Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

麺屋黄門さま@都賀 「鶏豚骨味玉らーめん塩」も何気に旨い!

2018-11-17 22:31:19 | 千葉市 若葉区

今、次の本(英語!)の原稿執筆に追われて、かなり焦ってます。

もう、デッドラインを超えていて、、、

ブログの更新もままなりません。

(ラーメンは食べてますけど、書く時間がないんです、、、(;;))

そんな危機的な中でも、、、

お腹は減ります(苦笑)

食わずに、人間、生きられませんからね。

というわけで、、、

またまたやってきました。

麺屋黄門さま

です!!

これまでに、全部のメニューを食べたと思っていたんですが、、、

考えたら、、、

まだ、、、

「鶏豚骨らーめん塩」を食べてない!!

ということに気づきました。

というわけで、鶏豚骨らーめん塩を頂くことにしました!!\(^o^)/

ジャジャーン!!!

こちらが、麺屋黄門さまの隠れた秘策!?!?

鶏豚骨らーめん塩

です!!

うん、まさに、「塩とんこつラーメンスタイル」の一杯ですね。

鶏も豚骨も使った白濁の塩ラーメン。

イメージ的には、少しライトな家系ラーメンの塩ラーメン風!?

コクがあって、わりと攻撃性もあって、一口食べたら、ぐいぐいいけます。

スープの表面に泡が浮いていて、フレッシュ感も感じられます。

zoom up!

このスープ、ある意味で、ユニバーサルデザイン的な一杯かも。

濃厚なラーメン好きな人には、少しあっさりに感じると思いますが、

でも、一般の人には、これでも「濃厚」に感じると思います。

あっさり好きな人には、白濁しているので、重く感じるかもしれませんが、

そういう人でも食べられる濃厚ラーメン、といいますか。

動物の野生味はありません。

すっきりしていて、クリーミーで、臭みがなくて、洗練されています。

臭い豚骨スープが好きな人にはやっぱり物足りないとは思いますが、、、

けど、僕には、ホント、ちょうどいいスープになっていましたね。

無理なく食べられる白湯スープ!!

麺はこんな感じです。

麺屋玲さんの麺はフリーク向けというか、ちょっと独特でしたが、

こちらの麺は、わりとイマドキの首都圏の王道というかなんというか。

もちもちでちょい固めの力強い太麺でした。

ここは、ラーメンごとに麺を変えているんですねー。

煮玉子は、今の時代としては、もはや珍しくなった超半熟!!

ここまで半熟なのは、もはや本当に珍しいです。

スープに黄身がなじんで、スープの色も変わります。

いいアクセントになっています。

で、こちらが、人気No.1の「黄門さまらーめん」です!!

大盛りだと、220gになるみたいです。

さっぱりとした昔ながらの醤油ラーメン。

イメージ的には、昔のデパートのレストランで食べた醤油ラーメンの味、、、かな。

なんか、懐かしいというか、、、

僕ら世代の人が幼少期に食べた醤油ラーメンの味??

僕ら世代の人が現代の世において〆に食べる醤油ラーメン!?

そんな感じでした。

***

鶏豚骨塩らーめん。

これ、なかなか美味しい一杯でした。

わりと、他じゃ食べられない味になっているかも!?

若い人も高齢の人も食べられるユニバーサルなクオリティー!?

日々の膨大な「業務」と本来の仕事である「研究」に疲れ切った僕には、

やさしい刺激となりました。

後味がよくて、気持ち悪くならないのがいいな、やっぱり。

麺屋黄門さま、是非行ってみてください!!

Comment

梨の花@東千葉 新地平へ!「牛スジ、白菜、しめじのあんかけ焼きそば」

2018-11-11 22:34:33 | 千葉市 若葉区

ずっと僕が大好きなお店。

梨の花

にやってきました!!\(^o^)/

実は、前回のレポの数日前にやってきたんです。

今回は、ちょっと変わったメニューを、、、♪

今年は「梨の花」にとっては、色々と激動の1年になりました。

長年、梨の花を支えてきたあつしくんも「卒業」。

でも、常にrolling stoneなのが「梨の花」。

この10年以上の間、ずっと変わり続けてきたお店だと思っています。

それが、僕にとっては「最大の魅力」でした。

まぜそば群に、

こってり群に、

あっさり群…。

どれにしようかな~~~って、思ったんですが、、、

ふわふわ玉子の炒飯が用意されており、、、

さらに!!!

驚きのメニューが出ていました。

牛スジ、白菜、しめじのあんかけ焼きそば

です!

えー!?!?

あんかけ焼きそば!? 

梨の花が???

ラーメンフリークなので、焼きそばは…と思いましたが、鈴木さんの作る焼きそば、、、

食べてみたい気持ちも、、、

また、鈴木さんに「これ、是非食べてもらいたいですねー」と言われ、、、

もう、これしかないぞ、と♪

というわけで、

ジャジャーン!!!

来ました来ました♪

具がい~~~っぱいのあんかけ焼きそば。

ラーメンだとあまり採れない野菜がいっぱい!!

白菜がいいなぁ~。

これ、全部、鈴木さんのオリジナルなんだとか。

オリジナルのオイスターソースの旨みがぎゅっと詰まった豪華な逸品。

甘みもわりと強めですが、背脂は使用していないんだとか、、、。

本格的な中華料理の焼きそばのような味わい。。。

でも、鈴木さん曰く、どこかで習った味ではない、とのこと。

オリジナルの味付けになっているみたいです。

さすがは、たたき上げ!?のお店なだけはある。

麺はなんと茹でた後にカリカリに焼いてます。

このカリッとした中華麺の美味しさと言ったらそれはそれは、、、。

この麺とオイスターソースがうまく合わさって、、、

一度食べたら、やめられないとまらない状態。

牛すじもいっぱい入っているので、お腹も満たされます。

あまりマニア的な要素はなくて、どちらかというと「直球」。

ラーメン屋さんのレベルではない本格あんかけ焼きそば。

ここに、僕は「梨の花の未来」を確かに感じました。

***

梨の花も、ホントにいろんなことがあり、、、

で、この焼きそばをもって、新たな地平に向かおうとしているのが伝わってきました。

本来、飲食店は自由なところ。

何を作るかも、別に誰かに決められているわけでもなく、、、

ラーメン店だからといって、出しちゃいけないものなんてない。

お客さんが喜んでくれるなら、何でも出せばいい。

自由な梨の花だからこそ、またしっかりとした腕をもつ鈴木さんだからこそ、

こういう展開になるのは、むしろ必然のような気もします。

ラーメン店だから、ラーメンを出さなきゃいけないという決まりなんてないわけで。

まだ、「脱ラーメン店」というわけではないとは思いますが、

更に自由度の高いお店になりそうな予感はしました。

***

更に、ミニ丼も充実しています。

値段的に考えて、ミニ丼だろうな、、、と。

更に更に、、、

厚切り焼きベーコンと半熟玉子のごはん(370円)も。

これ、食べたかったなぁ~~~。

(おそらく数年前に食べていると思うのですが、、、、)

現在は、「持ち帰りメニュー」も多数揃っています。

梨の花は、常に変わり続けるお店。

だからこそ、定期的に来る必要のあるお店でもあります。

僕としてはもっともっとここに来たいなぁって思うんですけどね。

また、近いうちに行きたいと思います。

皆様も是非!!!

Comment

麺屋黄門さま@都賀 裏メニュー誕生か?「スタミナ焼肉ラーメン」!!

2018-11-07 01:33:56 | 千葉市 若葉区

都賀の「麺屋玲」の跡地に登場した新店、

麺屋黄門さま

にまたやってきました。

一応、全メニュー制覇したんですが、、、

ちょっと今回は、趣を変えまして、、、

券売機に現在出ているラーメンは、夏限定の冷し担々麺を除いて、全部食べました。

このメインのラーメンとは別に、色々な一品ものが用意されているんです。

ここに、一つ、黄門さまの<未来>を感じるものがあったんです。

おつまみメニューなんですけど、

この中に、「スタミナ焼肉」なるものがあったんです。

ん??

スタミナ焼肉???

スタミナ焼肉があるなら、それをラーメンに乗せて、

スタミナ焼肉ラーメン

ができるじゃないか!!!

と。

そういう妄想が止まらなくなってしまいました。

店長さんと色々相談しまして、これは「黄門さま醤油ラーメン」が合うだろう、と。

また、もう妄想的理屈づけなんですけど、

黄門様といえば、水戸。

水戸と言えば、スタミナ冷やし!

となれば、黄門さまでスタミナ系は、あり!!

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

来ました!!!

僕の妄想から、(半ば無理やりに)作ってもらった思索的試作品、

スタミナ焼肉ラーメン

です!!

ラーメン(650円)+スタミナ焼肉(300円)=950円+味玉。

通常の黄門さまラーメンにスタミナ焼肉が乗ったものです。

でも、焼肉が入ることで、かなり豪快感が増します。

具がたくさん過ぎて、麺が見えません!!

うふふ~~♪

こんな感じですね。

本当に、麺が見えません!!

こういうボリューミーなラーメン、好きな人は好きだと思います。

肉食系の人は、これ、食べたくなるんじゃないかな??

