Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

麺屋黄門さま@都賀 三度目!「特製濃厚魚介つけ麺」もまさに王道!

2018-09-20 00:21:50 | 千葉市 若葉区

はい、またまたやってきました!!

麺屋玲さんの跡地に出現した新店、

麺屋黄門さま

へ!!\(^o^)/

これで、三度目の訪問となります。

一回目は「特製鶏塩白湯らーめん」(1030円)

二回目は「鶏豚骨らーめん(醤油)」(700円)+「黄門さま醤油らーめん」(650円)

を頂きました。

で、、、

三回目となる今回は、、、

これ!!

特製濃厚魚介つけ麺(1080円)

です!!

鶏塩白湯は、鶏白湯ラーメンの王道系。

で、鶏豚骨らーめんは、家系インスパイア系のインスパイア系?!

…とすると、つけ麺は、、、

どうなっているんだろう???

もう、興味津々です☆

その名からして、王道の濃厚豚骨魚介つけ麺かな、、、と。

ジャジャーン!!!

来ました!!!!

もう、見るからにして、濃厚そうだぞ~~~。

「特製」なので、もう、豪華豪華\(^o^)/

都賀駅周辺で、こういう濃厚なつけ麺、なかなかなかっただけに、、、

泣きそうです、、、(;;)

次いで、別アングルで♪

まず、驚くのは、チャーシュー!!

厚さ1cmを超える分厚いチャーシューが、麺の上に三枚。

そして、スープの中に二枚入っていて、合計で五枚。

これ、薄いチャーシューだったら、いったい何枚分なんだろう??

これは、もう、、、

参りますね。。。

特製だと少し値段が高くなるけど、お肉好きの人にはかなりゴキゲンかも!?

あと、予めスープ割りも用意されているのも、なんか、、、

(本格派を目指すならこれはNGだけど、このお店ならOKな気がしました)

煮玉子も、黄金色で美しい半熟煮玉子、、、

zoom up!!

スープは、もう王道中の王道の濃厚豚骨魚介スープ。

とみ田をインスパイアしたお店のインスパイア系って感じ!?

田代さん系のつけ麺をインスパイアした感じ!?

またの名を、「またお前もか系」のインスパイア系!?

トロトロで、濃厚で、まったりとしたスープになっていました。

都賀界隈だと、ここまで王道の濃厚豚骨魚介は他にないかな!?

強いて言えば、福たけのメガ豚煮干しから煮干しを引いた感じ!?

トロトロで、濃厚で、麺にスープが絡みまくる感じでした。

で、その麺がまた凄かった!!

こんなんです!!

超極太のハードな縮れ麺。

圧倒感があるなぁ、、、 最近、こういうの、食べてない、、、。

浅草開化楼のつけ麺用の麺っぽい感じ!?

うどんを超える太さで、しかも、食感は超ハード。

これはこれで、かなりインパクトがあるぞ、、、

麺の量としては、通常でちょい少な目!?

大食漢の人は大盛りを頼んだ方がよさそうですね。

(僕は、この量で大満足です、、、(;´・ω・))

いやー、インパクト抜群だったなぁ、、、

チャーシューも分厚いながらに、柔らかったです。

あと、スープの中にキャベツも入っていました。

キャベツ入りの濃厚つけ麺、いいっすね~~~

そして、いつもながらに、最後に頂く味玉♪

この味玉もかなりいい感じですぞ、、、(;´・ω・)

トロトロの半熟の黄身がスープに流れ出すほど、、、

いやー、素晴らしい、、、(;´・ω・)

***

三度目のレポとなる「麺屋黄門さま」!!!

いやー、(色んな意味で)期待を裏切らないなぁ、、、

次は、遂に「台湾まぜそば」、、、かな!?

(まぜそばって、どうも、惹かれないんだよなぁ、、、汗)

黄門さまラーメンが「激推し!!」されていました。

うーん、、、そうだったのか、、、

やっぱり、黄門さま、謎過ぎます、、、。

麺屋玲さんは、千葉で最も変態的なマニアックなラーメン店でした。

黄門さまは、色んな意味で、謎で不思議でカオスでラビリンスなお店です、、、

この場所には、「普通のラーメン屋さん」は来ないのか!?(苦笑)

いいぞいいぞ♪

Comment

麺屋黄門さま@都賀 家系ライクな「鶏豚骨醤油ラーメン」もGOOD!

2018-09-15 00:17:55 | 千葉市 若葉区

我が愛しの「麺屋玲」の跡地に、

先月8月30日、オープンしたのが、

麺屋黄門さま

にまたまたやってきました!

 オープン日の僕のレポはこちら

この「麺屋黄門さま」は、都賀駅前の「串の黄門さま」系列のお店。

マニアックなフリーク向けのラーメン店ではなく、

地元の一般の人を対象にした町のラーメン屋さんを目指すようです

メニュー構成も、色々と用意していて、

どんな人でも楽しめるようにと、考えられていました。

なお、現在は、、、

このように、平日は夜営業のみ、

土日だけは、お昼営業も行う形態を取っています。

10月からは平日の昼営業も始める予定なんだとか、、、。

それにしても、夜中の2時までの営業とは、、(;´・ω・)

あとですねー、、、

これ!!

麺屋玲時代には使われていなかったカウンターのところに、

一蘭か!?っていう仕切り付きのカウンター席が用意されているんです。

食べている姿を見られなくない人もたしかにいますからね。

ダイバシティ―(Diversity)を最大限に考慮したお店なんですね♪

さて、、、。

券売機です。

今回は、もう、来る前から決めていました♪

鶏豚骨醤油らーめん(700円)

です!!

都賀というと、永福町系の煮干しラーメンがあり、二郎系ラーメンがあり、

なりたけ系の背脂ラーメンがあり、また濃厚な煮干豚骨があり、

並商があり、結まーるがあり、そして、レトロな江北があり…

色々あるんです♪

でも!!!!

都賀には、いわゆる「家系」、つまり豚骨醤油ラーメンがないんです(;;)

一時期、「節」で、濃厚な豚骨醤油ラーメンが食べられましたが…。

なので、黄門さまに、「鶏豚骨醤油」があると知り、喜んだわけです。

僕は、家系に限らず、「豚骨醤油ラーメン」が好き。

そもそも、「総豊」でラーメンに開眼した人間ですからね。。。

横浜のみならず、徳島、岡山、和歌山、、、

全国津々浦々の豚骨醤油ラーメンが好き。

そういう意味で、黄門さまに鶏豚骨醤油がある、というのは、嬉しいです。

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

来ました来ました!

お見事な鶏豚骨醤油ラーメンになっていますよー。

スープもわりと濃厚そう。

スープを見ると、細かい点々の油が浮いてます。

また、ちゃんとほうれん草も入っているっぽいですし☆

イメージ的には、「横浜家系ラーメン」っぽい感じかなぁ…

あと、やっぱりチャーシューの見た目がいいなぁ~♡

で、スープを飲むと、、、

「うお~~、ほどよく濃くてパンチのある豚骨醤油ラーメンだ!!」

ってなりました。

豚骨スープと言っても、たいていは鶏も入ってますからね。

僕らがよく知る「家系ライク」な豚骨醤油味のスープですよ。

ただ、厳密に言うと、横浜家系直系の味というよりは、、、

今、都内とかでどんどん出ている家系インスパイア系のお店の味、かな。

家系直系ほどの「中毒性」はないものの、しょっぱさは際立っている、みたいな。

甘みが足りないって感じかなぁ、、、違うなぁ、、、(;´・ω・)

千葉でいうと、杉田家や千葉家や武蔵家とは違う方向性??

どこっぽいかなぁ、、、

山岡家、、、かな、、、(;´・ω・)

いや、なんか、四谷の「四ツ谷商店」っぽさを感じたかな!?

つまりは、「町田商店系」…、ないしは「ギフト系」。

そういう系の豚骨醤油ラーメンっぽさを感じました。

(あくまでも、イメージ的に似てるなぁ、という印象です)

でも、そういう豚骨醤油の方が、一般には受けるんだろうな、と。

なので、これで十分に地元の人の心はつかめるんじゃないかな…

若干、味が濃い目なので、薄味希望の人対応もあったらよいかな??

麺はこんな感じです。

うん、これはこれで、、、

「家系」っぽい麺ではないですけど、普通に美味しく食べられる。

いい意味で、スタンダードな麺だったように思います。

チャーシューも、まぁ、普通に美味しく、、、

色々、改良できる点は幾つもあると思うけど、まずはこれで、、、と。

今後、どう変身していくか、そこが楽しみかな、と思います。

で、、、

ジャジャーン!

こちらが「黄門さま醤油らーめん」です!!

新作、というか、遂に出た、というか、、、

こちらのラーメンは、もう、、、なんていえば…(;´・ω・)

普通過ぎるほど普通のオーソドックスな醤油ラーメン。

レトロでもないし、斬新でもない、、、。

なんていえばいいんだろ、、、(困るkei…)

昔、デパートの最上階のレストランで食べたラーメンの味!?

あるいは、大学の学食のラーメンの味に似てる!?

あるいは、四街道のイトーヨーカ堂の「ファミールコート」の味だ!(汗)

そんな感じの庶民的で平凡で平和で標準的な「醤油ラーメン」でした。

でも、これはこれで、きっと「需要」があるんだろうな~、、、

だって、これがラーメンなんだもん、、、(;´・ω・)

しかし、これに「黄門さま」を当ててくるとは、、、

(ある意味で)恐るべし、黄門さま、、、(;´・ω・)

麺はこんな感じです。

これ、麺はどれも同じなのかな???

そんなに変わってないけど、ぷりっとしたいい麺だなぁって思います。

スープによって、麺の印象も随分と変わるものですね。

どんなスープでも合いそうな麺ってことで。。。

あと、、、

ふふふ。

チャーシュー丼(350円)

も食べちゃいました♪

チャー丼もまた、ラーメンフリークの楽しみですからねー。

チャー丼の美味しいお店は、いいお店☆彡

うんうん、いい感じ♪

お肉も惜しみなくゴロゴロ入っています。

あともう少しゴロゴロしていたら、コスパいいって思ったかも。。。

あるいは、串の黄門さまだけに、もうひと手間かけるとか。

350円というと、牛丼一杯分ですからね。もう一つ何か欲しいところ…。

(マヨネーズとか、明太マヨネーズとか!)

