ラーメン」、かな。

一風堂だけに、僕的には褒めたくないし、絶賛したくないんですが、

しかし、これは美味い、、、(;´・ω・)

バランスがとてもよくて、甘みと旨みとしょっぱさのバランスが最高レベル。

いったいどうしたらこんな味わいのスープが作れるんだ?と思うほど。

タレとスープと背脂のバランスが本当にいいんだろうな、、、

計算された美味しさも感じます。

なので、「千葉っぽく」はないかな!?

背脂にしろ、醤油にしろ、アンバランスなのが千葉っぽさだったりするので、、、

あと、ラー油もか、、、

そういう野暮ったさのないBLACKラーメン。

麺はこんな感じで、細い縮れ麺。

これもまた、レトロコンセプトの麺っぽくて、いい感じです。

でも、まぁ、千葉っぽさではないかな??

あくまでも、イメージとしての千葉のラーメンのイメージ?

いや、竹岡ラーメンのイメージを活用した淡麗背脂醤油ラーメン。

そんな感じかな。

チャーシューも、なかなかとてもよかったです。

ただ、イマドキの超絶品低温調理チャーシューを思うと、チープかな。

チープなんだけど、竹岡系のあの野暮ったいチャーシューでもない。

ちょっと、一時代前のチャーシューって感じもしなくもなかったかな。

悪くはないんだけど、、、

パサパサ系のあのレトロ感もなければ、

イマドキ系の低温調理もっちり感もありませんでした。

ま、でも、このチャーシューに、一風堂の「らしさ」があったとも…

***

千葉BLACK。

これ、かなり凄い一杯かもしれない、、、

シンプルなんだけど、とても鮮烈で痛快な味わい。

批判的に食べたんですが、ダメでした、、、

美味いもんは美味い、、、と。。。

なんか、毎回戦いを挑むんだけど、敗北する感じ、、、

更に、冬の一風堂ということで、

「本格味噌とんこつ 味噌赤丸」が登場しています。

<杯数限定>で、860円。

こっちはどうなんだろうなぁ~、、、

また、やられるのかな、、、

一風堂は、1月1日から営業していて、今日2日も22時まで!

明日もしっかり11時から22時まで、営業するみたいです。

営業してくれるのは、食べ手としては嬉しいですが、

もうそろそろ、1日は休業にしてもいいのでは??

働く人のことを考えると、やっぱり1日はみんな休んでほしいな、と。

もちろん1日だからといって、休めない仕事はいっぱいありますけど、、、

でも、休めるところは、どんどん休んでほしいです。

せめて、正月の三日間くらいは、、、

Comment

松戸富田麺業@千葉駅構内 麺が美味しい「つけざる」!

2018-12-07 00:01:12 | 千葉市 中央区

これがupされる頃は、僕はきっと赤道あたり、かな。

しばし、日本を離れます。

さて。。。

国外逃亡する前、最後に食べたのがこちらの

松戸富田麺業

でした!

千葉駅構内にある唯一のラーメン屋さん。

それが、「とみ田グループ」のお店なんです。

もう既に何度もレポしています。

場所が場所だけに、やっぱり来ちゃうんだなぁ…(;´・ω・)

今回、目に入ったのが、

つ け ざ る

という4文字。

つけざる、、、食べたい、、、( ノД`)

って。。。

12月だというのに、なぜかポカポカ陽気の日本。

それもあり、この季節にしては珍しいつけざるを注文することに…

つけざるは、850円!(いい値段、、、(;´・ω・))

煮玉子を付けると、950円で、

チャーシューつけざるだと、1150円!!(;´・ω・)

わりとつけざるのバリエーションは豊富なんだ、、、

というわけで、、、

ジャジャーン!!

こちらが、富田麺業のつけざる、です!

うん、さすが「麺業」とあって、麺へのこだわりが強いみたい。

この麺、ヤバいな、、、

間違いないわ、、、、

東北ライクな太くて平打ちでぼそっとした縮れ麺。

もう、この「山」を拝めただけで、幸せだと思おう。

お肉も、二種?付いています。

いいぞいいぞ♪

とにかく、この麺は凄い。

見ているだけで、幸せな気分になれてしまう、、、

(そこが「狙い」か!!…)

スープは、こんな感じ。

ライトですっきりの清湯系の醤油スープ。

つけざるとありますが、スープは熱々。つまりは「つけ麺」。

酸味が効いていて、90年代以前のつけ麺のスープみたいな。

魚介の風味もほとんどなくて、あっさり中華醤油スープ。

そろそろこの味も、「レトロな味わい」になるんだろうな。

というか、もともと「レトロコンセプト」か、、、。

ドロドロスープが主流の中で、敢えてここまであっさりにしてくるとは、、、

しかも、ドロドロスープの代名詞ともいえる「とみ田グループ」で。

超コテコテのV系バンドが、超さわやかなポップスを歌っているくらい変といえば変。

でも、それもそれで一つのマーケティングかな、とも。。。

麺はもうたまりませんね。

喜多方というか、山形というか、秋田というか、、、

麺処の東北エリアをリスペクトした感じの麺になっています。

この麺を食べるだけでも、一つの価値のような気がします。

さすがは、「富田<麺業>」さん。

スープにはとりわけこだわりみたいなのは感じませんが、

麺がこれだけ美味しいので、このスープでいいんだとも思いました。

麺が主役の「つけざる」!!

うん、いいかも。。。

強烈な個性は全くないけど、毎日食べても飽きないつけざる。

素朴だけど、麺がしっかりとした「ざるラーメン」。

否、90年代以前の「元祖つけ麺」。

こういうのも、大事といえば大事な気がしました。。。

Comment

煮干し中華そば一二三屋@西千葉 斬新!さっぱりした煮干セメント系!

2018-12-04 00:41:56 | 千葉市 中央区

今年8月に、突如西千葉に現れた千葉の人気店、

粋や(いなせや)

…ですが、、、

なんと、夜になると別の店名で営業しているんです。

それが、、、

煮干し中華そば 一二三屋

です!!

店舗としては三カ所目、

三度目の正直!ということで、この店名にしたそうです。

たしかに、三度目の営業スタートだ、、、

初期の初期の頃から、粋やに来ている僕としては、

「今度こそ、ここで落ち着いてね♡」、と。

まぁ、人生どうなるかなんてわかりませんけれども、、、。

メニューはこんな感じです。

基本的に「煮干しラーメン」オンリーみたいです。

普通に、「正油らあめん」でもよかったのですが、、、

実は、「裏技」がありまして、、、

これです。

食券+150円で、濃厚煮干しにチェンジできるんです。

濃厚煮干しという言葉にやっぱり弱い僕、、、

というわけで、、、

ジャジャーン!!