スープは、あっさりとしたわりと醤油の味の強いスープでした。

魚介の風味や旨みはほとんど感じません。

使っているかもしれませんが、知覚レベルではあまり…。

なので、昔ながらの優しい醤油スープ味といったところでしょうか。

そこに、甘旨系のタレを使ったスタミナ焼肉の味が入り込んで、

すっきりしているけど、若干パンチの効いたいい塩梅のラーメンに変化します

これ、いいんじゃないの???

味変系。。。

この豚肉、とても美味しいし、もしメニューにするなら、チャーシューなしで、

お肉がどーんとてんこ盛りの方が「中毒性」が高くていいかも??

やっぱりやっぱり、豪快さや肉満載の方が喜ばれますからね。

水菜もとってもいい感じでした。

個人的には、このスタミナ焼肉✖2(+600円)くらいは欲しいですね。

お肉てんこ盛りの黄門さまラーメンが食べたい、、、

麺は、何気に、僕、好きなタイプの麺でして、、、。

わりとポキポキっとしたタイプの縮れ麺になっています。

この麺が何気に、スープ以上に印象的というかなんというか。

北海道系の麺の食感に近いタイプ??

旭川あたりの製麺所タイプ??

そんな感じでした。

味がまだまだちょっと弱かったので、、、

ニンニクをいっぱい投入してみました。

そうしたら、とってもジャンキーなお味に変貌しました。

ニンニク入れると、ホントに全くもって変わりますね。

このジャンキーさですよー!!!

また来よう!って思えるわけですからね。

チャーシューはやっぱりパサパサ系の麺だったかな???

あと、煮玉子が本当に素晴らしかった!

見てくださいよー!!

とろっとろの黄身がスープにとろけ出していきます。

ここまで半熟度合の強い煮玉子も珍しいかもしれません。

一時期、かなりトロントロンの味玉もあったと思いますが、

このところ、わりと中まで火が通ったものが多いように思います。

僕はそもそも「生卵派」なので、このトロトロ具合にはカンゲキでした。

というわけで、、

お肉がたっぷり乗ったラーメンの可能性を感じる一杯になりました!!

やはり、課題というか目指すは黄門さまオリジナルの肉ラーメンかな、と思います。

参考として、肉が豪快に盛られたラーメンを少しご紹介!

こちらは、ご近所の「並木商事GRANDE」の限定ラーメンです。

牛肉がいっぱい乗っています。

こういうお肉いっぱいのラーメンが出ると、お客さんは喜ぶと思います。

こちらは、千葉中央駅近くの「一男」の「肉そばW」(900円)です。

900円でこのボリューム!!

豚肉がぎっしりで、食べていて本当に楽しかったです。

こちらは、天台の「らーめん大地」の豚玉カレーの油そば。

なんと750円で、この豚肉の量!

これは、ちょっとかなり凄いです。

でも、これくらいお肉がてんこ盛りだからこそ、人気も続くんだと思います。

こちらは、わりと「元祖」な「肉そば総本家けいすけ」の肉そばです。

こちらはチャーシューですが、お肉がてんこ盛りでした。

こうやって、「お肉いっぱいのラーメン」を見ていくと、

やっぱり、一つの「魅力的なメニュー」になる可能性はあると思います。

チャーシューメンもいいけど、普通のお肉がてんこ盛りのラーメンもいい。

それが「スタミナラーメン」として提供できたら、これ以上の「武器」はないかも!?、と。

「麺屋黄門さま」の新たな可能性の一つとして、ご検討いただけると幸いです<m(__)m>

ヒットするかどうかは分かりませんが、面白いメニューにはなるんじゃないかな。

更にリクエストすれば、1000円くらいで、肉がっつりのスタミナラーメンが欲しい。

他のトッピングは極力減らして、肉だらけのワイルドなラーメンがいい。

さらに、、、

もともと焼き鳥専門店なのだから、

焼き鳥ラーメンなんかも出たら、めっちゃ面白いだろうなって思ったり、、、(;´・ω・)

焼き鳥とラーメンの新たな融合、、、

途方もなく、ラーメンの未来を感じます。。。

もっともっと色々と試行錯誤をしていただけたら、と願います☆

Comment

山岡家@東寺山 背脂×生玉ねぎの限定「プレミアム醤油とんこつ」だ!

2018-11-06 00:18:58 | 千葉市 若葉区

2018年の灼けつく酷暑の夏も今ははるか昔…。

もう11月ですって…。

時が過ぎる早さに失神しそうです。

こうやってあっという間に年を重ねて、…

で、何も分からず、何も知らないまま、この世を去るんだろうな…。

ま、それはいいや、、、(;´・ω・)

で、

短い「秋のひととき」を愛車キャサリン2号で過ごす日々。

(といっても、今年の秋は原稿に追われてなかなか…(;;))

で、キャサリン2号で向かったのが、

本ブログでも(実は何気に)よく登場してます、

山岡家

です!

前回のレポ(2018年5月)はこちら

うん、そんなに久々じゃない♪

ラーメンフリークでここまで山岡家に行く人って僕くらい!?(苦笑)

山岡家、好きなんですよね、、、結局のところ。

味というよりは、居心地の良さ?で!?

テーブル席は広いし、出てくるのは早いし、人もそんなに多くないし…。

本を読んだりするのも、とっても快適で、、、。

24時間営業というのもまた、ここの「強み」ですよね。

で、、、

今回は、期間限定メニューの…

プレミアム醤油とんこつ

です!!

前にも食べたことがあるかなと思ったけど、

過去ログを見る限り、食べてません。

でも、毎年恒例の限定みたいです。

券売機です。

期間限定プレミアム醤油とんこつは現在の一押しメニュー。

これで、食券を購入します。

さて、いったいどんなプレミアムなラーメンなのでしょう!?

ジャジャーン!!!

来ました!!!

山岡家プレミアムの限定

プレミアム醤油とんこつ

です!

見た目からして、いいですね~~。

背脂と生の刻み玉ねぎがとっても美しいです。

わりと玉の大きな背脂と細かく刻まれた生玉ねぎのコントラストが…

まさに

背脂と生玉ねぎの夢のコラボ!

です!!

いや~~、美しいなぁ、、、( ノД`)

スープは、山岡家オリジナルのファットでジャンクな豚骨醤油。

そこに、「煮干し」の風味もしっかり閉じ込められています。

もちろん、山岡家独特のあの豚骨の臭みもしっかりあります。

こういう大型のチェーン店なのに、しっかり豚骨を炊いているんですよね。

そこはもっと評価されていいと思いますね。。。

トッピングもすごく充実しています。

わかめ、生玉ねぎ、メンマ、チャーシュー、海苔、ネギ…。

ただ、この値段でチャーシュー小さいの一枚というのはちと寂しいかな。

意外に驚いたのは、メンマの美味しさ。

今の山岡家のメンマ、かなり美味しくないですか???

これまで意識しなかったけど、ここのメンマの美味しさ、ちょっと凄いですよ…。

麺はこんな感じで、、、

いわゆる「家系ライク」なお店では「細麺」に入りそうな、、、。

するするっと食べられる王道の中華麺に近いかな。

するするでつるつる。

わりといい食感の麺になっていました。

量も結構多めですかね!?

チャーシューはこんな感じで。。。

まぁ、わりと王道のしっとりチャーシューかな??

レトロ店のパサパサチャーシューではありません。

が、イマドキの低温系でもありませんでした。

***

というわけで!!!

山岡家のプレミアム醤油とんこつでした!!

いやー、まぁ、なんとも、、、(;´・ω・)

プレミアムなのかどうかはあれですけど、

わりといい感じのパンチのあるワイルドなラーメンでした。

煮干しも結構強めで、よかったです!!

辛味噌ラーメンって、考えたらこれまで食べたことがないかも??

定番メニュー、あんまり食べてないなぁ、、、と。

今度は、定番を攻めようかな??

次はいつになることやら、、、

ま、また来ます!!

平日の昼時は、こんな感じで、大盛況です。

行列こそできませんが、かなりいい入りでした。

ほとんど、男性(わりと年齢高め?)でしたね。

漢のラーメン食堂!って感じで。。。

僕には、居心地のいいラーメン食堂です

目の前には、蘭州牛肉麺があります。

ちゃんと営業していました。

ここもとっても美味しいんですけど、、、

注文してから麺を打ち始めるので、時間がちょいかかるんですよね。

なので、忙しい日常ではなかなか使えないというかなんというか。

好きなんですけどねー(;;)

でも、近いうちにまた行こう!!っと

Comment

梨の花@東千葉 超極上の「背脂醤油」✖大人気の「牡蠣醤油まぜそば」!!

2018-11-04 10:48:30 | 千葉市 若葉区

夏が過ぎ去り、秋も過ぎ去り?

冬の到来を感じる今日この頃…。

久々に、、、

実に、、、僕の誕生日の日ぶりにやってきました!!

前回のレポはこちら

今年で創業11年を迎える

千葉の<最狂悪魔店>(!?)

梨の花

です!!

ようやくまた来られました\(^o^)/

これからまた厳しい冬まで通いたいと思います♪♪♪

もう、久々なので、どうしましょう!?

