Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

本格中華料理華山亭@ガラパン(サイパン) 絶品裏メニューの牛ラーメン!

2013-07-27 08:51:23 | サイパン

サイパン、ラーメンツアーファイナルは「本格中華料理華山亭」です!

http://saipan.viva-la.com/shop_page/gourmet/food_chinese/1492/1.html  
http://www.coconuts-shin.com/saipan/food/news_id-160.html  
http://blog.livedoor.jp/mammalsaipan/tag/%E8%8F%AF%E5%B1%B1%E4%BA%AD 
http://blog.goo.ne.jp/atlantissaipan2011/e/b937e544351b6febb6dada7edd03183d 

ガラパン地区の中でも最も評判の良いお店ですね。

評判の良い本格中国料理店。

ですが、 

決してきどった値段ではなくて、ラーメン一杯5ドル。

この島の住民価格になっていて、手軽に食べやすいレストランになっています。

ただ、メニューを見ると、

 

10ドルを超えるメニューも多くて、それなりにそれなりの価格設定かなとも。

ラーメンにしようとかと思ってたのですが、店員さんが、

「メニューにはないけれど、美味しいラーメンは『牛ラーメン』なのよ」

と教えてくれました。

牛ラーメン?!?!

いいじゃないっすかー。

一昨年?に流行った牛ラーメン。サイパンで牛ラーメン、面白い!

と思って、こちらを注文。

 