こちらが、煮干し中華そば一二三屋の「裏」のチャーシューめんです!!

正油チャーシューめん(950円)+150円=1100円!

この数年、圧倒的な人気を誇る超濃厚煮干しの最終形、

煮干しセメント系

です!

セメントというのは、あまりにも煮干しが凄すぎて、色も形もセメントに見えるという。

つまりは、「やり過ぎ系」の一種ではあるんですが、、、

ここの裏煮干しセメント系は、ちょっと違いますよ。

普通のセメント系じゃない!!

(そもそもセメント系が普通じゃないんだけど、更にその枠に留まらないという)

こちらのスープ、とにかくとにかく

超飲みやすい超濃厚煮干しスープ

なんです。

あっさりというと語弊があるかもしれませんが、

さっぱりとした超濃厚煮干しセメントスープ!?

これには、驚いた、、、(;´・ω・)

マジで、驚いた。

しかも、これが、めっちゃ美味しいんですから。。。

あっさりとしたクリーミーな超濃厚煮干スープか、、、、

こんなスープがあったのか、と目が鱗になりました。

これは、もう食べてもらわなければ、、、

言葉で説明できない、、、

福たけのメガ豚煮干しとも違うアプローチだし、

巷で流行りのセメント煮干し系でもないし、

粋やの二毛作店の一二三屋でしか食べられない味になってる…

麺は、昼の「粋や」の自家製の極太麺ではなくて、、、

食べやすい中華麺になっていました。

ストレート麺で、スープに絡みやすくなっています。

いやー、凄いわ、、、

クリーミーでさっぱりとした超濃厚煮干しセメント系。

他にないセメント系煮干しラーメンでした!!

で、粋やの小池君といえば、このチャーシューでしょう!!

粋や→一二三屋で食べるなら、絶対チャーシューメン!

チャーシューの美味しさは、もう天下一品。

低温調理チャーシューなんですが、ちゃんと火も通っています。

「これ、大丈夫か?」という低温調理チャーシューも多い中、

しっかり火の通った柔らかい低温調理チャーシューで、安心感があります。

柔らかい低温調理の鶏チャーシューも素晴らしかった!!

柔らかくて、吸い込まれそうになるほどでした。

***

というわけで、、、

粋やの二毛作店「一二三屋」のレポでした!!

+150円で食べられる裏メニューの濃厚煮干し。

是非一度食べてみてくださいねー!!!

最高に気持ちよかったなぁ~~~。

ちなみに、この日は、ラーメンフリークの大先輩ふゆつきさんと久々に再会。

ブログもなかった時代に、先駆けてラーメンのHPを立ち上げたふゆつきさん。

ラーメン談義もとても楽しかったです。

店主の小池君ともいっぱい語れて、しばし「原稿」を忘れることができました。

最も辛かった頃の小さないい思い出になりました。

Comment

らーめんよ志乃@千葉 よ志乃の可能性は本当に無限大∞です!

2018-11-23 00:06:01 | 千葉市 中央区

「千葉市で最も無敵のラーメン店は?」と聞かれたら、どう答えますか?

「千葉市内で最も強いラーメン店は?」と聞かれたら、やっぱりどう答えますか?

僕の中では、やっぱりこのお店の名前が出てくると思います。

らーめんよ志乃

です!

よ志乃グループは市内に3軒あります。

その中でも、最も新しいのがこちら!!

西口ウェストリオ店です!

詳しくはこちらをご覧ください

(故ゼータしげっちさんの渾身のレポです!是非一読を!)

毎回、来るたびに、「ぎょ!」って思う何かが登場しています。

今回は、、、、

まさかまさかの「チャーシューチャーハン」!!??

しかも、器がでかいでかい(;´・ω・)

あるようでなかった「チャーシューチャーハン」…。

やっぱり、よ志乃は凄いや、、、

老舗店なのに、最新店以上に秘策を次々に打ち出してくる!!

今回は、なぜか基本のラーメンと、、、

それから、、、

期間限定

汁なし豆乳担々麺(830円)

を頂くことにしました!

またまた、なんかとんでもないものを、、、(;´・ω・)

豆乳担々麺ってなんやねんって、、、orz...

よ志乃はやっぱり、どこまでもよ志乃だった、、、。

毎回毎回、ホントよく思い浮かぶなぁって感心しますよ、、、。

いったい誰が考案しているんでしょう!?

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

こちらが、期間限定、個性ありまくりの、

汁なし豆乳担々麺です!!\(^o^)/

もう、ヴィジュアル的には、「なんじゃ、こりゃ!?」、ですよ。

ちょっと赤みがかった白濁の濃厚スープ、、、

ベースになるのは「豆乳」です。

その豆乳スープに辛味が加わり、見事な豆乳担々麺になっていました。

クリーミーでまったりとしていて、でもすっきりしているピリ辛の豆乳担々スープ。

面白い一杯になってますよー!!

麺は、こんな感じで。

中太の縮れ麺。

昔ながらの中華麺、に入るかな!?

よ志乃ですからね!!

量はほどほどで、120gあるかどうか。

なので、さらっとするっと食べられます☆

で、こちらが、スタンダードのラーメン。

これ、何気に、ブラッシュアップされてません??

なんとなんと、

焦がしネギ醤油ラーメン

になっていました!!

あれー、、、

こんなに美味しいラーメンだったっけかな(苦笑)

いい意味で、、、

「こんなの、よ志乃じゃない!!!」みたいな。

よ志乃のレベルを超え出たパンチのある焦がしネギ醤油ラーメンになっていました。

なんでなんで??

あれー、、、汗

考えたら、つけ麺もかなり本格的なこってりつけ麺だったな、、、

おかしいぞ、、、

いったい、よ志乃のうらに、誰がいるんだ!?

来るたびに進化し続ける老舗店っていったいなんなんだ!?

やっぱり、不思議過ぎますよ、、、

わかめもいっぱい。

そして、スープの表面に「焦がしネギ」。

昔ながらのラーメンが好きな人も、イマドキの淡麗系が好きな人も、

はたまた、渋谷の喜楽系の焦がしネギラーメンが好きな人も、

みんなみんな喜べる一杯じゃないかな!?!?、と。

もしかしたら、2018年、千葉で最も衝撃を受けた一杯になるかも!?