今の梨の花の「定番」、というか、「人気」なのは、

まぜそば

牡蠣醤油まぜそば

なんですって!

まさか、まぜそばが人気No.1になっちゃうとは、、、

10年前は想像さえできませんでした、、、。

久々に、こってりの基本の

ギッタギタ背脂の醤油ラーメン味玉(840円)

を頂くことにしました!!

やっぱ、僕には「ギッタギタ」が合う☆

今の梨の花の「顔」になっている一杯でもあります。

ジャジャーン!!!

来ましたよー。

梨の花の代表作品「ギッタギタ背脂の醤油ラーメン味玉」!!

もう、このヴィジュアルにノックダウン。

家系や二郎系や煮干し系の人気は根強いですけど、

千葉で根強い人気を保ち続けているのが、「背脂ラーメン」じゃないかな?

「なりたけ」を始めとする「背脂ラーメン」は千葉で好まれる味ではないかな、と。

梨の花は当初「横浜とんこつ」を看板にしていましたが、今は「千葉背脂」へ。

そういう意味では、ローカライズされたとも言えるかもしれません。

しかも、この背脂醤油ラーメンがとてつもなく美味しいとしたら??

なんといっても、この上質な背脂の旨さが際立っています。

色々な背脂ラーメンを食べてきましたが、梨の花以上に上質な背脂は経験ありません。

不要な油は取り除いていて、背脂の中でも旨みの強いところだけをぶっかけているので、

「ギッタギタ」なわりには、食べやすくてすっきりしている、といいますか。

とても食べやすい背脂醤油ラーメンになっています。

スープは鶏ベースの清湯スープで、魚介系は使っていません。

なので、上質の鶏スープに上質な背脂のみ、という構成になっています。

醤油も二種類の醤油をブレンドしていて、旨みを際立たせているようです。

これまでの梨の花といえば、ヘビーで攻撃的でアグレッシブなスープというイメージですが、

今の梨の花は、ライトでキレがあってすっきりとしているスープという感じです。

プロレスラーからボクサーに変わった、というイメージ?

あるいは、コテコテのヘビメタバンドからスタイリッシュなV系に変わった感じ?

あるいは、洋楽が演歌に変わった感じ?(なんじゃそりゃ…汗)

僕は圧倒的に今の梨の花の方が好きです。

そもそも「横浜とんこつ」は横浜発祥のラーメン。

それに対して、「背脂ラーメン」は千葉で長い歴史をもっています。

僕がそもそも外のラーメンに初めて感動したのは、「元氣一杯活力ラーメン」だし…。

元氣一杯活力ラーメンも凄い人気でした。90年代初頭の頃の話。

あらためて、千葉の背脂ラーメンに注目してみるのも面白いかな、と思います。

こちらが、現在の梨の花の背脂ラーメンの<麺>です!!

いや、ビックリしました、、、

これ、、、

移転したばかりの「粋や」の自家製手打ち麺に似てる!!

2016年の梨の花の背脂ラーメンの麺と比べると、完全に違ってる!!

この麺には衝撃を受けました。

だって、、、

梨の花の麺って、京都の超有名製麺所「麺屋棣鄂」の麺ですからね。

それで、このぶよぶよの極太縮れ麺、、、by 棣鄂、、、

もう、恐るべし、、、としか言いようがない。

食感も半端なく良くて、これを食べずにどこの麺を喰うのか??、と。

これまでも美味しかったけど、この麺を食べたら、もう全部ダメ、、、

もっちもちでわっしわし。

なんか、「梨の花」の背脂ラーメンの完成形を見た気がしました。

梨の花の煮玉子は「高級品」。

一つ、110円ですからね。

普通のお店よりも10円高いんです。

でも、それゆえに、裏切るわけもありません。

見てください。この黄金に輝くトロトロの煮玉子を!!!

僕は「総豊」で世界最高の煮玉子を食べているので、煮玉子にはうるさいです(苦笑)

でも、ここ、「梨の花」の煮玉子も、かなりハイレベルの煮玉子になっています。

(もう少し、黒いとさらにGOODかな、と、、、(個人的趣味として))…

それからですねー、、、

久々の久々に、「牡蠣醤油まぜそば」も頂きました!

ジャジャーン!!!

やっぱり凄いヴィジュアルだ、、、(;´・ω・)

麺一玉半なので、これで680円!!

シンプルなヴィジュアルなのに、なぜか「豪華」。

特製のタレと上質の背脂で食べる「油そば風まぜそば」!

極太の麺に背脂と牡蠣風味の醤油ダレを絡ませて食べていきます。

いや~~~、、、(;´・ω・)

やっぱ、凄く美味い、、、。。。

僕はもう「まぜそば」に惹かれない身体になっていますが、

ここのまぜそばなら、まだまだ食べられる!!

まぜそばが苦手な人でも、美味しく頂ける絶品まぜそば、

と言っておきたいと思います。

背脂もしつこくなくて、とてもいいアクセントになっています。

ファットさはありながらもくどさがない、とも。

なので、若者から中高年までがっつり頂けるまぜそばかなとも。

現在の梨の花で最も人気のあるメニューになっているんだとか。。。

いやー、何がヒットするかって本当に分かりませんね。

でも、ここのまぜそばは、確かに唯一無二で、個性的で、

そして、何よりも絶対的に美味しいです。

個人的には、値段が上がってもいいので、チャーシュー盛りのメニューがあるといいなぁ。

麺とタレと背脂とネギだけじゃなくて、お肉が、、、(;´・ω・)

(僕はどうやら完全なる肉食系らしい、、、汗)

こんな感じですね。

梨の花は、今や「まぜそば専門店」を超えるレベルのまぜそばを出しているんです。

***

常に変わり続けてきた梨の花。

今年は、きっと梨の花にとって最も激動の1年だったのでは?、と思います。

アツシ君も「卒業」してしまいました(寂しい…)

でも、ご夫婦二人で営む梨の花もやはり素敵です。

11年前に、「横浜とんこつ」を看板にして登場した梨の花。

その後、「ギガ豚煮干し」を出して、大きな話題に。

そして、千葉の高品に衝撃の移転。

更に、まさかまさかの「横浜とんこつ」の発売終了…。

そして、今は、「背脂醤油」と「まぜそば」のツートップ体制へ。

これからも、きっと変わり続けていくのでしょう。

というか、ですねー。。。

更に、梨の花はこの10月に激変したんですよね。。。

そのレポはまたすぐに後ほど!!!

お楽しみに!!!

梨の花、更に「新世界」に向かいつつありますよー!!!

是非、行ってみてください!!

Comment

麺屋黄門さま@都賀 人気の「黄門さまラーメン塩」に「隠し玉」!?

2018-11-01 00:20:13 | 千葉市 若葉区

またまた、やってきました♪

都賀の新店、

麺屋黄門さま

です!

メニューがいっぱいなので、何度でも来ちゃいます…。

まだ、コンプリートしてないもので、、、(;´・ω・)

だいたいは食べたんですけどね、、、

夏限定?の「冷し担々麺」は残念ながら食べられず。

すでにメニューから消えています…。

さて。。。

今回は、未食の「黄門さまラーメン塩」を頂くことにしました。

「黄門さま醤油ラーメン」はわりとオーソドックスな醤油ラーメンでしたが…。

塩の方はどうなっているでしょうか!?

黄門さまラーメン塩、、、

こんな塩ラーメンでした!!

ジャジャーン!

こちらが、黄門さまラーメン塩であります!!

うん、見た目は普通に美味しそうな塩ラーメンだ。

器が黒いので、なんか「塩ラーメン」って気がしませんでした。

器の影響=見た目の影響って、何気に大きいんだよなぁ~。

黒い器ってどうなんだろうなぁ、、、(;´・ω・)

実はあんまり見ない??

この辺だと、十心伝@四街道とか、希林@西千葉とか??

実はこのお店の前の前の「滔天@都賀」の器も黒かったんだ…

なんか、「直感的」には、黒い器ってちょっとテンションを下げるような…

ま、それはさておき、、、

お味は、、、というと、

最初の一口目で、「こりゃ、〆のラーメンにぴったりだ」、と(苦笑)。

これはもう、〆のラーメンそのまんまだ、、、。

すっきりとしていて、しょっぱさもほどほど。

オーソドックスでクラシカルな塩ラーメン。

そこに、「鶏油」が加わることで、若干のファットさが感じられます。

バランスのよい塩ラーメンに仕上がっています。

でも、やっぱり、これは呑んだ後の〆のラーメンの味だ、、、(・_・;)

トッピングはわりと贅沢になっている気が、、、

メンマが、なかなかの好印象でした。

おそらく、色々と手をかけているのでは???という味わい。

チャーシューもわりとパサパサですが、これまた完成度が高い気がします。

麺はこんな感じです。

この塩ラーメンにはこの麺でしょう!、という印象。

オードソックスな中華麺で、つるつるしこしこでした。

わりと、ここの麺もいいかも???、と。

(でも、玲さんの麺の方が好きだなぁ…(;;))

量もほどよい量で、それほど多くはありません。

やっぱり、〆のラーメンにぴったりだ、、、。

お肉は、パサパサ系。

でも、どこか少し魅力も感じるんだよなぁー。

今度はチャーシューメンっぽいのを狙ってみようかな??