出てきたのは、牛肉たっぷりの牛醤油味のラーメンでした。

いやー、贅沢だー。牛骨ラーメンじゃなくて、牛ラーメンですからね。

これだけ惜しみなく牛肉が使われると、それだけで幸せな気分になります。

日本でこれだけ牛肉の入ったラーメンを食べようとすると、すごい値段になりそう。

それに、フクロタケ。フクロタケがいっぱいごろごろと入っていて、にんまり。

フクロタケも日本で買うと高いんですよね。

しかも、お味もなかなかだったんです。

なにか突出している味ではないのですが、牛の旨みと鶏ベースのスープの味が合わさっていて。

とにかく飲みやすく、また食べやすい素晴らしい一杯でした。

たしかに、これまで食べてきたラーメンよりも、味そのものとして一番優れているかも、と。

とにかくコクのあるスープで、深い味わいが楽しめました。

フクロタケと牛肉がたっぷりなのが、最高でした。

また食べたいなぁ、これ。

世界各地のチャーハンを食べるのもまた、楽しみの一つであります。

日本で美味しいとされるチャーハンと、日本のラーメン店で評価されるチャーハンがあり、

また、国内で評価されるチャーハンと、国外で評価されるチャーハンがあり、、、

それらが微妙に異なっているのが面白いところです。

また、ヨーロッパで評価されるチャーハンと、南国で評価されるチャーハンにも差異があって。

あらためて、「味」って、地域や国によって違っているし、それに左右されているんだな、と。

ただ、ここのチャーハンは、どの国の人が食べても美味しいと感じるスタンダードな味だったような。

グアム、サイパンのチャーハンって、何か独特な感じもするんだけど、、、

フクロタケが大好きなので、こちらも注文してしまいました。

チンゲン菜とフクロタケが盛りだくさんの野菜炒めでした。

これだけフクロタケが食べられたら、もうそれだけで満足でありました。

味も絶品。the中国の味!って感じ。

***

サイパンのレストランの中でもかなりレベルの高いお店だと思いました。

ホテル内のレストランを除けば(食べてないので、、、汗)、ここがピカイチだったかな、と。

今のところは、ですよ。

また、サイパンに来たいと思います。

想像以上に、サイパン、素敵でした。

80年代から、日本のバブルと共に、日本人らによって開発されてきたサイパン。

バブルの頃は、多くの日本の若者たちがサイパンに来たみたいです(それをテレビで僕は見ていました)。

が、今のサイパンは、そういう派手さはなく、静かに、ゆるやかな時間が流れる南の島でした。

時折、「今は、日本人の数が減り、中国や韓国の人が多くなってきている」、と聴きました。

日本の若者たちに、もっともっと来てもらいたい場所です。

なんせ、成田空港から3時間ちょっとですもん。それで、南国、アメリカ。

異国に触れるためのスタートアイランドですよ。

値段も(他の海外に比べれば)そんなに高くないですし、是非。

一度、国を超えれば、どんどん世界に行きたくなるはず。

もっともっと日本の若者が世界に羽ばたいてもらいたいと願います。

その出発点として、サイパンはうってつけの場所かな、と。

Comment

金八レストラン@ガラパン(サイパン) サイパンの老舗日本食堂の見事な一杯!

2013-07-21 10:26:28 | サイパン

各種ガイドブックにも必ず掲載されているサイパンの人気日本レストランです。

http://www.saipan-web.com/kinpachi/ 
http://www.lovesaipan.net/kinpachirestaurant.html 

店名にまず驚きますよね。「金八」ですからね。

日本レストランですが、働いているスタッフはみんな現地の人。

英語で苦し紛れに、「なんで金八という名前なのか?」と尋ねたら、「日本の有名な先生の名前」、と答えてくれました。

そう、予想通り、金八先生から名前を取ったそうです。

が、このお店、創業30年なんです。

30年前って、金八先生ってやってたっけ?

(1979年放送開始ってことは、金八先生の方が先だ…)。

お隣には、、、

コンビニ金八までもが!!

そんな金八レストランは、ガラパン中心部、メインストリート沿いにあるのですが、店内は昭和の匂いのする大衆食堂みたいな感じでした。

とにかく広いです。お座敷もあります。

メニューは、実に100種類以上。

メニュー表はこんな感じです。

   

現地の日本語のテレビ番組でも紹介されていました。

とにかく、広くで、メニューが豊富。ファミレスっぽさはありません。

ラーメンは各種揃っていますが、僕の目を引きつけたのは、「ピリ辛ラーメン」(11ドル)でした。

  

このピリ辛ラーメン、いわゆる「味噌キムチラーメン」でした。

ピリ辛といいながら、そんなに辛くないです。キムチの辛さ程度です。

スープはなかなかノスタルジックながらも結構ボディーのあるお味でした。

麺は結構ぷよっとした食感で、生めんっぽさがしっかりありました。

チャーシューもなかなかの出来でした。

それほど感動するラーメンではないですが、異国の地で、「味噌キムチラーメン」を食べることになるとは、、、 

もやしもいっぱい。

常夏の島で食べる味噌ラーメン、

うん、格別でした。

でも、やっぱラーメン専門店ではないので、、、

それよりも、、、

それよりもはるかに感動したのが、「ベイクドサーモンロール」でした。

いわゆるアメリカ的お寿司なんですけど、これがもうたまげるくらいに美味しかったです。

日本のポピュラーな回転すしのこういうメニューとは比べ物にならないくらいに、、、

大満足な逸品でした。

***

食べた後、金八レストランの歴史についても教えてもらいました。

1980年の金八レストラン。

なんだか、のどかなお店ですよね。今の金八レストランと同じ場所なんだとか。

ガラパンエリアは、この時代に開発された町だったんですね。

そして。

リニューアル。

この時もまだ、のどかな感じがします。

そして今は、

30年が過ぎ、、、

 

↑クリックして、大きい画像で見てみてください!

夜、スコールが降ってきて、なんか違う雰囲気になっていました。

夜のコンビニ(笑)

サイパンの一番の中心にある歴史的な日本食堂。

きっと、行ったことのある人も多いんでしょうね!!!

Comment

ラーメン専門店みそや@ガラパン(サイパン) 閉店してしまったという情報多数!