それこそ、25年以上前から食べてきたよ志乃。

そのお店のラーメンに、今になって感動するとは、、、

いやはや、、、

麺はこんな感じで。。。

うん、麺は「よ志乃♪」って感じかな!?

わりとポキポキっとした感じの麺で、、、

僕は好みのタイプかな!?

この麺にこのスープ、、、いいなぁ~~~、と。

サラダです。

こっちも、豪快だったなぁ、、、。

なんか、どこかお好み焼きみたいな、、、汗

キャベツとレタスたっぷりで、ラーメンと一緒に食べる喜びがありました。

もっと、ラーメン店でもサラダを出してほしいなぁ、、、と。

(色々と難しいとは思うけど、、、、)

唐揚げも!!

うん、ここの唐揚げもいいなぁ~~~。

それほど突出したタイプじゃないけど、ザクザクっとした食感が心地よかったです。

今度は、普通にここに呑みに来たいなぁ~~~、と。

うん、最高でした!!

***

やっぱり、よ志乃はすごいや。

老舗店なのに、進化し続けているんだから。。。

だから、やっぱり「千葉で一番の無敵店」なんだと思います。

ここまで色んなことをし続ける老舗店なんて、他にあるでしょうか??

このお店は、ラーメンフリークさんやラーメン好きの人に、というよりは、

苦悩するラーメン店主さんに食べてもらいたいかな!?

千葉駅周辺でも最も古くからあるお店であるにもかかわらず、

それでもなお、進化し続けているんだから。

それが、どれだけ凄いことか、、、。

よ志乃に比べたら、僕なんてひよっこの中のひよっこ。

よ志乃がここまで変わり続けているんだから、僕ももっと、、、

もっともっと変わり続けないとな!、と思いました。

当時、よ志乃によく来ていた15歳~16歳の頃の僕に、

「40代でも、お前はまだまだ腐らないで希望を捨てないで頑張ってるぞ」、と、

そう言ってやりたいな、と。

Comments (2)

中華蕎麦ます嶋@千葉 千葉で銀座系!究極の和風淡麗白醤油ラーメン!

2018-11-21 23:24:01 | 千葉市 中央区

本日、2018年11月21日、

千葉駅から徒歩5分ほどのところに、

とてつもなく素晴らしい新店がオープンしました!!

しかも、なんと僕の教え子のお父さんが立ち上げたというお店、

その名も、

中華蕎麦ます嶋

であります!!\(^o^)/

…となれば、応援するしかない!!

チラシをまたここで掲示しておきますね。

とりあえず、どんなラーメンなのか!? どんなお店なのか!?

ラーメンブロガーなので、まぁ、中立的に、、、(;´・ω・)

こちらのお店のラーメンの種類は、、

ずばり一種のみ!!

いいじゃないですか。

潔いお店、大好きです\(^o^)/

「中華蕎麦」(750円)ですね。

それに、「チャーシュー麺」があるのみ。

素晴らしいです。この潔さ。

そして、最新のお店ということで、「ばけ」と呼ばれる替玉もあります。

これだけを注文することはできません。でも、これも必須かな!?

そして、教え子ちゃん曰く「すごいチャーシュー丼です」という、

漬け卵黄付きのオリジナルのチャーシュー丼(350円)も必須です!!

というわけで、、、

ジャジャーン!!!!

来ました来ました!!

中華蕎麦です。

もう見た瞬間に、「間違いない!」って思いました。

スープは白いですが、白醤油を使っているので、淡麗白醤油スープ。

鶏がメインだと思いますが、豚も使っているというので、鶏豚骨ベース。

そこに、煮干しの風味と旨みがふわっと押し寄せてきます。

が、煮干しだけじゃ、この味にはなりません!!

香味油がまたかなり独特で、、、

でも、煮干し油でも鶏油でもないんですって!!

zoom up!

スープの表面がラード(香味油)で覆われているので、スープは熱々!!

この熱々感がいいですねー!!

白醤油系のタレに、鶏豚×煮干・昆布等の乾物ダシ。

そのバランスもめっちゃよくて、全体的な統一感もあります。

言うなれば、

煮干系和風淡麗白醤油ラーメン

でしょうか!?

僕的には、

最先端の淡麗系の銀座系ラーメン

(銀座にありそうなラーメン…苦笑)

(あくまでもイメージとして…)

ですね。

スタイリッシュでオシャレで贅沢で美しくて旨い。

これが、この千葉でどこまで受け入れられるのか、少し心配ですが、、、

でも、直感的に、「これなら、勝てるぞ」って思いました。

あとは、次の一手をどう打つか、かな!?、と思いますね。

このスープで、全く別の新しい一杯は欲しいかな、と。

で、麺も、素晴らし過ぎるくらいに素晴らしかった!!

横浜エリアの先鋭的なラーメン店でも食べられそうな官能的な麺。

細い平打ち麺になっていて、スルスルっとしていて、官能的な食感。

この麺、めっちゃいいですよ!!!

この千葉エリアだと、抜群にいい麺かも!?

聞けば、「村上朝日製麺所」の麺なんだとか!!

都内の人気店も使っている有名な製麺所の一つです。

凄いなぁ、、、

考え抜かれてます、、、。

あと、特記すべきは、チャーシュー!!

あえて、低温調理チャーシューはやめて、火の入ったものを採用。

しかも、火が通っていながら、とっても柔らかくて感動しました。

麺処まるわのチャーシューを若干ラーメンショップ風にした感じ!?

進化したラーメンショップ系のチャーシューって感じました。

で、こちらが、250円で食べられる「ばけ(替玉)」です!!

ばけって!?!?

「化ける」のことかな??

替玉の進化も止まりませんね。

この数年で最も進化したのって、「替玉」かも!?

僕的には、「篤々」の「あえ玉」が最高峰かな!?

…といっても、あまり「替玉」には興味がないので、経験少ないですけど…

でも、どうもお店のスタッフ・関係者の間では「大絶賛」なんだとか。。。

こちらの「ばけ」は、生たまねぎ×刻みチャーシュー×魚粉×タレ、かな。

これが、想像以上にめっちゃ強烈でした♪

250円ですが、もう、これは立派な「油そば」ですよね。。。

しかも、味的にもかなり強烈でジャンキーな油そば!!

