Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

麺場浜虎@横浜 二度目の訪問!メインの「こく醤そば」を頂きました!

2018-08-29 23:21:07 | 神奈川

2018年夏の横浜ラーメン巡り、

ファイナルは、横浜の若者に人気の、

麺場浜虎

であります!!

1年ぶりの再訪となります。

 2017年の僕の浜虎のレポはこちら

ここは、ホント人気店ですよね。。

吉村家ほどぶっ飛んだ行列はできませんが、

常に人がやってくる根強い人気店だと思われます。

2002年創業のお店なので、創業16年くらいかな!?

こちらの浜虎では、券売機がお店の外にあるんです。

なので、券売機で食券を買ってから、店内に入ります。

色々とあって、悩むところですが、、、

今回は、現在の基本と思われる「こく醤そば」(790円)を頂くことにしました☆

(かつてのラーメン本を見ると、「鶏塩そば」がイチオシとなっていました)

このこく醤そば、醤そばよりも60円ほど高いんですよね、、、

いったい、どんなラーメンなのでしょう!?

ジャジャーン!!!

こちらが、浜虎の「こく醤そば、です!

なんか、なかなか濃厚そうだわ、、、

この見た目、あまり見ないタイプ、、、というか。

ここ、浜虎のラーメンは、「どこにもない味」とよく称されます。

どこかの「系」に属さず、己の道を我が儘に突き進んでいる、というか!?

緑色の葉っぱみたいなのは、どうやら「モロヘイヤ」っぽいです。

モロヘイヤというと、都賀の「結まーる」等で出される千成系のモロヘイヤラーメンが浮かびます…。

それに、こっちでは珍しい!?、刻み新たまねぎが乗っていますよ。

玉ねぎトッピングは、ある種、千葉のラーメン文化そのもの!!

(あと、八王子か、、、)

そして、最初に驚くのが、分厚い鶏チャーシューでしょう♪

zoom up!!

とっても、濃くて、ガツンとしてそうです~ブルブル、、、

でも、スープを飲むと、あらやだ、、、

意外にも、飲みやすい魚介風味の白湯醤油ラーメン、だ、、、

しかも、いわゆる「濃厚豚骨魚介」とも違うテイストというか、方向性というか、、、

なんて、言えばいいんだろうな、、、

クリーミーでマイルドな白湯魚介醤油ラーメン

って感じ!?

家系ラーメンとは完全に差異化を果たしているし、

鶏白湯系ラーメンとも違う。

もちろん、ニボニボ系のラーメンってわけでもない。

やっぱり、浜虎オリジナルのコクある醤そばってわけだ、、、

麺はこんな感じです。

こちらの麺は、やや太めの縮れ麺。

この縮れ具合、わりといい感じですね。

もう少しゴワゴワで、ワシワシと食べられる麺だとよかったな!?

ただ、麺のレベルが異常に高い横浜エリアの中では、、、

わりと「普通」って感じだったかなぁ、、、と。

横浜エリアの麺のレベルって、ホントに高いから、、、

こちらが、鶏のチャーシュー。

これが、想像以上に美味しくて、ひっくり返りそうになりました。

これまでも、鶏チャーシューって食べてきたけど、、、

この浜虎の鶏チャーシューほど、美味しい!ナイス!って思うのはなかったかな??

鶏チャーシューというと、パサパサだったり、味がなかったり、

味気なかったり、パンチがなかったり、、、とします。

でも、ここの鶏チャーシューは、その全部をクリアしていました。

この鶏チャーシューは、もっと注目されていいんじゃないかな、と思いました。

ラーメンに鶏肉トッピング、、、

ここに、なんかラーメンの未来の可能性を感じました。

というわけで、2018年夏の横浜ラーメン巡り、終了です!!

(本当は、お仕事で来ていたんですけど、、、(;´・ω・))

やっぱり、千葉県外のラーメン巡りは面白い!!

もちろん、千葉のラーメンをメインに食べ歩いているし、

これからも、千葉のラーメンを応援する!というスタンスは変わりません。

が、たまに、こうやって、県外のラーメン店をめぐるのも面白いですね。

都内以外だと、埼玉と神奈川については、そこそこ色々と食べられているかな?、と。

埼玉も神奈川も、ホント素敵なお店がいっぱい。

きっと、47都道府県、どこのエリアにも、美味しいお店があるんだろうな。

凄いなぁって思いますよ、改めて。

僕の知らないところで、凄いラーメンが出されていて、

それを美味しく頂いている人が、いつもどこかにいる。

まだまだまだまだ、食べていないラーメンは無数にあります。

でも、僕らが出会えるラーメン店なんて、ほんのわずかのみ。

これからも、ラーメンフリーク道を突き進むぞ!、と。

Comment

鶴一家@横浜 24時間営業の家系店の限定「地獄冷やしラーメン」とは!?

2018-08-29 00:02:33 | 神奈川

2018年度の横浜ラーメン巡りも、いよいよ残り2店!

最後の日の一軒目に向かったのが、こちら、

横浜 鶴一家

です!!

こちらのお店、凄いんです、、、

何が凄いって、、、

24時間営業×年中無休の家系ラーメン店

なんです!!

凄くないですか!?

しかも、ネットの記事でも、わりと評判もいいんです。

いったいどういうお店で、どんなラーメンなんだろう??、と。

興味は津々\(^o^)/

メニューです!!

今回の横浜滞在では、吉村家の目の前の横浜家でしか横浜豚骨醤油ラーメン(家系)を食べてない…

豚骨スペシャルにするか、豚骨ラーメンにするか、、、

あるいは、豚塩スペシャルにするか、豚塩ラーメンにするか、、、

悩んでいたら、、、

こんな掲示が目に飛び込んできました。

地獄冷やしラーメン!?

しかも、「青唐辛子入り」!?!?

なんてこった、、、

冷やしラーメンと聞いたら、見過ごすとはできない、、、

しかも、この掲示のラーメンの写真がなんだか素敵。

右上に乗っているのは何だ?? 

もしかして、天ぷらか? かき揚げか??

スープもたっぷり入ってそう、、、

こりゃ、もしかしたら、もしかすると、、、

ドキドキ、、、

ジャジャーン!!!

あれ??

あれれれれ???

これが、地獄冷やしラーメン????

全然、写真と違うじゃん、、、

かき揚げなんて入ってないじゃん、、、(苦笑)

かき揚げに見えたのは、キムチだったのか???汗

しかも、スープなんて、ほとんど入ってないじゃないか、、、

ここまで、イメージ画像と実物がかい離しているのって、、、なかなかないぞ…。

しかも、「地獄」と言っているのに、全然辛そうなものがない、、、汗

ただ、、、

この鶏チャーシュー(チャーシューと言っていいのか?!)、、、

でっかくで、大きくて、ぶっといのが、三枚も!!!

もちろん冷たいお肉になっています。

カイワレ、トマト、レモン、キムチなんかが、綺麗に盛られていて、、、

これ、どう考えても、冷やし中華やん、、、

味も、酸味の効いた醤油味系で、非地獄系…。

もう、頭の中、???マークでいっぱいですよ、、、

麺はこんな感じです。

ガンガンに冷えています☆

でも、これ、どう考えても、辛くない酸味の効いた冷やし中華、、、

普通に美味しいには美味しいけど、、、

どこが、地獄なんだ!?

なんか、だんだん、腹立ってきた、、、

何が、地獄だよ、、、

これで、980円って、何だよ、、、(;´・ω・)

味的には、地獄どころか、ただの夏の日本の冷やしじゃねーかよ、、、

と、心の中で、ぶーぶー言っていたら、、、

カウンター越しに、何やらラー油みたいな赤いオイルを渡されました。

そして、一言、囁くように、

「くれぐれも入れ過ぎないように… ニヤリ…

あ、一瞬、微笑んだ!?

って、、、

これ、ラー油(!?)じゃないの!?!?

そんなの入れたって、地獄なんかにゃならないって、、、

だいたいラー油を入れたくらいで、地獄になんてならねーっつうの、、、

ってことで、この赤いオイルをガラス皿にスプーン二杯程度入れたんです。

そして、そのまま普通にばくっと食べたら、、、

「辛れーーーーーーーーーーーー!!!」

って、なりました。

なんじゃ、この辛さは、、、(;´・ω・)

ビリビリ来ます、、、

これは、ただの唐辛子の辛さじゃないぞ、、、

催涙ガスレベルに強烈な刺激だよ、、、

一体何なんだ!?!?!

お店の人に聴いてみたのですが、

「ふっ、ふっ、ふっ…

って感じで、、、(;´・ω・)

ただのラー油ではありませんでした。

かなりキツイ刺激オイルでした、、、

いやー、ビックリした、、、(;´・ω・)

でも、そのおかげで、最後までスリル満点で楽しめました。

辛いのがお好きな方は是非、こちらの鶴一家へ!!!