2013-07-19 22:54:46 | サイパン

サイパン唯一の「ラーメン専門店」である「みそや」。

何気に、とっても楽しみにしていたんですけど、、、

営業している雰囲気は全くなし。。。

でも、「閉店した」という告知は一切ない。

 

メニューもそのまま掲示されていました。

近くの人に聞くと、「閉店した」、という声が多数聞かれました。

が、真相は分かりません。

もしかしたら「長期休業」しているだけかもしれません、、、

でも、きっと、おそらく閉店してしまっているんだと、、、

こちらが、サイパン最大のメイン通りです。

あまりにも人がいなくて、寂しい感じでした。

グアムとはやはり違う…

でも、僕は、そんなサイパンがとっても気に入りました。

TAIJI(沢田泰司さん)が亡くなった場所でもある。

きっと、TAIJIは、このサイパンが好きだったんでしょうね。

日本で一番カッコいいベーシスト。。。

調べると、TAIJIは、サイパンが大好きだったと。。。

なんか、分かる気がしました。

こういう場所が好きだったんだって。。。

Comment

Kee@ガラパン Micro Beach Hotel内でサイパンご当地「Soba」を食す!

2013-07-19 13:00:36 | サイパン

J's Restaurantに続き、またまたSoba=Chamorro Ramenを見つけました。

ガラパンの中心地の一角にあります。最寄りはハイアットリージェンシーホテルですね。

kee sandwich to goというお店です。
http://www.saipantribune.com/newsstory.aspx?newsID=114856

チャモロ人のためのラーメン=Soba。

こちらにも、そのSobaがあったんです。

  

このSobaを理解することが今回の旅の目的でもありました。

こちらのChamorro Ramenは、現地人価格?の6ドルでした。

  

こちらのChamorro Ramenにも、紅ショウガとスパムがしっかりと入っていました。

ヴィジュアル的には、J's Restaurantの方がインパクト大かな。

スープがやや多めかな。

スパム、たっぷりでしょ?!

それに、目玉焼き。それから、生のキャベツが入っていました。

こちらはまさに「サッポロ一番」の味だったと思います。

最近、サッポロ一番を食べていないので、記憶は確かではありませんが、、、

間違いなく、日本で食べるインスタントラーメンの味です。

こちらでも、スープにチリソースをぶっかけます。(ここからが本番♪)

熱い南国で辛いラーメンを食らう。それだけでもすごい経験になると思います。

僕的には、タバスコよりはここのチリソースの方が口に合うかなーと思いました。

こんな感じになります。どこか勝タンみたい、、、

基本的にインスタントラーメンなので、あんまり苦しくなりません。

ただ、このインスタントラーメンに、日本人が満足するかどうかは、、、汗

けど、そこにチャモロ的要素が加わっていて、面白いですよ。

Soba以外にも、色んなメニューがありました。

どれも食べてみたいファストフード的な料理ばかりでした。

お店の中から見える風景。

実弾射撃場に、新宿デートクラブ、、、

これがサイパンにくる日本人の「欲求」なのでしょうかね?!?!

 

Comment

J's Restaurant@ガラパン(サイパン) 知られざるサイパンのご当地ラーメン「SOBA」と邂逅!

2013-07-19 12:24:45 | サイパン

噂?によると、なんとこのサイパンならではの「ご当地ラーメン」があるんだとか。

http://oceanclub-saipan.blogspot.jp/2012/02/soba.html

昔、ハワイで、「サイミン」というご当地ラーメンを発見して震えあがりました。

http://sehensucht.269g.net/article/1674773.html
http://blog.goo.ne.jp/sehensucht/e/e672896780766465238dc22e1ae36cb9
 
http://blog.goo.ne.jp/sehensucht/e/0b07baaf964175a47c7138621a2f3d56 

サイパンには、「SOBA」といわれるチャモロ人のためのローカル・ラーメンがあるんですって。

世界のローカルラーメンに強い関心をもつ僕としては、もう我慢ができなくて、、、(苦笑)