麺が圧倒的に美味しいので、あっという間に平らげてしまった…(;´・ω・)

これもまた、凄いなぁ、、、

上品でスタイリッシュで先鋭的なあっさり白醤油ラーメンに、

このジャンクで強烈でパンチの効いた「ばけ」…

すごい組み合わせではないか!?!?、と。

個人的には、これにあと何か一つ知恵を加えたいかな、と思いました。

その辺は、また後ほど、、、(;´・ω・)

で、僕が最強に気に入った×惚れたのがこちら!!!

驚くのは、この黄金に輝く物体!!!

漬け卵黄!!

これ、夏に「麺や庄の」で見たあれにそっくり!!

これです!!

卵黄だけを抽出して、それに味つけしたものです!!

いやー、まさかこの漬け卵黄をこの千葉で食べられる日が来るとは!!

もう、千葉の他のラーメン店も「脅威」ですよ、マジで、、、。

そして!!!

更に驚くのが、、、

ホースラディッシュ

が付いていることです!!!

ホースラディッシュ=山わさびです。

こんなのまで付いて、350円はもう安いっす!!!

なんで、山わさびかというと、

ここの上品な淡麗スープの残りをこれにかけて食べてほしいから、だそうです。

ひゃー!!!

ここはやっぱ銀座だよ!!! 千葉だけど銀座!!!

銀座のラーメン店が間違って、千葉に来ちゃった!みたいな!!(;´・ω・)

もちろん、チャーシューもめっちゃ美味しくて、震えました。

もう、ここに来たら、チャーシュー丼はマストですね。

***

というわけで!!!!

今日オープンの「ます嶋」の緊急レポでした!!!

場所はちょっと路地を入ったところですが、すぐに分かると思います。

えーと、千葉人的には、「旧田原屋裏」「一蘭の近く」です!

ちょっと行くと、増田家もありますね。

京成千葉中央駅もあります。

このエリアは、ラーメン激戦区でもあります。

このお店の登場で、ますます激しくなりそうです。

この系統で近いお店といったら、「鷹の羽」かなー。あそこは牛骨だけど。

他に類似のお店ってない気がします。

白醤油の淡麗系の煮干し風味の淡麗ラーメン。

みなさまも是非行ってみてください!!!

僕もまたすぐに行きます!!\(^o^)/

自分の教え子のお父さんが立ち上げたお店、、、

何とも言えない嬉しい気持ちになりました( ノД`)!!

Comment (1)

本日、千葉EXビル(旧田原屋)奥に新店「中華蕎麦ます嶋」がオープン!

2018-11-21 11:12:06 | 千葉市 中央区

本日、11時30分、

千葉駅から徒歩5分ほどの場所、

旧田原屋のビル「千葉EXビル」の奥に、

中華蕎麦ます嶋

という新店がオープンします!!

僕の教え子のお父さんが立ち上げた新店ということで、

僕も応援したいと思います。

2年前からお父さんが頑張っているという話を聴いていました。

念願のオープンです!!

なので、是非、行ってみてください!!

キーワードは、、、

「銀座系」!?

です!?

中華蕎麦と同時に、「ばけ」といわれる「替玉」にも注目!?

あと、チャーシュー丼もかなり面白いことになっています!!

営業時間は、11時30分~15時 / 17時30分~23時(!)

住所は、中央区富士見2-14-4 バーニングビル1Dです。

定休日は、日曜・祝日!

こちらの「理容イノウエ」さんのお隣です!!

ちょっと路地裏ですが、すぐにたどり着けると思います!

Comment

ネイチャータンドール@千葉 おススメは「ポークチャムチャム」!

2018-11-15 11:08:33 | 千葉市 中央区

先日、久々に「スタジオラパン」で、バンドの練習をしました。

ドラムのレッスンも辞めたので、ラパンに来るのは実に10か月ぶりくらい?

となれば、、、

行くしかないでしょう♪

千葉で僕が大好きな本格カレーレストラン、

ネイチャータンドール

へ!!

ここのカレー、本当に好きなんです。

本格的なインドカレーでありながら、日本人の舌にもとても合います。

インドと日本の融合系のカレー

が食べられるんです!!

千葉駅周辺で「カレーが食べたい♪」と思った人は、

是非是非、こちらのお店に行ってみてください。

駅からも近いです!

今回は、久々に、、、

ポークチャムチャム

を頂くことにしました!!

前回食べたのは、2014年11月…ですね

もうあれから4年か、、、(;;)

過ぎる時の早さに驚くばかり、、、

ジャジャーン!!!

こちらが、ポークチャムチャムです!!\(^o^)/

辛さは調整できます。

僕はいつも「中辛」で♪

でも、ここの「中辛」は、かなり辛いです。

「辛さなし」もあるくらいですので、辛いのはめっちゃ辛いです。

けど、それゆえに、胃袋も元気になります。

「いくぞー!」って。

他のカレー店とちがって、具の量が半端ないです。

野菜を中心にいっぱいの野菜が入っています。

そして、<辛い>!!

ピーマンと玉ねぎがいっぱい入っていて、元気になれます。

パプリカも入っていたような、、、失念。

もちろん「ポーク」のカレーなので、豚の旨みも入り込んでいます。

豚肉も入っていて、やっぱり具だくさんの本格インド風カレーだなぁ、と。

インド風唐揚げ!?!?

なんとなんと、カレーの味のする唐揚げ!!!

これには、ビビった。感動した!!

唐揚げもまた、ラーメンやカレーのように「多様性」のある食べ物。

カレー味の唐揚げというのも、いけますね~。

日本の唐揚げとはちょっと違って、ワイルドな感じになっています。

海外では、わりとこういうフライドチキンあるかなぁ、、、と。

インドと日本は、地理的にはかなり離れていますが、

思想的には、日本思想のルーツともいえる「インド」。

思想だけじゃなくて、食文化もまた通じるものがあるのかもしれないなぁ。。。

ただ、日本のカレーって、イギリスを経由しての伝来なので、なんとも。。。

でも、ヨーロッパで食べるインドカレーよりは、日本のインドカレーの方がいいな。

日本でカレーを食べたことのある欧米人はみな、そう言いますもん♪

というわけで、

本ブログではお馴染みの「ネイチャータンドール」、

是非行ってみてくださいねー!!

雰囲気もいいし、また、座席も広くて、快適です☆

Comment (1)

みそ街道炎-en-@千葉 にんにくまみれの「街道らーめん黒」!!

2018-11-08 00:01:54 | 千葉市 中央区

久々にやってきました。

千葉・栄町付近の人気ラーメン店、

みそ街道炎-en-

です!!