と、ここまでは普通の塩ラーメンだったんですが、、、

最後の最後に、、、

丼の奥底に、なんとなんと、、、

●●が!!!\(^o^)/

この●●は、あえてここでは伏せておきましょう。

ぼかしを入れてみました(苦笑)

この●●の味はスープからは感じられなかったんだけど、、、

でも、その●●の身がちゃんと入っていたんです。

これは嬉しいぞ、、、♪♪♪

***

というわけで、、、

どうも、人気第一位は「黄門さまラーメン」みたいです。

あっさりが受けるエリアなのかなー!?

で、第二位が鶏塩白湯らーめん。つまり鶏白湯ラーメン。

そうなのかー、、、(;´・ω・)

個人的には、「鶏豚骨醤油」が推しだけどなぁ~、、、。

お客さんそれぞれに「お気に入り」のラーメンが見つかるといいですね。

よし、これで、現存するメニューは全部食べたぞ~~~♪

とすれば、、、

次は、、、

ふふふ、、、

お楽しみに!!

Comment

そば酒膳 あづみ野@都賀 ぱりっぱりの「桜えびのかき揚天せいろ」!

2018-10-25 20:35:28 | 千葉市 若葉区

こちらも、かなり久々の訪問かも、、、

(久々の訪問だらけだ、、、(;´・ω・)、、、)

都賀駅前の人気蕎麦屋さん、

あづみ野

であります。

前回来たのは、2012年8月なので、実に6年以上ぶり、、、か(;´・ω・)

 6年前に食べた「アボカドと揚げもちのそば」のレポはこちら

いや~~~、本当に毎度毎度、過ぎる時の早さに驚かされます。

6年か、、、(しみじみ、、、)

このお店、好きなんですけどね、、、(;´・ω・)

普段から「ラーメン中心」の生活をしているもんで、、、(excuse...)

さて!!

今回は、何を食べましょう!?!?

最近、うどんやお蕎麦に関心を抱きつつあります。

まぁ、もう20年くらい、ラーメンフリークをやってますとね、、、

お蕎麦やうどんについても詳しく知りたくなってくるんですよね。

どうしようかなー、、、と。

せいろ、あがりせいろ(〆のせいろのこと)、ぶっかけとあって…。

その他、色々なバリエーションが用意されています。

あー、全部食べたい、、、(;;)

そう言えば、ラーメンフリークになる前はいつでもお蕎麦を食べてたなぁ

お金もなかったし、駅そばをいつも食べてたなぁ、、、

僕はもともと、蕎麦好きだったんだ、、、

いつ日か、蕎麦ブロガーになる日も遠くないかも、、、(苦笑)

色々と考え、お店の人にも相談をし(苦笑)、、、

あづみ野の自信作でもある、、、

桜えびのかき揚天せいろ(1350円)

を頂くことにしました\(^o^)/

あづみ野イチオシのメニューですよ!!!

ご覧あれ!!

ジャジャーン!!!

やば、、、

めっちゃ、豪華なんですけど、、、

やっぱり、お蕎麦+天ぷらというのは、完全にヴィジュアル系だな…。

見た目も美しいし、もちろん食べても素晴らしく美味しい。

ここのかき揚げ、ヤバいぞ、、、

マジで、ヤバいぞ、、、(;´・ω・) 

凄くないですか??

ザックザクのバリッバリの衣になってます。

これ、もう、食感的にヤバイっす。

お蕎麦はこんな感じです。

わりと淡白な色合いといいますか。

白っぽいお蕎麦で、とても食べやすいです。

もちろん、キンキンに冷えてます♪

そばつゆも、和風で、旨みもあって、

するするといけますね~。

美味しいです。

さっぱりとした味わいですが、そこにキレがあります。

このそばつゆのキレ、とても心地よいです!!

ザクザクのかき揚げ天に、このキレのあるそばつゆ。

もう、至福の瞬間、としか言いようがありませんでした。

あー、また食べたい、、、(・_・;)

もつの味噌煮込み、だったかな。

田舎風の味わいのもつ煮込みで、とっても優しい味わいでした。

これで、酒を呑む!

これ以上の幸せが他のどこにありましょうか。

野菜もいっぱいで、元気になりました。

もう、夏は過ぎ去りましたが、、、

こんなオリジナルの冷たい蕎麦メニューもあります。

都賀界隈では、貴重な蕎麦処であります。

今度もまた、ここの桜えびのかき揚天せいろが食べたいな\(^o^)/

是非、都賀界隈の皆様、こちらにも行ってみてください!!

夜に一杯楽しみながら、蕎麦を食べるのもまたよし!です♪

Comment

麺屋黄門さま@都賀 都賀で豪快な「台湾まぜそば」が食べられる!?

2018-10-22 00:07:12 | 千葉市 若葉区

僕が大好きだった「麺屋玲」の跡地に登場した、

麺屋黄門さま

にまたまたやってきました!!

一度目は、特製鶏塩白湯らーめんのレポで

二度目は、鶏豚骨醤油らーめん&黄門さまらーめんのレポで

三度目は、特製濃厚魚介つけ麵のレポ

でした!!

そして、今回は、、、

どうしましょう!?

券売機です。

なんと、さりげなく「焼鳥4本+ビール」(900円)が登場しています!!

美味しい焼鳥が食べられるラーメン屋さんって、他になかなかないですよ!!

今度、誰かが都賀に来たら、ここに飲みに来ようっと♪

四度目となる今回は、、、

台湾まぜそば

です!!!\(^o^)/

遂に、こちらのオープン時のイチオシメニュー!

都賀で食べる名古屋名物「台湾まぜそば」、

いったいどんなまぜそばなのでしょう!?

ドキドキ~♪

あ、なお、注文時に「にんにくあり・なし」が選択できます。

もちろん僕は「にんにくあり」でお願いしました♪

ジャジャーン!!

こちらが、麺屋黄門さまの台湾まぜそばです。

予め和えられた麺の上に、ネギが二種乗り、

魚粉と刻みニンニクがどーんと乗り、刻みのりが加わり、

ひき肉がふりかけられ、その上に卵の黄身が添えられます。

都賀に遂に「台湾ラーメン」がやってきた!

zoom up!

チャーシューは入ってませんね

挽き肉オンリーになっています。

台湾まぜそばですからね。名古屋ですけど、、、汗

まるわみたいに、玉ねぎが入ってもいいかも?千葉なんだし!)

基本的には、「麺屋はなび」のトッピングと同じかな!?

まぜそばなので、まずは、麺を、、、。

おお~。

わりとぶっとい麺ですねー。

茹で時間もかなり長かった気がします。

「はなび」の麺も太麺でした。

台湾まぜそば=極太麺、というのは「法則」なのでしょう。

まさに「わしわし食べるタイプの麺」(久々に書いた…)ですね。

都賀人的には、かじろうの麺や福たけのちぃ麺に似た感じ??

そして、茹で時間が長いにも拘わらず、結構固めの麺ですね。

これを、まぜまぜしていきます。

すると、、、

こんな感じになります。

まぁ、最初から和えられているので、あまり混ぜてもあれですけど…。

全部の具がうまく交ざって、統一された麺料理になりました。

お味は、濃厚なタレと魚粉の味がかなり強く出ていました。

まぜそばなので、かなり味がカオスで、これと書ける感じじゃないんですけど、

基本的に「魚介まぜそば」ですね。魚粉だけじゃなくて、、、。

でも、魚粉も多いので、かなり「パサパサ感」を感じます。

魚粉が苦手な人にはちょっと辛いかもなぁ、、、

ただ、僕みたいに魚粉好きな人にはたまらないまぜそばかも!?

(僕の家の冷蔵庫には常に「魚粉」が完備されています♪)

魚粉麺って感じで、ある意味でマニアックかもなぁ、、、。

ニンニクは入っていますが、それほど強くはないかなぁ~、、、。

卵の黄身は完全に溶けていて、その存在を意識することはなかったかな!?

うん。

かなり真面目で誠実で実直な「台湾まぜそば」でした!!!

都賀界隈で、こういう真面目な台湾まぜそばが食べられるのはここだけかも!?

お酢と辣油をくぐらせて食べると、またちょっと違った味わいになりますね。

油そばとかも、お酢と辣油を途中で入れるのが「流儀」というかなんというか。。。

一品メニューとお酒もますます充実してきています。

この一品料理の中に、ちょっとユニークなのが、、、

これをラーメンにするといいんじゃないの??的な、、、

玲時代には何も貼られていなかった店頭の壁もこんな感じに、、、

ラーメン×唐揚げ5つ×半ライス(無料)で890円は安いかも!?

がっつり行けるランチを提供中!

って感じですかね!?

お店の前もこんな感じで。。。

とっても賑やかですねww

黄門さまラーメン醤油、鶏塩白湯、鶏豚骨、魚介つけ、そしてまぜそば。

残すはあと黄門さまラーメンの塩だけか!?

