サイババが帰って来るよ

Count down to the Golden age

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Qアノン情報11/13壮大なプラン

2018-11-13 13:27:25 | 日記

ポニョ:読者の皆さん。おはようございます。と言っても、この記事を書き始めた時は、まだ午前中だったのですが、今はとっくにお昼を過ぎて夕方近くになっていますので、こんばんはの方が合っているかも知れませんね。投稿が遅くなってごめんなさい。

今日もQは、昨日と同じように機密書類の開示に向けた準備で忙しいようですね。二つほど記事を投稿していましたが、すぐに2本目の記事を削除していました。よほどバタバタしているのでしょうか。その削除した記事は、すぐにQpubが魚拓を残しますので誰でも読めます。

ひとつ目の記事は、監査委員会がどこに、どのように機密書類を開示するかという昨日の続きの情報ですね。それによると、ほとんどの政府機関を始め、マスコミなどの民間の会社や団体にも開示するようです。さていつになるんでしょうかね?楽しみです。この機密書類の開示の期限は、まだ二ヶ月ほどあるので、まだ余裕があるのでしょうね。でも、できるだけ早く開示していただきたいですね。今週は忘れられない週になるってQは言ってましたから。
とは言っても、QにはQの壮大な計画が有りますから、自分たちはそれを信じてついて行くだけです。

確かに、Qの謎のような投稿を読み解くのはとても難しいですね。
でも実は、そんな難読なQの情報を時々、Q自身が易しく解説してくれるんですよ。
もちろんペンネームです。多くのQのフォロワーはそれがQだと信じていますよ。自分は、そのペンネームの解説者の一人が、人々を啓蒙して光の方へ導いている啓明イルミナティの一員で、Qのチームにも入っている、あのスライブを作製したP&G社の元会長のギャンブル氏ではないかと睨んでいたのです。
やはり自分の勘が当たりましたよ。

このブログの読者であるほとんどの皆さんは、スライブを見られたと思います。そのスライブでギャンブル氏が合気道を例にとって、この支配層にコントロールされた世界に対して、どのように対処するかを説明した場面を覚えていますか?
https://m.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI
そうです。彼は合気道の達人で、長年、合気道の創始者植芝氏にも傾倒していたのです。彼が、合気道を例に出して、Qの投稿についてスライブの中で解説したのと同じような説明をしていたのです。
やはりね!って感じでしたね。彼は、三万人もの職員を抱え、年間少なくとも一兆円の予算をもらっている諜報組織、NSAの最高機密にアクセス出来る資格を持っているQグループの一員だと思いますよ。NSAの最高機密にアクセス出来る人は、多分十人もいないでしょうね。

ところでQや暗殺されたケネディJFKが属している啓明イルミナティの目的は、人々に、自分たちが実は神そのものなんだよ。外に神を探すのではなく、自らを啓蒙して、自らの中にある光が自分自身なのだ、という事に気付きなさいと教えているのです。
つまり、既成宗教の枠に縛られる事なく、神を自らの中に求めなさい。という事でしょうね。サイババさんも、キリスト教徒で産まれる事は良い事だけれど、キリスト教徒として死ぬのは考えものだという事を述べておられますね。つまり、キリスト教や宗教の本質を悟れば、一つの宗教にこだわらず、全ての宗教は光に向かって導いて行くのだ、という事を悟りなさいという事なんでしょうね。大きな山の頂上に至るには、道が無数にあるって事なんでしょうか。自分の道だけが一番近道だって思ってはいけない、という事なんでしょうね。

Q達は、悪魔崇拝者達が支配しているこの世界を人々に取り戻す為に、出来るだけ合法的に、そして人々の命が出来るだけ犠牲にならないように、支配層を舞台から引きづり落として、その権力を奪い返そうと計画しているのです。それは気が遠くなるほどの、綿密で長期に渡る緻密で、アン蜜な計画です。(笑)
それはもう、天才しかそれほどの計画が立てれない、と唸るほどの緻密さですよ。出来るだけ犠牲者が出ないように努力をしていますが、Qは必要とあれば、戒厳令を発動してでも支配層達を取り締まると宣言しました。一千年以上も地球をコントロールして来た、悪魔のような支配層達も、「ハイそうですか?私が悪うございました。捕まえておくんなはれ」と言って、そう簡単に引き下がらないでしょう。

Qはいつもプランを信じなさいと言っているのです。彼らのプランは、JFKが暗殺された時からプランされているので、もうかれこれ六十年近く経つのですね。壮大なプランですね。

JFKの墓地

これを実行するには、すごい忍耐が要りますね。
それに彼らのプランは、単純ではありませんよ。まるでチェスのように、味方の駒を敵に取らせて、一見、勝負にとって不利に見えるような手を打つ時もありますが、それは大きな目で見れば最終的に勝つ為に必要な手なのです。