久しぶりだなぁ、、、

過去ログを見ると、2015年10月以来という…(;´・ω・)

実に3年ぶり2度目の訪問となります\(^o^)/

日曜日の夜も営業しているお店ということで、やってきました。

ここは、いわゆる「カラシビ系味噌」のお店だったよな、と。

現在のラインナップです。

凄いなぁ、、、

券売機がもう満杯状態、、、(;´・ω・)

で、、、

何か「新作」は出てないかな?と思って探したら、、、

なに!? 新作!?

「街道らーめん黒」

ですって!?

しかも、味噌×ニンニクの濃厚黒らーめん!?

新作となれば、これしかないでしょう!、と。

ただし、出たのはちょうど1年くらい前らしいです(;´・ω・)

更に、過去ログを見ると、既に僕も四街道本店で食べてるっぽい…。

まぁ、でも、記憶にないので、、、

こちらの「街道らーめん黒」を頂くことにしました。

ジャジャーン!!

来ました来ました!!

マー油たっぷり、揚げニンニクたっぷり、生にんにくたっぷりの

真っ黒いニンニクたっぷりの濃厚味噌ラーメンでした!!

いいぞいいぞ!

ニンニクまみれの濃厚味噌ラーメン

たまりませんね~~~\(^o^)/

クセになる味。

こういうのが、やっぱいいんですよね。

デートの前には絶対に食べてはいけないラーメン♪

お味は、濃厚ですが、わりとすっきりしている感じ!?

このトロトロ感、豚骨類だけじゃなくて、野菜も入っている!?

トロトロ・ドロドロですけれど、くどくないのがいいですね~。

なんとも「四種」のニンニクが入っているとかで、、、

マー油、フライドガーリック、生ニンニクの他にもう一つ!?

見た目では分かりませんでした、、、。

ってことは、スープに溶けているってこと!?(;´・ω・)

ニンニクたっぷりなので、かなり惹きつけられるものがあります。

が、もっとニンニクニンニクしていてもいいかなぁって思いました。

まだ、いけます。ニンニクLOVE。

麺はこんな感じで、、、。

うん、いい感じじゃないですか。

ぶっとい平打ち麺で、やや縮れた感じです。

この麺、いいなぁ、、、。

やり過ぎじゃない太さで、程よくウェイブしていて、、、。

この麺、濃ゆいニンニク味噌スープにぴったりだったと思います。

チャーシューも、めっちゃ好みで美味しかったです。

低温系でもパサパサ系でもなくて、脂身多めのワイルドなチャーシュー。

次は、チャーシューメンあたりを攻めてみようかな!!

やっぱりラーメンのチャーシューはこれでしょう!というお肉でした。

***

いやー、、、

これは、中毒性の高いジャンキーな一杯だった。

改めて思い出しても、またすぐに食べたくなる。

四街道の本店も好きだけど、千葉にこのお店があるのは嬉しい。

みなさまも是非!!

是非、ニンニクにまみれましょう!!

基本は炎なのかな??

白は定番!?

でも、僕的にオススメは、「黒」ですね!!

Comment

無限大西千葉店@西千葉 西千葉店限定「赤富士らーめん」の威力!

2018-10-31 12:39:12 | 千葉市 中央区

前回、久々に訪問して、その魅力を「再発見」しました。

The Rediscovery of Mugen-Dai!

開業当時に行ったっきり、それ以来、ずっとスルーしていました。

が、今年創業10周年となるアニバーサリー

麺処まるわと同じだけの歴史を歩んできたのです。

改めて、その魅力に迫りたいと思います。

そのお店の名は、

無限大 西千葉店

です!!

前回の渾身のレポはこちら!!

前回訪問した時に、最後にとても気になったのが、、、

こちらにある「赤富士らーめん」です!!

辛い「二郎インスパイア系」って感じかな!?

この赤富士らーめんは「西千葉店限定」になっているので、

食べられるのはこのお店だけ!という一杯です。

赤富士らーめんは、一杯750円也!!

梅塩より50円安いんですね~♪♪

(小)赤富士らーめんも650円で売っています。

でも、ここだと小じゃなくても、なんとか完食できるボリュームです♪

注文時に、「辛さ」を聞かれます。

これかな??

基本は「2辛」だそうです。

まぁ、最初なので基本の「2辛」でお願いいたしました。

ジャジャーン!!

来ました来ました♪

無限大西千葉店限定

赤富士らーめん(870円)

です!!

豪快にもやしが盛られた「G系辛ラーメン」!!!

このボリューム感、やっぱいいですね~~。

ここは、いわゆる「二郎インスパイア系」のお店。

10年前からこのスタイルを貫いてきています。

いわゆる「二郎系」が流行ってから、もう10年以上経つんだ…。

それ以降も、人気をキープしているのは、やっぱり凄い。

二郎インスパイア系の強さについてはいつか語りたい…。

zoom up!

スープの中に麺が入り、その上にもやしがどどーん。

さすがは、二郎インスパイア系のお店であります。

で、、、

そのもやしの上に、唐辛子粉がふりかけられています。

お肉は厚さ1cmほどのわりとかわいいチャーシューが一枚。

このチャーシュー、香ばしく焼き上がっていて、風味がとてもいいです。

二郎~G系なので、まずは麺とのご対面。

こんな感じの麺ですね。

太めの中太麺かな!?

極太麺よりは少し細い麺という感じかな!?

ストレート麺で、歯ごたえもかなりいい感じです。

水分はやや少なめ?! ちょいパサッとしていました。

続いて、これを「天地返し」します!!

これがちょっと難しいんだな、、、

はい。「天地返し」終了!

いい感じで混ざり合いましたねー。

さ、ここから、じっくり食べ始めていきます。

スープは、茶濁色をしていますが、わりとさらっとしたスープ。

いわゆる濃厚系のスープではなく、清湯系のスープですね。

かえしの味の強い清湯醤油スープ。

でも、同じ西千葉の「やまや」よりもしょっぱくないですね。

わりと「バランス重視」というかなんというか。。。

なので、結構、食べやすいG系ラーメンになっていました。

辛さは、なんというか、2辛だと僕的には「普通」でした。

3辛でちょうどいい辛さになるかな??、と。

ただ、「辛さ」ってとっても「主観的」だから、何とも、、、。

でも、激辛ラーメンほどの辛さでは全然ありませんでした。

チャーシューは、大きさこそそれほどでもありませんが、

チャーシューとしてのクオリティーはとっても高く感じました。

今度は、豚増しか、バカ豚を頼みたいなぁ、、、、。

バカ豚ってどれくらい肉が乗るんだろう???(;´・ω・)

小でバカ豚がいいかも!?