今回、僕が一番行きたかったお店がこちらのJ's Restaurant。

http://saipan.viva-la.com/shop_page/gourmet/food_world/1189/1.html

調べる限り、ここが「SOBAの名店」みたいです。

J's Restaurantの創業は、1997年。13年くらいのお店ですね。

このエリアは、いわゆる現地の人の集う場所で、観光客はあまり来ない場所みたいです。

ホテルの人にも、「このエリアは現地の人のエリアなので、観光客はあまり行かない方がよい」と言っていました。

でも、ラーメンフリークたるや、そんなことでビビっていてはダメです(苦笑)。

イメージ的には、ハワイのリケリケドライブインみたいな感じかな。

日本的に言えば、「ローカルなファミレス」ですね。

店内はこんな感じ。

ほんとうに日本人の姿はほぼなく、現地の人が集まるローカルレストラン。

さて。

「Soba」はあるのでしょうか。ドキドキしながらメニューを見ます。

  

 

メニューも、英語表記のみ。ガラパンエリアとは全然違う感じです。

   

じゃーん。

これが、サイパンの知られざるご当地ラーメンの「SOBA」です!

前情報によれば、サッポロ一番ラーメンをただ出しているだけ、ということでしたが、本当にサッポロ一番ラーメンなのかは不明でした。

ただ、麺を見ると、どう考えても「乾麺」。

スープの味も、インスタントラーメンの味わい。ふむふむ。

ポイントは、紅ショウガとスパム、そして生キャベツの千切りです。

この三つがSobaの大きな特徴になっています。

サイパンの人がラーメンを食べるようになったきっかけは、日本で生まれたインスタントラーメン。

それを、こちらの現地の人が自分たちの口に合うように、アレンジしてきた結果がこの味のようです。

独特なのが、「味変」。

途中で、タバスコ(あるいは辛味調味料)と醤油を垂らして、味を変えます。

この味の変化が、このSOBAの魅力になっています。

いやー、こんなラーメン、日本には存在しませんよ。

これをまた日本で独自にアレンジして、逆輸入型SOBAが生まれたら素敵かな、と。

「サイパンご当地SAIPAN SOBA」。

どこかのお店で、このサイパンのご当地ラーメンが作られることを願うばかりです。

 

こちらが人気のFried Rice & Bacon and eggs(ローストベーコン4枚入り)。

こういうジャンクな感じの一品、大好きだぜ♪

日本ではあまり食べられないタイプの「定食」というかなんというか。

卵の下には、いわゆる「焼き飯」がいっぱい入っています。これがまた旨かった。

日本のチャーハンとは違う「Fried Rice」。文句なしですね。(でも、日本のチャーハン好きの人にはあんまり受けないんだろうな、ともちょっと思ったり)。

僕の中では、チャーハン=タイ米みたいな細い米が理想形で。

パラパラっとしたちょっと固めの米がいいんです。そういうタイプのお米でした。

さらに、もう一品♪

サイパン風のクリスピーチキン、ライス付、ですね。

コーンとクリスピーという素晴らしい組み合わせ♪

日本のクリスピーチキンとは違うタイプのチキンで、カリカリっていうよりはガリガリ。

この食感はたまらないです。地味に、僕、これ、大好きだなぁー。

***

このお店に来るまで、他のお店で食べていることに、「何か足りない」って感じてました。

ここに来て分かりました。それは、「異国感」だったんです。

ガラパンの中心地のお店はどこも「外国人狙い=日本人狙い」のお店ばっかり。

でも、このお店は現地の人のためのレストラン。

まさに、AWAY状態でした。

そういうAWAY感こそ、外国への旅の醍醐味なんだな、と。

近年、日本のラーメン店が続々と海外に店舗展開しています。

それはそれで、素晴らしいこと。

でも、それが終わりじゃなくて。。。

日本のラーメンを食べたその土地の人が、自分たちの口に合うように改良されて、そして、その地のラーメンが生まれること。それが、本当の目的だと思うんです。

サイミンも、このSOBAも、そうでした。

日本発祥のRAMENが、世界に広まって、そしてその世界でアレンジされて、日本には存在しないような「ご当地ラーメン」が生まれること。それこそが、やはり目指す先のような気がするんですよね。