でも、きっと、これから面白いミニ丼も出てくることでしょう。

なんといっても、串の黄門さまの黄門さまですからね!

ああ、串の黄門さまで食べたあの丼が忘れられない

(あと、串の黄門さまにも豚丼あるんですよね~!これもウマウマだった…!)

***

というわけで!!!

二度目の「麺屋黄門さま」のレポでした。

「鶏豚骨醤油らーめん」は、「家系インスパ系の味」と言うのが一番ぴったりかな。

(インスパのインスパ系!?)

「黄門さま醤油らーめん」は、懐かしい王道の「醤油ラーメン」の味。

どちらもフリーク向けではないですが、「ターゲット層」が分かる味ですね。

ここの醤油ラーメンだと、小さな子どもでも食べられます。

親がここの鶏白湯とか鶏豚骨醤油とかを食べて、

子どもは、あっさりさっぱりの黄門さまラーメンを食べる、と。

つまり、「ファミリー層」をもターゲットにしているんだろうな、と。

お店の経営として考えると、こういう「策」ってとても大事だったりします。

このお店が、この地で、どこまでやれるのか。

僕も、追いかけられるだけ追いかけたいと思います。

今後、どう化けるのだろう??

この場所で、どこまでやれるんだろう??

さあ、お手並み拝見です!

次は、遂に台湾まぜそばか? つけめんか? 

あるいは(まだあれば)冷し担々麺か!?!?

また、すぐに来ます!(苦笑)

入口自体は、「麺屋玲」と変わらないけど、、、

もう「麺屋玲」は存在しないんですね…。

新店の誕生は嬉しいけど、玲さんがなくなったのはやっぱり悲しい。

もっといっぱい行っておけばよかった(;;)

人もお店も、失ってからその大切さや愛おしさに気づくものかもしれません。

玲さんファンだった僕には、やっぱりちょっと複雑な心境です…。

出会いがあって、別れがあって、、、

また出会って、そしてまた別れて、、、

人生って、ホントに出会いと別れの繰り返し、、、

でも、きっと玲さんのラーメンとまた再び出会えると信じています☆

Comment

海空土@都賀 定番「岩のりらー麺」×平打ち麺に一新の「つけ麺」!

2018-09-14 00:29:59 | 千葉市 若葉区

1か月2週間ぶりにやってきました(苦笑)

千葉市を代表する人気ラーメン店、

魚介系醤油拉麺  海空土

へ!!

8月も終わり、冷やしらーめんはなくなっていました(;;)

また、来年の夏を楽しみにしましょう☆

今回は、また定番に戻ろう!、と。

海空土の「定番」というと、何だろう??

僕的には、やっぱり「岩のりらー麺」じゃないかな、と思います。

「味玉らー麺」も「定番」だけど、一番の定番は「岩のりらー麺」でしょう!、と。

まぁ、その辺は、個々のみなさんの判断に委ねられると思いますが…

ジャジャーン!!!

海空土の定番、「岩のりらー麺」\(^o^)/

ゆっくり味わうことにしましょう。

なんせ、今、僕は原稿執筆でヘトヘトになってますんで…。

いつ見ても、何度見ても、

ホント、美しいヴィジュアルですよ、、、(;;)

でも、見た目以上に、味が半端なく美味しいんですから、、、

zoom up!

今回は、ちょっと「分析的」に♪

まず!!!

①スープがとにかくアツアツ!!!

海空土のスープはとにかくアツアツです。これは大きな特徴ではないか、と。

猫舌の人はちょっと大変かもしれませんが、熱いのがラーメン!!

②スープの香りがとにかく豊潤!!

スープを飲む前に、スープの香りを楽しみましょう! 煮干しのいい香りがします。

③とにかく飲み干したくなるほどに旨い煮干スープ!

海空土の「完飲率」ってどれくらいなんだろう? 

見る限り、みんな、スープを飲み干しています。

ここまで、お客さんに飲み干してもらえるお店ってどれくらいあるんだろ!?

それに、今流行りの無理に煮干しを効かせたスープじゃないので、疲れません。

④山田食品の香麺が艶やかでツルツルで滑らかで…。

千葉を誇る山田食品のつるつるするするの麺が楽しめるのも、いいところ♪

僕的にも、千葉のラーメン屋さんは千葉の製麺所を活用したいところです。

⑤岩のりとスープの相性が抜群!

海空土のスープには、岩のりはとてつもなくよく合っています。

岩のりのみならず、のり全般がきっとここのスープに合うんだと思います。

と、特記すべき点は上の5点かな、と☆

それから、、、

⑥味はしっかりしているのに、食後に全く苦しくならない!

とても美味しいんだけど、食べ終わった後も、その後もすっきりさっぱり。

美味しいけど、後で苦しくなる/気持ち悪くなるというケースは多々あります。

海空土のラーメンは、本当に後味最高なんです☆

麺はこんな感じです。

上にも書いたけど、ホント、つるつるするするで、心地よい麺になっています。

他のどこでもない「海空土」らしさみたいなのが、この麺から感じられる…かも!?

これで、草村商店の麺だと、それっぽいというか、永福町っぽいというか…。

でも、このスープにして、この麺ならば、その組み合わせは、ONLY ONE。

しかも、千葉でとても勢いのある製麺所の麺となれば、、、

まさに今や、千葉を代表する名店の一杯、ここにあり!という感じでしょうか!?

***

それから、<ニュース速報>です!

なんとなんと!!!

海空土のつけ麺の<麺>が、

細い平打ち麺に変更されました!

その理由はとてもシンプルなもので、

①楠田さんがもともと喜多方ラーメンがお好きだから、

②太いとゆで時間が長くてお客さんを待たせることになるから、

というものでした。

さすがは、お客さん思いの楠田さん♡

…というわけで、、、

ジャジャーン!!!

こちらが、新生<つけ麺>です!!

画像のは麺半分になっています。通常はもっともっと多いです!!)

おお~~~!!!!!

僕の大好きな細く縮れた平打ち麺!!!

スープ側からも見ておきましょう!

前々から、海空土のつけ麺は平打ち麺がいい!って思っていたんですよー。

遂に、僕の妄想的願望が実現したーーー!!!\(^o^)/

なんとも、山田食品さんに色々と注文して、試行錯誤の末にできた麺なんだとか。

その想い、詰まっています!!

この麺!

ややボソボソっとした食感の麺になっていて、

東北っぽい少しやわっとした麺で、

見事にやや細めの中太麺で、縮れていて、平打ち麺。

この麺が、海空土のつけスープに合わないわけがない。

もう、一瞬でしたよ。

あまりにも美味しくて、一瞬で平らげてしまいました(;´・ω・)

(二杯目だぞ、、、痩せる気なし、、、orz...)

この麺なら、少し大盛りでも瞬時に食べ終わりそう。

楠田さんは、麺の固さ(加減)を心配されていたけど、

ホント、ちょうどいいというか、なんというか。

遂に、海空土も「地方の名店」的な貫禄を持ち始めたかもしれません。

こんなつけ麺が出てきたら、どの土地であっても、飛びあがりますよ。

(ただでも美味しいのに、それでいて、この縮れた平打ち麺!!涙)

・・・

是非、みなさんもこの新しい麺を使ったつけ麺、

楽しんでくださいねー!!\(^o^)/

券売機の上の方を見たら、、、

麺のリニューアルのことが書かれていた、、、(;´・ω・)

やっぱり、ちゃんと見ないとダメですねー、、、

海空土は、もはや、僕の「心の味」になりつつある、、、

こんなに長い付き合いになるとは、思ってもみなかったな。

海空土がオープンした頃、まだ僕がブログを始める前だけど、

その頃に、父と二人で食べに来たんだよな、、、

それから、いったい何度、ここのらー麺を食べただろう、、

何度食べても、いつでも「旨い!」って思えるのって、何でだろう?

本当に大好きな大好きなラーメン店です\(^o^)/

PS

千葉市内にかつてあった某人気店の店主さんがおられました。

「学び直し」をするとのことでした。

もしかしたら、またあのお店のあのラーメンが食べられる日が来るかも?

その時には、海空土で学んだことがフルに生かされるのでは??

僕的には、あの納豆のラーメンを海空土の味に重ねてほしいな、と(;´・ω・)

密かに、<復活>を期待しています。

で、もし<復活>するとなったら、今度は車のない人でもアクセスしやすい場所に…

お願いいたしますm(__)m

Comment

ラーメンハウス江北@都賀 何気に「ざる中華」がめっちゃ旨かった件…

2018-09-13 00:57:02 | 千葉市 若葉区

久々、、、でもないかな。

ずっ~~と前から通っている都賀の名店、

ラーメンハウス江北

にやってきました。

前回のレポ(7月)はこちら

(前回はまだ夏本番前だったか… 今年の夏は暑すぎた…)

変わらずに、相変わらずに、人気ラーメン店であります☆

これからも変わらずに、ここに来るお客さんを幸せにするのでしょう。

幸せにし続けるのでしょう…

さて。。。

どうしましょう、、、

メニューを眺めながら、色々考えていると、、、

ふと、メニュー隣りの「ざる中華」の文字が見えました。

「あれ!?…」

この日は、「残暑」的な暑い日だったので、、、

まだここで一度も食べたことのない、、、

ざる中華(500円)

を頂くことにしました。

江北の500円のざる中華、、、

いったい!?!?、、、

 

ジャジャーン!!

うん、これこれ♡

つるつるの麺に、和風のおつゆ。

薬味は、ネギとゴマとわさび。

それだけ。

最高にシンプルな「ざる中華」。

麺側からも♪

さて、この麺をおつゆにつけて食べましょう!!

お腹ペコペコ!!

実は、、、

味的には、それほど期待していなかったんです。

「ざる中華」は、どこまでいっても「ざる中華」。

お蕎麦用のつゆで、お蕎麦の代わりに中華麺を食べる、みたいな。

しかし、、、

一口、麺をすすって、ひっくり返りそうになりました。

「げ!! 旨い、、、(;´・ω・)」

「旨すぎるでないか!?」

江北はやはり侮れなかった、、、orz...

 

これ、まさに「江北の味」のおつゆじゃないか。

わりと濃い目で、魚介の風味もしっかり立っていて、旨さ満点。

ベースとなるかえしに色々と手を加えているのが分かります。

この味、まさに「江北のざる中華」の味だ、、、orz...