とりあえず、まずは全メニュー制覇を目指します♪

営業時間もとっても長いので、気軽にお店に向かってくださいね!!

なんと11時半~深夜26時まで!!

オフィシャルツイッターもcheck!!

Comment

餃子の王将@都賀 全国で10月限定「もつ煮込豚骨ラーメン」だ!!

2018-10-21 08:54:19 | 千葉市 若葉区

はい。

いつもの「餃子の王将」です。

餃子の王将は、近所にあるとなぜか行きたくなる。

わざわざ行くお店では全くないけど、近所にあると行きたくなる。

なんか、牛丼チェーンみたいな感じかなぁ、、、。

僕の生活圏だと「吉野家」がメインだけど、

吉野家もわざわざ行くところじゃない。

でも、近くにあれば、行きたくなる。

なんか、「お店」って、そこが一番重要なのかも!?

流行り廃りで考えれば、一過的な人気も自尊心が満たされていいけど、

一過性の人気はすぐに終わる。消える。

でも、お店は存在し続けなければいけない。

結局、一番頼りになるのは、近所の人、リピーターさんなわけで。

近所の人たちは、別にマニアでもフリークでもない。

「ちょっと、●●にでも行こうか」という感覚でしかない。

でも、その「ちょっと●●にでも」という「選択肢」に入るかどうか、

そこが、商売を続けるための最も重要な要素なのでは?、と。

近所住民の選択肢になり得るかどうか。

それに失敗すれば、店は閑古鳥だろうし、成功すれば繁盛する。

餃子の王将や吉野家を考えると、そういうことなんだと思う。

ただ、ブランドがあっても、その地域での選択肢になるかどうかは別で。

こういう大型チェーンから考えることもいっぱいあります。

さて、、、

今回の目的は、これ!!

もつ煮込み豚骨ラーメン

です!

10月限定発売だそうで。

全国の「餃子の王将」で提供されているみたいです。

この画像を見たら、食べたくなっちゃいました。

はい、餃子の王将の戦略に負けました…。

店内のメニューはこんな感じ。

北海道産小麦粉麺使用ですって。

そして、「柔らか国産もつ使用」ですって。

一杯、686円+税なので、700円は超えます。

さて、どんなラーメンなのでしょう!?

ジャジャーン!!

こちらが、創業50周年感謝メニュー、

もつ煮込み豚骨ラーメン

です!!

ニラと紅生姜と高菜がめっちゃ美味しそうに盛られています。

ニラも紅生姜も高菜も、日本人にはたまらない食材ですよね。

いやー、この「誘惑感」は半端ないですね~。

スープは、…ちょっと想定していたのと違って、、、

いわゆる昔ながらの「真っ白系の豚骨スープ」。

いわゆるアレ的なアレ、みたいな、、、。

豚骨スープは、いわゆるアレ的なアレ…なので、まぁ、アレみたいな。

さっぱりしていて、臭みもまったくなくて、まさに「無臭だ~♪」的な。

そこに、紅生姜と高菜が襲ってきます。

ここは、気持ちいいなぁ、、、。

まぁ、でも、普通の「豚骨ラーメン」ですよね、、、(;´・ω・)

でも、そこにもやしとモツの炒め物がどどーんっと。

モツの量もわりと多めで、これが旨かった♪

モツ好きにはたまらない豚骨ラーメンじゃないかな!?

麺も、ちょい独特だった…かな!?

細めの麺で、麺の長さがわりと短めでした。

ちょっと食べるのが大変だったかなぁ、、、(;´・ω・)

でも、いわゆる博多風の極細麺じゃないので、そこは面白かったかな。

もつと麺と豚骨スープ。

いい組み合わせでした。

さすが50周年記念メニューってことで、贅沢な一杯でした。

豚骨スープはアレですけど、もつと豚骨の相性は抜群。

多分、そこを狙ったんだと思います。

このもつ煮込みラーメンは、10月限定です!

気になる人はお早めに!!

餃子の王将のオフィシャルフェアサイトはこちら

Comment

吉野家@天台 なんで吉牛はこんなに美味しいんだろう…

2018-10-05 13:03:47 | 千葉市 若葉区

名古屋~岐阜ラーメン特集の<あいま>ですが、、、

ここで、ラーメン以外も…。

***

夏に食べた吉野家の牛丼

吉野家は、やっぱり大好きなんです。

問答無用なんです。

キン肉マン世代ですからね♪

吉野家の牛丼は、このまま死ぬまでずっと食べ続けたいんです。

ずっと、ず~~~~~~~っと♪

吉野家って、今、色々と試行錯誤しているみたいなんですよね。

でも、吉野家って、限定とか変り種系には、あんまり強くないですね(苦笑)

ほとんど「あたり」がない、というか、、、

オリジナルの牛丼が美味しすぎる、っていうのもあるんだろうな~。

ここに来たら、やっぱりいつでも普通に牛丼が食べたい、、、

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

牛丼あたまの大盛ツユ多め(480円)

Aサラダ・味噌汁セット(130円)

です!

合わせて、計610円也!!!

もう、これだけで、リッチな気分に♪♪♪

これですよ。

このお肉ですよ。

吉牛のお肉、柔らかくて甘くて旨くて、専心没頭してしまいます。

もうね、、、

根源的な問いが浮かんで、アタマから離れません。

なんで吉牛はこんなに美味しいのだろう

これに、きちんと正しく答えられる人がどれだけいるんでしょう?

お肉が美味しいから?

つゆ(タレ)が美味しいから?

ご飯がおいしいから?

じゃ、その何が美味しいの?

分かる限りで吉野家と同じ調味料で同じように作っても、吉牛の美味しさには近づけない。

どうして、吉牛ってこんなにも美味しいんだろう、、、。

前に、2800円くらいする牛丼を食べたけど、吉牛の足元にも及ばなかった。

こんなに美味しい牛丼を、どうしてこんな値段で売れるんだろう?

もう、吉牛に「マザーテレサ」しか感じない、、、(汗)

いつか、気絶するまで吉野家の牛丼を食べてみたいなぁ、、、。

いや、次は何も考えずに大盛り食べようっと。

(アタマの大盛り3倍とかないのかなぁ~、、)

 吉野家の色々な裏ワザ・裏メニューはこちら

はい。

なんか、あまり内容らしい内容もありませんが、、、(・_・;)

とにかく、吉野家の牛丼は素晴らしい!

吉牛、\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/~~


PS

この記事を書いた翌日、こんな記事が出ました。

「平成31年2月期に、6年ぶりの通期最終赤字に転落する吉野家ホールディングス。牛丼業界の価格競争が主因だった前回の赤字に対し、今回は「原材料高」「人件費高騰」「コンビニ弁当など中食との競争激化」「消費者の低価格志向」という4重苦が重荷になった。外食産業を取り巻く厳しい経営環境を吉野家が象徴した格好だ。」

出典元はこちら

吉野家の牛丼は素晴らしい。

でも、経営的には厳しい状況が続いているみたいです。

政府は「デフレ脱却」を叫び続けていますが、消費者は「デフレマインド」を強めている、と。

「適正価格」への「合理的判断」というのは、まだまだ難しいようですね。

吉野家に限らず、牛丼チェーン店の牛丼が600円くらいで売れれば、クリアするのかな?

そのハードルはとても高そうです。。。

 

Comment (1)

並木商事GRANDE@都賀 ゲリラ限定「カルビラーメン肉まし」に撃沈!!

2018-09-27 00:25:12 | 千葉市 若葉区

毎回、

いや、毎日のように、独創的なラーメンを創り続ける個性派ラーメン店、

並木商事GRANDE

にまたまたやってきました。

このお店は、今や「創作ラーメン店」になりつつあります。

少し前までは、「餃子の並商」だったのに(苦笑)

レギュラーメニューはしっかり整えられていますが、

毎日のように、ゲリラ的に出される「限定」が凄すぎるんです。

券売機の上方に、現在提供されている<限定>が掲示されています。

ふらっと寄って、「なんだこれは?」と驚くのもいいし、

Twitterやfacebookをフォローして、限定をチェックして来店するもよし。

今回は、もう、絶対に無視できない「限定麺」がお目当てでした。

Twitter情報で、


こんなのが流れてきたんですよ。

こんなのが流れてきたら、もう、、、行くしかないじゃないですか(;;)

こちら!

焼肉商事非公認 カルビラーメン

です!

焼肉商事ってなんだ!?(・_・;)

このお店では、あまり深いことを考えてはダメ(苦笑)

おススメは、カルビラーメン(780円)×肉まし(200円)だそうです。

合わせて、980円!

通常のラーメン店のチャーシューメンよりもお安い感じ!?

なんといっても、「牛肉」ですからね~~。

牛×ラーメン、あるいは、牛肉×ラーメンに注目し続けている僕だけに、

このカルビラーメンは是が非でも食べねば、、、と。

いったいどんなラーメンなんだ!?

あと、原価割れ必至という限定の「煮豚めし」(200円)も。

こちらも、どうやら常識を覆すミニ丼になっているとか!?…

というわけで、、、

ドドドドーン!!!

来ました!!!

カルビラーメン肉まし+煮豚めし

の牛豚の黄金コンビネーション!!