卓上の「ニンニク醤油」も、ここの「必殺技」かも!?

これを少し多めに入れると、ますますジャンキーな味わいに。

完璧にノックダウンですね。

僕もノックダウン、、、orz...

***

この無限大西千葉店は、日曜定休で、

昼は11時から14時までで、

夜は18時から23時までです。

夜11時までやっているのが嬉しいですね。

最近、「営業時間の長さ」についてよく考えます。

老舗の名店で営業時間が短いところはさておいて、

一般的なお店としては、やっぱり「営業時間の長さ」も重要なのでは?、と。

やたらめったに長い必要はないけれど、ある程度営業していることも、

ラーメン店として生き残る大事な要素なのでは?、と。

夜18時から23時というのは、やっぱりありがたいし、

そうだからこそ、10年間もこの地でやれたという部分もあるだろうな、と。

Comment

ラーメンかん@作草部 残念、無念。10月29日で閉店とのこと(;;)

2018-10-30 19:28:53 | 千葉市 中央区

【速報】

本日、10月30日に、こちらの「ラーメンかん」に向かいましたら、

なんと、もうお店の姿がなくなっていました。

(画像は今年6月のものです)

え? なんで??

途方に暮れていたら、中から、前にみたことのある若い店員さんが出てきました。

「中国に帰ることになったので、昨日閉店しました」とのこと。

(;;)

マジすかー!?

かなり気に入ってたんだけどなぁ、、、。

ラーメンかん@作草部 閉店

です。

もう、このチャーシュー丼、食べられないんだ…(;;)

でも、母国に帰れるというのは、悪いことじゃない。

僕がさりげなく、「中国に帰れて嬉しい?」と聞くと、

彼はとても嬉しそうな顔をして、「帰れるのは嬉しいです」、と一言。

なんか、その瞬間、「我と汝」を感じました。

もう、話さなくても分かるよ、みたいな。

ほとんどの日本人には分からないかもしれないけど、、、

異国から日本に来て働くというのは、本当に大変なこと。

いや、日本がどうこうって話じゃない。

異国で生きるのって、本当に大変です。

(僕は、異国で生きるのは無理と判断して、日本で静かに生きています)

だって、、、

別に必要とされているわけでもなく、むしろ邪魔に思われているくらいだから。

でも、祖国を離れなければいけない事情っていうのも、やっぱりあるんですよね。

日本は、幸せな国な方で、祖国を離れる必要ってほとんどなくて。

ま、ともかく、、、

若い中国人二人が始めたこちらのお店、閉店してしまいました。

残念です。。。

が、無事の帰国を願っています。

素朴だけど、とっても美味しいラーメンだったなぁ、、、(;;)

サヨナラ、ラーメンかん…

Comment

頑々坊子@千葉 久々に再訪!10月にして猛暑?だったので…

2018-10-19 00:30:24 | 千葉市 中央区

かなり久々の再訪となってしまいました。

僕が千葉駅周辺で最も愛した人気ラーメン店、

頑々坊子

です!!

過去ログを見ると、なんと11か月ぶりの再訪!!(;´・ω・)

 2017年11月のレポはこちら

なかなか来られなくなったのは、ドラムレッスンを辞めたことがあるかな…。

千葉駅になかなか来なくなりました…。

バンドが始まればまた来る機会も増えると思うんだけど、、、(言い訳)。

あと、頑々の創業者の高橋さんと現場を統率していた石橋さんがいなくなり…。

高橋さんも石橋さんも、僕が心から尊敬しているお方でした。

特に、現場を仕切っていた石橋さんがいなくなったのは、寂しいというか辛いというか…。

そして、頑々のスタッフもかなり入れ替わりましたね。

よく言えば、かなり若返りました(苦笑)

ただ、若い子たちばかりなので、おじさんには居づらいというかなんというか…。

ま、お客さんも「世代交代」ってことなのかな??

でも!!

日曜日のお昼だというのに、店内は満席状態!

長いL字型のカウンター席には、若い男の子たちがずらり!!

ラーメンが好きそうな元気な男の子たちがいっぱい来店していました。

中には、女の子もいて、「若者に人気のラーメン店」って感じでした。

恐らく平日はもっと僕ら世代のおじさんも来るんだろうけど、、、

いずれにしても、日曜営業も開始していて、いつでも人気のお店となっています。

初期の頃を知る僕としては、嬉しい限りだなぁ~~(;;)

(高橋さんとのんびりラーメン談義をしていた頃がとても懐かしい…)

さて、、、

メニューです。

この日は、10月だというのに「猛暑日」になっていました…。

めちゃめちゃ暑かった…。

本当はアツアツのラーメンを食べる気だったのですが、

この暑さではさすがに、、、(;;)

色々悩んだ末に、「和風つけめん」を頂くことにしました。

なんと、2016年1月以来です。実に2年10か月ぶりという…

いや~、過ぎ去る日々の流れが早すぎます…。

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

こちらも久々の「和風つけめん」です!!\(^o^)/

高橋さんも石橋さんもいない頑々坊子の和風つけめん。

このつけめんは、かつての石橋さんのお店の味をモチーフにしたつけ麺なんですよね。

きっと今の若いスタッフさんは知らないんだろうなぁ、、、。

2005年に惜しまれて閉店した「魚だしラーメン樹蔵@本千葉」。

ここの調理法が生かされたつけ麺になっていたと思います。

つまりは、「魚介×豚骨」のつけ麺なんですね。

樹蔵を作った石橋さんが頑々で創作したつけ麺。

ヴィジュアル的には、一つ大きな変化がありました。

「海苔」の上に「魚粉」が乗っているんです。

一時代前に流行った「六厘舎風の海苔の上の魚粉」スタイルになっていました!!

海苔の上の魚粉は、なんか懐かしいなぁ~、、、

お味は、まさに王道ストレートど真ん中の魚豚系スープでした。

それほどドロドロしているわけじゃなくて、すっきりタイプ。

心地よい白濁スープに醤油ダレ×魚粉(魚介ダシ)。

ドロッとしていない「濃厚豚骨魚介つけ麺」の味わい。

このバランスがとても絶妙で、最後までぐいぐい食べられちゃうんですよね。

麺はこんな感じで。。。

この手のつけ麺としては、細麺の方に入るのかな??

