サイババが帰って来るよ

Count down to the Golden age

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Q情報 9/30 ❷ 警察国家の到来?

2018-09-30 14:51:27 | 日記


このイメージは、Qが今日投稿した大統領専用機エアーフォース1のものですが、Qが暗号でエアーフォース1が狙われていると報じました。

このイメージに書かれた暗号の意味は次の通りです。

Z[des_TFC]381とは、破壊するという意味です。

そしてZ381; とはZlin381/C106という意味で、C106と呼ぶ飛行物体を破壊したという意味ですね。

A C106 とは、未確認飛行体の暗号です。

Splush Xー1という意味は、一機は破壊した、という意味です。

つまりイメージも含めた全体のメッセージの意味は、

高度警戒警報が出されました。大統領専用機を狙った未確認飛行体のうち一機は破壊した。


という意味でしょうね。

本当かどうか確認出来ませんが、トランプ暗殺に向けた動きが活発になりそうです。

以上の情報は少しやばいので、少しすれば削除するかもしれません。


ところでこの男ですが、ピーターストゾックという男で、ヒラリーの調査をするように命じられたFBIの捜査官です。ヒラリーの調査をする代わりに、逆にヒラリーに関する証拠を葬った支配層の手先です。

この男が二年前にメールで、愛人関係である同じFBIエージェントのリサページに、万が一トランプが大統領に当選した場合のことを考えて、例の保険を掛けなければいけないと言っていましたが、例の保険とは暗殺を意味する暗号なのです。

なにかきな臭くなって来ましたね。

また、Qは今日の投稿で、もうすぐしたらフェイスブック、ツイッター、ユーチューブなどにある反支配層の情報を流しているアカウントやチャンネルを凍結し、検閲が厳しい警察国家のような状態になると言っています。そしてそのための準備をしておくようにと警告していましたね。

ocial Media Blackout 凍結 Coming
2297
Q
!!mG7VJxZNCI
30 Sep 2018 - 4:04:05 AM
TWITTER has been given the green light to blanket censor all content deemed to threaten their SURVIVAL [election].ツイッターは、大統領中間選挙に向けて、反支配層のアカウントを検閲する事に同意し、凍結する事もあり得ると脅した
GOOGグーグル - FB will follow.フェイスブックも後に続く
EXPECT COMMS BLACKOUT 凍結 ATTEMPT (POTUS 大統領TWITTER)
[ROGUE_EMPLOYEE_EXCUSE]
Welcome to the POLICE STATE. 警察国家
THEY KNOW IF THEY LOSE IT'S OVER.
THE TIME TO FIGHT!!!!!!!! IS NOW.
GOOD V EVIL 善対悪の戦い
HUMANITY IS AT STAKE 人類の危機が迫っている
DROP THE MEMES 支配層に反対するミーム(文字を貼った画像)を作って支配層反対の表明をしよう
SILENT MAJORITY NO MORE 静観するのはやめよう
BE LOUD - YOU HAVE A VOICE 声をあげるんだ 声を出せるんだろう
ARE YOU REGISTERED? 選挙人に登録しましたか
VOTE THEM ALL OUT 選挙で奴らを叩き出そう
PREPARE
RED OCTOBER
WE STAND TOGETHER.皆で一緒に戦おう
Q

赤い10月とは、共和党のシンボルカラーが赤なので、10月の期日前選挙に投票に行きましょう。そして共和党旋風を巻き起こしましょうという意味なんでしょうが、フェイスブックやツイッター、ユーチューブのアカウントが閉鎖されて警察国家になったら、どうして投票になんかに行けるのでしょうね。

トランプは今日の朝、ウエストバージニアでの集会で、共和党が断然有利だという世論調査の結果を発表して喜んでいましたが、どうなるんでょうか?民主党が大負けすれば、内戦になるかもしれませんね。

それより、来週の木曜日ぐらいにカバナーが最高裁判事に就任出来そうですね。上手くいけば良いのですが。

そうなると次の段階は、民主党による予算案否定による政府閉鎖、機密書類の公開、トランプ大統領から全ての携帯に向かってメッセージが発信。そして、その後に待ち構えている五万五千人分の支配層の逮捕状発動と、次から次に事態が進行して行けば良いけれど、物事は思ったようには進まないものです。

日本のマスコミは一切報道しませんが、アメリカでは聖書で予言されたように、善と悪(支配層)との壮絶な戦いが始まっているのです。

まあ、自分たちは高みの見物ですね。Qが言っているようにショーを楽しみまショー。

ということで今日のQ情報でした。ありがとうございました。


今朝のウエストバージニアでの集会ですが、会場には入れなかった人がとても多かったようですね。すごいフィーバーです

Q情報 9/30 ❶ 支配層への第1撃は大成功?