ひゃー、もう、失神してしまいそうです、、、(・_・;)

牛肉に、豚肉に、牛肉に、豚肉に、、

\(^o^)/\(^o^)/

しかも、どっちもめっちゃ美味しそう!!

ジャーン!!

こちらが、カルビラーメン肉ましです!!

もう、このスープの海の中に、ダイブしたい(@@)

いや、もう、このスープと一体になってしまいたい!!

真っ赤なスープの上に浮かぶ牛肉の山、山、山!!!

しかも、いい感じで脂身もいっぱい付いているし!!

赤い海に浮かぶのは、スタミナの代名詞のニラに、千葉ラーメンのシンボルの玉ねぎ!

まさか、勝浦タンタンメン風のスタミナラーメン!?!?

zoom up!!

もう、これが美味しくないわけがないですよね。

しかも、並商ですからね。

スープを飲むと、ぐわっと刺激的な美味しさが爆発します。

何がどうっていうんじゃなくて、辛いスタミナ系スープが爆発する味(!?)

ラー油の辛さをほどよく感じながらも、甘みやスパイシーさも感じます。

濃厚さはなくて、さらっとしたすっきりタイプの辛いスープ。

うん、これはもう完璧に「スタミナラーメン」ですな☆☆☆

そこに押し寄せる<美味しすぎる牛肉>!!

イメージ的には、「吉野家の牛肉をもってきましたー系」(苦笑)。

柔らかくて、脂身もしっかりついていて、誰もが喜ぶ安心の牛肉。

この牛肉とこのスープのバランスも最高にいいですねー。

もう、言うことはない。

語ることもない。

ただ、無心になって喰らうのみ!!というラーメン。

辛さもよく効いているので、どんどん食べ進められちゃいます。

いや~、凄いな、これ。。。

麺も、並商は「個性派」ですからね。

いつもの、ブツブツタイプの固めの中太ストレート麺です。

いつも、この麺についてはぶーぶー言っているんですが、、、

このカルビラーメンには、とってもがっちり合っていました。

なんで、こんなに合うんだ!?!?汗

しかも、お肉との相性までばっちりなんですけど、、、

あれーーーーーorz...

これなら、「替え玉」いけるぞーーーwww

量もいい感じで、JUST一人前!って感じでした。

いや~~~~、、、、

これ、レギュラー化、切望します!!

毎回、これを食べてもいい!!

もう、ずっとこのカルビラーメン肉ましでいい。

最狂のスタミナカルビラーメン、ここにあり!

…ですかね。

久々に、<激>興奮してしまいました。

いや~、もう、このラーメンを出してくれなきゃ、並商にはもう行かない!ww

って言いたくなるくらい、、、。

そして、、、

たった200円の煮豚めし!!

これで、たったの200円、、、(;´・ω・)

もう、驚き桃の木山椒の木ですよ。。。

かるく1cmを超える超分厚い煮豚が二枚のったミニ丼です。

もう、これを食べたら、他のミニ丼が食べられなくなる!?!?

もうね、、、

見つめているだけで、幸せになる。

これで200円とは、もう、、、

眺めているだけでいい。ずっと見つめていたい。

触れてしまえば、壊れそうなほどに、、嗚呼~。

愛しすぎる君よ~。。。

このこんがり色の分厚い煮豚チャーシュー。

これがおいしくないわけがないわけで。。。

また、からしが付いているのも、またなんとも…。

結構、刺激の強いジャパニーズ・マスタードでした。

***

というわけで、並木商事GRANDEのゲリラ限定、

スタミナ風の「カルビラーメン」の緊急レポでした!!\(^o^)/

しかも、実は、、、

もう、カルビラーメンがなくなってしまっていて、

でも、その代わりに、一昨日の火曜日から、

なんとなんと、

カルビつけ麺が登場しているんです!

カルビラーメンの次はカルビつけ麺!?

あー、もう、こっちも食べに行かなきゃ!(;;)

油断すると、すぐになくなるからな~、、、。

おそらくまた、「スタミナ系カルビつけ麺」だと思われます。

しかも、今度は「かき玉子入り」って、、、orz...

今すぐ、並商GRANDEへGO!ですよ!!

僕は、、、行けるかなぁ、、、(;´・ω・)。。。

Comment

麺屋黄門さま@都賀 三度目!「特製濃厚魚介つけ麺」もまさに王道!

2018-09-20 00:21:50 | 千葉市 若葉区

はい、またまたやってきました!!

麺屋玲さんの跡地に出現した新店、

麺屋黄門さま

へ!!\(^o^)/

これで、三度目の訪問となります。

一回目は「特製鶏塩白湯らーめん」(1030円)

二回目は「鶏豚骨らーめん(醤油)」(700円)+「黄門さま醤油らーめん」(650円)

を頂きました。

で、、、

三回目となる今回は、、、

これ!!

特製濃厚魚介つけ麺(1080円)

です!!

鶏塩白湯は、鶏白湯ラーメンの王道系。

で、鶏豚骨らーめんは、家系インスパイア系のインスパイア系?!

…とすると、つけ麺は、、、

どうなっているんだろう???

もう、興味津々です☆

その名からして、王道の濃厚豚骨魚介つけ麺かな、、、と。

ジャジャーン!!!

来ました!!!!

もう、見るからにして、濃厚そうだぞ~~~。

「特製」なので、もう、豪華豪華\(^o^)/

都賀駅周辺で、こういう濃厚なつけ麺、なかなかなかっただけに、、、

泣きそうです、、、(;;)

次いで、別アングルで♪

まず、驚くのは、チャーシュー!!

厚さ1cmを超える分厚いチャーシューが、麺の上に三枚。

そして、スープの中に二枚入っていて、合計で五枚。

これ、薄いチャーシューだったら、いったい何枚分なんだろう??

これは、もう、、、

参りますね。。。

特製だと少し値段が高くなるけど、お肉好きの人にはかなりゴキゲンかも!?

あと、予めスープ割りも用意されているのも、なんか、、、

(本格派を目指すならこれはNGだけど、このお店ならOKな気がしました)

煮玉子も、黄金色で美しい半熟煮玉子、、、

zoom up!!

スープは、もう王道中の王道の濃厚豚骨魚介スープ。

とみ田をインスパイアしたお店のインスパイア系って感じ!?

田代さん系のつけ麺をインスパイアした感じ!?

またの名を、「またお前もか系」のインスパイア系!?

トロトロで、濃厚で、まったりとしたスープになっていました。

都賀界隈だと、ここまで王道の濃厚豚骨魚介は他にないかな!?

強いて言えば、福たけのメガ豚煮干しから煮干しを引いた感じ!?

トロトロで、濃厚で、麺にスープが絡みまくる感じでした。

で、その麺がまた凄かった!!

こんなんです!!

超極太のハードな縮れ麺。

圧倒感があるなぁ、、、 最近、こういうの、食べてない、、、。

浅草開化楼のつけ麺用の麺っぽい感じ!?

うどんを超える太さで、しかも、食感は超ハード。

これはこれで、かなりインパクトがあるぞ、、、

麺の量としては、通常でちょい少な目!?

大食漢の人は大盛りを頼んだ方がよさそうですね。

(僕は、この量で大満足です、、、(;´・ω・))

いやー、インパクト抜群だったなぁ、、、

チャーシューも分厚いながらに、柔らかったです。

あと、スープの中にキャベツも入っていました。

キャベツ入りの濃厚つけ麺、いいっすね~~~

そして、いつもながらに、最後に頂く味玉♪

この味玉もかなりいい感じですぞ、、、(;´・ω・)

トロトロの半熟の黄身がスープに流れ出すほど、、、

いやー、素晴らしい、、、(;´・ω・)

***

三度目のレポとなる「麺屋黄門さま」!!!

いやー、(色んな意味で)期待を裏切らないなぁ、、、

次は、遂に「台湾まぜそば」、、、かな!?

(まぜそばって、どうも、惹かれないんだよなぁ、、、汗)

黄門さまラーメンが「激推し!!」されていました。

うーん、、、そうだったのか、、、

やっぱり、黄門さま、謎過ぎます、、、。

麺屋玲さんは、千葉で最も変態的なマニアックなラーメン店でした。

黄門さまは、色んな意味で、謎で不思議でカオスでラビリンスなお店です、、、

この場所には、「普通のラーメン屋さん」は来ないのか!?(苦笑)

いいぞいいぞ♪

Comment

麺屋黄門さま@都賀 家系ライクな「鶏豚骨醤油ラーメン」もGOOD!

2018-09-15 00:17:55 | 千葉市 若葉区

我が愛しの「麺屋玲」の跡地に、

先月8月30日、オープンしたのが、

麺屋黄門さま

にまたまたやってきました!

 オープン日の僕のレポはこちら

この「麺屋黄門さま」は、都賀駅前の「串の黄門さま」系列のお店。

マニアックなフリーク向けのラーメン店ではなく、

地元の一般の人を対象にした町のラーメン屋さんを目指すようです

メニュー構成も、色々と用意していて、

どんな人でも楽しめるようにと、考えられていました。

なお、現在は、、、

このように、平日は夜営業のみ、

土日だけは、お昼営業も行う形態を取っています。

10月からは平日の昼営業も始める予定なんだとか、、、。

それにしても、夜中の2時までの営業とは、、(;´・ω・)

あとですねー、、、

これ!!