細めの中太麺で、ほどよい濃厚豚骨魚介にぴったり合っていました。

麺の量も、つけ麺としてはわりと控えめな感じで、いい具合で食べ終わります。

チャーシューも、目に見えるところに二枚。

そして、スープの底にもう一枚。

とっても柔らかいチャーシューで、食べやすくて、クセになりますね。

***

というわけで、、、

久々の「頑々坊子」の実食レポでした!!

やっぱり、いいっすねー、頑々!

外国人対応?の英語表記もばっちり!!

次は何を食べようかなぁ~。。。

営業時間は11時~24時!!

通し営業になっているんですねΣ(・□・;)

この日は「日曜日」で営業していたので、今は「年中無休」なのかな??

いついっても大丈夫ですね☆

Comment

生香園春日店@西千葉 にんにく炸裂!「にんにくラーメン」!

2018-10-18 20:57:56 | 千葉市 中央区

西千葉駅前は色んなお店が混在するエリア。

西千葉の人気店「武蔵家」の隣りにあるのが、

生香園 春日店

であります!

(今回はデジカメを持参し忘れたので、ラーメン以外は過去の記事から)

前回の記事はこちら

前回は、まるわのビギー氏絶賛の「パイコー冷やし中華」のレポでした。

これはこれで美味しかった!

キーワードは「冷や熱」!!

で、、、

こちらのお店は、もうメニューがとんでもないんです。

とんでもない量のメニューを取り揃えているんです。

もちろん、ラーメン類も数えきれないほど。。

今回の「TARGET」は、ずばり、

にんにくラーメン

です!!

前回、ちょっと気になったんですよね。

にんにくラーメンとか、スタミナラーメンとか、

そういうラーメンに惹かれている自分がいます。

いったいどんな「にんにく」のラーメンなのでしょう!?

ドキドキ♪

ジャジャーン!!!

来ましたよー!!

生香園の「にんにくラーメン」!!

その名の通り、にんにくおろしがどーんと盛られています。

(スマホの画像なので、微妙にいつもとクオリティーが違いますが…(;;))

シャバシャバのやや茶濁色のスープに、にんにくおろしが「やり過ぎ」に。

本当に、シャバシャバなさっぱり(薄い味の)スープなんですが、

このにんにくおろしゆえに、ぐいぐいと食べられちゃうんです…。

恐るべし、にんにくおろし…。

なので、最初から最後まで、にんにくスープであります!!

中華風のニンニクスープで食べる中華麺。

なんてことないんだけど、ぐいぐいと食べ進められるところがさすが、、、

麺はこんな感じです。

日本の中華料理店の「定番」の「中華麺」。

柔らかくて、ソフトで、やさしくて、シンプルな、、、。

細麺じゃないなぁ、、、。

どちらかというと「細い中太麺」かな。

量も適量。普通。多くも少なくもなし。

チャーシューも普通に美味しいしっとりお肉でした。

あまりパサパサじゃないのが、ポイントかな!?

***

生香園の「にんにくラーメン」のレポでした!!

いや~、生香園、面白いお店だなぁ~~。

ビギー君が「再評価」してから、このお店の面白さにようやく気づけたというか…。

他にも面白そうなメニューがあるから、また来たいな。。。

隣りの「武蔵家」もホントに頑張ってるし、、、

また、「粋や」もこの近くに登場したし、、、

西千葉ー作草部エリアって、ホント、面白いなぁ。。。

武蔵家もホント頑張っているお店です。

今度はこっちに行こう\(^o^)/

Comment

ラーメンたかし屋@千葉 あの「和とら」の「黒とら」が遂に復活!!

2018-10-18 00:25:16 | 千葉市 中央区

過酷でハードな日々が続いています。

いったいいつになったら、ノーマルな日々に戻るんだ!?

スケジュール的には、来年までほぼnon stop、、、(;´・ω・)

11月も12月もほぼ休みがなさそうだ、、、。

マジでいつになったら、静かな日々が訪れるんだろう、、、。

ちょっと久しぶり?!にやってきました♪

ラーメンたかし屋

です!!

最近になって、たかし屋千葉店がちょっと面白いんです。

毎回、色々とユニークなメニューが登場していて、、、。

今回は、どうでしょう!?

むむむ!?!?

なんか、登場している予感、、、

店内はいつものとおり。

でも、心なしか、お客さんが増えてきているような、、、

(個人的に、ここはもっとお客さんが入っていいお店だと思います!)

さて、、、

メニューです。

ん!?!?

なんだなんだ!?

たかし屋の黒ラーメン」!?

なんだこれ!?

聞けば、この9月から登場している「新メニュー」だとか。

なるほど、、、。

黒ラーメン=ブラックラーメンに弱い僕、、、。

ん? 黒いラーメン??

むむ、、、

すぐに、これに決めました。

ジャジャーン!!!

来ました来ました!

このヴィジュアル、、、

黒いスープ、浮いた背脂、たっぷりの玉ねぎ、、、

これ、もしや!?!?…。

聴いてみたら、まさに「大正解」でした。

これ、僕がかつて大好きだった「和とら」の味だ!!

そう、あの「黒とら」のラーメンだったんです!!

たかし屋の前の前に入っていたあの幻のラーメン店、

和とらの「黒とら」。。。

現存する一番古い記事は2007年のこの記事

そう、11年前に僕が大好きだったラーメン。

ドラムを習い始めた頃の思い出の一杯。

まさか、2018年の今、この黒とらが再び食べられるとは…。

涙が出そうになりましたよ、、、(;;)

油たっぷり、背脂たっぷり、魚粉たっぷり。

そして、玉ねぎたっぷりの黒いラーメン。

11年前にも感じた「ジャンクなブラックラーメン」。

否、

竹岡ラーメン進化系の味だ!

やっぱ、問答無用でウマい!!

イマドキのラーメンとは一線を画しています。

ドロドロしたスープではなく、さらっとタイプ。

でも、背脂たっぷりで、攻撃性もばっちり。

魚介の旨みもぎゅっと詰まっていますが、ニボニボ系ではない。

そして、千葉らしく生の玉ねぎがいっぱい入っています。

そう、11年前の時点での新時代の新竹岡系のラーメン。

そこに、ほうれん草とサクラエビが加わります。

海老の風味はそれほどでもないかな??

これ、もう少し海老をヒューチャーさせたら面白いかも!?