いやー、とんでもない冷やしラーメン(!?)と出会えましたよ、、、(;´・ω・)

でも、これ、冷やし「ラーメン」って言っちゃっていいのか???

分からん、、、

というわけで、、、

本当なら、ここで家系風の豚骨醤油ラーメンを頂くつもりだったんですが、

急遽、この七変化系?の冷やし麺を頂くことになりまして、、、

最初は「なんだよ、ただの冷やし中華じゃん!」から、「ひえ~~~系」に変貌しました。

これはこれで、とっても面白いなぁと思いました。

24時間営業の横浜のユニークなお店でした。

Comments (2)

インドネパール料理ミトチャ@常盤台 緑色の美しいサグチキンカレー!

2018-08-28 20:32:41 | 神奈川

先日、レポした横国大近くの人気のカレー店、

インドネパール料理ミトチャ

に、またまたやってきました!

このミトチャとの出会いで、なんか、カレーブロガーになってしまいそう、、、

今回は、前回勧められた「サグチキンセット」(800円)を頂くことにしました。

サグは、菜の花、ないしはほうれん草のこと。

正式には、ほうれん草ではないみたいですが、、、

サグカレーというと、ほうれん草のカレーを指すケースが多いんだとか。

 詳しくはこちらを参照

お昼のランチなので、また、ミニサラダからです!

ジャン!

ミニサラダです。

やっぱり、メインディッシュを頂く前に、サラダは食べたいところ。。。

サウザンドレッシングの美味しいサラダを頂いた後に、、、

ジャジャーン!!!

こちらが、サグチキン、です!!

いや~、美味しそうだ、、、

実に美味しそうだ、、、

カレーも、ラーメンに負けないくらいに、ヴィジュアル的に映えるなぁ、、、と。

これからは、ラーメンだけなくて、カレーも色々と食べたくなってきました。

こちらのカレー、本当に、違和感がないというか、日本人の口に合う、というか。

エスニックなカレーって、僕はとても苦手なはずなんですけど、、、

ここ、ミトチャのカレーは、異国情緒はありつつも、違和感がない、、、!!

ほうれん草はたっぷり入りこんでいると思うけど、クセは一切なくて、

とても食べやすい、辛くない緑色のカレーになっていました。

生クリームも入っていて、なかなかにエレガントです。

もちろん、チキン=鶏肉も入っています。

これ一つで、本当にご飯が進みます。

ご飯にかなりよく合うカレーになっているじゃないか!!、と。

ここのライスは、日本のお米じゃなくて、アジア風のライスになっています。

前の記事でも書いたけど、こういう東南アジア系のお米、大好き!

大好き、というか、カレーにはホントよく合うなぁ、、、と。

もちろん、日本の料理には日本のお米が一番!ですけど、

カレーとなると、ちょっと(日本米は)違うかなぁ~、と思います。

***

この日も大満足で、午後の集中講義も頑張れました。

ここのカレーに出会って、何か、自分の中で「変化」がありました。

カレーをもっと色々と食べてみたい!!

そう、思うようになってきました。

これは、僕的に小さな革命、かも!?

日本風のカレーなら、家庭のカレーで十分。

でも、エスニックなカレーは、ちょっと異国の味過ぎて、、、

けど、ネパール系のカレー店だと、異国情緒と安心感を同時に感じられる、、、

もし「ここのカレーがめっちゃ美味しいよ!」というお店がありましたら、

是非是非教えてください!!

まずは、千葉市内から、、、(苦笑)

Comment

味のラーメン 海賊@関内 関内の老舗店!激ウマメンマの絶品ラーメン!

2018-08-27 21:01:03 | 神奈川

関内に、前々からずっと気になるお店があったんです。

ただ、気になりつつも、なかなか来られらなかったお店。

関内の中でも、かなり古いお店じゃないかな!?

それが、

味のラーメン 海賊

であります!

海賊ですよー(;´・ω・)

怖い名前です(苦笑

真新しいラーメン屋さんが近所にいっぱいあるんですけど、

その中で、なかなかの「異彩」を放っているお店でした。

店内は、まさに昭和の中華食堂という感じ!?

いや、昭和以前の世界観か!?

ここは、横浜。それこそ、<元祖>中華街がある街。

そういう古き良き中華食堂の雰囲気が醸し出されていました。

もちろん、店内はお客さんでいっぱい。

きっと、地元では知らない人のいない有名店なんでしょう。

(雑誌等で見たことはありませんが、、、(-_-;))

メニューです。

麺や勝治で二杯食べた後なので、普通の「ラーメン」を。

ラーメンの後に、「(醤油・塩)」とありまして、

醤油が先に来ていたので、醤油ラーメンをお願いしました。

いったい、どんなラーメンなのだろう!?

ジャジャーン!!

来ました!!

こちらが、味のラーメン海賊の醤油ラーメンです!

最後の最後に置かれた「海苔」がとても印象的です。

「ああ、これぞ、ラーメン。嗚呼、これがラーメン也~」って。

惚れ惚れするほどの横浜の中華系の王道のラーメンのヴィジュアル

でも、海苔の下をのぞくと、一気にテンションが変わります。

ジャジャーン!(二回目)

海苔の下に、なんとこんな魅惑的なメンマがどっさりと…。

このメンマ、只ならぬぞ、、、と。

ああ、だから、「メンマラーメン」が店頭で紹介されていたんだ。

このお店は、メンマが売りのお店なんだ!!!、と。

(でも、ブログ等でここのメンマを熱く語る記事はない…)

このメンマ、ホント、他と違います。

僕も、これまで全国津々浦々のメンマに触れてきましたが、

ここまでこだわり抜いた、個性的で美味しいメンマは初めてかも!?

スープも、平凡に見えて、非凡なスープでした。

「昔ながらの中華そばの味」では片づけられない!!

生姜かな。生姜の味がわりと強く効いている感じで、

ただ、ガラと野菜で煮込みました~っていうスープじゃない。

基本的には、あっさりとしていて、普通の醤油スープなんですけど、

そこに、色々と手を加えているんだろうなというのは分かると思います。

だから、平凡に見えて、非凡。

普通だけど普通じゃない、そういうスープにやっぱ僕は惹かれるんだよなぁ。

麺も、期待通りというかなんというか、、、。

麺は、わりと細い・・

この麺、好きだなぁ~、、、。

量もかなりあって、三杯目としてはちょっときつかったかな(苦笑)

でも、貴重な横浜ラーメンミニツアー。

心から堪能させてもらいました。

チャーシューは、こんな感じで、、、

オールドタイプだけど、そのわりにはわりと弾力性があって、いい感じでした。

(つまり、昔ながらのパサパサチャーシューをギリギリ回避している、というか、、、)

***

最後に店主さんと少しお話できました。

現在の店主さんは、二代目ということで、まだまだお若い感じがしました。

創業は、たしか35年から40年くらいだったかな、って感じでした。

なので、関内の老舗ラーメン店といってよいでしょう。

そうそう。

関内といえば、「唐桃軒」が有名な老舗店だと思いますが、、、

 昨年の僕の唐桃軒の実食レポはこちら!

なんと、今年4月に関内駅前「セルテ」内に移転したそうです。

なんとも「関内ラーメン横丁」なるラーメン施設ができたんだとか

こちらにも是非行ってみたいなぁ、、、

いや~、関内って、面白いなぁ~(;;)

PS

関内といえば、ZI:KILLのKENちゃんが昔遊んでいたところ。

「関内で映画を見に行く」というのが、KENちゃんの楽しみだったとか。

KENちゃんに憧れてギターを始めた僕も、もう中年のおっさん。

でも、関内に来ると、あの頃の気持ちが甦るんだなぁ、、、

Comment

麺や勝治@関内 ずばり、僕が横浜市内で一番大好きなお店です!!

2018-08-26 22:10:10 | 神奈川

普段、あまりブログで自分の好みを出すことは控えているのですが、

今回は、好みを存分に出したいと思います。

横浜市内のラーメン店で僕が一番好きなお店は、

麺や勝治

です!!

もう、大好き!!!\(-o-)/

昨年、二杯のラーメンを頂き、もう感動の渦に巻き込まれました。

 昨年の僕の渾身のレポはこちら

いや~、今読んでも、当時の感動を思い出せます♪

念願の二度目の訪問!!(;;)

今回は何を食べましょう、、、

店内に入ると、昨年見たのと同じ風景が、、、

あー、泣きそう(;;)

今年の夏も、やっていました♪

昨年、僕が涙して感動した「青唐辛子冷麺」♪

それに、「夏の塩つけ麺」なるものも、、、

うーん、どっちも食べたい、、、

券売機です。

券売機の上方には、、

視覚で分かるように、ラーメンの写真が綺麗に張られています。

今回は、こちらのお店オススメの「青唐辛子痛麺」を!!