2018-09-29 00:00:21 | 日記

読者の皆様おはようございます。ポニョです。今日も期間限定でQ情報をお送りしますね。

トランプの国連での反グローバリズム宣言も迫力がありましたが、最高裁判事候補カバナーさんの公聴会がすごかったですね。

投票は終わってカバナーさんは認められましたが、次の選挙で出馬しない共和党議員が、カバナーさんを最高裁判事と認めるのはFBIのカバナーさんの七回目になる再調査が終わってからだと主張したので、50:51でそのまま最高裁判事として認められた筈だったのに、一週間承認が延期となりました。でもQは、これらの事は全て想定内の事なので、楽しんでショーを見て下さいと言ってましたが、公聴会を生中継で見ていると、その駆け引きの迫力でやはりドキドキしましたね。

今まで、ジョン負け犬にコントロールされていた、リンジーグラハムさんというネオコンの議員がいますが、負け犬が死んでしまったので、自由になったようですね。
そのリンジーさんが興奮して涙を流し、声を震わせながら、与えられた五分間という短い時間で、カバナーさんを陥れる支配層の陰謀を暴露していたシーンに、全米の愛国者側が感激したようですね。
https://m.youtube.com/watch?v=1CUpu--Qgxo
実況中継ラジオでリンジー議員の迫力ある訴えを聞いていたトラック野郎も、トラックを運転出来なくなったようです。それで路肩にトラックを停めて感激しながら聞いていたようですね。本当に素晴らしいコメントだったと言っていました。
また、他の多くの人々が涙なくては聞けないほど感激したと言ってましたね。
この公聴会を、友達の家のテレビで聞いていた黒人女性は、その公聴会を見たすぐ後、ほんの少しのスピード違反でパトカーに止められたのですが、彼女が運転を始めた友達の家から、パトカーに捕まったところまで速度標識の表示が道路に無かったので、無実を主張したのですが警察に車内から無理やり連れ出されそうになったので、速度違反書類に意に違わずサインしなければいけなかったのです。それでブッシュからオバマ政権の間に、アメリカが、カバナーさんのような立派な方が訴えられるような世の中になってしまったと嘆いていましたね。アメリカでは、全てのマスコミが反トランプで反カバナーなのに、たくさんの人々が目覚め始めていますよ。
https://jimakudaio.com/script?id=yt_RRmGxgxMhO4&lang=ja

支配層側は、どうしてもトランプが任命した判事候補を阻止しようと、あらゆる手段を使って妨害して来ましたね。
日本でも二、三のブログがこの件について記事を貼っていますので、ここでは下記にリンクを貼っておきますので詳しい事は述べませんが、かい摘んで説明すると、前回の記事で紹介したようように、カバナーさんが16才の時に、二つ年下の別の女子高校の女学生を酒乱パーティーでレイプしたという事件をでっち上げられています。
そのでっち上げ事件によって、最高裁判事候補を支配層側は引きずり落とそうとしているのです。その事件は支配層側がコントロールしているマスコミを全て使って判事候補のネガティヴキャンペーンをしているので、カバナーさんの家族たちが、今までのような普通の生活をするのも難しいほど、大きな影響を受けているのです。
その事件でレイプされた女性は、カバナーさんに犯されたと嘘の証言をしました。カバナーさんは自分は大学生になってからもずっと童貞だった、というプライベートな事まで公表しなくてはいけなかったのです。
カバナーさんの10才になる娘ライザさんが、お父さんからどうしてこんな事になっているのかという状況を家で説明してもらったところ、ライザさんは両親に、その嘘の証言をした女性を恨む代わりに、なんと「その女の人の為に皆で神様に祈りましょう」と両親に言ったのですよ。
子供の愛で満ちた純粋なきれいな心から出てきた言葉は、その公聴会に参加した人だけではなく、実況中継を見ていた多くの人々の心を溶かしてたくさんの人たちの涙を誘いました。
自分も思わず泣いてしまったですたい。
https://m.youtube.com/watch?v=_Tcj_F6rH78
(3分40秒ぐらいから)