麺屋玲時代には使われていなかったカウンターのところに、

一蘭か!?っていう仕切り付きのカウンター席が用意されているんです。

食べている姿を見られなくない人もたしかにいますからね。

ダイバシティ―(Diversity)を最大限に考慮したお店なんですね♪

さて、、、。

券売機です。

今回は、もう、来る前から決めていました♪

鶏豚骨醤油らーめん(700円)

です!!

都賀というと、永福町系の煮干しラーメンがあり、二郎系ラーメンがあり、

なりたけ系の背脂ラーメンがあり、また濃厚な煮干豚骨があり、

並商があり、結まーるがあり、そして、レトロな江北があり…

色々あるんです♪

でも!!!!

都賀には、いわゆる「家系」、つまり豚骨醤油ラーメンがないんです(;;)

一時期、「節」で、濃厚な豚骨醤油ラーメンが食べられましたが…。

なので、黄門さまに、「鶏豚骨醤油」があると知り、喜んだわけです。

僕は、家系に限らず、「豚骨醤油ラーメン」が好き。

そもそも、「総豊」でラーメンに開眼した人間ですからね。。。

横浜のみならず、徳島、岡山、和歌山、、、

全国津々浦々の豚骨醤油ラーメンが好き。

そういう意味で、黄門さまに鶏豚骨醤油がある、というのは、嬉しいです。

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

来ました来ました!

お見事な鶏豚骨醤油ラーメンになっていますよー。

スープもわりと濃厚そう。

スープを見ると、細かい点々の油が浮いてます。

また、ちゃんとほうれん草も入っているっぽいですし☆

イメージ的には、「横浜家系ラーメン」っぽい感じかなぁ…

あと、やっぱりチャーシューの見た目がいいなぁ~♡

で、スープを飲むと、、、

「うお~~、ほどよく濃くてパンチのある豚骨醤油ラーメンだ!!」

ってなりました。

豚骨スープと言っても、たいていは鶏も入ってますからね。

僕らがよく知る「家系ライク」な豚骨醤油味のスープですよ。

ただ、厳密に言うと、横浜家系直系の味というよりは、、、

今、都内とかでどんどん出ている家系インスパイア系のお店の味、かな。

家系直系ほどの「中毒性」はないものの、しょっぱさは際立っている、みたいな。

甘みが足りないって感じかなぁ、、、違うなぁ、、、(;´・ω・)

千葉でいうと、杉田家や千葉家や武蔵家とは違う方向性??

どこっぽいかなぁ、、、

山岡家、、、かな、、、(;´・ω・)

いや、なんか、四谷の「四ツ谷商店」っぽさを感じたかな!?

つまりは、「町田商店系」…、ないしは「ギフト系」。

そういう系の豚骨醤油ラーメンっぽさを感じました。

(あくまでも、イメージ的に似てるなぁ、という印象です)

でも、そういう豚骨醤油の方が、一般には受けるんだろうな、と。

なので、これで十分に地元の人の心はつかめるんじゃないかな…

若干、味が濃い目なので、薄味希望の人対応もあったらよいかな??

麺はこんな感じです。

うん、これはこれで、、、

「家系」っぽい麺ではないですけど、普通に美味しく食べられる。

いい意味で、スタンダードな麺だったように思います。

チャーシューも、まぁ、普通に美味しく、、、

色々、改良できる点は幾つもあると思うけど、まずはこれで、、、と。

今後、どう変身していくか、そこが楽しみかな、と思います。

で、、、

ジャジャーン!

こちらが「黄門さま醤油らーめん」です!!

新作、というか、遂に出た、というか、、、

こちらのラーメンは、もう、、、なんていえば…(;´・ω・)

普通過ぎるほど普通のオーソドックスな醤油ラーメン。

レトロでもないし、斬新でもない、、、。

なんていえばいいんだろ、、、(困るkei…)

昔、デパートの最上階のレストランで食べたラーメンの味!?

あるいは、大学の学食のラーメンの味に似てる!?

あるいは、四街道のイトーヨーカ堂の「ファミールコート」の味だ!(汗)

そんな感じの庶民的で平凡で平和で標準的な「醤油ラーメン」でした。

でも、これはこれで、きっと「需要」があるんだろうな~、、、

だって、これがラーメンなんだもん、、、(;´・ω・)

しかし、これに「黄門さま」を当ててくるとは、、、

(ある意味で)恐るべし、黄門さま、、、(;´・ω・)

麺はこんな感じです。

これ、麺はどれも同じなのかな???

そんなに変わってないけど、ぷりっとしたいい麺だなぁって思います。

スープによって、麺の印象も随分と変わるものですね。

どんなスープでも合いそうな麺ってことで。。。

あと、、、

ふふふ。

チャーシュー丼(350円)

も食べちゃいました♪

チャー丼もまた、ラーメンフリークの楽しみですからねー。

チャー丼の美味しいお店は、いいお店☆彡

うんうん、いい感じ♪

お肉も惜しみなくゴロゴロ入っています。

あともう少しゴロゴロしていたら、コスパいいって思ったかも。。。

あるいは、串の黄門さまだけに、もうひと手間かけるとか。

350円というと、牛丼一杯分ですからね。もう一つ何か欲しいところ…。

(マヨネーズとか、明太マヨネーズとか!)

でも、きっと、これから面白いミニ丼も出てくることでしょう。

なんといっても、串の黄門さまの黄門さまですからね!

ああ、串の黄門さまで食べたあの丼が忘れられない

(あと、串の黄門さまにも豚丼あるんですよね~!これもウマウマだった…!)

***

というわけで!!!

二度目の「麺屋黄門さま」のレポでした。

「鶏豚骨醤油らーめん」は、「家系インスパ系の味」と言うのが一番ぴったりかな。

(インスパのインスパ系!?)

「黄門さま醤油らーめん」は、懐かしい王道の「醤油ラーメン」の味。

どちらもフリーク向けではないですが、「ターゲット層」が分かる味ですね。

ここの醤油ラーメンだと、小さな子どもでも食べられます。

親がここの鶏白湯とか鶏豚骨醤油とかを食べて、

子どもは、あっさりさっぱりの黄門さまラーメンを食べる、と。

つまり、「ファミリー層」をもターゲットにしているんだろうな、と。

お店の経営として考えると、こういう「策」ってとても大事だったりします。

このお店が、この地で、どこまでやれるのか。

僕も、追いかけられるだけ追いかけたいと思います。

今後、どう化けるのだろう??

この場所で、どこまでやれるんだろう??

さあ、お手並み拝見です!

次は、遂に台湾まぜそばか? つけめんか? 

あるいは(まだあれば)冷し担々麺か!?!?

また、すぐに来ます!(苦笑)

入口自体は、「麺屋玲」と変わらないけど、、、

もう「麺屋玲」は存在しないんですね…。

新店の誕生は嬉しいけど、玲さんがなくなったのはやっぱり悲しい。

もっといっぱい行っておけばよかった(;;)

人もお店も、失ってからその大切さや愛おしさに気づくものかもしれません。

玲さんファンだった僕には、やっぱりちょっと複雑な心境です…。

出会いがあって、別れがあって、、、

また出会って、そしてまた別れて、、、

人生って、ホントに出会いと別れの繰り返し、、、

でも、きっと玲さんのラーメンとまた再び出会えると信じています☆

Comment

海空土@都賀 定番「岩のりらー麺」×平打ち麺に一新の「つけ麺」!

2018-09-14 00:29:59 | 千葉市 若葉区

1か月2週間ぶりにやってきました(苦笑)

千葉市を代表する人気ラーメン店、

魚介系醤油拉麺  海空土

へ!!

8月も終わり、冷やしらーめんはなくなっていました(;;)

また、来年の夏を楽しみにしましょう☆

今回は、また定番に戻ろう!、と。

海空土の「定番」というと、何だろう??

僕的には、やっぱり「岩のりらー麺」じゃないかな、と思います。

「味玉らー麺」も「定番」だけど、一番の定番は「岩のりらー麺」でしょう!、と。

まぁ、その辺は、個々のみなさんの判断に委ねられると思いますが…

ジャジャーン!!!

海空土の定番、「岩のりらー麺」\(^o^)/

ゆっくり味わうことにしましょう。

なんせ、今、僕は原稿執筆でヘトヘトになってますんで…。

いつ見ても、何度見ても、

ホント、美しいヴィジュアルですよ、、、(;;)

でも、見た目以上に、味が半端なく美味しいんですから、、、

zoom up!

今回は、ちょっと「分析的」に♪

まず!!!

①スープがとにかくアツアツ!!!

海空土のスープはとにかくアツアツです。これは大きな特徴ではないか、と。

猫舌の人はちょっと大変かもしれませんが、熱いのがラーメン!!

②スープの香りがとにかく豊潤!!

スープを飲む前に、スープの香りを楽しみましょう! 煮干しのいい香りがします。

③とにかく飲み干したくなるほどに旨い煮干スープ!