青唐辛子は、僕的にも思い入れもあり、大好きなんです。

前回は、冷たい青唐辛子痛麺をいただいたので、今回は温かい方を。

ここは味玉もとても美味しいので、「味玉青唐辛子痛麺」で♪

ジャジャーン!

1年ぶりの「再会」に涙、涙、、、

圧倒的に洗練されたきれいなヴィジュアル。

通常じゃありえない牛肉トッピング。

地味に味を激変させる焦がしネギ。

柔らかくてもちもちの低温チャーシュー。

淡い色のきりっとしたメンマ。

綺麗に切られたネギと、色鮮やかなカイワレ大根。

そして、トロットロのきれいな煮玉子。

もう、どこからどう見ても、完璧なヴィジュアル。

スープは、もう叫びたくなるほどの「牛骨スープ」。

淡麗牛骨スープ味。

旨みは半端ないし、魚介に頼ってもない。

一度食べたら、飲み干すまではもう思考停止状態に。

もう、これだけ美味しい淡麗系の牛骨ラーメン、なかなか食べられません。

文句のつけようのない、ハイクオリティーのスープです。

そこに加わるのが、青唐辛子のツーンとくる刺激的な辛さ。

とはいえ、「激辛ラーメン」ではないんです。

あくまでも、ラーメンの引き立て役に徹しているんです。

「辛さ」も「美味さ」、といいますか。

絶品の牛骨スープを邪魔せず、逆に盛り上げる役割といいますか。

やっぱり、横浜一大好きなラーメン店の味だ、、、\(-o-)/

麺はこんな感じです。

この麺も、かつての「がんこ」の面影があるというか、、、

僕が愛したがんこ@本郷三丁目の麺にどこか通じているというか。

細い縮れ麺で、わりとハードで、ぽきぽきしているというか。

完全に好みの問題ですが、僕はこの麺が好きだなぁ、と。

量も適量で、あっという間に食べきりました。

チャーシューも、マジで、半端なく柔らかくて美味しかったです。

煮玉子!

ここの煮卵は、半熟度合いが強くて、とろ~っととろけ出します

こういうとろける煮玉子、久々に食べた気がするなぁ、、、

こちらも、もう非の打ちどころのない絶品煮玉子でした。

ここに来たら、店内連食は絶対!(苦笑)

嬉しいことに、こちらのお店には、「ハーフラーメン」があるんです。

ハーフといっても、ミニじゃありませんよ。

もちろん、盛り付けも、通常とほぼ同じ。

少し小さいラーメン、というイメージかと思います。

ジャジャーン!!

こちらが、「醤油ラーメン」です!!

見た目、というか、トッピングはほぼ青唐辛子痛麺と一緒。

二食目としては、いいサイズだなぁ、、、(苦笑)

あまりにも美しいので、、、

上から写真を撮ってみました♪

スープは、まさに「淡麗系牛骨醤油味」!!

豚骨でも鶏でもない、牛の旨みが詰まったスープ。

しょっぱさもほどほどあって、ぐいぐい食べられます。

クリアなスープで、ほどよいオイル感もあって、上品な牛骨ラーメンに。

やっぱ、勝治のラーメンって、僕の「好み」のど真ん中♪

こっちにも、柔らかく煮込んだ牛肉が入っていて、思わず笑顔になります。

このお店が近所にあったら、週一で来たい!と思うほど。。。

麺は、こんな感じです。

やっぱり、この麺、このスープにぴったり合っています。

それほど変わった麺ではないのですが、これはもう「相性」の問題で。

ここの麺とスープの相性は、本当にいいなぁと思います。

チャーシューもやっぱり、美味しい!!

低温チャーシューは、ちゃんとしていれば、間違いなく美味しい。

千葉よりも横浜の方が、低温チャーシューが根づいているような…。

いやー、二杯目もあっという間に食べ尽してしまった、、、

***

うん。二回目の訪問で、四種のラーメンを頂いて、断言できます。

「僕が横浜市内で一番好きなお店は、麺や勝治だ!」って。

かつて、千葉・蘇我にあった「総豊」、

かつて、東京・本郷にあった「がんこ十二代目」、

かつて、千葉・千葉寺にあった「和屋」、

本当に本当に大好きでした。

そのレベルで、この「麺や勝治」が好き。

このレベルで「好き!」と言えるお店って、そうそうありません。

また、横浜に来る機会があったら、まず僕はこのお店に駆けつけたいです。

このセットメニューも、いつか食べたい!!

牛骨スープとご飯の相性は本当にばっちりですから!!

夏季限定の塩つけ麺も食べたかったなぁ、、、

今度いつ来られるやら(;;)

営業時間と定休日情報です。

日曜日と祭日はお休み、ですね。

是非、麺や勝治で、他ではなかなか味わえない牛骨ラーメン、食べてみてください!!

Comment

インドネパール料理ミトチャ@常盤台(横浜)絶品カレーを学生のために!

2018-08-23 19:09:37 | 神奈川

おそらく、本ブログの読者のみなさまには、「どこやねん」と思われるかもしれませんが…

まぁ、実食レポということで。。。

横浜国立大の学生なら、きっとよく知るお店かも!?

横国から和田町駅に向かうその途中にあります。

(というか、横国大生じゃないと来ないでしょ、っていう場所、、、)

こんな場所です。

昨年から気になっていたお店で、遂に来ることができました。

(残念ながら、中華系やラーメン系のお店は大学付近にないんです)

そのお店の名は、

インドネパール料理 ミトチャ

です!

ミトチャ…

分かりますとも。ネパール語で「美味しい」という意味ですよね。

近所のコンビニのお兄さんに教えてもらいましたからね。

 僕の「ネパール語」の記事はこちら

店内は、かなり狭いですが、座席数はそこそこあるかな!?

昼時は、横国生で埋まりますね~。

赤ちゃんをおんぶした女将さん?がフロアを担当しています。

ネパールから来た方みたいです

メニュー(昼)です!

下の方も、、、

こちらのお店には、残念ながら「麺料理」はありませんでした。

が、カレーがとっても充実しています♪

しかも、昼だと、カレーとナン・ライスとサラダとドリンクで、650円~750円ほど。

安い、、、(@@)!!

せっかくなので、一番基本の「チキンカレー」をお願いしました。

ナンがとっても美味しそうですが、ご飯派の僕なので、ライスで。

注文すると、まず、ドリンクとミニサラダが出てきます♪

かわいいミニサラダでした。

自家製のサウザンドレッシングがかかっていました。

うん、美味しいなぁ~~~。

カレーへのテンションが上がっていきます!!

で、、、

ジャジャーン!!

来ましたー!!

ミトチャのチキンカレー。

訳せば、「美味しいのチキンカレー」…苦笑

一番驚いたのは、ライス!!

日本のもっちりしたご飯じゃなくて、東南アジア系の細長いパラパラご飯!

ご覧下さい!!

これに、僕のテンションは超あがりました♪

東南アジアのライス、日本のお米とはかなり違うけど、これはこれで美味しいんです。

カレーには、絶対、こういうお米が合う!と本気で思っております。

この細長いパラパラっとしたライスに、カレーをのっけて、パクリと食べます。

すっごい優しくて、上品で、旨みのある味わいのカレーですよ、、、

辛さはかなり控えめ。。。

これが、ネパール流のカレーなのかしら!?

とっても食べやすくて、美味しさを感じるカレーでした。

インド系でも、イギリス系でも、日本式でもないカレー。

(つまり、ネパール式のカレー!?)

でも、日本人の口に合うように作られているようにも思いました。

異国情緒と日本っぽさの両方を感じられるカレーと言えばいいかな。

ネパール人のご夫婦の対応もとてもよくて、

安心して、楽しくいただけました。

BGMも、ネパールの音楽なのかな!?

なんか、とっても素敵な音楽に触れることもできました。

夜になると、メニューも増えるっぽいです。

きっと、部活等を終えた学生で賑わうんだろうなぁ、、、。

学生のための食堂としての機能もあって、、、。

こういう学生のための飲食店というのも、いいですねー。

ネパール出身のご夫婦で営んでいる小さなお店。

この字も、きっと見よう見まねで一生懸命書いたんだろうなぁ、、、、

マシシユルムとチキン。。。

これも、きっと美味しいんだろうなー。


ミトチャの近くに、こんなお店がありました。

お昼の営業はないみたいですが、夜はやっているみたい!?

「日替り定食 おふくろの味 料心亭」

いったいどんなお店なんだろう!?!?