カバナーさん夫婦は、「今年の両親の鏡」という賞を受賞するくらい、子供達を神様を信じる立派な躾けをして来た両親なのです。カバナーさんが法曹界で仕事をして何年も経ちますが、その間、レイプをされた女性がカバナーさんのアドバイスを受けに家に訪れるくらい、社会から尊敬されているのです。今のところカバナーさんの家族は大変な目に遭っていますが、カバナーさんがもっと責任ある地位に就き、社会でもっと光り輝くために、そのような困難を神様が選んでカバナーさん家族に体験させているのでしょうね。サイババさんがやられそうな事ですね。
サイババさんが言われているように、この世は愛で維持されているから、最後には常に正義と真理が勝つのです。
その嘘の証言をした女性は、大きなカルマを支払う事になるでしょう。聞くところによると、四千万円ほど嘘の証言をする為にソロスから賄賂をもらったそうです。
一週間延期している間に、支配層はいろいろとまた、でっち上げの証拠?を持って来てカバナーの最高裁判事就任を遅らせるでしょうが、嘘を嘘で隠せ通せませんよね。最悪の場合、腐敗しているFBIがカバナーさんのデッチ上げ事件を認めた場合、それは今のFBIでは大いにあり得るでしょうが、トランプは新しい最高裁判事候補を任命せず、選挙で勝つのを待ってから決めると思います。そうなると、アメリカの改革がとても遅れるでしょうね。

でもトランプが支配層側の悪巧みが始まる前に調査を終わらそうと、早速FBIに命じて昨晩から調査を始めさせたようです。専門家によると早ければ三日以内に調査が終わるので、来週にもカバナー最高裁判事が誕生するかもしれません。しかし支配層側の思惑通りに状況が進まない場合、ソロスを使って大きな暴動や騒ぎを起こす画策もあるようです。また、支配層が支配しているマスコミは揃ってカバナーさんは、短気なので最高裁判事には向いていないとカバナーさんの性格攻撃を始めていますね。
もう彼らのやっていることは無茶苦茶ですね。

それではどうして、支配層はカバナーさんが最高裁判事になるのを、そんなに恐れているのでしょうか?
それは、アメリカの最高裁による裁決は、判事たちによる多数決で決まるからです。今のところ民主党側の判事と共和党側の判事が同数で、中間派の判事が一人いてバランスが保たれていたのですが、その判事が引退を表明したので大統領がカバナーさんを指名し、民主党側がそれを阻止しようとしているのです。というのも、もうすぐしたら、ヒラリーも含めて五万五千人以上の逮捕状が発動されて、彼らが牢獄にぶち込まれるので、それを阻止しようとしているのです。
アメリカの法律ではそれを阻止できるのは最高裁だけなのです。それで必死になっているのです。
もうすぐすれば、トランプが民主党側がイランや中国に核ミサイルの秘密書類を売り渡したり、ロシアが大統領選挙に干渉して、トランプが大統領になったとかという嘘の書類作成に関わった名前が載っている機密書類を公開して、多くの支配層の悪巧みに関わって来た輩が逮捕され、自分たちの首もかかっているので、それを阻止しようと必死なのです。

という事でQ情報ですが、カバナーさんを陥れようとした民主党の重鎮のフェインスタインという女性議員が、十年以上雇っていた自家用車の運転手が中国のスパイで、フェインスタイン議員は多くの国家機密を長年に渡って中国に売り渡していたのです。

公聴会の後、カバナーさんの判事就任にイエス投票をしようとしている民主党の議員を壁に追い詰めて説得しているフェインスタイン

Q情報に彼女の乗っていた車が深圳の街を走っている写真が公開されています。この写真をどのようにして撮ったのでしょうか?実はQグループという組織がNSAの中に昔からありますが、その連中が情報を小出しにしているのでしょう。アメリカの諜報能力はすごいですね。それが今、愛国者側につき支配層と戦っているのです。世の中が面白くなって来ましたね。

その中国からの裏金を使って支配層は悪巧みをしているのです。
それまではサウジアラビアからの裏金も使えましたが、トランプがそれを絶ったので、中国からの金だけになってしまったのです。
今、トランプが関税を中国製品に掛けていますが、その裏には政治的な大きな駆け引きがあるのです。