自分たちは、そのような長期な大きな目でQ達のプランを見抜けないので、「あゝ、Qは、赤い津波がやって来ると言ったのに、中間選挙では下院で負けた」とか、「Qはセッションを信頼しろと言ってたのに、トランプが自らセッションを首にした」とか思っていろいろ困惑してしまうのです。

今回も、Qは「今週は忘れられない週になるだろう」と言っていましたが、それが一体何を指して言っているのか、自分たちには分かりようがありえませんが、機密書類の開示が迫っている事には変わりはないようですね。
自分たちには、Qのような忍耐力はありませんから、出来るだけ早く開示してもらいたいものです。

Q達には、Qたちが作成した壮大なプランが見えるのに、自分たちは目先の事しか見えませんから。
しかし、先ほども言ったように、Q達の一つの仕事は、私たちを啓蒙する事です。その為にQは情報を発信しているのです。でも、その情報が難し過ぎて人々に届かなかったり、誤解を生んでは元も子もないので、Q達は先程から言っている解説者を使って、人々に易しくQたちがしようとしている事を伝えているのです。
という事でいよいよ、そのQの解説者である人のペンネームを、皆さんに明らかにしましょう。
ジャジャジャジャーン!彼のペンネームは、SerialBrain2です。
彼が投稿する度に、たくさんのユーチューバーたちがこぞって、彼の記事をアップするのですよ。
中には、とても時間とお金を掛けて立派な動画を作製する人もいます。今日はその中で自分が一番素晴らしいと思っているYouTubeチャンネルを紹介しますね。彼が作製した動画は一番だと思いますね。プロですね。よく出来ていますよ。画像のクオリティはとても高いですね。多分、スライブと同じスタッフが作成しているのかもしれません。今の所、残念ながら英語版だけですが。
https://m.youtube.com/watch?v=DA5XFeL39ro
https://m.youtube.com/watch?v=MWs-bCYcFQE
という事で、今日のQアノン情報は、そのSerialBrain2さんが解説された最近のQの動きを紹介したいと思います。
それは、とても壮大なプランなのです。彼は、支配層を舞台から叩き落とすプランを手術にたとえています。

その第一歩は、麻酔です。ここで、「あいつは冬眠状態だ。」とか「一体あいつはどっちの味方なのだ」と散々、Qの支持者からも批判を受けたステルス セッションが登場します。彼は司法長官に任命された後、ローゼンシュタインを副長官に指名し、機密書類の開示を命じましたが、ローゼンシュタインは全然動こうとしませんでしたね。
トランプも、「私には司法長官はいない」と、文句を言っているフリをしていました。でも、そんな時でもQは、フォロワー達に「セッションを信頼しろ」と言っていましたよ。セッションは、実はオバカ政権の時に、オバカに任命されてオバカ政権内部にいたのです。それ故に、彼は今も支配層からも絶大な信頼を得ていたのです。
それで支配層達は、セッションが自分たちの味方で、セッションがいる限り、絶対に支配層の悪事が満載してある最高機密書類の開示は無いと思い込んでいたのでした。

ところがどっこい、支配層達がセッションが施した麻酔薬のおかげで、すっかり眠り込んでいた間に、下院監督と政府改革委員会の議長を務めたゴウディーや、セッションが雇った弁護士ヒューバーたちが、密かに、密封された告発や、その他の資料を整理し、支配層達を起訴出来るように470人もの弁護士を雇って、静かにバレないように起訴準備をしていたのでした。もし、支配層達を麻酔薬で眠らせなければ、支配層達はゴウディーやヒューバーの邪魔をし、いろんな証拠を隠ぺいしていたでしょう。

その後、ゴウディーやヒューバーが、全ての証拠を集め、起訴準備が終了したので、セッションは支配層達に対する麻酔薬の投与を辞めて、手術室を静かに出たのです。つまり彼は司法長官を辞任しました。
彼の仕事はそこまでだったので、その役割は終わったのです。そして自らの後任にウイテカーを指名し、筋肉マンの巨漢ウイテカー司法長官代理が、手術室を機密書類開示によって消毒する為に、手術室に入って来ました。

その時に初めて支配層達は、自分たちが麻酔薬で眠らされていた事に気づいたのです。
支配層達は、まさかセッションが中間選挙が終わった途端、すぐに辞表を提出するとは夢にも思わなかったのです。支配層達は、その時にセッションがトランプが差し向けた刺客だったと初めて気付いたのです。
でもそれは後の祭りでした。支配層は、自分たちが起訴される事が分かり、発狂して、ウイテカーが以前関与していた会社が、FBIによって調査されていたとか、ウイテカーもロシア疑惑があるのではないかとか、いろいろと騒いで、なんとかウイテカーが手術室を消毒するのを止めようとしましたが、それは無駄な努力でした。
彼は手術室を消毒、つまり機密書類を間もなく開示するでしょう。彼は司法長官代理なので、就任するのに、議会の承認などのややこしい手続きが要らないのです。だから、いくら支配層達が発狂してウイテカーの仕事を邪魔をしても大丈夫なのです。