凄い、、、

ざる中華で感動したのって、人生で初めてかも!?

麺もしっかりと冷たくて、あっという間になくなってしまいました。

もう、一瞬の快楽、、、(;´・ω・)

この麺が、またホントいいんですよねー。

何の変哲もない中華麺なんですけど、ここのスープにはこれがベスト!

ざる中華のおつゆにも、実によく合っていました!!

あー、幸せだ、、、

美味しいざる中華が、これほどに美味しいとは思いもしませんでした。

これは、是非食べてもらいたいですねー。

ざる中華フリークっていないのかな??(;´・ω・)

あと、当然ながら、こちらも♪

江北で何気に一番食べているメニューかも!?

ミニ焼肉丼(300円)

注文してから作り始めてくれる手作りの贅沢なミニ丼。

豚肉も本当に柔らかくて、臭みもなくて、美味しいんです。

なんで、こんなに柔らかく焼けるんだろうなぁ~と。

自分で焼くと、どうしても豚肉が固くなるからなぁ、、、(;;)

マヨネーズたっぷりのキャベツも、ホントいい感じです。

これは、是非セットで頼んでほしいな~って思います。

***

というわけで、、、

江北で初となる「ざる中華」のレポでした。

暑い夏には、是非江北で「ざる中華」を!!

ホント、素直に感動しちゃいましたよ。

和風醤油味のざる中華。

こんな美味しいざる中華、なかなかお見かけしないと思います!!

一杯、500円。

泣けるじゃないですか、、、。

しかし、やっぱり、江北は江北でしたね、、、。

平凡だけど、やっぱり非凡

(逆に、非凡に見えるけど、実は平凡、というお店もありますね…)

こういうお店こそ、若きラーメン店主さんは目指してほしいなと思います。

お店を長く続けていったその先にある「目的地」。

江北は、若きラーメン店主さんたちの「未来の理想の姿」だと思います。

味的にも、時代を超えて出ていますしね。

また、平凡な中に「非凡」がある。

それって、凄いことです。。。

少し売れて、調子に乗って、がくっと人気を失い、消えていくお店も多いです。

目指す先が、「金儲け」なら、それでもいい(よくないけど、、、汗)

でも、目指す先が、「愛され続ける老舗店」であるなら、、、

きっと、このお店がその理想の姿だと、今回改めて強く思いました!!

ラーメン屋さんのためのラーメン屋さんって言ってもいいかも!?

つまり、プロの中のプロのお店!!ってことで♪

Comment

ガネーシャ@千城台北 創業1年の本格ネパールカレーが味わえるお店!

2018-09-02 22:13:35 | 千葉市 若葉区

先日、とある用で、千城台北駅に来ました。

その目的地に向かう途中に、素敵なお店を発見しました!

昨年創業したという千城台北の新店、

インド・ネパール料理 ガネーシャ

であります!

最近、なんか、カレーに目覚めていくのを感じるんです。

ラーメンの写真も素敵だけど、それに負けずにカレーの写真も綺麗だなぁ、と。

特にネパール系のカレー店に、魅力を感じていて、、、

こちらのお店も、ネパール人がイニシアティブをとるお店でした。

ナマステ~!!

まだまだ、出来たばかりの新店。

店員さんもみんなネパールの人でした。

今回は、どんなカレーと出会えるのかな!?!?

なお、「ガネーシャ」って、ちょいヴィジュアル系用語!?

(昔、ガネーシャというアルバムを出したバンドがいたはず)

ヒンズー教の神々の一柱で、愛らしい姿をしている神。

意味的には、

メニューです!!

色んなカレーがずらりと揃っています。

オススメは、「キーマチーズカレー」みたいです。

が!!!

ネパールのカレーとしては、「マトンマサラカレー」(920円)がポピュラーなんだとか。

それと似た「ポークマサラカレー」もありますが、豚はネパールでは食べない人も多いんだとか。

僕としては、ネパールの人が食べているカレーが食べたい!

とすると、マトンマサラカレーがよい、となるみたい。

更に、色んなカレーがありまして。

「タルタルカレー」って何だ!?

ドライカレーも充実していまして、「アルベイカン(じゃがいもとナスのカレー)」や、

「チキンベイガン(鶏とナス)」「アルゴビー(じゃがいもとカリフラワー)」なども。。

こりゃ、楽しいそうだ♪

で、お店の人に、「セットがいいよ~」、と。

僕のねらいは「マトンマサラカレー」一つなので、チョイスカレーセットを。

でも、後で思うと、セットにしなくてよかったかも…。

カレー単品が920円で、ライスは310円。合わせて、1230円。

そこに、サラダとドリンクが付いて、1590円…。

ま、でも、夜ご飯だし、いっか、、、(;;)

まずは、サラダ!

このドレッシングがとっても美味しそう!

メインのカレーを食べる前に、野菜をしっかりとりましょう!的な、、、

ラーメン店でも、こういうサラダを出すといいのに…ってずっと思っています。

が、なかなか、ラーメンを食べる前のサラダって、出てこないんですよね。

ラーメン1000円の壁を超えるなら、なおさらサラダは必須かな、と。

身体のことを考えても、ファットな料理を食べる前に野菜は取るべき。

急激な血糖値の上昇を防ぐためにも、野菜摂取はやっぱり大事。

野菜を食べたら、いざ、カレーとのご対面!!

ジャジャーン!!

来ました!!

ガネーシャおススメのマトンマサラカレー

です!

いやー、カレーも、いい写真がいっぱい撮れますねー。

なんか、カレーのヴィジュアル的な魅力に気づきつつあるというか、、、

イメージ的には、「つけ麺」の写真を撮るのに近い感じ!?

なんか、いい写真が撮れるんだよなぁ~~~

食べ方としても、炭水化物を味のついたスープやルーに浸して食べる、と。

こちらのカレーは、「中辛」なんですけど、まぁ、あんまり辛くなかった(苦笑)

ルーは、ドロドロというか、トロトロで、やや日本風かな。

ただ、マイルドでコクたっぷりというよりは、野菜等の具がとろけている感じ!?

まったり感があり、また、程よい固形感もあり、、、

中央に輝く白いのは、ゆで卵。

これ、半熟玉子だったり、温泉玉子だったりしたら、なお良かったかなぁ。

マトンのお肉も、柔らかさがあって、カレーに合っていました。

あまり、マトン肉って普段食べないから、

そういう意味でもとても新鮮だったかな。

カレーがとっても美味しいので、ご飯が余ってしまった、、、

カレーを食べていて、ご飯が残るというのは、ちょっと悲しい、、、苦笑

というわけで、チョイスカレーセット、

頂きました。

1590円と考えると、セットじゃなくてもよかったかなぁ、、、

この値段を考えると、やっぱりラーメンって安いよなぁ、、、

そして、最後に、、、

マンゴーラッシーを♪

これが、とっても飲みやすくて、すっきりしていて、ミルキーで。

美味しかったなぁ、、、

個人的には、チャイよりはるかに飲みやすかった、、、

いわゆる「ヨーグルトドリンク」で、日本人の口にも合うなぁって。

次回は、「ビリヤニ」を絶対に食べるぞー。

 ビリヤニとは!?

ビリヤニは、インド~パキスタンの「炊き込みご飯」、つまりピラフ?!パエリア!?

ここのピリヤニ、なかなか凝っているみたいなので、、、

次回は、こちらのビリヤニのレポをしたいと思います!

ピラフもパエリアも、そしてビリヤニも、やっぱり最高に美味しいですからね。

こちらも、手書きの日替わりメニュー。

ちょっと不器用?な手書きの日本語がいい味を出しているなぁって、、、。

先日レポした「ミトチャ」もそうだったなぁ、、って。

不器用でも、こうやって、頑張って日本語に挑戦する姿が素敵だなぁと思いました。

こちらのお店、素敵でした。

場所は、千葉都市モノレールの千城台北駅すぐ、です。

是非、行ってみてくださいねー!!

応援しましょう!!

Comments (2)

麺屋黄門さま@都賀 麺屋玲跡地にあの「串の黄門さま」がラーメン店を!

2018-08-30 23:02:52 | 千葉市 若葉区

つい先日、惜しまれながら閉店した「麺屋玲」の跡地に、

これまでと全く違うタイプのラーメン店が出現しました!!

その名も、、、

麺屋黄門さま

であります!!

「黄門さま」…

都賀にお住まいの方なら、ぴんと来る人もいるかもしれません…。

駅前の人気の「串の黄門さま」、、、

そうなんです。

人気串焼き屋さんが、玲跡地に、ラーメン店を出したのです!!

実は、この「串の黄門さま」では、かつて、午後11時から限定でラーメンを出していたことがあります。

 午後11時からしか食べられなかった「串の黄門さま」の超限定ラーメンのレポはこちら

この超限定ラーメン、本当に美味しくて、忘れられない一杯でした。

が、残念ながら、その後、提供が終わってしまいました(;;)

もう、串の黄門さまのラーメンは食べられないのか、、、と思っていましたが、

ここに来て、ホンキのラーメン店を出してきたのです!!

もう、驚きですよ、、、

8月30日、つまり、本日オープン!!

久々に、開店日当日のレポが書けました(;;)

店頭には、串の黄門さまの店主さんもおられ、フロア全体を見ていました。

あの「麺屋玲」が、全く別のお店になってしまったことに、少しの悲しさを感じました。

ホント、いっぱい玲のラーメンを食べてきたから、、、

でも、今や、全く別の新店に、、、。

創業を祝う花もいっぱい飾られていました。

こちらの店舗は、「魚介麺処 滔天」→「麺屋玲」と続く三店舗目となります。

店主さんも、気合いたっぷりです★

店内も、全く別のお店の雰囲気になっていました。

かつての面影一切なし。。。

カウンターのテーブルの色も全く別用になっていて、どこかBARみたい。

しかも!!

厨房には、3~4名のスタッフがいて、懸命に働いています。

このお店の厨房に、こんな人がいるなんて、、、

初めてみた風景かも!?!?