また、来週には機密書類の公開を引き延ばして来たローゼンスタイン副検事長がトランプと会談します。そのローゼンスタインという高級官僚を副検事長に指名したのは、セッションという議員で、その議員をトランプが検事長に指名しました。彼は以前オバマ政権でも仕事をしていました。そのセッション検事長がローゼンスタインを指名していたのです。
その検事長は、Q情報によると愛国者なので、彼を信用しろと言っています。つまり愛国者側が送り込んだ刺客だそうです。
ローゼンスタインも、支配層の洗脳新聞ニューヨークタイムズに叩かれていましたので、刺客かもしれませんね。政治は本当に複雑です。自分の頭ではついて行けません。
しかし、セッションはすでに、グーグルやフェイスブック、ツイッターの解体に向けた動きを始めましたよ。

Qは、全てのアメリカのマスコミは、イスラエルのモサドによってコントロールされているので、彼らに手を付けるのは三年計画の一番最後になると言っています。
その間、トランプはイスラエルの手先のように振る舞うでしょうね。
でも最近、娘婿のクシュナーをパレスチナとイスラエルに送り、イスラエル側に自重した行為を取るように、そしてパレスチナ側にも、パレスチナ人の漁業権を回復したり、アメリカの大使館をエルサレムに移転してもあまり騒がないように頼んで来たようです。

自分は去年からQに注目してその情報を追っていますが、Qは、とてつもない怪物をやっつけるのに、誰も正面から戦いを挑まない。頭を使って戦わないと、自分がその怪物に喰われてしまうと言っています。
確かに支配層は、ネオコンだけではなくマスコミ、中央銀行いろんな政府や投票装置、気象兵器、暗殺部隊やCIAまで支配していますので、長期計画でないとやっつけられませんよね。本当に死ぬか生きるかの戦いです。

Qは、来月の期日前投票や11月6日の中間選挙で、トランプが一人勝ちすると予測しています。不正選挙が出来ないように投票装置のコンピューター回線を支配したようです。
日本も、もうすぐ沖縄の知事選の投票が始まりますが、期日前投票を利用したり、投票装置をコントロールして不正選挙をされなかったら、デニーさんの大勝利なのでしょうが、そうは問屋が卸さないでしょうね。
早く平和の改革の波が、政治的経済的な閉塞状態にある日本にも訪れれば良いのにね。トランプがどれだけ日本を自由にする計画を立てているのでしょうか?米軍を引き上げてくれるのでしょうか?
自分たちも、人々がもっと目覚めるように、頑張って正しい情報を広めようと思います。

という事で今日はこれで失礼しますね。時事情報はいつものように一二週間で削除しますのでよろしく。有難うございました。それでは今日はこれで失礼しますね。
最後に、先ほど約束しましたいくつかのQ情報を流しているブログ紹介します。

https://ameblo.jp/jaja1229/entrylist.html

https://www.jimakudaio.com/blog





スイスイ〜とアメンボ人生

2018-09-27 04:00:25 | 日記
宇宙創造は私の意思の投影である。それは実体を持たない。p175バガバッドバヒニ

ポニョ:Sai loveのババのダルシャンビデオを見てそのババが発するオーラっていうか、荘厳さに感動するけれど、でも周りを見渡して見ても、この世界の創造主が人の姿をとってやって来たというすごい人類最大のイベントの意義を、人は全然理解していないような気がするぜよ。それって少し残念な気分になるよな。

ヨシオ:俺は別にならないけれど。その人の問題やないか。俺たちは俺たちの義務さえやっておればそれでええんや。クリシュナやラーマの時代は、ほんの一握りの人しか神の化身を認識出来なかったんや。その時代と比べたらババを知っている人はわんさかいるやないか。

ポニョ:でもババの事を知っている人でさえ、ババを神の化身だと疑っている人がほとんどやぜよ。テレビとかマスコミの影響でババを手品師とか奇跡はトリックだと思い込んでいる人ばっかりやぜよ。

ヨシオ:だからそういう人の事はほっとけって言ってるんや。その人の持っているカルマに応じてその人がどの程度、ババが神の化身だと知れるチャンスが与えられるんや。だから、ババの事を手品師だとか信じ込んでいる人に対して、「そうではないですよ。ババは神の化身ですよ。」と言えば、それでポニョの義務は終わりや。
その人とムキになって言い合いする必要も無いんや。時が来れば、全ての人々は遅かれ早かれババの元にやって来るんや。だからババを疑いの目で見ている人が、真理を求めてポニョの元へやって来ていろいろ質問するまで待っていれば良いんや。