麺はこんな感じです。

わりとコシのあるしっかりとした中太麺。

量は適量で、心地よい量でした。

まさに一人前分、みたいな。

チャーシューもしっかりしていて、ホロホロでよかったです。

***

まさかまさかの、、、

黒とらがたかし屋で復活!!

でした。

これ、大ニュースじゃないかな!?!?

かつて、和とらで黒とらを食べていた人は、

是非是非、たかし屋千葉店に向かって下さい!!!

そして、たかし屋千葉店を盛り上げましょう!!

今の店長さん、とてもお力のある方だと思いました。

応援しますよー\(^o^)/

こちらが定番ですね♪

千葉駅前で一つの素敵な選択肢となるお店だと思います!!

たかし屋@千葉店。

静かに応援しています!!

Comment

麺屋一男@千葉中央 「大黒屋本舗」が大変身!?「肉そばW」は徳島系!?

2018-10-17 10:59:41 | 千葉市 中央区

無事に「名古屋~岐阜ラーメンめぐりシリーズ」が終わりました!!

長い長いレポになりました。。。

いったい2泊3日でどれだけのお店に行ったんだ!?、という。

でも、それが「ラーメンフリーク」なんです!!

それに、最近はツアーでも残すこともしないようにしているので、

ちゃんと食べてます♪

(一時期、ツアーの時だけ、残すことをしていました…反省)

さて、、、

久々に、hometownの千葉のラーメン!

何やら千葉中央のラーメン界に動きがあったとか!?…

千葉中央といえば、ラーメン激戦区!

千葉の有名店「増田家」がその代表格だと思いますが、

その増田家の近くに、「大黒屋本舗」というお店がありました。

こちらのお店は、あの「とみ田」の店主さんがいたお店として知られ、

田代グループの中心的存在として、有名なお店でした。

本ブログの過去ログを見ると千葉中央店は2008年6月オープンですね。

こちらの店舗、かつて「和とら2号店」があったところだったんだ…(;´・ω・)

覚えてない、、、(;´・ω・)(;´・ω・)

昼と夜とで違うラーメンを出すお店として、人気を集めましたね。

お昼はあの「とみ田」の濃厚な豚骨魚介ラーメンが食べられました

その大黒屋本舗が今年9月に突然、謎の閉店。

そして、それから10日ほど経って、謎の再オープン(!?)

しかも、店名が激しく変わっての再オープンとなっているんです。

その名も、、、

麺屋一男

であります!!

一男=かずお=一雄!?

山岸さんのお名前を少し変えたのか、それともこちらの店主さん?のお名前か?!

いずれにしても、この「一男」の謎?に迫るべく、現地にかけつけました。

どんなに忙しくて、千葉駅周辺のお店なら頑張ってかけつけます!

***

お店の中は基本的に「大黒屋本舗」のまま、かな!?

店主さん?店長さん?も前のままでした。

聴くところによると、色々あって「店名」を変えざるを得なかった、とか。

また、メニューも色々あって、変えることになったんだとか。

つまり、ここオリジナルのラーメンになった、ということらしいです。

いいじゃないですか!!

「大黒屋本舗」という看板が外れた今、自由にラーメンを創作できるのだから。

いったいどんなラーメンを出しているのでしょう!?

メニューです。

名前も面白いですよ。

券売機の左上は、「特製男そば」(950円)。

男そばって何?? 

その横には、「ブタ男」(1000円)。ブタ男って、、、(;´・ω・)

そして、「肉そば」(750円)。

肉好きの僕は、もうこの肉そばが気になって気になって、、、。

しかも、「肉そばW」(900円)もある!!

そして、「辛味男そば」があり、まぜそばも各種そろっていました。

更には、「男そば塩」に、「塩ラーメン」。そして謎の「女そば」…。

この「女そば」も気になるなぁ、、、(;´・ω・)

こんな感じですね。画像があると助かります、、、汗

基本的には、G系~二郎系インスパ系かな!?、と。

でも、、、

やっぱり一番気になったのは、「肉そばW」ですね。

さ、いったいどんなラーメンなのでしょう!?

この画像を見た僕は、テンションMAXに!!!

(一応)新店の「一男」の肉そばW、

ご覧あれ!!

ジャジャーン!!

こちらが、麺屋一男オリジナルの「肉そばW」です!!

見てください、この肉まみれのど派手なヴィジュアルを!!

ラーメンの上にいっぱいの豚肉が敷き詰められ、

その上に、生卵がぽとりと一つ。

これ、「徳島ラーメンじゃん!!!\(^o^)/」

お肉はW(ダブル)にして大正解♪♪

甘旨いお肉たっぷりのまさに「肉まみれ」の肉ラーメン。

zoom up!

お味は、、、まず、しょっぱい!!!!

このしょっぱさ、「がんこ大好き人間」にはたまらないしょっぱさだぞ…。

お肉たっぷりのしょっぱいラーメン!!!

いいじゃないですかー!!!

(ただし、健康を考えている人には辛いかも!?)

しょっぱさも強烈ですが、そこに甘みもいっぱい感じられます。

お肉の甘さがスープに移っているのかな??

背脂もばっちりチャッチャとふりかけられています。

うん、まさに、

しょっぱ甘ウマ系の肉まみれ背脂ラーメン

ですね。

スープは、動物系のコクを感じる醤油ベースの甘旨系スープ。

知覚レベルだとあまり魚介感はないかな??(使っているかもしれないけど)

生卵を溶かすと、味がよりマイルドになります。

が、やっぱりしょっぱい(苦笑)

好きな人にはたまらないし、ダメな人にはダメでしょうね、、、。

そして、この肉!!!

がんこの「悪魔肉」、、、…ほどではありませんが、、、

十分すぎるほどに美味しいお肉でした!!

Wで僕はちょうどよかったです。

Wじゃないと、ちょっと満足感が弱かったかも!?!?

麺は、こんな感じで、ぶっといです!!

ぶっとい極太のうどんみたいな麺。

でも、その麺の強さ、コシ、もちもち感はなかなか強烈です。

たっぷりのお肉とこの強烈な極太麺。

いやー、これはもうなんとも、、、

しかも、徳島ラーメンに近からず遠からず、、、。

***

麺屋一男の肉そばW。

想像以上にぶっとんだラーメンでした!!!

徳島っぽさがなんともたまりませんでしたね~~。

これはオススメ♪

今後の活躍に期待!です。

千葉中央駅近くです。

増田家の一つ千葉駅寄りの通りにあります!!

Comment