しかも、スタッフさんも某有名店等にいた方なんだとか、、、

だから、オープン日のわりには、かなり手際もいいんです。。。

たしかに、ここの厨房は広いので、3~4人いても、全然大丈夫だ、、、

で、メニューです。

券売機は、えー、玲さんの券売機とは別の券売機ですね。

ボタンの量が多い、、、(;´・ω・)

で、二つ、大きなボタンがありまして、

台湾まぜそば」(790円)

特製鶏塩白湯らーめん」(1030円)

の二種があります。

その他、「鶏豚骨醤油らーめん」(家系風ラーメン)や「濃厚魚介つけ麺」があります。

そして、夏季限定か?、「冷し担々麺」なるものも用意されていました。

最初から、かなりバリエーション豊富になっています、、、(;´・ω・)

卓上にも、メニュー表が置いてありました。

写真が出ています。

こちらが、卓上のメニュー表です。

全部で「五種類」の麺が用意されているんですね。

なので、少なくとも五回は来ないと、その全貌は語れませんね。

今回は、おそらくこちらの「看板メニュー」となるであろう、

「特製鶏塩白湯らーめん」(1030円)を頂きました。

いったいどんなラーメンなのでしょう!?

ジャジャーン!!!

来ましたよー。

本日オープンの「麺屋黄門さま」の特製鶏塩白湯らーめん!!

いや~、すごいダイナミックなヴィジュアル!!

でっかい自家製のチャーシューが三枚どどーんっと。

そして、彩り綺麗なネギと水菜が添えられていて、

存在感たっぷりの半熟煮玉子がどーんっと。

煮玉子の背後には、「串の黄門さま」を象徴する「つくね」がありました!!

この「つくね」が、ここのトレードマークになりそうです。

さすがは、串焼屋さんのラーメン店!!

(今後、色々と串焼き×ラーメンのチャレンジメニューが出てきそうです)

zoom up!!

具がいっぱいなので、ちょっとスープが見えにくいですが、、、

こちらの鶏塩白湯スープ、なかなか本格的ですよ、、、

マイルドで、ちょいしょっぱさが際立つ鶏白湯スープになっていて、

たしかに、「鶏塩白湯」のラーメンになっています。

いわゆるドロ系~超濃厚系の鶏白湯ではなく、食べやすい鶏白湯スープ。

マニア度は低いけど、かなり安定した一般性の高い鶏白湯になっていました。

個人的には、これ、好きなタイプの鶏白湯かも!?

イメージ的には、「まる玉@両国」にどこか通じるタイプの鶏白湯かな、と。

(だから、レモンがとっても合いそうな気がしました)

濃厚な鶏白湯ラーメンが苦手だなぁという人でも、これならいけるかも!?

都賀界隈でも、こういう鶏白湯のお店ってないから、歓迎されるのでは、、、

(更に、家系風の豚骨醤油ラーメンもありますしね、、、)

チャーシューは、わりとパサパサとしたタイプのチャーシューで、

スープに浸して食べると、ちょっとだけ柔らかく感じるかな!?

で、こちらが、麺です。

店主さん曰く、「この麺が本当にいいんですよ~」、とのこと。

酒井製麺ではないですが、家系ラーメン店でよく使われる製麺所の麺です。

ぶっとくて、弾力性もあって、コシもしっかり。

確かに、この麺なら、ぐいぐい食べられちゃうかも。

鶏塩白湯スープとの相性もよくて、最後まで自然に美味しく頂けました。

さすが、店主さんを唸らせた麺なだけはあります♪

スープが少な目なので、麺の量が多く感じますが、、、

食べた後も、そんなに苦しくなることなく、程よくお腹一杯になりました。

で、こちらが、麺屋黄門さま自慢の「手作りつくね」です!!

恐らく、このつくねこそが、こちらのお店のシンボルとなることでしょう

ぱさっとしたチャーシューを減らして、このつくねを増やした方が、

このお店らしい「特製ラーメン」になる気がしました。

きっと、今後、色々と変わっていくと思います。

これからがなんかとても楽しみになりました。

そして、煮玉子も♪

いい感じで、半熟になっていました。やわやわでも固めでもない、、、

ちょうどいい塩梅の茹で加減になっていて、よかったです。

スープも美味しくて、完飲完食しちゃいました♪♪

うん、いいじゃないですか、鶏塩白湯!!!

ネットで「鶏塩白湯」という文字を検索しても、ほとんど出てきません。

こちらの麺屋黄門さまのオリジナルワードになりそうです。

いい感じで、しょっぱい鶏白湯スープになっていて、

これならまた是非食べたいな、、、と。

これに、焼き鳥丼とか、つくね丼とか、鶏皮丼とかあったら、最高かも!?

「串の黄金さま」の「鶏めんたい丼」も是非メニューに加えて頂きたいですねー(;;)

みなさまも是非行ってみてください。

***

店頭に置かれた電光掲示板が面白かったので、、、

店主さんの個人的イチオシは、こちらの「濃厚魚介つけ麺」みたいです。

「麺の美味しさがダイレクトに伝わるので、つけ麺がおススメです」、とのこと。

次回は、これを食べるかな~~♪

そして、都賀界隈で欲しかった「豚骨醤油ラーメン」!!

こちらのは「鶏豚骨醤油ラーメン」になっていますが、、、

こちらのラーメンも近いうちに食べてレポしたいなぁ~~~(;;)

ボリューム満点の「台湾まぜそば」もありました。

わりと、これを注文する人も多かった気がします。

こちらも、また近いうちに食べなければ、、と。

(ただ、まぜそばって、スープがないから、どうしても満足しきれないんだよな~)

そして、現在は提供されていませんが、、、

今後、登場予定となっているのが、こちらの「黄門さま醤油らーめん」。

うん、これ、めっちゃ楽しみかも!?

あっさり系のスープの醤油ラーメンかな!?、と。

どんなあっさりラーメンを出してくるのか!?

もともと、串の黄門さまで出していたのが、淡麗系だっただけに、、、

あの夜11時~の超ハードルの高いあのラーメンがもう一度食べたい、、、

こちらのラーメンへの期待はとっても高いです☆

***

というわけで、、、

麺屋黄門さま、創業日の最速レポでした!!

これから、どんどん進化させていくみたいですので、、

是非、この機会に一度行ってみてください!!

なかなか面白いお店になっていますよー!!\(^o^)/

Comments (3)

雷神屋@小倉台 生姜の魅力がぎゅっと詰まった「中華そば(醤油)」!

2018-08-30 12:24:18 | 千葉市 若葉区

かなり久々にやってきました!

千葉都市モノレール小倉台駅前すぐのところにあるパワフルなお店、

背脂豚骨醤油ラーメン 雷神屋

です!!

過去ログを見ると、前回来たのは、2015年10月…

 前回の<稲妻そばVS雷神そば対決>の記事はこちら

もう、かれこれ、3年が経つんだ、、、

過ぎゆく時の流れが早すぎる…

3年も経てば、お店も色々変わっているはず。

新しい気持ちで、こちらのお店にやってまいりました!

うん、、、、

3年前とほぼ変わってない、、、(・_・;)、、、

看板の四つのメニューも変わらずに健在だ、、、

まぁー、これはこれでいいんです、うん。

きちんと基本が確立されているということで、、、苦笑

でも、券売機の横を見ると、、、

なに!?!?

期間限定冷ラーメン

あっさり塩味の冷やし

ですか!?!?

うお~~~~、雷神屋で冷やしラーメン!!

一気にテンションが上がります。

が、、、、

「今さっき、売り切れました…」

ガーン

ショックだ、、、

と思いつつ、また別のところに目を向けると、、、

なになに!?!?

ちゅ、ちゅ、ちゅ、、、

中華そば(醤油・塩)、、、

!?!?

なんだこれは!?

これは、3年前はなかったぞ、、、

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

来ました!!

雷神屋の新作(!?)

中華そば(醤油)」です!!

なんか、素敵なヴィジュアルだなぁ、、、

雷神屋の他のメニューに比べると、ちょっと地味目ですが、、、

でも、中央に輝く「生姜」がなんか、すごい存在感でした

スープは、「あっさり系」…といいたいところですが、

これでも、十分にマイルドでしっかりとしたスープでした。

超濃厚ではありませんが、決してシャバシャバではありません。

お肉も分厚くて、でっかいです。。。

見てください!

この美しいラーメンの画像!!

見た目こそ、わりと濃厚そうですが、、、

とてつもなく飲みやすいスープになっていました。

濃厚好きな人も、あっさり好きな人もどちらも満足できるんじゃないかな?!

そして!!

途中で、生姜をスープに混ぜていきます。

そうすると、ややこってりしたライトなラーメンが、

みるみるうちに、生姜醤油ラーメンに変貌していくんです。

おおー、来たぞ、ジンジャー!!!

生姜ラーメンと言えば、新潟県長岡市の「長岡生姜醤油ラーメン」ですよね。

秋葉原には、From長岡の人気店「青島食堂」が登場しています。

僕的には、麺処美空@神保町(閉店)の生姜醤油ラーメンが忘れられない…

そんな「生姜醤油ラーメン」を思い出すような味わい!

これ、マジでいいかも!?!?

麺も、凄かった!!

これ、常勝軒の麺って書いてあったので、そうなんでしょう(苦笑)

 常勝軒@千葉本店のレポはこちら

とにかく、ぶっといです!!

見た目的には、「うどん」の麺と見分けられないくらいに!!

でも、食べれば、完璧に「中華麺」です。

ワシワシ食べるタイプの超ハードでパワフルな麺でした。

この厚さ1cmのでっかくてぶっといチャーシューもたまりませんねー。

味的には、まぁ、わりと普通のチャーシューですけど、

食べ応えはかなりあります。

肉好きの人なら、チャーシュー増しがいいかも!?

いや~~~

パワフルで超ハードな生姜醤油ラーメンでした。

これ、美味しい♡

そうなると、今度は「塩」が食べたくなってくるなぁ、、、

次は、「中華そば(塩)」、確定!!

あ、冷しも食べられたら、、、もう無理かな、、、

それから、おそらく3年前はなかったであろう、、、

ミニ丼の新作!?

牛ハラミ丼(350円)

です!!

ドーンっと。。。

この牛ハラミ丼がとんでもなく美味しかった!