疑いがあなたの気をそらせるのを許してはなりません。
あなたの心の祭壇に、私の神性に対する固い信心を据えさえすれば、私の実体を見ることを勝ち得ることができます。
そうする代わりにもし、時計の振り子のように揺れ動き、あるときは信じ、あるときは信じないなら、決して真理を理解することも、至福を得ることもできません。
あなた方は今、今生で、サルヴァダイヴァットワスワルーパ〔すべての神のすべての姿の化身〕を見るという至福を味わうチャンスを得たのですから大変幸運なのです。
もう一つ、皆さんに注目してもらいたい事実があります。
これまで神が地上に化身したときには、明らかにそれは神の恩寵だとわかる証拠の数々にもかかわらず、その化身が神であることを知る喜びは、化身の肉体がこの世を去って初めて与えられました。
化身たちが集めた、人々の忠誠心や信愛は、化身たちの超人的な力や御業、あるいは厳格な最高の権威に対する、恐怖や畏敬を通して生まれたものでした。
一方、このサティヤ サイの化身についてしばし考えてみてごらんなさい。
物質主義がはびこる、強い不信と不敬の時代に、この化身の何が、世界中から数百万もの人々の崇敬を集めているのでしょう?
その根本的な理由は、人の姿の内にある私のこの世を超越した神性にあるという事実を理解すれば、皆さんも納得することでしょう。17/5/68

ポニョ:でもババを世界の創造主だと理解し、その教えに従って生きているおいら達が、いかにラッキーなのか、ちょっと考えただけで鳥肌が立つぜよ。だってこの世界にあるものは、全て移ろいゆく幻のようなものやろ。実体って無いんや。ババだけが実体って考えると、ババさんはすごいなって思って感動しちゃうぜよ。

ヨシオ:そうやな。全てのものは創られたもの、被創造物やから、ババさん以外はある日消え失せてしまうもんな。この世にあるものは何一つ永遠に存在するものって無いもんな。鉄の塊も大きな山も太陽も星々も。全ては幻のように消えてしまうもんな。
肉体だって百年経てば骨と皮だけになってしまう。神がこの世に化身として現れた時のみ、俺たちはその神がまとった人間の身体を通じて、宇宙の唯一の実体を垣間見ることが出来るんや。だからポニョがさっき言ったけれど、ババがこの世界に来られたという事は、人類最大のイベントなんや。

ポニョ:でも人はこの世の幻に惹きつけられて、それらを愛し、執着し、追い求めようとして、サイババさんがこの世に来られた真の意義を知らずに無視してしまうんやな。

ヨシオ:ポニョがオクラに執着するようにな。どんな人でもやがて肉体を離れて、自分が歩んで来た人生を振り返る時が来るけれど、その時に、なんであんなしょうもない事でカリカリ来てたんかなとか、あんなものを必死になって追い求めていたってアホみたいやったな、なんて思って後悔する時が来るんや。だから今、こうして生きている間に、全てのものは幻やから必死になって追い求めたりしないように生きなければいけないんや。

ポニョ:つまり、水の上をスイスイ〜と歩くアメンボように、自分が通った後が消えて無くなるような生き方をしましょう。アメンボ人生万歳。

ヨシオ:自然大好きなポニョの口からアメンボが出て来ましたね。都会ではもうあまり見かけないよな。昔は大阪の街のどこにでもいたんやけれど。

ポニョ:捕まえようとしたけれど、ピョコンと跳んで逃げられるんや。アメンボって羽も無いのに結構遠くまで跳ぶことが出来るんやで。

神以外のものについては、物事をあるがままに愛し、それにとどめなさい。
人を人として愛するだけで止めておきなさい。
もしそれ以上に愛するならば、あなたが事物の本性について誤解し、騙されているのです。
妻も子も、財産も親戚もすべて、自分のものでは無いのです。
妻子、親族、財産は、ごく短い間だけあなたのものなのです。
あなたは、この世に、旅人のように一夜の宿を借りにやって来ただけです。
朝になればまた、旅立つのです。
あなたは旅立つ準備もせず、夜通しあれこれと無益な議論をしています。
議論をすることによって、あなたは眠ることも出来ず、休息を取ることも出来ません。
その結果、旅を続けるエネルギーは、失われてしまいました。
この世の物事に、あまり関わり過ぎて、気を揉むことはやめなさい。
取り越し苦労は、意味もない憔悴と、時間の浪費に終わるだけです。
そんな時間があるなら、神への瞑想にあてなさい。DVJp45~8