日本の各地のご当地ラーメンもそうだったと思います。

その土地その土地に、風土があって、その風土によって、姿かたちが変わっていく。

それが、ある種の遊びのある文化形成の過程なんだと思います。

お店の隅っこにゲームエリアが。。。

なんか、こういう雰囲気もローカルで素敵でした。

この道の向こうがガラパンの中心街。

こっちは南。国際空港がある方向。

駐車場も広々。

 

ハワイのサイミン、そしてサイパンのSOBA。

どちらも、日本人とは縁遠い、でも日本のラーメンから生まれた「ご当地ラーメン」なんですよね。

グローバル化する中で、こういうローカルなラーメンが生まれてくる、というのも、またなんとも不思議な感じです。

Comment

ふるさと@ガラパン(サイパン) ほっこりとするちょっと不思議な塩ラーメン♪

2013-07-17 21:16:08 | サイパン

ガラパンの中心部のメインストリート沿いには、色んなレストランやショップが並んでいます。

でも、昔から知っている人は、皆、「寂れてしまった」と言います。

たしかに、グアムのような「活気」はありません。が、お店はどこもしっかりと営業しています。

とはいえ、世界各地を色々と見てみて、ここほど「寂れた感」のあるメインストリートはなかなかないかも…。

そんなメインストリートの一角にあるのが「ふるさと」です。

居酒屋レストランと書いてありました。

それなりの老舗レストランのようです。

ラーメンは色々とありました。

 

今回は、「塩ラーメン」を頂きました。

 

あまり期待していなかったのですが、これがまた美味しい塩ラーメンでした。

なんだろう? 違和感はないものの、ちょっと変わった塩ラーメンでした。

海藻系の風味がぎゅっとつまった甘みのある塩ラーメン、というか。

スープが独特で、思わず飲みほしそうになりました。

ほっこりする塩ラーメン♪

わかめがいっぱい入っていました。

チャーシューも普通に美味しいものでした。

ローカル色はやはり強くて、グアムとは違う趣の一杯でした。

こんなのも食べました♪

ビールにぴったり。サイパンは常夏アイランド。暑いんです。。。とにかく暑い。

だから、ビールが旨い♪

最近は、日本人がめっきり減って、中国の人や韓国の人がたくさん訪れるそうです。

バブル時代に、日本人によってリゾート地になったサイパン。

今は、日本人の観光客とほぼ同じくらい、中国や韓国の人が遊びに来てくれるそうです。

(ただし、休日、ゴールデンウィーク、お盆の時期は日本人だらけになるそうですが、、、)

もっと、日本の若者には、気軽にサイパンに来てもらいたいなぁー。

3時間で到着するアメリカですからね、一応。

っていうか、3時間で到着する南国の地。本当にいいところなんですよー。

 

Comment

CORAL GARDEN@マニャガハ島(Managaha Island,Saipan) ラーメンのためにマニャガハ島へ!

2013-07-17 19:54:39 | サイパン

ラーメンを求めてマニャガハ島まで行く人って、本当にいないと思われます(苦笑)。

マニャガハ島は世界で最も美しいとされる周囲1.5kmの小島で、かつて日本軍に「軍艦島」と呼ばれていた島でした。

美しくて透明な海水ゆえに、人気の高いエリアとなっています。が、ラーメンフリークの僕には、あまり興味がありません。というより、そんなマニャガハ島で「ラーメン」が食べられる、という情報を得たので、向かったのです。

恐らく、ラーメンが目的でこの島に訪れた日本人はきっと僕が初めてでしょう(苦笑)。

醤油ラーメンは11ドル。そして、冷やし中華は10ドルです。

マニャガハ島のラーメンの姿とは?!?!

 

ジャーン♪

醤油ラーメンは、ごく普通の日本の醤油ラーメンでした。が、意外にも麺が旨かったのです。

なんと乾麺じゃなかったのです。生めん? これには驚きました。

そして、スープもそれなりに飲めるスープでした。

え~?って叫びそうになりました(とはいえ、ここでスープを取っているとは思えませんが、、、)。

レタスが入っているのもポイントかな。

チャーシューも意外と美味しかった♪

っていうか、肉っぽさがあって、かなり美味しい!