いかんせん、注文してから目の前で焼いてくれるんですから♪

もう、ここに来たら、絶対にハラミ丼ですよー。

350円で、この量、このクオリティー。。。

参ります。。。

味は、味噌ベースのタレで、とっても香ばしくて、ジューシーで。

最強レベルの「ミニ丼」になっていると思いました。

さすがは、「元焼肉屋店主」の作る牛ハラミ丼だ!\(^o^)/

このハラミ丼の満足度はかなり高かったです。

***

というわけで、

3年ぶりとなる「雷神屋」のレポでした!!\(^o^)/

いやー、なかなか凄いお店になりつつある気が、、、

店主さん?のTシャツを見ると、「常勝軒」の文字が…。

常勝軒というと、例の「こうじ系」「田代系」ってことで、、、

こうじ~田代さんというと、「雷神角ふじ」ってことで、、、

その「雷神角ふじ」があって、この「雷神屋」がってことで、、、

でも、こうじグループのHPには、この雷神屋の文字はなくて、、、

どういう位置づけになるのかなー、、、なんて。

まぁ、フリークさん以外にはどうでもいい話なんですけど…。

いずれにしても、この雷神屋は、かなり頑張っているぞ、と。

また、来たいと思います!!

Comment

並木商事GRANDE@都賀 限定背脂塩そばにパーコーを乗せてみた!

2018-08-24 00:13:23 | 千葉市 若葉区

最近、元教え子でプロのボーカリストを目指す小駒君とレコーディングに燃えています。

自宅で、彼の歌入れをした後は、ラーメン♪

でも、彼は「餃子好き人間」、、、(;´・ω・)

餃子が食べられて、ラーメンも食べられるお店となれば、、、

もう、ここしかないでしょう☆

並木商事GRANDE

です。

もともとは「餃子の並商」という名前でしたしね♪

今も、餃子は、こちらのお店の人気メニューです。

この日の僕のねらいは、背脂醤油そばに続く背脂シリーズ第二段、

背脂塩そば

であります!!

(*並木商事の限定はまさに日替わりペースなので、現在提供されているかは不明です)

(*随時、ご確認ください)

これをそのまま食べてもよかったんだけど、

隣りのソース冷し中華の下に書いてある「ぶあついパイコー」という文字が…

そこで、店員さんに、「背脂塩そばにパイコー乗せられますか?」と訊ねたら、

330円(餃子の券)でつけられますよ、とのお声が!!!

パーコー大好き人間としては、パーコー入りの背脂塩そば、食べてみたかった♪

というわけで、パイコー入りの背脂塩そばを注文!

小駒君は、「ダブル餃子定食」を注文していました。

餃子定食がある、というのは、強みになるだろうなぁ、、、

ラーメンを食べたい日もあれば、そうでない日もある。

そういう日でも、ここに来られるんだから。。。

僕がお店をやるとしても、こういう定食は絶対に用意するだろうなぁ…。

やっぱ、ご飯ものは置いておきたい。。。

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

来ました!!!

並木商事オリジナルのパーコー入りの背脂塩そば、です!!

もう、見た目からして、とんでもなくジャンクに仕上がっております。

醤油に漬けた背脂が真っ黒になっていて、なんとも奇妙な見た目に、、、

スープ自体は、さらっとした淡麗系のあっさりスープ。

ここに、背脂が融合していくわけです。。。

こんがり焼けたパーコーもさることながら、チャーシューも美味しそう。

ここのチャーシューは、低温調理チャーシューで、柔らかくて、もちっとしています。

そして、中央に輝くのは、生の玉ネギのみじん切り。

もう、このヴィジュアルだけで、ノックダウンでしょう。。。

スープは、あっさりとした塩スープです。

もちろん、最初の最初だけ。。。

食べていくうちに、どんどん「背脂ラーメン」になっていきます。

ファット感もかなり強いです。

が、従来の背脂ラーメンとは明らかに違う味わい。

そんなに背脂背脂していない、といいますか。

背脂がメインにならない、というか。。。

トッピングとしての背脂>が成立している、というか。

新しい背脂の食べ方を提案しているように思いました。

もう、ただ背脂をぶっかけるだけの時代じゃないかも!?

麺はこんな感じです。

自家製の超力強いタフな中太ストレート麺。

全く縮れ感がありません。

しかも、どれだけスープに浸っても、やわやわにならない!!

ここまでタフな自家製麺って、なかなかお目にかかれないかも!?

で、

パーコーは、わりと味がやさしめのカリカリのパーコーでした。

香ばしさはかなりあります。

が、あまり味がしない、というか、薄味というか、、、

ラーメンのトッピングとして、あえてそうしているのかな??

僕的には、もう少し味が強い方が好きかなぁ、、、

まぁ、そこは好みの問題でしょうけど、、、

そして、こちらが「ダブル餃子定食」です!!

餃子が通常の二倍!!

野菜がないのが、ちょっとあれですけど、、、

でも、これなら、存分に餃子が楽しめます☆

餃子はこんな感じです!!

大きな餃子が全部で10個!!!

かつては「餃子の並商」と名乗っていました。

なので、餃子へのこだわりはかなり強いです。

本格的だけど、とても庶民的

そこを楽しめる餃子かな、と思いました。

更に、今回は、「タルタル揚げ餃子」も頼んでしまいました。

ここで、このタルタル餃子を注文するのは初めてです。

どんな餃子なのだろう!?

おおー!!

そうか。ここの「ザめし」を乗っけているんだ!?!?

そして、タルタルソース!!

タルタルソースはわりと控えめかな!?

ザめしの具がいっぱい乗っていて、面白い味の餃子でした。

揚げ餃子だけど、わりとすっきりタイプ!?、というか。

焼き餃子も美味しいけど、こういう揚げ餃子もいいなぁ~、、、

今後、どっちを食べるか、迷うぞ、、、(;´・ω・)

最近、限定が面白すぎて、ぶっ飛びすぎていて、

レギュラーメニューが食べられていません、、、( ノД`)

でも、レギュラーの素湯麺もとっても美味しいんだなぁ~。

いつになったら、レギュラーメニューに再びありつけるのやら…。

けど、創造性に溢れる並木商事GRANDE。

今も、次から次に、ユニークな限定メニュー、出してきていますよー。

いやー、困った、、、(嬉しい悲鳴)

Comment

かじろう@都賀 遂に一般人向けが登場!玉ねぎトッピングもGOOD!

2018-08-21 22:32:56 | 千葉市 若葉区

なんで、みんな、こうも「二郎系」が好きなんでしょうかね?!

家系と二郎系って、やっぱりなんか無敵な感じがします。

時代にも流されない、というか…。

しかも、レベルの高い家系・二郎系となると、もうドル箱状態!?

ホント、二郎系や家系の根強い人気には驚かされます。

都賀エリアで不動の人気を博している二郎系のお店、

かじろう

にやってきました♪

定期観測店ですね\(^o^)/

前回来たのが、昨年2017年の10月なので、10か月ぶり。

 前回の愛のこもったレポはこちら

一年に一、二度食べて、現状をレポしたくなります。

2018年8月時点でも、根強い人気を誇っていました。

昼よりは、夜の方がまだ行列は少ないかな、と。

さて、メニューです!!

ラーメンをのぞく店内撮影は禁止ですが、券売機もOKでした(;´・ω・)

券売機を見て、びっくり!!

なんと、「ラーメン小」の更に少なめのラーメンが三つも登場していたんです。

 ラーメン小(750円)(240g、豚二枚)

 ラーメン小(700円)(240g、豚一枚)

 ラーメン200(690円)(200g、豚一枚)

 ラーメンミニ(680円)(150g、豚一枚)

凄い!! 遂にかじろうに「普通」の量のラーメンが登場です。

ラーメンミニが、普通のお店の普通の量ですからね。

僕は、今回、ラーメン200を頂くことにしました。

前回、ファットなのを頂いたので、今回はノーマルで、ニンニク増しのみ。

あと、、、

公式ツイッターで告知されていた「玉ねぎ」トッピング(30円)も♪

千葉のラーメンファンには、玉ねぎは欠かせません♪

ジャジャーン!!

こちらが、一般人向けの「ラーメン200」です!!

野菜も、通常の量です。

うん、これくらいがいい!!

たくさん食べたいところだけど、食べた後がきつくなるから。

チャーシューも、ここのはでっかいから、一枚で十分♪

野菜も、かじろうでは、もやしだけじゃなくて、キャベツもいっぱい。

キャベツの量も若干増えている気がしましたが、どうでしょう。

ニンニクもホントいつもてんこ盛りで(ニンニクは積極的に食べます!健康!)

そして、+30円(お試し価格)の玉ねぎ!生ですね。

麺はこんな感じで。。。

いつもの安定の太い縮れ麺。

二郎系の魅力って、量もあるんですけど、麺がいいんですよね。

麺が美味しいというのも、人気のある二郎系ラーメン店の共通点かも。

今回は、200g仕様ということで、ジャストサイズ♪ 安心安心。

これを、ジロリアン風に、天地返しします。

こんな感じになりました♪

量が少ないから、天地返しも簡単簡単\(^o^)/

僕的には、完全に「適量」です。これからは「200推し」でs。。。

(ヴィジュアル的にはちょっと地味目になっちゃいますが…)

背脂を入れていないから、ホントクリアな味わいのスープでした。

カエシの強い清湯系のスープになっていまして、味は強めです。

肉体系?の男子専門のG系だけに、味は強くなければ、、、と。

しょっぱさのあるキレキレのスープ。だから、野菜もすすむ。

すりおろしたニンニクのツーンとする刺激も加わり、エキサイティングな味わいへ。

玉ねぎもいい仕事をしているというか、なんというか。

最後まで飽きさせない一つの工夫、といったところでしょうか。

ラーメンばかり食べていると、やっぱり野菜不足になります。

そういう意味で、もやし×キャベツ×ニンニク×玉ネギはいい組み合わせです。

根本的に美味しいラーメンなので、あっという間に食べ終わっちゃいました♪

今回は、何もいじらず、デフォの状態のラーメンを純粋に楽しみました。

かじろうのラーメンは、何も考えずに、無心でバクバク食べるに限るなぁ~。

***

おそらく「人気」で言ったら、都賀界隈で一番人気のお店なんだろうと思います。

超実力派人気中堅店の「海空土」&「福たけ」の独走態勢を許さないお店、というか(苦笑)

魚介煮干し系に、背脂~濃厚煮干し系、そして、二郎系。

考えたら、都賀エリアに家系のお店ってないなぁ…(ああ、「節」よ…)

それに、豚骨ラーメンのお店もないなぁ…。味噌はあるけど、鶏白湯系はないか。

個性派の麺屋玲が閉店してしまい、選択肢が一つ減ってしまいました。

都賀エリアに、個性派の面白いお店、出来てくれたら嬉しいなぁ。…

今回は、勤勉な学生のAさんとやってきました☆

例のあれ、頑張ってくれー!!