夜のみの営業だとか!?

でっかい排骨麺があるんだとか!?

 ラーメンデータベースにこのお店の情報があった!!!

くー、、、

夜に、このお店で、レトロ?なラーメン、食べたいなぁ、、、

またいつ日か、、、

Comment

横浜家@横浜 あの「吉村家」の目の前にある豚骨醤油のラーメン店!?

2018-08-22 21:04:45 | 神奈川

横浜遠征一日目の夜、

二軒目☆

昨年の非常勤の講義は「月曜日」でした。

なので、横浜を代表する家系の元祖「吉村家」には行けませんでした(;;)

吉村家って、月曜日、定休日なんですよね、、、

なので、めっちゃ久々に食べに行こうかと、現地に向かってみると、、、

とんでもない行列ができていましたΣ(゚д゚lll)

この行列を見て、僕の心は一瞬で折れました…。

(怠慢な僕は、行列に並ぶのは本当に嫌なんです…)

なんか、家系ブームだった頃よりも混んでないか!?!?

この行列に並ぶのは嫌、、、汗

そんなこんなで、心の折れた僕。

でも、その瞬間、「あ…」って思いました。

考えたら、ずっと気になっていながら、行ってないお店があった・・

しかも、吉村家の「目の前」に・・。

県道13号の向かいにひっそりと佇むラーメン店、

横浜家 岡野町店

です!!

家系の元祖店「吉村家」の目の前で孤軍奮闘する小さなお店。

いったい、どんなラーメンなんだろう?!、と。

しかも、豚骨醤油系=家系風ってことで、、、

元祖の前で、どんな豚骨醤油ラーメンを出すんだ!?

ある意味で、ラーメン界の「珍風景」と言えるかも!?

メニューです。

色々ありますねー。

でも、初訪なので、基本の「豚骨醤油ラーメン」(650円)を♪

注文後に、家系のお店みたいに、麺の固さ、味の濃さ、油の量を申し出ます。

僕は、だいたいいつも、全部「普通」にします。

普通が一番!!

で、、、

注文したら、あっという間にやってきました。

早いのはいいこと♪

ジャジャーン!!

なかなか、濃そうなスープですぞ、、、

スープを飲むと、獣臭といいますか、ワイルドな味わいになっていました。

吉村家よりも、はるかに「とんこつ」のにおいを強く出してきますねー。

なので、「クセ」があります。

とはいえ、都内主流のドロ系ラーメンとも違って、ちゃんとスープになっている。

ただ、しょっぱさや油っぽさは(普通なのに)かなり強くて、バランスはよくないかな。

吉村家をはじめとする家系ラーメンって、美味しいんだけど、それ以上にバランスがいい。

そういう意味では、吉村家に対抗すべく「アンバランス」な味を出してきているのかな?、と。

同じようなラーメンじゃ、太刀打ちできないわけで、、、

吉村家のラーメンが物足りない、と思う人は、きっとこっちを選ぶんだろうな。

なんていうか、「エグい豚骨醤油ラーメン」!?!?

でも、だからこそ、この地で、何年も営業を続けていけるのかもしれません。

だって、このエリア、吉村家だけじゃなくて、一風堂まであるし、他にも…

その中で、こちらの横浜家、昔からずっとあるんですもん。。。

zoom up!

このチャーシュー、なかなかいいヴィジュアルです。

柔らかくて、わりと厚みのあるチャーシューでした。

味的には、まぁ、普通に美味しい、、、って感じかな!?

麺は、こんな感じです。

「自家製の細麺」のオーダーも可能ということで、そうしました。

こういうエグい豚骨醤油スープを、細麺で食べるのは、新鮮な経験かも。

量も適量で、食感も標準的で、決して悪くありませんでした。

吉村家との「差異化」をはかる、という意味でも、いい選択肢かもしれません。

チャーシューは、まぁ、普通だったかな!?

他も、そんなに大きな特徴はなかったかな!?

***

吉村家の目の前で戦い続ける勇者のようなお店。

そのラーメンは、クセがあって、エグくて、しょっぱくて、アンバランスな一杯でした。

僕個人的には、やっぱり「吉村家」の方がいいなぁ、と思うけど、、、

でも、そうじゃない人には、有力な選択肢になっているんでしょうね。

事実、こちらのお店にも、たくさんの人が集まっていましたからね。

「人気の美味しいラーメン店」だけがラーメン店じゃない。

そのレンジの広さにこそ、ラーメンの最大の魅力があるんです。

もちろん、吉村家のラーメンは圧倒的に旨い。

でも、完全なる無敵ではない。

横浜家が存在する理由は、まさにそこにある気がしました。

万人受けすることだけがすべてじゃないし、行列がすべてでもない。

そんなことを教えてもらった気がしました。

自家製麺のお店なんですよね~。

油そばもなかなか美味しそうでした。

涼風ざるラーメンも、ちょっと気になったかなぁ、、、

燻味玉、これ、食べればよかったなぁ、、、(後悔、、、)

ガッツリラーメンなるものも!!!

どんな感じなんだろ!?

ネットで調べたら、これが、とんでもない一杯だった、、、

 家系×二郎系のG系の「ガッツリラーメン」の記事(ブログ)はこちら

こっちを食べてみればよかった、、、

でも、二杯目だったし、無理だったかな!?

そんなわけで、、、

是非、吉村家の行列に心折れた時は、こちらのラーメンを♪♪♪

Comment

塩らー麺本丸亭@横浜 春菊トッピングが印象的な人気の塩ラーメン店!

2018-08-22 00:19:28 | 神奈川

久々に、横浜に戻ってまいりました!!\(^o^)/

昨年は、非常勤で半年間、毎週やってきましたが、今年は集中講義♪

4日間で16コマ。わりと(かなり)ハードです、、、

が、僕にとっては、貴重な<横浜ラーメン>の勉強の時間(苦笑)

回数も限られているので、まだ行ったことのないお店をまわりたいと思いました。

横浜駅近くには、いっぱいラーメン店があります。

その中で、今回まず向かったのが、

塩らー麺本丸亭 横浜店

です!

場所は、、、

こんな感じで、横浜駅から徒歩で6分くらいのところです。

まぁ、ギリギリ駅近かな!?

月曜日が定休日なので、昨年は行けませんでした。

なので、待望の訪問です。

…でも、本丸亭の味に触れるのは、二度目ですね。

 2008年の本丸亭川崎店のレポはこちら

ちょうど10年ぶりの本丸亭訪問になります☆

本丸亭といえば、「神奈川淡麗系」の主流に属するお店、ですかね。

一時代を築いたお店ともいえるかも!?

塩ラーメンに「春菊」がのるのが、ここの「最大の特徴」かな!?

メニューです!

色々ありますが、もう、ここは「本丸塩らー麺」で。

あと、絶対に美味しいと断言する「ミニまんま丼」も!

お店側としても、大プッシュしています。

<要注意>ですって(@@)

「食べると絶対ハマります」、だって!!

ハマは、「横浜」のハマとかけているのかな??

さてさて、、、

ジャジャーン!

来ました!

10年ぶりの本丸亭の塩らー麺です。

まず思ったのは、「あれー、春菊が少ないし、小さいぞ!」でした(苦笑)

豪快にどーんと春菊がのるのが、本丸亭じゃなかったっけ!?

それはそうと、、、

この春菊は、まずスープの底に沈めるといいんだそうです。

生の春菊がスープの上にのるので、スープに沈めて生っぽさを消せってことかな!?

チャーシューもこんがりと焼けていて、美味しそう。

さすがは、本丸亭。見た目的には、とても美しいです。

このように、器が「超スリム」なのも、ちょっと個性的!?

いい写真が撮れたなぁ、、、

湯気がいい感じで、、、

しかし、春菊がちょい、さみしいなぁ、、、

で、、、 

スープは、魚介の旨みと香味油(鶏油?)のファットさが強く感じられました。

シンプルだけど、わりと奥行きのある味わいで、「旨いなぁ」って思わせます。

すっきりしているので、一度スープを飲んだら、最後まで飲み干したくなります。

うん、やっぱり、本丸亭の塩らー麺は、基本的に美味しいぞ、と。

千葉的に言うと、まるわの淡麗塩そばに近いっちゃ近い!?

いや、そんなに近くはないか、、、(;´・ω・)

でも、進化した淡麗系の旨み溢れる塩ラーメン、という意味では一緒かな、と。

麺は、こんな感じです。

神奈川のラーメンって、麺がホント美味しいんですよね。

僕の好みってわけじゃないけど、やっぱりいい麺だなぁと思わされました。

やっぱり、佐野実さんの影響とかってあるんだろうなぁ、、、

あの人の麺へのこだわりは半端なかった、、、

チャーシューはこんがりしたのが二枚。

ライトなスープとこんがりチャーシューの相性もとってもよかったなぁ。

さらに!!!