 

冷やし中華は、なんと「つけ麺」スタイル。

スープの味はどう考えても冷やし中華のタレ。

なんだけど、麺をスープに浸して食べる冷やし中華でした。

もう、びっくりでした。

マニャガハ島唯一のレストランで食べられるラーメン&冷やし中華は、日本人向けのお味でした。

つけ麺スタイルの冷やし中華にはビビった。。。

いやー、海外のラーメン(類)は、だから、やめられないのです。

面白すぎ!!

本来なら、こういうのを味わうべきなんでしょうけどねー。

きっと、ここが一番の目的、というお客さんはいないでしょうねー。

世界のラーメンにますますはまりそう、、、汗

 

Comment

村一番@ガラパン(サイパン) 牛肉たっぷり!自慢のサーロインラーメン!

2013-07-14 02:34:11 | サイパン

先日、ふらっとサイパンに行ってきました。

日本人(?)の憧れ、ハワイ、グアムと続く南の島です。

日本から約3時間。あっという間に南国です。で、一応「アメリカ」。

前にグアムに行った時に、「いつかサイパンにも来たい!」って思いました。

まー、理由は「ラーメンが食べられる異国だから」なんですけどね、、、汗

***

サイパンでまず行きたいなって思ったのがこちらの村一番。

http://saipanaquasoul.com/restaurant%20muraichiban.html

この記事を読んで、「おお♪」って思ったんです。

村一番は、フェエスタリゾートホテルの真正面にある屋台村?みたいなお店で、オープンテラス的なお店。

夜のみの営業。

8年前に創業。それ以前は、日本人が経営していたようですが、8年前に現在の中国人スタッフのお店になったみたいです。

もともとは「朝日中華料理」という名前のお店で、現店舗の近くで営業していたみたいです。

さて、メニュー。

   

ばっちり日本語です♪

店員さんのおススメという「牛肉(サーロイン)ラーメン」を頂きました。

 

うっすらとカレー味のエスニックなラーメン。「手打ちラーメン」と名乗るだけあって、麺がとにかくよかった。

のど越しのよい平打ち麺で、量もたっぷり。だけど、するするって食べられちゃいます。

海外のラーメンの中でもハイレベルの「麺」だと思われます。

スープもこちらで取っているもので、力を入れているのがよく分かりました。

ローカル色の強い一杯で、素朴ながらユニークで独創的なラーメンだったと思います。

牛肉もいっぱい入っていました。もやし、ねぎは定番ですね。

で。

チャーハンです。

これがまたなんとも旨かった♪ パラパラっとしたチャーハンで、文句なし!でした。

量が半端ない。2合分くらいはあるんじゃないかなー。

餃子です♪

手作り感で溢れていました。なんかかわいい餃子だったなぁ。。。

夜のみの営業のお店で、アジア的なお店でした。

なんか、露店みたいな感じで。

もともとは、「朝日中華料理店」というお店だったそうです。

なかなか素敵な看板でしょ!?!

日本に近い外国ならでは、という感じでした。

ちょっと寂しいストリートでした。が、一応、メイン通りです。

前々から、「サイパンはグアムに比べるとかなりさびれた感じだからね」、と言われていました。

さびれている、というよりは、田舎の町って感じかな?!

巨大なホテルの目の前なんだけど、そこは雑多な感じの小さな歓楽街、という感じですかね。

歩いていると、「お兄さん、マッサージはどう?」とやたら声をかけられました。

若いお姉ちゃんたちがたくさんいて、行き交う人にマッサージを勧めていました。

ホテルはめちゃめちゃでかくて、立派なんですけどね、、、

ガラパン地区はサイパン最大の町なんですけどねー。。。

予想以上にローカルな感じの町でした。

 

Comment