応援しているぞ\(^o^)/

Comment

餃子の王将@都賀 餃子の王将では高級な「極王天津飯」を頂きました!

2018-08-19 09:17:50 | 千葉市 若葉区

時間がなくて、疲れ切った時に、大きな味方となるのが、

餃子の王将

でしょう!

よそでは、まず食べませんが、近所にあると、通ってしまう、、、

さっと入れて、さくっと食べれて、味もしっかりしている。

「飲食店」って、二種類あるんだろうな。

①日常生活では味わえないプロの味を楽しみにいくような飲食店。

②日常生活に埋め込まれた普通の味をそのまま頂くための飲食店。

どちらがいいってわけじゃなくて、どっちもあるなぁ、と。

ブロガーとしては、①のお店に行きたいと思うけど、

生活人としては、やっぱり②のお店にもよく行きます。

②がまずいって言っているわけではなく、普通に美味しいお店。

チェーン店が目指すのは、②なんだろうな。(立地条件へのこだわりも半端ない)

食べ手からしても、日々の日常の中では、時間に追われ、②を求めることも多々…

で、今回は、、、

先日、「日本ラーメン」を食べたばかりなので、、、

また、連日のラーメンだけの日々にちょっと疲れたので、、、(苦笑)

この日は、ラーメン以外のものでも、、、と。

(ブログのために365日ずっとラーメンを求め続ける生活って、結構「修行」ですよ…)

で、目に入ったのが、「極王天津飯」(630円)でした!

餃子の王将で630円は、なかなか強気の価格設定です♪

 前回頂いた驚き!?の「日本ラーメン」のレポはこちら

ジャジャーン!!

おお~~~~~

なんか、飲食店でラーメン以外を見るのが、久々で、感動しちゃいました(苦笑)

ふわふわでトロトロの玉子に、もう僕の心はどきどきわくわく。

刻まれたアスパラガスが印象的です。

海老も大きなのがいっぱい!

さすがは、王将の高級メニュー! 侮れませぬ。

この玉子の中には、白いご飯が入っています。

この白いご飯とジャンクな味の天津(玉子)のコントラストがたまりませんでした。

ひゃー、天津飯って、こんなにも美味しかったのか!?!?」、と。

玉子にかかっている「餡」がなんか美味しかったんだよなぁ~。

和風の「旨味」ってわけじゃないんだろうけど、、、

この「餡」と卵とご飯のコンビネーションに、僕はノックダウンさせられました。

シンプルなんだけど、なんか、次から次に食べたくなる、、、

さすがは王将。

考えられているなぁ、、、って思います。

チェーン店って、やっぱり凄いところは凄いんです。

何千ってお店があって、その味を一定に保つのも大変。

不味けりゃすぐに騒がれるから、味のチェックも大変。

何千のお店をきちんとコントロールできている餃子の王将って、

だから、やっぱり凄いなぁって思います。

「プロの味」というわけではないけれど、

でも、「アマチュアの味」でもない。

「計算され、考え抜かれた、最高の庶民の味」、というか。

ちゃんと「商品」として成立している、というか。

チェーン店から学ぶこともいっぱいありますね。。。

Comment

お座敷ダイニングカフェ醍醐@都賀 洋食店で食べる冷やしジャージャー麺!

2018-08-15 21:40:03 | 千葉市 若葉区

 

数か月前に、都賀に新たに「洋食店」ができたと都賀界隈で話題になりました。

都賀の洋食店といえば、「チャチャ」が忍ばれますが、

その後、本格的な洋食店は、「High tree」くらいで、

都賀界隈で、洋食を食べる機会はほとんどなくなってしまいました。

なので、新たな洋食店ができたと聴いて、嬉しくなりました♪

その新しい洋食店の名前は、

お座敷ダイニングカフェ醍醐

といいます!

場所は、地元の人向けにいえば「つがスポ」の隣りです♪

この「澄一」の跡地になるのかな!?

場所としては、ピンポイントで、この場所です。

駅からだと徒歩で15分くらいはかかるかな!?

駐車場は、お店の前の道路の反対側の路地へ20mくらい行ったところにあります。

あと、駐車場、もう一カ所あると聴きました。

なので、車で行っても安心のお店です♪

お店のツイッターもありました♪

ラーメンも出していると聴きましたが、なんと「冷やしジャージャー麺」まである!!

これは、もうラーメンフリークとしても、行かねばなりません。

もちろん、僕は「洋食大好き人間」でもあるので、テンションはかなり上がります♪

お店の中は、店名の通り、「お座敷席」があり、「カウンター席」があります。

夜になると、呑みにくるお客さんがお座敷で盛り上がっているんだとか。

ただ、、、

肝心のラーメンは、夜のみの提供、となるみたいです(;;)

(記事の最後に、ラーメンのメニュー表を出しますね!)

まぁ、次回、夜に来たいなぁって思います。

今日は、「冷やしジャージャー麺」って決めていたので♪

これです!!

洋食屋さんで、ジャージャー麺、、、

なかなか、経験できないですよ、、、

メインメニューです。

洋食屋さんらしく、お昼は「ランチメニュー」をしっかり用意していました。

今回は、「冷やしジャージャー麺」と「本日のパスタランチ」をお願いしました。

あと、「千葉県産いもぶた三軒豚のロースト」(980円)と、、、

ユニークな「まるごと新玉ねぎのオーブンチーズ焼き」(580円)を注文しました。

さぁ、いったい、どんな味世界を見せてくれるのでしょうか!?

ワクワクしますねー!

まずは、「サラダ」と「じゃがいもの冷製スープ」!

来ました、「ビシソワーズ」!!

このビシソワーズがめっちゃ美味しくて興奮しましたね。

玉ねぎとじゃがいもの味をしっかり感じるややしょっぱめの冷製スープ。

この冷製スープ、クセになりそうです。

ドイツ等で食べる冷製スープより美味しい(苦笑)、、、(;´・ω・)

サラダもとても食べやすい安心のミニサラダでした。

そして、、、

ジャジャーン!!!

この日のメインメニューの「冷やしジャージャー麺」登場です!

おお、王道のジャージャー麺スタイルだ!!

それにしても、なぜこういうお店でジャージャー麺なのか!?

店主さんは、飲食店キャリアも豊富で、中華系の料理も一通り学んだようです。

で、、、

こちらのお店、まぁ、都賀とあって、しかも建物も居酒屋さんの居抜きとあって、

洋食店と知らずに来るお客さんも多いんですって。

それで、そういうお客さんのために、洋食以外のメニューも、と考えたそうです。

たしかに、外から見た感じだと、普通の居酒屋さん風の料理店だと思いそうです。

それに、ラーメン類と違って、洋食って、やはり毎日食べない、、というか。

僕なんかは、毎日洋食で全然OKな感じだけど(ブログがなければ!!)…、

やはり、そう頻繁に食べるものでもないかな、、、と。

常連さんからのリクエストということもあり、始めたんだそうです。

zoom up!

うん。これは、王道のジャージャー麺だ、、、

洋食の隠し味とか、洋食風のアレンジとかは確認できませんでした。

むしろ、普通に美味しく頂ける冷たいジャージャー麺になっていたかな!?

ただ、麺は冷たく、ジャージャー麺の餡はアツアツ。

つまり、「ヒヤあつ」の冷やし麺になっていたんです!!

餡の方も、挽肉たっぷりで、甘みと旨みがぎゅっとつまった感じでした。

シンプルで王道。

まさに、お客さんのために味を整えた基本のジャージャー麺かな、と。

変に、変わったことをしようとしていないところに好感がもてました。

麺はこんな感じです。。。

うん、こちらの麺も、王道の普通の中華麺でした。

いわゆる定番のジャージャー麺だとすれば、この麺でいいのかな!?

ここは洋食屋さんですし、そこまで麺にガチでこだわらなくてもいいですよね。

どこまでも、普通の中華食堂等で提供されているジャージャー麺に近い一杯でした。

とすると、夜のみ提供のラーメンも気になるなぁ~…(´;ω;`)

で、、、

こちらが、千葉県産いもぶた三軒豚のローストです!!

ひゃー、美味しそう!!

とにかく、この豚肉、柔らかい!!!

豚肉って、こんなに柔らかかったっけ!?っていうくらいに。

脂身が多いってわけでもないのに、柔らかいんですから、驚きです。

さすが、豚肉に強い千葉県なだけはある(苦笑)

 三元豚とは何か!?

 千葉県産いも豚とは何か!?

つまり、さつまいもを食べて育った三種の掛け合わせの豚、ということみたいです。

豚肉を最高に美味しくいただくために、知恵を出して、丁寧に育てた豚、と。

(まぁ、人間の欲望っていうのは、どこまでも果てしないものがあるな…汗)

打倒!スペイン産のイベリコ豚ってところでしょうか!?

今後、EUからの輸入の関税もなくなり、ライバルになることは間違いない。

日本の豚肉が今後、ヨーロッパに出ていく可能性もある。

そういう意味で、美味しい豚肉を作るというのは、大きなイシューかもしれません。

とにかく、驚くほどに柔らかくて、美味しかったです。

玉ねぎベースのタレもありましたが、タレなしで十分に美味しかったです!

で、、、

絶対にここに来たら食べたいのが、、、

これです!!

まるごと新玉ねぎのオーブンチーズ焼き!!

もうね、これには、僕、完全に参りましたね。

しっとりとしたフレッシュな新玉ねぎがまるごと一個!!

チーズと一緒に食べるこんがり焼けた玉ねぎ。

これは、もう「至福の逸品」だ、、、(;;)

シンプルなんだけど、常識的には思いつかない一品じゃないかな!?

次回も絶対に食べたい一品料理であります。

あー、これで、酒を飲みたい(苦笑)、、、

で、こちらが、本日のパスタです!

まさかのペペロンチーノ!!!