海老ワンタンが入っているんですよね。

なんで、デフォの塩らー麺に海老ワンタンが!?と、一瞬思いましたが、、、(;´・ω・)

まぁ、そこは、、、

で、最後に、春菊!!

スープの底に沈めた春菊ですが、これを食べたら、、、

「ひゃー!!! 春菊がうめー!!!」、ってなりました(;´・ω・)

臭みがなくなっていて、しっとりしていて、ラーメンのトッピングになっていたんです。

これには驚いた、、、

ただ、ちょっと寂しすぎるかなぁ、、、(量的にね)

そして、この「塩煮たまご」!! 

一日限定20個、100円の煮玉子です。

こんな感じで、、、

たしかに、塩のしょっぱさと旨みを感じる煮玉子でした。

これなら、あと3つくらい食べたいかも!?

旨みたっぷりの煮玉子で、最高のトッピングになっていますね。

そして、こちらが、イチオシサイドメニューの「ミニまんま丼」です!!

ひゃー、こりゃ、めっちゃ美味しそうだ!!!

まさに、ミニチャーシュー丼のヴィジュアル系!!

でも、構成要素は、わりとシンプル。

こんがり焼けたチャーシューに、キムチが乗っているもの。

キムチチャーシュー丼、ですね。

でも、これが、すこぶる旨い!!!

なんでだ!?!?って思うほどに。

きっと、ご飯に合うチャーシューなんだろうなぁ、、、

ご飯に合うチャーシューと合わないチャーシュー、ありますからね。

***

というわけで、、、

10年ぶりの本丸亭の実食レポでした!!!

月曜日定休日です。

…なので、昨年はここに来られませんでした。

でも、ようやく来られました。

春菊の小ささについては、うーんって感じでしたが、

塩ラーメンとしては、やっぱりとっても美味しかったです!!

Comment (1)

唐桃軒@関内 LAST◆今年度最後のヨコハマは昭和59年創業の渋いお店へ!

2017-07-31 01:11:53 | 神奈川

2017年前期の横浜シリーズ・最終回

です!!

***

今をトキメク人気店「丿貫」で二杯食べた後、、、

最後の力を振り絞って(?!)、

今期、どうしても行っておきたいお店に向かいました。

それが、

唐桃軒

であります!

ここ、前々から行ってみたかったんだ…。

なんとも、かつて「東京Vシュラン横浜ラーメン頂上決戦」で一位を取ったんだとか…

詳しくはこちらのサイトを

…でも、ラーメンのコメントは散々だな、、、(;´・ω・)

しかも、それを現店主さんに言うか、って、、、Σ(゚д゚lll)

それに、こちらのお店は、手元の雑誌によると、1984年創業。

メニューはこんな感じです。

基本的なラーメンは全部そろっている感じ!?

画像入りのメニューもありました。

なるほどー。

後々見ると、チャーシューメンがイチオシだったんだなぁ、、と(-_-;)

さらに!!!

「牛バララーメン」に「牛バラチャーシューメン」!?

ちょっと変わったラーメンもあるんですね。

冷やし中華も各種充実。

さすがは、30年以上の歴史をもつお店であります。

しかも、この横浜の地で、30年やるんですから。

凄いことですよね。

今回は、二杯食べた後なので、普通のラーメン(醤油)にしてみました。

ジャジャーン!

こちらが、唐桃軒のラーメンです!!

なんとも、お美しい…

ケバケバしたド派手なラーメンの真逆、、、

シンプルで、一切飾り気のないストレートなラーメン

のりの小ささが印象的でした。

一瞬、永福町大勝軒系かなと思いましたが、魚介の風味はしてきません。

zoom up!

スープを飲むと、じ~~~んわりと美味しさが感じられるあっさり味。

これぞ、ラーメンの歴史の歩みに寄り添う極上の中華スープ。

まさに、じんわり系。

多分、普通のラーメン好きの人が食べたら、「普通…」って答えると思います。

家系やら二郎系やら淡麗系やら、旨みや塩分や油分が強烈なラーメンに慣れているから。

そういうラーメンじゃない。

余計なものを一切排した王道かつ普遍的な味わいのスープ

そんな印象でした。

特記すべきは、ここの分厚い自家製チャーシューですね。

このチャーシューは、首都圏の中でもまさにトップクラスのチャーシューじゃないかな?

スープがじんわりライト系なだけに、この武骨なチャーシューが一層際立ちます。

これなら、「チャーシューメン」を注文すべきだった…。

けど、ラーメンでも十分にお肉の魅力に浸れます。

あっさりじんわりスープに、素朴な麺。

これを補完してくれる強力なパワーを放つチャーシュー。

一枚だけだからこそ、ありがたくゆっくりと頂くこともできたのかな、と。

麺はこんな感じです。

うん、まさにレトロ系王道のやさしい触感の中華麺。

するするっと食べられるのがいいですね。

sexyというよりは、mother's loveな麺(苦笑)

愛に溢れる麺ってこういうのかなぁ、、、と。。。

最後に、卓上のニンニクを入れると、、、

あらやだ、、、

めっちゃ、パンチのあるニンニク醤油ラーメンに大変化!

これは、入れるべきですね!!

***

以上、全15回にわたって、横浜ラーメン、お伝えいたしました!

でも、まだまだ、気になるお店はいっぱい!!

唐桃軒で、ひとまず〆る、というのは、Bestなセレクションだったかな、と思います。

新店、人気店、実力店、こだわり店、変態店、中堅店、老舗店、伝説店…

いろんなお店がありますが、やっぱりこういうお店が好き。

いや、ようやく、「好きになってきた」。

ブログを始めた頃だと、こういうお店の魅力には気づけなかった。

何十杯も、何百杯も、何千杯も食べて、分かってくるラーメンの世界というのもある。

多分、そういう世界を知覚するのが、「本質直観」なのかな、と。

個別の中に、特定の普遍的なものを正しく捉える直観、というか、、、

ようやく、ラーメンの食べ歩きが本当に楽しくなってきた感があります。

牛バラチャーシュー冷やし中華は、一杯1400円!

これも、食べたいなぁ、、、

来年来たら、この牛バラチャーシュー冷やし、食べるぞ~!!

カウンター席のところにも、こんなメニュー表が貼ってありました。

ねぎメンマチャーシューメンも、なんかそそるなぁ、、、

トッピング全部大盛りラーメンってことかな!?

すなわち、特製ラーメン!?ってこと!?

チャーシューメンの画像も店頭に掲示されていました。

こんな感じみたいですねー。

なんか、よさげだなぁ~、、、

関内のメインストリート(歩行者専用)から少し入ったところにあります。

丿貫から関内に戻る途中にあるので、丿貫との連食は「奨励」ですね♪

順序としては、こちらの「唐桃軒」→「丿貫」の方がいいかな!?

というわけで!!!

サヨナラ横浜!

Good bye Yokohama!

来年は、夜の横浜ラーメンツアーもできたらいいなぁ、、、

また一年後に会いましょう!

Comment

灰汁中華丿貴@関内 煮干メインの超実力派の人気店!冷やしも凄い!

2017-07-30 00:20:15 | 神奈川

2017年度、横浜遠征最後の日!!

この3ヶ月、本当に本当に怒涛でした。

毎週月曜日、朝5時50分に家を出て、横浜に向かう生活。世の中には、5時台に起きて、6時には電車に乗って都内に向かう人がいっぱいいるんですね。それを毎日繰り返しているサラリーマンの人には、ホント、頭が下がります。多分、習慣化されているので、慣れているのかもしれませんが… でも、大人になれば、夜まで居酒屋で一杯♪なんてことも多々あるわけで、それでも、翌日、5時に起きて、6時前の電車で通勤…している人もいるんですよね。

今年度の横浜遠征最終日。

せっかくなら「超人気店」に行こう!と思って、向かったのが、

灰汁中華丿貴(へちかん)

というお店でした。

丿貴のツイッターはこちら

場所は、関内駅から歩いて7分くらいのところかな!?

こんな場所にあります♪

ちょっと分かりにくい場所にあるかな。大人の歓楽街の中… 目の前は…。

こちらのお店は、各地で間借り営業を続けてきて、2016年2月に店舗開業したお店みたいです。

詳しくはこちらのブログ記事を

店主さんは独学らしく、どこかのお店の強い影響はないみたいです。

今の横浜で一際輝く新しいラーメン店と言ってよいでしょう☆

***

オープン直後に、お店に到着しました。

そのせいか、たまたまか、行列はできておらず、すぐに着席できました。

お店の人曰く、「今日はラッキーですよ。普段はこんなんじゃありません」、と。

それほど混んでいなかったので、二杯連続で頂きました。

メニューです。

もう、全部食べたい!!!