ヨシオ:ババは俺たちに毎日坊さんのようになって世間から離れ、修行しなさいと言っているわけではないんや。それより毎日の生活の中で自分がしなければいけない義務をきちんと果たし、その行為の結果を神さんに委ねて、それに執着することなくひょうひょうと、さっきポニョが言ったようにアメンボのような足跡を残さないような人生を歩んで欲しいと思っておられるんや。

ポニョ:それと、接する全ての人々の中に神を見れるようになったら、もっとええよな。

ヨシオ:この世界にあるものは、全て神さんの意思で創造されたもので実在しないけれど、そういう被創造物を通じて神さんを悟ってもらおうとされてるんや。だからこの移ろいゆく世界を創られたんや。

ポニョ:全てのものが、移ろいゆく幻のようなものですよ。気づいてくださいね。本当の自分を。真のあなたは、百年も経てば使い物にならない肉と脂肪と骨の塊ではありませんよ。私と同じ光り輝くアートマなんですよ。という事を言われたいんやろうな。

私は皆さんすべてが出家して一切を放棄するように望んでいる訳ではありません。
私が望んでいることは、皆さんが自分の義務を果たし、神に全てを委ねて、万物の裏側には唯一の根本的な実体が潜んでいるということを悟ってもらいたいのです。
この悟りを得るならば、無執着はひとりでに培われることでしょう。
無執着は強制的に得らしめるものではありません。
神への愛が大きくなるに連れて、俗世の物事に対する関心は自然に消え失せて行くものなのです。10/9/96

ヨシオ:人は、健康で長生きをしたら、それで幸せな人生やと勘違いしているけれど、単なる自分の滅びゆく肉体を、長く生かす為だけに努力しても何も意味が無いんや。自分の滅びゆく肉体を使って少しでも神を顕現し、ババのように愛の化身と呼ばれるように、全ての人たちを愛するように生きていかなければいけないんや。

ポニョ:身体を健康に保ち長生きする為の目的は、老人ホームでゲートボールのチャンピオンになる為じゃないもんな。またネンリンピックやマスターズで金メダルを獲得する事でもないし。そのうち走れなくなったり、歩けなくなったりしても、まだ自分が一体誰か知ろうとする努力もせず、この世的なものばっかり追い求めていたら、人生って虚しいやろな。そのうち歩けなくなって車椅子生活になれば、ヨボヨボの身体で車椅子マラソンとか車椅子レースで一等賞を狙うようになって、次の生は高性能のターボチャージャーが付いた車椅子になって生まれ変わるんやろな。

ヨシオ:どんな車椅子や。ポニョの口癖じゃないけれど、危険が危ないやないか。

私がこれまで話してきたことの要点は第一に、健康は最も重要なものであるということ。第二に、それは何のため、誰のためか? ということです。
それは皆さんがアートマ〔真我〕のアーナンダ〔至福〕を体験できるようにするためです。自分は誰なのか、自分の実体を理解するよう努めなさい。
もし自分が誰であるかを理解できないのなら、この世で生きていても何の役に立つでしょう?
この世のものと、この世を超越しているものとを区別してはなりません。
あなたは二つを一つにし、自分の本性を悟って、神聖なアーナンダを体験しなくてはならないということに気づきなさい。
そしてさらに、人間に与えられているもの、すなわち愛を体験しなくてはならないということに。
狭量な心や、狭い了見に余地を与えてはなりません。
他者を傷つけず、害さない方法で身を処するよう努めなさい。
そうして初めて、あなたは自分自身と自分の存在を神聖化することができるでしょう。8/10/83
https://m.youtube.com/watch?v=61VKaX4obTk



神のレッスンシリーズ(37)女性の日のスピーチ

2018-09-24 04:00:47 | 日記

ポニョ:今週は女性の日にされた、フィリスクリスタルさんによる講話をお送り致します。お楽しみくださいね。

元記事はいつものように月刊サイメールマガジンからです。いつも有難うございます。
尚、月刊サイメールマガジンのお申し込みは
http://www.sathyasai.or.jp/
からどうぞ。