ペペロンチーノ、僕、大好きなんです、、、(;´・ω・)

なので、こちらも美味しく頂けました。

きのこがいっぱい、ベーコンもしっかり入っていて、よかったです!!

***

というわけで、、、、

お座敷ダイニングカフェ醍醐、

とてもいいお店だなぁと思いました。

が、一度来ただけで語れるようなお店でもありません。

なので、また、近いうちに、今度は「夜」に来たいと思います。

ちなみに、店主さんご夫妻はどちらも神奈川出身の方。

縁があって、千葉で暮らしているんですって。

神奈川出身の千葉在住の人だと、話もはずむかもしれませんね。

あ、、、

あと、、これ!!

現在、提供されているのは、「牛タンねぎ塩ラーメン」です!!

これ、絶対に食べたいなぁ~~~、、、、(;;)

レギュラーで980円。なかなかいい値段だぞ、、、

近いうちに、、、

8月の定休日も出しておきますね。

今度のお休みは、20日と21日。

月火がお休みなのかな!?

あと!!!

駐車場側から、お店を眺めてみました。

右手の奥に、「醍醐」があります。

で、手前左手の駐車場(2台分)が、醍醐の駐車場になります!!

是非是非、行ってみてくださいねー!!!

Comment

麺処まるわ@作草部 独自に進化!昆布と梅が隠し味の「淡麗塩そば」!

2018-08-14 22:06:33 | 千葉市 若葉区

先日、まるわの店主のI氏とお話していて、

うちの<淡麗塩そば>、最近食べました!?」、と。

そして、「めっちゃ、美味しくなっていますよ」、と!!

この数年、厨房を任されているビギー君が改良に改良を重ねたそうです。

となれば、食べなければ!!、と。

まるわ愛好家として(!?)

考えたら、ずいぶん、まるわの淡麗塩そば、食べてない…。

 過去ログを見たら、なんと2011年4月みたいです…(;´・ω・)

ただ、ワンズモールのまるわChinese styleでその後食べてますが…

(この頃はまだ、ブログ全盛期だったなぁ、、、しみじみ)

そういうわけで、実に7年ぶりの「淡麗塩そば@麺処まるわ」なんですね。

なので、過去の味と比べてあーだこーだ言える感じではありませんが、

今の「淡麗塩そば」を味わい、語ってみたいと思います。

メニューはこんな感じで、、、

こんな風に、レギュラー化されています。

さて、7年ぶりの淡麗塩そば、

いったいどんなお味なのでしょうか!?

ジャジャーン!!!

こちらが<今>の「特製 淡麗塩そば」です!!

なるほど~。

特製なので、ヴィジュアルがちょっと豪華になっています♪

スープは、「淡麗」とあって、クリアで透明です。

このスープを飲むと、雑味や油っぽさはほとんどなくて、

すっきりとしていて、塩だれのシャープなキレが感じられます。

この塩だれ、「昆布」と「梅干し」がたっぷり使われているんです。

昆布の味は、たしかに仄かに感じられます。

昆布の旨みが大好きな僕にとっては、とても嬉しい限りです。

昆布の量もかなり多くて、梅干しも相当入れているそうです。

もちろん<塩ラーメン>ですから、しょっぱさもしっかりあります。

かつての淡麗塩そばは、いわゆる「もみじ」を入れてとろっとしていたのですが、

これを使うのをやめて、さらに<クリア>で<キレ>のある味わいにしたんだとか。

ただ、完全に油を無くしているわけではなく、「鶏油」を加えています。

このように、昆布×梅干×鶏柚の塩ラーメンって、あまり他にない!?

しかも、無化調!!(化学調味料不使用)

それほど、派手な塩ラーメンではありません。

が、いつまでも、何度でも食べたくなる塩ラーメンになっている、というか。

それと、あまり他じゃ食べられない味になっている気もしました。

魚介系の塩ラーメンがわりと、一般的に広まっていますが、魚介の味ではない。

ニンニクや生姜を強めたパンチのある塩ラーメンでもない。

しょっぱさを過激に強めたTHE塩ラーメンってわけでもない。

豚骨ベースのヘビーな塩ラーメンでもない。

かといって、昔ながらのあっさり塩ラーメンでもない。

わりと、独特な味わいの完成された塩ラーメンって感じがします。

ただ、油っ気がないので、若者向けというよりは、大人向き!?

40代以上のおっさんたちが「はぁ~、まいう~」っていうラーメン!?

麺は、こんな感じです。

淡麗塩そばで食べると、開化楼の麺って、映えますね~。

開化楼の麺を美味しくいただけるスープになっているかと思います。

究極的には、ラーメンって、小麦の麺を食べる料理ですからね。

小麦の麺を美味しく食べられるための努力が、ラーメン作りと言えるかも!?

あと、チャーシュー三枚が美味しかった。

柔らかくて、臭みがなくて、トロッとしていて、弾力性があって。

なんか、こんな柔らかいチャーシュー、久しぶりに食べたかも!?

柔らかいけど、低温チャーシューじゃないし、生でもない。

ちょっと、和屋@千葉寺のチャーシューを思い出しました(;;)

だいたい、チャーシューって、パサパサで固いですからね。

柔らかいチャーシューって、やっぱり素晴らしいと改めて思いました。

あと、穂先メンマがでっかくて、驚きました♪

のりは、特製なら、三枚は欲しいな(苦笑)

煮玉子は安定の美味しさでした。

***

超久々に食べた「淡麗塩そば」。

たしかに、感動してしまいました。

I氏の言ったとおりでした。

暑い夏、「冷たいラーメン」もよいですが、

あえて、この「淡麗塩そば」を食べてみるのもよいかも!?

熱いスープですが、すっきりとしていて、なんか癒されました。

PS

7年前の「淡麗塩そば」の画像です♪

ヴィジュアル的にも…

たしかに、スープが前よりもライトな気がするなぁ、、、

油の層がほとんどなくなっている、というか。

なんか、逆にこのかつての淡麗塩そば、食べてみたくなったなぁ、、、

しかし、「味」というのは、その瞬間に感じるものであって、

それを何かに「記録」「保存」することって、できないんですよねー、、、汗

難しいなぁ、、、(;;)

画像は残せても、その味は残せない、という、、、。

だから、面白いんだけど♪

Comment

福たけ@桜木 G系「もすら」は「も」やし「す」んごい「ラ」ーメンです!

2018-08-13 01:42:51 | 千葉市 若葉区

あまり久々じゃないかな!?(苦笑)

またまた、やってきました!

都賀~桜木エリアのウルトラスーパー人気店、

らーめん福たけ

です!

 前回の記事(2018年6月)はこちら

このブログでは、もう2005年の開設時からずっと紹介しています!

店主の福田さんもご存知(苦笑)、僕は心底、福たけLOVEな人間です!

色々とめぐりめぐったけど、やっぱり「福たけ」は最高のお店だなぁって。

これからは、一人のラーメン好きとして、もっと福たけに来ようっと。

かつては、行列が半端なくて、席に着くまでが本当に大変だった…

今も、昼時はそうらしいけど、時間帯をずらせばなんとか座れる。

(と言っても、常時人が集まるので、常にほぼ満員状態ですけど…)

前回食べた限定の冷やしは、なくなっていました(;;)

さて。。。

基本のメニュー。

東京背脂に、九十九里煮干しに、地鶏中華そば…

あー、どれも美味しんだよなぁ~~(;;)

ガメラも、久しく食べてないなぁ、、、

ガメラ、めっちゃ美味しいんですよね~♪

 前回、ガメラを食べた時のレポはこちら

(なんと、2010年だって…。過ぎる時が早すぎる…)

バリエーションも豊富です。

そして、つけ麺各種。

ここのメガ豚煮干しつけ麵は、福たけのマスターピースですよね。

当時としては、めちゃめちゃ画期的だった濃厚な煮干しのつけ麺。

で、、、

今回は、何を食べようかなぁ~~~、と。

メニューとは別に、前にツイッターで見た「あれ」が出ていました。

これです!!

モスラ!!

「もやし、すんごい、ラーメン」で、モスラ!!

ガメラとふく郎を合体させた一杯って、、、(;´・ω・)

ガメラは、メガ豚煮干しのラーメンバージョン。

そこに、G系のスタイルを持ち込む、という無謀な一杯!?

調子にのって、無料トッピングの中から、

ニンニク増し×アブラ増し

で、お願いしてしまいました。

これが、とんでもないことに、、、

見てください!!

ジャジャーン!!!

モスラ、ニンニク増し×アブラ増し

です!!

これ、ヤバい、、、(;´・ω・)

ニンニクの量、半端ない、、、

アブラの量も、半端ない、、、

これ、<やり過ぎ>を超えている、、、Σ(゚д゚lll)

僕みたいな半端者に、これ、食えるのか!?!?

zoom up!

凄いでしょ!?

背脂の量が半端ない、、、(;´・ω・)

その上に、お団子状になったニンニクが、、、Σ(゚д゚lll)

凄いわ、凄いわ、、、

チャーシューも、とっても美味しそう!!

とりあえず、麺を出してみましょう!

こんな感じで、、、

<相棒>のカラスさん自慢の開化楼の麺であります!

色々なところで開化楼の麺とは出会いますが、、、

やっぱり、福たけと開化楼の相性は半端なくよいです♪

この麺で、このスープ、、、

いったい、どんな味世界が広がっているんだろ!?

そして、「天地返し」!!

こんな感じになります。

ここまでやって、初めて食べ始めます♪

まず、スープを飲むと、すんごいことに、、、

ニンニクの刺激がツーンと感じられて、一気にやられます(苦笑)

こりゃ、刺激が半端ないぞ、、、と。

そして、大量の背脂!!

もはや、スープの味さえ感じられないほどに、背脂背脂しています。

というか、背脂味のまぜそば、みたいな感じ!?

でも、福たけの背脂は、変にしつこくなくて、さっぱりしているんです。

なので、わりと、ぐいぐいと食べられる…かな!?