全部、自分のものにしたい! 胃袋に入れたい!

でも、それは無理なので、、、

限定15杯の冷たいラーメン→オマール海老ポタージュそば

の順で頂きました。

牛香る煮干しそば鳥取風」も食べたかったなぁ…(;;)

鳥取まで行った人間として、、、

(;;)

「連食大歓迎」って書いてあります。

これ、書いてあると、連食する人の負担軽減になりますね。

人気店であればあるほど、こういう配慮が嬉しいです。

あと、「ハラペーニョの和え玉」も人気みたいです。

が、さすがにそこまでは、食べられない、、、(;;)

いやー、一度じゃ何も語れないお店だ…

まずは、限定の浅利風味の冷やしラーメンから行ってみましょう!

ジャジャーン!!

こちらが、丿貫オリジナルの冷やしラーメン、

浅利潮そばの冷やし

です!

意外とシンプルというか、、、

余計なトッピングはほぼなし。

冷たいスープを飲むと、そこはもう「未体験ゾーン」…

こんな冷やしラーメンは食べたことがない、、、

煮干スープ×浅利スープのWスープ、ですよね、、、

あっさり系の魚介スープですが、もうなんとも贅沢なお味、、、

旨み成分がどこまでも攻め込んでくる、という、、、

でも、浅利特有の臭いみたいなものはなかったかな。

きっと、その辺はちゃんと工夫されているのでしょう!

僕の隣にいた女性も、同じ冷やしラーメンを食べて、「美味しいわ~♡」と言ってました(苦笑)。

いや、これは、食べたら、もうそう言うしかないでしょう、というレベル。

さすがは、今をトキメク横浜の人気ラーメン店の限定冷やしラーメンです!!

麺はこんな感じです。

(あまりに美味しすぎて、食べてから麺の画像を撮り忘れていることに気づきました…汗)

麺はわりと普通、というか、オーソドックスかな…、と。

細くて、結構ポキポキっとした麺でした。

横浜には、麺が卓越したお店がいっぱいありますからね。

そういう意味では、麺はわりと「安全運転」な感じでした。

あっという間に、完食してしまいました。

続いて、、、

ジャジャーン!

こちらが、濃厚系の、

オマール海老ポタージュそば

です。

素敵なヴィジュアルでしょ!?!?

ちなみに、みんな、ウズラの味卵をトッピングしていました。

チャーシューは、なんかローストビーフみたいな?!?!

イマドキのお店らしい、凝りに凝ったチャーシューになっていました。

スープは、濃厚な煮干系のトロトロスープ。

そこに、海老油が加わっている感じかな!?

海老風味の濃厚煮干しラーメンって、あんまり聞かないかも!?

上で「トロトロ」って書きました。決して「ドロドロ」ではなかったと思います。

この辺のバランス感覚が、とってもイマドキって感じがしました。

チャーシューは、いわゆる「低温調理系」。。。

牛しゃぶしゃぶを食べている感覚に陥りました。

(大抵はチャーシュー増しにしているようでした…無念、、、)

あと、ウズラの味玉もかなりユニークでした。

企業秘密とのことでしたが、なんかブランデーのようなものが入っているような…

リキュールかな? うずらの卵の中に何かを入れ込んでいるのは間違いなさそうです。

こういうアプローチの味玉は多分人生初だ、、、(-_-;)

いやー、凄いわ、、、

麺はこんな感じです。

かなりしっかりしたやや太めの麺でした。

スープが結構イケイケなので、これくらいの麺じゃないとダメなんでしょうね。

博多のラーメンの麺が太くなって、パワーアップした感じ!?でした。

うずらの味玉、ホント、素敵でした。

この中に入っていたのは、何だったんだろうなぁ、、、

高級なブランデーっぽかったなぁ、、、

スープは、海老×煮干しの濃厚系で、とてもパワフルなスープでしたね。

…というわけで、、、

丿貫、とっても素敵なお店でした。

お店の人の対応もとても紳士的です。

女性客が多いのも頷けます。

が、、、この丿貫の目の前は、、、

お昼はいいけど、夜にここに来たら、ちょっとなんか壊そうかな!?

怖いおじちゃんとかがいっぱい歩いてそう…(偏見、、、汗)

また、いつかこちらのお店にまた来たいと思います!!

丿貫、最高でした!!!

Comment

ラーメン&カレー太源@伊勢崎長者町 昭和48年創業!老舗店渾身の「カレーラーメン」!

2017-07-28 00:12:14 | 神奈川

有名店(?)の「戸みら伊」のラーメンを堪能した後、、、

ちょっと離れたところにある「某有名店」に行こうかなと思ったのですが、、、

この近くに、一度見ておきたいお店があるなぁ、と思って向かったのが…

ラーメン&カレー 太源

というお店でありました!

(その「某有名店」には翌週に行きました。その記事も近々upします♪)

とりあえず「見るだけ」という気持ちで行ったのですが、、、

お店の外観を見て、もう、一発で「惚れて」しまいました。

一目ぼれ!

なんじゃ、こりゃ、この理想的な店舗!!!

凄いでしょ!?

これはもう僕のどストライクの老舗ラーメン店ですよ。

昭和48年創業ということなので、44年の歴史をもつ老舗店です。。。

どうやら、ここには、横浜で最古のカレーラーメンがあるとか、、、

店内には、二人の年配の方が厨房に立っておられました。

ちょっと最初は「怖いおじちゃんかも!?」と思いましたが、全然違いました。

創業者の方のことを尋ねると、「社長」と言っていたので、店主さんが他にいるのでしょう。

どういう形態なのかは分かりませんが、、、汗

メニューを見てみましょう!

見てください!

この素敵なラインナップ!!

「ラーメン」も気になりますが、

なんといっても、「ニンニクラーメン」!

こういうレトロなお店のニンニクラーメンに絶対はずれはない!!(はず)

さらに、「チャーシューワンタンメン」まであって、、、(;;)

oh my god!!

でも、ここは、初志貫徹。

カレーラーメン」(900円)を頂きます。

注文後に、「ニンニクいれる?」と尋ねられます。

「お願いします」というと、クラッシャーで生のニンニクをたくさん入れてくれます。

つまりは、「ニンニクカレーラーメン」なんですねー!!

ジャジャーン!!!

こちらが、太源のカレーラーメンです!!

ラーメン用の寸胴からスープを器に入れ、

そして、ラーメン用のスープで作ったカレールーを加え、、、

そして、麺を加えます。

すなわち、ラーメンスープ×ラーメンスープで作ったカレーのミクスチャーだったんです!!

しかも、ここに、搾りたての生ニンニクが入るわけで、、、

これが、おいしくないわけがない!!

日本人なら誰もが納得のマイルドな和風カレーの味のラーメン。

和風の日式カレーですが、このルーの元はラーメンのスープ。

いやー、もう、涙しか出てこないですよ、、、

ちなみに、寸胴の中を見ましたが、めちゃめちゃたくさん色んなものが入っていました。

こりゃ、ラーメンも絶対に美味しいだろうな、、、と(指をくわえて、寸胴を見つめました)

麺はこんな感じです。

素朴でありながらも、時代を超えて愛されるタイプのやんわり麺でした。

もそもそっとした食感の麺で、老舗店で時折体験できるタイプの麺かな、と。

チャーシューもとっても美味しかったんですが、

カレーの方に入っているお肉(鶏肉?!)も、やわらかくて美味しかったです。

メンマは、老舗店でよく食べるタイプのちょい臭みのあるあのメンマでした。

これは、いい!!!

***

でも、ネットを見ると、ここでは、「ラーメン+茶碗カレー」がBESTみたいです

来年、また横浜に戻ってきたら、ここを再訪して、今度はラーメン+茶碗カレーを頂きたいと思います。

いやー、いいお店でしたー(;;)

こういうお店を求めて、僕はラーメン巡りをしているんだった、、、

流行りと無縁で、歴史があって、アウラがあって、、、

オリジナリティーがあって、揺るがない信念があって、、、

kei、大感激でした♪

最寄り駅は「伊勢崎長者町駅」ですが、「関内駅」からも歩けます。

個人的には、横浜トップクラスの優れた名店だと思います♪

次回、ここのラーメンを食べないことには何とも言えませんが…

Comment

戸みら伊@伊勢崎長者町 一風変わった濃厚豚骨魚介ラーメンにうっとり!

2017-07-27 00:08:01 | 神奈川

横浜での非常勤もあと残り二回になりました。

来週の講義で「終わり」です!!