2011年11月19日女性の日フィリス・クリスタル女史によるスピーチ

皆さん一人ひとりの内に宿るババに対し、サイ ラムとご挨拶を申し上げます。ババはすべての人の中にいらっしゃり、見るものすべての中にいらっしゃるからです。

皆さんは気づかれているかどうかわかりませんが、ババは、亡くなられてからさらに、私たち全員にとって接触しやすくなられ、どこででも、常に私たちを導いてくださっています。

今からだいぶ前、1973年に、夫と一緒にホワイトフィールドにババに会いに行った時のことを思い出します。――当時、外国からの訪問者は非常にわずかでした。当時ババは、私たち夫婦が帰国する直前になると、必ず最後のインタビューを授けてくださったものです―― その時の訪問が私にとってババに接した初めての経験だったので、私は興味津々でしたが、同時に、次はどうすべきかと思っていました。再びインドに戻って来るべきなのか、あるいはただ、今までのように生きるべきか? 当時の私はとても恥ずかしがりやでしたが、なんとか勇気を出してババにこう尋ねました。

「ババ、私たちはどうしたらいいですか? こうしてあなたに会いに来ましたが、また来るべきでしょうか? ババのご助言は?」

私は、この時のことを決して忘れないでしょう。ババは私に指を向けて、こうおっしゃいました。

「まず、あなたは覚えておかなくてはなりません。あなたは、この小さな体に会いに戻って来る必要はありません」

"この体"とおっしゃりながら、ババはご自分の体を指差されました。そして、私がそのメッセージを咀嚼できるよう、少し間を空けられました。次にババは、こうおっしゃいました。

「あなたは、私を、私の分身を、自分のハートの中に見つけなければなりません」 ここでもう一度、間がありました。それからこうおっしゃいました。

「ええ、あなたは戻ってきますよ。エネルギーを回復するためにね」

そうして、私たち以外にも大勢の人たちが、エネルギーを回復するために定期的にここへ戻って来ていました。当然ですね。そして今、非常に多くの人が、次はどうしようと、1973年当時の私のように悩んでいます。そこで私は、まず、ババがあの物理的な体の中に入っていると考えないことが、とてつもなく重要だと感じています。

ある時、ババは私に、すばらしい内面のビジョンを見せてくださいました。ババは、あのババの姿で私のところに来てくださったのですが、見事に輝く"光の体"となっていらしたのです。私は息をのみました。

それはババが腰を痛めて最初の手術を受けられた時のことで、私たちはホワイトフィールドにいました。ババが病院に向かわれた後、ダルシャンホールは完全に空っぽになりました。誰も中に入ることは許されませんでした。ところが、私が内面的に見たビジョンでは、驚いたことに、ババが高座にいらしたのです。でもその姿は、私たちが知っているいつものババではありませんでした。中央にいらしたのは確かにババでしたが、その周りを、すばらしい見事な光が包んでいたのです。そのビジョンが与えてくれるとてつもないエネルギーに、私は圧倒されました。そして、自分の頭の中でババの声を聞いたような気がしました。そういうことは時々あります。ババがおっしゃったのは、次のようなことでした。

「これが私の本当の体です。あなたが会いに来るあの体は本物ではありません」

その光の体を介して、ババは説明を続けられました。その説明によると、ババはご自身を、その本物の体である本物のババから、私たちが知っているあの体に映し出すことができたそうです。さらに、よく実際になさっていたように、ババは世界中どこにでも顕現することがおできになりました。そのような説明が頭に入ってきて、私は本当に驚いてしまいました。そして今、ババはそうしたことを、よりたやすく行うことができます。ババは、私たちが深く愛したあの体には、もういらっしゃらないからです。

確かに、サマーディ(お墓)はここにありますが、ババはここにいらっしゃるわけではありません。もちろんこれがあることで、私たちがかつて、いかに喜んでババに会いに来たかを思い出すことができますが、それがババの最も重要なメッセージではありません。だから私は、ババがこのお墓に埋葬されているというふうには考えられないのです。どうしてもできません。そんなふうに考えるのは、ババを矮小化することです。ババは、どこにでもいらっしゃり、私たち全員の中におわします。