(ただ、普通の人は、これはやめた方がいいかも!?(;´・ω・))

とにかく、ニンニクと背脂の猛攻撃を喰らいます。

最初から最後まで、この攻撃は止むことなく続きます。

大変だ、、、

THE中年時代をひた走る僕には、強烈過ぎて、、、

でも、頑張って、最後まで食べました!!(偉くもなんともないが…)

野菜がいっぱい入っているので、それが「箸休め」になる、という…。

いや~、凄いのなんの、、、

***

モスラは、やっぱり強かった!(苦笑)

僕は、完全にノックダウンでした。

もう、しばらく何も食べられない、、、

ニンニクの刺激にもやられたかな、、、と。

お腹がぎゅるぎゅる鳴ってますもん、、、

これは、「オススメ!」とは書けないぞ、、、(;´・ω・)

もちろん、G系がお好きな人には、強く薦めたくなりますが、、、

ジロリアンやG系愛好家じゃなければ、これはハード過ぎる、、、

でも、面白かったです。

ラーメンを普通に味わいたいなら、これじゃないのを、、、

普通のラーメンに飽きて、より刺激的な一杯を求めている人は、是非こちらを!

って感じかな!?

そして、こちらが、現在のメガ豚煮干しつけ麺です!

うん、やっぱり「色あせない」なぁ、、、と。

スープも、今飲んでも、めっちゃ濃厚です!!

「元祖濃厚豚骨煮干つけ麺」と言ってよいでしょう。

このつけ麺が、後のラーメン界に与えたインパクトは絶大でした。

いつまでも、食べたいつけ麺であります!!

福たけの餃子です!

特製傾奇餃子、という名前になっています。

こんがり焼けた色がとても素敵でした。

醤油がなくても、美味しくいただける完成度の高い餃子でした!!

(本当に、醤油をかけないで、ぱくぱく食べられました♪)

全国3位!!!

素晴らしいです\(^o^)/

いつまでも、福たけは福たけのままでいてほしいなぁ~。

もう、なかなか店主の福田さんをここで見かけることはないけれど、

しっかりと福田さんの味を守っているのが分かりました。

***

このところ、少しだけ涼しくなってきた…かな!?

まだまだ暑い日が続きそうですが、、、

福たけでがっつり食べて、元気を出す!というのも、悪くないですよ☆

僕も、またこれからも、来られるときにどんどん福たけに行きたいと思います。

Comment

並木商事GRANDE@都賀 背脂を入れる前と後の変化が分かる背脂醤油そば!

2018-08-11 18:44:15 | 千葉市 若葉区

先日、レポしたばかりなんですけど、、、(;´・ω・)

またまた、

並木商事GRANDE

です!

先日の「ソース冷やし中華」が登場する少し前に、

並商の公式ツイートで、こんなのが流れて来たんです。

こんなのが流れてきたら、、、

もう、行くしかないじゃないですか(;;)

並商の背脂醤油ラーメン!?

いったいどんな背脂ラーメンなんだ!?

想像できない、、、

気になって、どうしようもなくなりました…。

<現在は、提供されていません。背脂塩そばはまだあるかも!?>

現場に駆けつけました(苦笑)

並木商事の背脂ラーメン…。

いったいどんな背脂ラーメンなんだ!?

背脂大好き人間としては、もうテンションMAX!!

レギュラーメニューは色々あって、、、

その上に、、、

ありました!!!

背脂醤油そば

\(^o^)/\(^o^)/

券売機を買って、その「到来」を待ちます。

やってきました!

ジャジャーン!!

こちらが、並商グランデの勃発的限定「背脂醤油そば」です!

驚いたのは、背脂が「トッピング」のようにして盛られていることです。

スープ全体に振りかけられておらず、一部にまとまっています。

なので、最初に、素のスープを頂くことができるんです。

こちらの素のスープは、「醤油素湯麺」と同じだそうです。

でも、醤油素湯麺で使う「鶏油」は使っていません。

「鶏油」の代わりとなるのが、今回の主役の「背脂」。

しかも、この「背脂」、醤油ダレに付けてあるんです。

つまり、醤油漬けの背脂入りの醤油ラーメン、というわけ。

もう、想像できませんよね、、、(;´・ω・)

zoom up!

この背脂をスープに馴染ませて、食べると、、、

おお~、これは、ファットで香ばしい!!まさに背脂醤油スープだ!

ってなります。

醤油感がとても強くて、どこか「竹岡ラーメン風」に感じられるほど、、、。

言えば、「竹岡式背脂醤油ラーメン」!?!?

背脂が入るか入らないかで、ここまで味が違ってくるとは、、、

恐ろしいなぁ、とも思いました。

と同時に、背脂がどれほど味に大きな影響を与えるかも分かりました。

まさに、背脂を学ぶための一杯!!

麺は、細麺を使用していますね。

自家製麺で、わりと固めのしっかりとした麺でした。

こういうハードなスープには、ハードな麺があいますね。

量はほどほどかな!?

ハードで固い麺が好きな人には、オススメな麺ですね。

あと、チャーシューが凄かった!!

並商のチャーシューは、かなりかなり美味しいです。

柔らかくて、しっとりしていて、、、

何気に、「低温調理チャーシュー」なんですよね、、、

鶏チャーシューも、半端ない美味しさで、、、

これ、多分、薫製鶏チャーシューなんじゃないかな!?

スモークした柔らかい弾力性のある鶏肉で、思わず叫んでしまいました。

並商はチャーシューが旨すぎる!!

***

この「背脂醤油そば」、面白いです。

なんていうんだろ、、、

「ラーメンにおける背脂の効力とその影響」について学べる一杯、というか。

背脂が加わることで、こんなにも味が変わるんだ、というがリアルに分かります。

数日間の突発的なゲリラ限定ラーメンではありましたが、

これは、是非、定期的に出してもらいたい面白い一杯でした。

鶏油から背脂へ、か。。。

やっぱり、ラーメンって「あぶら」が命なんだなぁ、と改めて思いました。

昨日のツイートで、、、

とあるので、まだ「背脂塩そば」はあるかもしれません!!

とはいえ、数日でなくなるので、興味がある人はすぐに並商グランデへ!!

なみを、じゃなくて、今回は、なまを、なんですね(苦笑)

この色紙、ホント、センスあるんだよなぁ~~~、、、(;;)

テイクアウトメニューもいずれ、、、

並商ご飯も、テイクアウト出来るんだ、、、

ほ~~~~。。。

Comment

並木商事GRANDE@都賀 衝撃過ぎる!パーコー入りの「ソース冷し中華」!!

2018-08-10 22:58:39 | 千葉市 若葉区

またまた、やってきました。

都賀のRAMEN LIKE A JACK IN THE BOX

並木商事GRANDE

へ!

8月9日より、遂に遂に、提供が開始されました!!!

待望の、、、

ソース冷し中華

<ぶあついパイコーのっとります>

です!!

昨年の夏は、「冷しソース中華」でしたね。

 昨年の「冷しソース中華」のレポはこちら

今年は、更に「改良」を重ね、コンセプトを絞ってきました。

焼きそば×冷やし中華

いったい、どんな味になっているんだ!?

想像できない、、、(;´・ω・)

ジャジャーン!!!

来ました!!!

とんでもないヴィジュアルです。。。

中央にどどーんと排骨(パーコー)がのっていて、

細く切られたキャベツの千切りがどっさりとあって、

たっぷりの紅生姜に、たっぷりのマヨネーズ。

そして、手前になると。

麺は、特製ソース(酢×タレ×ソース!?)が予め和えられています。

すごいヴィジュアルだ、、、

並商のツイッターでも、、、

こんな風に、「設計図」が示されていました。

僕的には、あまり「野暮ったい」とは思わなかったかなぁ~。

どちらかというと、綺麗で、スマートで、オシャレに仕上げたなぁ、って。

どこからどう見ても、美味しそうで、ホント、そそります

zoom up!

パーコーは、厚さ1cmほどの豚肉のパーコーでした。

脂身は少な目で、わりとしっかりとしたお肉でした(なのでちょっと固いかな…)

衣の方も、わりとファット感をおさえた感じで、ぱりっとしていて、爽快でした。

千葉でパーコーといえば、東金の「金の糸」ですが、そこと正反対のパーコーかな。

金の糸のパーコーは、油分たっぷりで、お肉も脂が多くて、中毒性が高いんです。

こちら、グランデのパーコーは、さくさくで、油分控えめで、お肉も脂ほぼな

「美味しさの決め手は、油と脂」と考えると、ちょっと地味ですが、

でも、暑い夏の冷たい麺には、こっちの方がすっきりしていて、合っているのかも

麺はこんな感じです。

最後まで固さを感じる細いストレート麺。

うん、既に味が付いているタイプの冷やし和え麺ですね。

酸味がわりと強くて、す~っとします。

でも、ソースの味も負けじと迫ってきます。

酸味の強い冷たい焼きそばの味!?(なんじゃ、そりゃ!?的な…)

こんなの、食べたことないよ~って言いたくなる味。

眼を閉じて食べると、たしかに、焼きそばのような感じもするし、

でも、冷やし中華の味だよなぁ、、、とも。

昨年以上に、ぶっとんだ仕上がりになっていますよ。

しかも!!! 

キャベツとマヨネーズが麺に絡んできて、更に不思議でカオスな味わいに。

サラダ風冷やし中華っぽくも感じられる、といいますか。

全部混ぜると、このように、「冷しサラダ麺」って感じになるんです。

焼きそば×冷やし中華×冷やしサラダ麺!?

もう、わけわからない、、、(;´・ω・)

ラーメンクリエイター(!?)並木さんには、もう脱帽ですよ、、、

ただ、、、

これは、かなり個性的過ぎるので、ダメな人にはダメだろうな、、、(;´・ω・)

僕個人的には、「アリ!」ですね。

「ソース」と「お酢」の不思議なコンビネーション、面白かったです。

(ただ、ちょっと「酸味」が強すぎたかなぁ、、、(;´・ω・))

これ、らんちばさん、どう評価するのかなー!?

らんちばさんもきっと、これを食べるだろうから、その反応が知りたいですね

今度こそ、ここの基本の「素湯麺」を食べたいなぁ、、、

「唐揚げ素湯麺」、きっと美味しいだろうから、、、。

あ、あと、「シングル餃子定食」も今回注文しました。

餃子とご飯とスープで、500円也。

これはシンプルで、ありっちゃありかなぁ~。

キャベツ&ソースも付いていると、コスパがよくて、印象もいいかも!?

***

並木商事はやっぱ、面白いお店です。

来年は、どうするんだろ!?

もっと面白くなるのかな!?!?

並木商事GRANDEからはまだまだ目が離せません!!!

Comment