海空土の「完飲率」ってどれくらいなんだろう? 

見る限り、みんな、スープを飲み干しています。

ここまで、お客さんに飲み干してもらえるお店ってどれくらいあるんだろ!?

それに、今流行りの無理に煮干しを効かせたスープじゃないので、疲れません。

④山田食品の香麺が艶やかでツルツルで滑らかで…。

千葉を誇る山田食品のつるつるするするの麺が楽しめるのも、いいところ♪

僕的にも、千葉のラーメン屋さんは千葉の製麺所を活用したいところです。

⑤岩のりとスープの相性が抜群!

海空土のスープには、岩のりはとてつもなくよく合っています。

岩のりのみならず、のり全般がきっとここのスープに合うんだと思います。

と、特記すべき点は上の5点かな、と☆

それから、、、

⑥味はしっかりしているのに、食後に全く苦しくならない!

とても美味しいんだけど、食べ終わった後も、その後もすっきりさっぱり。

美味しいけど、後で苦しくなる/気持ち悪くなるというケースは多々あります。

海空土のラーメンは、本当に後味最高なんです☆

麺はこんな感じです。

上にも書いたけど、ホント、つるつるするするで、心地よい麺になっています。

他のどこでもない「海空土」らしさみたいなのが、この麺から感じられる…かも!?

これで、草村商店の麺だと、それっぽいというか、永福町っぽいというか…。

でも、このスープにして、この麺ならば、その組み合わせは、ONLY ONE。

しかも、千葉でとても勢いのある製麺所の麺となれば、、、

まさに今や、千葉を代表する名店の一杯、ここにあり!という感じでしょうか!?

***

それから、<ニュース速報>です!

なんとなんと!!!

海空土のつけ麺の<麺>が、

細い平打ち麺に変更されました!

その理由はとてもシンプルなもので、

①楠田さんがもともと喜多方ラーメンがお好きだから、

②太いとゆで時間が長くてお客さんを待たせることになるから、

というものでした。

さすがは、お客さん思いの楠田さん♡

…というわけで、、、

ジャジャーン!!!

こちらが、新生<つけ麺>です!!

画像のは麺半分になっています。通常はもっともっと多いです!!)

おお~~~!!!!!

僕の大好きな細く縮れた平打ち麺!!!

スープ側からも見ておきましょう!

前々から、海空土のつけ麺は平打ち麺がいい!って思っていたんですよー。

遂に、僕の妄想的願望が実現したーーー!!!\(^o^)/

なんとも、山田食品さんに色々と注文して、試行錯誤の末にできた麺なんだとか。

その想い、詰まっています!!

この麺!

ややボソボソっとした食感の麺になっていて、

東北っぽい少しやわっとした麺で、

見事にやや細めの中太麺で、縮れていて、平打ち麺。

この麺が、海空土のつけスープに合わないわけがない。

もう、一瞬でしたよ。

あまりにも美味しくて、一瞬で平らげてしまいました(;´・ω・)

(二杯目だぞ、、、痩せる気なし、、、orz...)

この麺なら、少し大盛りでも瞬時に食べ終わりそう。

楠田さんは、麺の固さ(加減)を心配されていたけど、

ホント、ちょうどいいというか、なんというか。

遂に、海空土も「地方の名店」的な貫禄を持ち始めたかもしれません。

こんなつけ麺が出てきたら、どの土地であっても、飛びあがりますよ。

(ただでも美味しいのに、それでいて、この縮れた平打ち麺!!涙)

・・・

是非、みなさんもこの新しい麺を使ったつけ麺、

楽しんでくださいねー!!\(^o^)/

券売機の上の方を見たら、、、

麺のリニューアルのことが書かれていた、、、(;´・ω・)

やっぱり、ちゃんと見ないとダメですねー、、、

海空土は、もはや、僕の「心の味」になりつつある、、、

こんなに長い付き合いになるとは、思ってもみなかったな。

海空土がオープンした頃、まだ僕がブログを始める前だけど、

その頃に、父と二人で食べに来たんだよな、、、

それから、いったい何度、ここのらー麺を食べただろう、、

何度食べても、いつでも「旨い!」って思えるのって、何でだろう?

本当に大好きな大好きなラーメン店です\(^o^)/

PS

千葉市内にかつてあった某人気店の店主さんがおられました。

「学び直し」をするとのことでした。

もしかしたら、またあのお店のあのラーメンが食べられる日が来るかも?

その時には、海空土で学んだことがフルに生かされるのでは??

僕的には、あの納豆のラーメンを海空土の味に重ねてほしいな、と(;´・ω・)

密かに、<復活>を期待しています。

で、もし<復活>するとなったら、今度は車のない人でもアクセスしやすい場所に…

お願いいたしますm(__)m

Comment

ラーメンハウス江北@都賀 何気に「ざる中華」がめっちゃ旨かった件…

2018-09-13 00:57:02 | 千葉市 若葉区

久々、、、でもないかな。

ずっ~~と前から通っている都賀の名店、

ラーメンハウス江北

にやってきました。

前回のレポ(7月)はこちら

(前回はまだ夏本番前だったか… 今年の夏は暑すぎた…)

変わらずに、相変わらずに、人気ラーメン店であります☆

これからも変わらずに、ここに来るお客さんを幸せにするのでしょう。

幸せにし続けるのでしょう…

さて。。。

どうしましょう、、、

メニューを眺めながら、色々考えていると、、、

ふと、メニュー隣りの「ざる中華」の文字が見えました。

「あれ!?…」

この日は、「残暑」的な暑い日だったので、、、

まだここで一度も食べたことのない、、、

ざる中華(500円)

を頂くことにしました。

江北の500円のざる中華、、、

いったい!?!?、、、

 

ジャジャーン!!

うん、これこれ♡

つるつるの麺に、和風のおつゆ。

薬味は、ネギとゴマとわさび。

それだけ。

最高にシンプルな「ざる中華」。

麺側からも♪

さて、この麺をおつゆにつけて食べましょう!!

お腹ペコペコ!!

実は、、、

味的には、それほど期待していなかったんです。

「ざる中華」は、どこまでいっても「ざる中華」。

お蕎麦用のつゆで、お蕎麦の代わりに中華麺を食べる、みたいな。

しかし、、、

一口、麺をすすって、ひっくり返りそうになりました。

「げ!! 旨い、、、(;´・ω・)」

「旨すぎるでないか!?」

江北はやはり侮れなかった、、、orz...

 

これ、まさに「江北の味」のおつゆじゃないか。

わりと濃い目で、魚介の風味もしっかり立っていて、旨さ満点。

ベースとなるかえしに色々と手を加えているのが分かります。

この味、まさに「江北のざる中華」の味だ、、、orz...

凄い、、、

ざる中華で感動したのって、人生で初めてかも!?

麺もしっかりと冷たくて、あっという間になくなってしまいました。

もう、一瞬の快楽、、、(;´・ω・)

この麺が、またホントいいんですよねー。

何の変哲もない中華麺なんですけど、ここのスープにはこれがベスト!

ざる中華のおつゆにも、実によく合っていました!!

あー、幸せだ、、、

美味しいざる中華が、これほどに美味しいとは思いもしませんでした。

これは、是非食べてもらいたいですねー。

ざる中華フリークっていないのかな??(;´・ω・)

あと、当然ながら、こちらも♪

江北で何気に一番食べているメニューかも!?

ミニ焼肉丼(300円)

注文してから作り始めてくれる手作りの贅沢なミニ丼。

豚肉も本当に柔らかくて、臭みもなくて、美味しいんです。

なんで、こんなに柔らかく焼けるんだろうなぁ~と。

自分で焼くと、どうしても豚肉が固くなるからなぁ、、、(;;)

マヨネーズたっぷりのキャベツも、ホントいい感じです。

これは、是非セットで頼んでほしいな~って思います。

***

というわけで、、、

江北で初となる「ざる中華」のレポでした。

暑い夏には、是非江北で「ざる中華」を!!

ホント、素直に感動しちゃいましたよ。

和風醤油味のざる中華。

こんな美味しいざる中華、なかなかお見かけしないと思います!!

一杯、500円。

泣けるじゃないですか、、、。

しかし、やっぱり、江北は江北でしたね、、、。

平凡だけど、やっぱり非凡

(逆に、非凡に見えるけど、実は平凡、というお店もありますね…)

こういうお店こそ、若きラーメン店主さんは目指してほしいなと思います。

お店を長く続けていったその先にある「目的地」。

江北は、若きラーメン店主さんたちの「未来の理想の姿」だと思います。

味的にも、時代を超えて出ていますしね。

また、平凡な中に「非凡」がある。

それって、凄いことです。。。

少し売れて、調子に乗って、がくっと人気を失い、消えていくお店も多いです。

目指す先が、「金儲け」なら、それでもいい(よくないけど、、、汗)

でも、目指す先が、「愛され続ける老舗店」であるなら、、、

きっと、このお店がその理想の姿だと、今回改めて強く思いました!!

ラーメン屋さんのためのラーメン屋さんって言ってもいいかも!?

つまり、プロの中のプロのお店!!ってことで♪

Comment