半期だけなので、次はまた来年。

でも、この14週間、月曜日に横浜に来て、色々とラーメンが食べられました!!

もう、それだけで、非常勤を引き受けた甲斐があります(苦笑)

***

今回は、再び、伊勢崎長者町!

このエリアには、ラーメン店がいっぱいあります。

その中で、店名で目についたのが、、、

戸みら伊

というお店でした。

イメージ的には、「みなとみらい」みたいな感じ!?

横浜のお店かと思ったんですけど、、、

調べたら違いました。

上野に戸みら伊の本店があるみたいです

メニューは、、、

こんな感じです。

今となっては懐かしい「豚骨魚介らぁめん」が券売機の左上にあります。

それから、店名にもなっている「戸みら伊らぁめん」があって、

さらに、「チーズ担々麺」や「つけ麺」などもあります。

なかなか、いい感じで、色々と揃っていますねー。

こんな感じらしいです。

悩んだんですけど、「~白味噌仕立て~」という言葉に惹かれて、、、

「~白味噌仕立て~豚骨魚介らぁめん」を頂くことにしました。

味噌を使った豚骨魚介ラーメンって、ちょっと珍しいかな、と。

卓上にも、こんなメニューが置いてありました。

食券を買った後に、また悩むではないか、、、(;´・ω・)

とにかく、ラーメンの到来を待ちます。

そして、、、

ジャジャーン!!!

来ました。

こちらが、「戸みら伊」のイチオシメニューの豚骨魚介らぁめんです!!

うーん、いい感じです♪

まさに、「濃厚豚骨魚介ラーメン」そのまんまですね。

でも、このスープに、「白味噌」が入っているんですねー。

スープを飲むと、まさに、あの味!!

一時期、どこもかしこもこの味だったあの味、、、

けど、ちょっと違うんです。味噌の風味が本当に生きていました。

渋いのは、それほど味噌味噌していないんです。

隠し味程度!?

基本的には、鶏や豚、乾物、野菜等をドロドロにした濃厚スープ。

そこに、白味噌が加わり、干し海老も入ります。

なんか、色んな食材がふんだんに盛り込まれたいいとこ取りのスープでした。

…とはいえ、基本的には「魚豚」。

美味しいんだけど、それで終わっちゃうところは否めない。

ほんのり、柚子の風味が感じられるのも、ちょっとしたアクセントかな、と。

特徴的なのが、これ。

ラーメンの器がちょっと普通じゃないくらいに熱々で、このトレーがないと運べません。

ここまで器を熱くする必要があるのかどうか、、、(;´・ω・)

しかも、今は暑い暑い夏ですからね。。。

その辺は、よく分かりませんでした。

麺はこんな感じです。

太いもそもそっとした麺でした。

わりといい感じじゃないか、と。

濃厚なスープには、こういう太くて丈夫な麺がいいなぁ、と改めて思いました。

チャーシューは、こんな感じです。

わりと大きめなチャーシューだったと思います。

柔らかくて、わりと野性的な風味の残るチャーシューだったかな!?!?

で、スープの奥底に沈む干し海老。

スープの味わいに、かすかにこの海老の風味も感じられたかな、という感じ!?

ホント、色々入っているのがよく分かるスープでした。

ランチタイムだけですが、ゆで卵はなんと「無料」。

僕も食べたいなぁと思いましたが、自粛しました。

こういうサービスがあると、また来たくなりますねー。

お店の目の前は、歩行者専用のアーケード。

どこか、欧州みたいな感じでした。

この道を進むと、関内駅に到達します。

関内駅から延びるこのアーケード、とっても楽しいです。

若ければ、いろいろと見て回るところですが、、、

僕は、次のお店に向かうのでありました。

続くお店は、、、

wait!!!

Comment

海老秀関内桜通り店@関内 海老味噌ラーメンの人気店!?

2017-07-19 00:46:57 | 神奈川

横浜唯一?の「がんこ系」の麺や勝治の後、、、

もう一軒くらい行っておこう、と思って、向かったのが…

海老秀 関内桜通り店

でした。

関内桜通り店とあるくらいだから、チェーン店なのかな!?

まったく、「前情報なし」に、お店に入りました。

後々、ネットでチェックしたら、「ベガスベガス」という会社のお店なんですね。

ベガスベガスのオフィシャルHPはこちら

うーん、凄いなぁ、、、

ケバケバというか…(汗)

基本的には、山形のパチンコ会社らしいです…

飲食部門でも多角的に経営している会社って感じですね。

ま、それはさておき、、、

店内は、さすが企業系とあって、とっても広いです。

個人店じゃ絶対に無理なレベル、、、

厨房も広いし、カウンター席も長いし、テーブル席もある。

活気もあって、なかなかの繁盛ぶりでした。

メニューです。

基本的に「海老ラーメンで勝負!」のお店ですね。

味噌と辛味噌と塩があるぞ、、、

それにつけ麺も、、、

うーん、悩むなぁ、、、

で、ふと券売機の隣を見ると、、、

こんなのが掲げられていて、、、

おススメメニューは「海老秀味噌ラーメン」みたいなので、それを…。

(今振り返ると、海老塩を食べるべきだった…汗、みたいな)

ジャジャーン!

こちらが、海老秀自慢の海老味噌ラーメンです。

うん、オーソドックスなヴィジュアル。

海老の風味が結構感じられます。

ちょっと和風なおぼんもまたいい感じです。

zoom up!

スープを飲むと、わりと濃厚でマイルドなお味です。

そんなに、海老の風味が炸裂しているわけではなく、、、

ふわっと海老の風味が感じられる程度。

しょっぱさもわりとあって、嫌いじゃないな、、、

王道で、常識範囲内の海老味噌ラーメンでした。

驚く点はあまりなかったかな。

のりの上に乗ってた赤いのが気になった。

食感的に少しガリガリっとしていて、海老?と思ったけど…

赤いけど、そんなに辛くもなく、、、

麺はこんな感じです。

中太のストレート麺!?

するするっと食べられる弾力性のある麺でした。

チャーシューも定番のチャーシューで、いい感じかな!?

***

海老ラーメン専門店ってことで、、、

これからどうなるんでしょうね!?

個人的には、嫌いではない、、、けど、

フリーク的な驚きや感動はあまりなかったかな!?

とはいえ、海老ラーメンってだけで、ちょっとコアだけど、、、

でも、お店の雰囲気もいいし、活気もあるし、広々しているし、

お客さんも結構多く集まっているし、、、

いい感じで、全国展開していけるんじゃないかな!?

山形発のパチンコ店企業が展開する海老ラーメン店。

どうなることやら…

麺にもこだわっているようですね。

店舗情報も、、、

ラーメンなくして、人生なし、か。。。

まさに、、、\(^o^)/

なかなか、色んな意味で面白いお店でした。

Comment

麺や勝治@関内(横浜) 関内に「がんこ系」!?「青唐辛子」の冷たいラーメンも!

2017-07-18 13:10:19 | 神奈川

そろそろ、横浜への「出稼ぎ」も終わりに近づいています。

前期だけの非常勤なので、後期は横浜には来ません。

…しかし、毎週日曜日5時起きで6時前に家を出る生活・・・

辛かった(苦笑)。

ただ、学ぶこともいっぱいあったかな。

世の中のおじさんたちはこんなに早くに毎日出勤しているのか、と。

やっぱり、日本って狂った国だ、と。

朝6時の電車(郊外)が既に満員電車ですからね。

とても先進国とは思えない…、という。。。

ま、それはさておき…

***

ふと、思ったんです。

「あれ!? 横浜には『がんこラーメン』ってないのかな!?」、と。

そう言えば、僕は、本郷三丁目の「がんこラーメン」で県外のラーメンに目覚めたんでした。

本郷と、あと、秋葉原

本家本元の一条さんというよりは、本郷と秋葉末広町のがんこ。

思えば、本郷三丁目のがんこラーメンの「虜」「スレイヴ」だったんですよね。

がんこ系についてはこちらを参照!)

一言で言えば、「しょっぱくて美味しいラーメン」を出すお店!

そんなわけで、横浜市内を調べてみたら、、、、

あったんです。。。

それが、

麺や勝治

であります!!!!

横浜・関内駅から徒歩で数分のところにあるお店です。

この素敵な器と麺のモニュメント?が目印です!!!

麺が動いていて、見ているだけで、幸せな気分になります。

しかも!!!

なんと、こちらのお店には…

少し前まで相模原のがんこ総本家分店の店主さんがおられたんですって!

相模原のがんこ分店の店主さんは、家元一条さんの弟さん?らしく、、、

こちらも、「がんこ」の伝統を守るかなりコアなお店だったんですよね。

そんな家元の弟さんがいたお店、、、、

もう、それだけで、がんこファンとしてはたまらないものがあります。

(*で、今年の5月1日、コピオ相模原インター店内で復活したんですって!)