しかも機密書類の開示は、一月までにすれば良いのです。時間がたっぷりとあるのです。自分たちとしては、もっと早く開示して欲しいところですが…。でも開示は明日かもしれませんよ。

Qの投稿でも、その事は次のように暗示してあります。
DECLASつまり機密書類を開示するという意味ですが、Qは、「機密書類を開示するぞ」と投稿した時の記事で、開示を意味するDECLASという語の中にある綴りの一つであるLを鉤括弧で囲んであるのです。ですから、このようになります。DEC【L】ASと。
では、どうしてLだけ鉤括弧で囲んであるのでしょうか?それはLは、アルファベットの十二番目の文字だからです。つまり、十二月に開示するってことではないでしょうか?

十二月か…。ちょっと遅いですよね。後、三週間ほどありますよね。でもその頃に機密書類が開示されれば、忘年会での話題にはなりそうですね(笑)。でも、もっと早く開示して下さいね。
という事で、ウイテカーが、いつでも手術室を消毒できる体制を整えていますね。その消毒の後、次はいよいよ本格的な手術ですね。

それは、下院監督と政府改革委員会の議長を務め、セッションが麻酔を施している間に、支配層の犯罪に関連する調査を指導したゴウディーさんに委ねられました。
彼は、中間選挙のあと、セッション達と時を合わせて辞表を提出しましたが、彼の下院での仕事はすでに終了しているのです。
だから辞表を提出したのです。しかし、彼は支配層達の膿を出す大手術をする為に戻って来ます。
その重要な大手術をするポジションに就くゴウディーさんを、実は上院だけで任命出来るのです。ですからゴウディーさんが手術を始めるのに、トランプは、支配層達が支配する下院の許可が要らないのです。上院だけの認可だけでゴウディーさんが手術を始める事が出来るのです。
ここで支配層達は、莫大な金を費やして勝ち取ったと思っていた中間選挙での下院での多数派工作が、何の意味もない事に気付いたのです。上院だけが重要だったのです。それで彼らは発狂してしまい、今、どこからか、民主党だけに投票した投票用紙が何万枚も見つかったとか言って、恥知らずにもめちゃくちゃな田舎芝居を演じ、上院での議席を逆転さそうと、どんな手段を使ってでも上院での議員数を増やすつもりなのです。もうこうなると、吉本新喜劇よりお笑いですね。もう醜くて見ていられません。ヒッチャカメッチャカですね。彼らは機密書類の公開を待たず、選挙違反で片っ端から捕まるでしょう。

まだまだたくさんの白票がありますから、ドンドン持って行って下さい


小児性愛者である悪魔崇拝者達は、チャクラが性器周辺にあるので、頭が余程悪いのでしょう。Q達の罠に簡単に嵌まってしまいましたよ。Qも、彼らはマヌケだといつもバカにしています。
ゴウディーさんが、消毒された手術室に入って来たときは、ゴウディーさんは、支配層達が二年間セッションの麻酔薬によって眠らせている間に、ヒューバーたちと彼らの調査をしていたので、支配層達を手術するのに、一体どのようにすれば良いのかを正確に知っているのです。

ウイテカー司法長官代理の任期は210日なので、その次の司法長官には、このゴウディーさんが多分任命される予定です。そこまでトランプとQは綿密にプランを立てているのですよ。
ですからトランプは、ゴウディーさんやセッションが辞表を提出した時に、「ご苦労様でした。君たちが費やした努力を、アメリカ国民は決して忘れないでしょう」と労ったのです。

これをひっくり返すのは無理でしょう。勝負ありですね

Qは、中間選挙が終わった時点で、「みなさまご苦労様でした。私たちは、今、必要なものを全て手に入れました」と勝利宣言をしました。トランプは、中間選挙によって支配層達の息の根を止める全ての武器を手に入れたのです。さすが四次元チェスをすると言われているトランプですね。読みが深いです。
という事で今日も最後まで付き合って下さって有難うございます。それではまた。

Qって誰?
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/6e4f75e905e4e2b7ab0d9d8f764caeb7
支配層への挑戦状
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/5d5e544ce5d09df9cbbf2ab8658c5f30
復活したケネディの反撃
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/06f0d7dbed9f804af37d248f597df169
ケネディJrからのメッセージ
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/ea53a5e741fbe546e987533c2555597f
トランプの背後にいるイルミナティ
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/0ea148fe44669c7dd7047c590db0dda9



この記事についてブログを書く
« Qアノン情報11/12機密書類の... | トップ | ヨノナカバカナノヨ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事