そんなわけで、こちらのお店は、完璧に「がんこ系」ですね。

もう、それだけで、テンションMAXですよー。

メニューです。

写真入りのボードもありました。

もちろん、がんこ系なので、まず、塩ラーメンは食べるとして、、、

(お店のオススメは、「青唐辛痛麺」らしいですが!!!)

もう一つ、どうしても見過ごすことのできないラーメンがありました。

それが、「青唐辛痛冷麺」です。

青唐辛子…

2000年から2004年まで通いに通ったがんこ本郷三丁目にも…

この青唐辛子(おろし)が卓上に置いてあって、よく使っていました。

青唐辛子もまた、「がんこ」の一つのシンボルというか、、、

それに…

惜しまれて閉店した末広町のがんこ8代目で大人気だったのが「冷やしラーメン」でした。

かつての僕の実食レポはこちら!!

青唐辛子入りの冷たいラーメン

もう、これがあるだけで、涙が出てきますよ(;;)

というわけで、、、

まずは、塩ラーメンから!!

ジャジャジャジャーン!!!

来ました!!!

期待を裏切らないこの素晴らしいヴィジュアル!

細切れの牛肉煮が眩しく輝いています。

スープも黄金色で、見ただけで美味しいのが分かるほど!!

で、スープを飲むと、、、

しょっぱい!でも、めっちゃ旨い!

って叫びたくなりました。

これぞ、がんこ系!!

salzig!!

しょっぱくて、どこまでも美味しいラーメン。

スープ的には、牛味、ですね!!

色んな食材が一つになって、「しょっぱさ」という武器を備えて、攻めてきます。

zoom up!

綺麗でしょ!?!?

ネギの上にのるカイワレがもう、眩しくて、、、苦笑

スープも、あっさりとしつつも、程よくファット。

で、味の付いた細切れの牛肉!!

これが、めっちゃいい仕事をしているんです。

スープに、牛肉の旨みがつたわり、とんでもなく牛肉味なんです

牛骨ラーメンは、結構色んなところで出されているんですけど、

ここまで、牛肉の旨みがつまったスープはなかなかないかも!?!?

感覚的には、吉野家等の牛丼がラーメンになりました!的な、、、

そこに、細かいフライドオニオンも入っていて、、、

もう、気絶しちゃいそうなくらいに美味しいスープでした。

麺は、僕が知る「がんこ系」とはちょっと違うタイプでした。

とはいえ、タイプ的には同じで、やや細いウェイブがかった麺。

ただ、あのがんこのポキポキ感はなかったかな!?

今の家元の麺に似てるといえば似てる!?

麺の量も、多すぎず少なすぎず、、、

まさに適量でした。

豚のチャーシューも、しっかりしていて美味しかったです。

豚に牛。

そして、牛の絶品スープ。

もう、文句のつけようがない、、、(;´・ω・)

続いて、、、

ジャジャーン!

こちらが、「青唐痛麺冷麺」です。

こちらもまた、がんこらしい冷たいラーメン!

秋葉原・末広町にあったがんこ8代目の冷やしラーメンを想い出します(;;)。

8代目の冷やしラーメン、ホント美味しかったから…。

イメージ的にはそういう感じです。

が、そこに青唐辛子の辛さが加わります。

キリッとした辛さというか、ピリッとした辛さ。。。

いわゆるラー油や唐辛子や山椒とはちょっと違うタイプの辛さです。

これが、冷たいスープに入ることで、独特な美味しさが生み出されます。

いやー、これは、もう世界中の人に食べてもらいたい!(苦笑)

でも、驚くのはここからです。

見てください!

緑色の麺!!!

これ、わかめが練り込まれた麺なんですって!

ほうれん草かなと思いきや、まさかのわかめ!!

いいじゃないですかー!

麺の味としてわかめを感じるわけではありませんが、

この(クソ)暑い夏には、「色彩」も大事です。

冷たくて辛くてしょっぱいスープに、緑色の麺。

完璧です(;;)

あと、チャーシューも、格別でした。

普通、冷たいチャーシューっていうと、だいたい美味しくないんです。

けど、ここのチャーシューは、冷たくてしかもめっちゃ美味しい!という。。。

この冷やしチャーシューを食べるだけでも、十分に価値があると思います!

次回は、イチオシの「青唐辛痛麺」を頂くぞー!

でも、入れ過ぎると、また倒れる可能性もあるからな、、、

ノーマルでいいな(苦笑)

絶対にまた来ます!!

今期最後はここのラーメンかな!?

土曜日限定のスペシャルメニューなんかもありますよ。

鮮魚系!!!???

がんこ系の鮮魚系、こちらも食べてみたいなぁ、、、(;;)

あと、青唐辛子の瓶詰も買えるみたいです。

買っておけばよかったかな!?

でも、このお店のこのラーメンにこの青唐辛子を加えたい、、、

来なきゃダメだ!!(@@)

夜の定食なんていうのもあります。

あー、近所にあったら、週一で来るのに…(;;)

都賀に「がんこ系」、登場しないかなー!?(;;)

定休日は日曜日&祝祭日。

憶えておかなくっちゃ!!

とにもかくにも、、、

関内にがんこ系の絶品ラーメンがある!

ってことで。

関内駅近くの路地裏にあります。

なかなかスタイリッシュな街であります。

このまま、この先の大通りを左に曲がって、次のお店に向かいます♪

次は、味噌味の海老ラーメンだ!!??

Comment

つけめん桜の如く@天王寺(横浜) 限定「辛吹雪」は辛いつけ麺!

2017-07-13 00:42:39 | 神奈川

寿々喜家でラーメンを食べた後、学生のSさんとはお別れして…

相模鉄道本線で横浜駅を目指しました。

せっかくなら、この相模鉄道本線のどこかの駅でもう一杯…

で、色々調べていたら、、、

つけめん桜の如く

というお店が「天王寺駅」近くにあることが分かりました。

桜の如く、というのが、なんかカッコいいなぁと思い、、、

突撃訪問しちゃいました!!

どんなお店なんだろう!?

オフィシャルホームページはこちら

こちらのつけめん桜の如くは、天王寺駅から徒歩1分未満!

とっても近いです。

お店の雰囲気としては、わりと最近のお店!っていう感じ!?

創業は2013年6月、らしいです。

いわゆる「濃厚豚骨魚介系つけ麺」の専門店みたいですね。

ひと昔前に一世風靡したあの味。

最近、こういう系のつけ麺って全然食べてないからたまにはいいかも!?

メニューはこんな感じです。

色々とありますねー。

つけめん、中華そば、油そば、、

一通り揃っていますね。

つけ麵でもよかったんですけど、限定のつけ麺に目が止まりました。

その名も、「辛吹雪」!

名前が素敵だったので、こちらにしました。

どんなつけ麺なんだろ!?!?!

ジャジャーン!

来ました、辛いつけ麺♪

千葉の名店「麺処まるわ」のたんたん辛つけ麵が大好きな僕だけに、テンションup!

横浜で食べる辛いつけ麺。

スープを飲むと、「おお、辛い♪」ってなります。

酸味もちょっとあるかな!?

ゆずの風味も結構します。

基本的には、濃厚魚介豚骨ベースの濃厚スープ。

そこに、辛味調味料が加わった感じのもの。

酸っぱ辛い濃厚魚介豚骨味!!!

ちょっと独特な味わいの辛さだ…

唐辛子だけじゃないな、、、(maybe)

麺はこんな感じです。

数年前?に流行った全粒粉系!?

わりといい麺だなぁ、と思いました。

濃厚豚骨魚介全盛期によく食べたタイプの麺でした。

全体的に、「懐かしいなぁ…」という感じかな。

***

濃厚豚骨魚介…。

一時代を築いた味ですよね。

美味しいなぁと思う反面、もういいや、と思う自分がいます。

味的に、なんか分かり切っちゃってる部分が強いというか…。

何なんだろうなぁ、この感覚。

他のラーメン・つけ麺では感じないんだけど…

濃厚豚骨魚介だけは、「もういいです」って言いたくなっちゃう…。

たとえ、その味に辛味を加えたとしても…

それくらい「完成された味」なのかもしれない、、、

完成されているからこそ、もう、そこに驚きも感動もない、というか…。

改めて、濃厚豚骨魚介のラーメン・つけ麺について考えさせられました。

あ、「辛つけめん」もあったんだ、、、

なかなか「再訪」は厳しいと思うけど、、、

もし再訪する機会があったら、別のメニューも頼んでみたいですね。

ただ、横浜だからなぁ、、、

二度行くお店って、なかなか、、、(;´・ω・)

Comment