 
今日、皆さんに話すために出かけてくる前から、私は自分がババの死を悼(いた)んでいるという印象を与えることは不可能だとわかっていました。私はババを失ったことを悲しんではいません。私たちは悲しむべきではないのです。ババは私たちにそうしてほしいとは望んでいらっしゃいません。そんなことをすれば、ババの存在を小さくしてしまいます。ババはどこにでもいらっしゃるのです。

以前、ババのインタビューを待っていた時のことを思い出します。ババは私たちを見回し、私たちは、これからババが何をおっしゃるのか、もしくは、何をなさるのかと思いながらババを見ていました。そして、ババはおっしゃいました。

「私たちは皆、電球のようなものです」

私たちは、あっけにとられたようになりました。ババはおっしゃいました。

「ある人は20ワットの光を放つかもしれません。ある人は60ワットや80ワットの光を放つかもしれません。しかし、ババは、何千ワットという光を放っているのです」

私が今日話しかけたいのは、皆さん一人ひとりに宿るババに向けてです。私はババを悼んでいません。そうではなく、私は、ババがあの体から出て行かれたので、胸をなでおろしているのです。あれほどまでに病んだババを見て、私は本当にお可哀相にと思っていました。私たちは、ババがもうここにいらっしゃらないことに、歓喜すべきです。

ええ、もちろん、私たちはババに会えなくて寂しいと思っています。ええ、私たちはババにあれこれお願いをするでしょう。でも私は、ババがこうおっしゃったことも覚えています。

「私は、あなたが欲しがるものを与えます。いつかあなたが、私が与えようと思っているものを欲しがるようになると願って。それを与えるために、私はやって来たのです」

これもまた、ババの最も重要な御言葉の一つです。

大勢の人が私にこう言いました。

「でも、ババはもういません。ババにあれこれお願いすることは、もうできないのです」

いいえ、ババはそこかしこにいますよ。なぜ私たちは、こう尋ねないのでしょう?

「あなたは何を私に与えようとなさっていたのですか? あなたはどのようにして、私をあなたの道具として使ってくださるのですか?」

これがババの最も基本的なメッセージです。これが、私たちの誰もが従うことのできるメッセージです。頭脳明晰である必要はありません。大学の学位も必要ありません。私たちが誰かは関係ないのです。私たちは皆、ババの目には同等に重要な存在です。

このことを初めて理解した時、私は、大いに安堵したことを覚えています。私はイギリスで、非常に厳格に育てられ、いつも、自分はちっぽけで、まったく価値がないに違いないと思わせられていました。だから、"ババの目には誰もが等しい"とババに言われて、本当に安心したのです。

誰かが誰かより下ということはありません。逆に、誰かが誰かより上ということもありません。私たちは皆、同等なのです。私たちはこの体ではないからです。このマインドでもないからです。ババが言うところの、猿のようなマインドではないからです。体やマインドは、私たちの邪魔をするものです。私たちは、本当の自分、つまり内にある光につながらなくてはなりません。何年も前からずっと、ババは私にそうおっしゃっていました。ですから、私たちは世界中どこにでも行ってその光を輝かせること、その光を人々の内に見ることができるのです。それが今現在、最も重要なババのメッセージです。ババはここに埋葬されているわけではありません。絶対に違います。そのように考えてしまうと、ババとつながるのは非常に困難になります。

今、周りにいる人たちを見回して、その人たちにババの御姿を見るべきです。なぜなら、ババが私にあの信じ難い光の体を見せてくれた時、これにも驚きましたが、ババは私の頭の中にこう話しかけたからです。

「今、私があなたに見せているこの光の体に集中すれば、あなたは他の人の内にある光の体にも、あなたの内にある光の体にも近づくことになります」

これがババのメッセージです。これが、ババが私たちにどうしても学んでほしいと望んでいらっしゃることであり、生きるうえで実践してほしいと望んでいらっしゃることです。

確かにババは、すばらしい、すばらしい御教えを授けてくださいました。少々混乱してしまうことは、本当にしょっちゅうあります。どの御教えに従うべきかわからなくなるのです。でもババはいつも、こうもおっしゃっていました。

「ただ、どれか一つに従えばいいのです」

また、何度もこうおっしゃっていたことも覚えています。

「私はあなたに話しかけ、メッセージを書き、教えを記しましたが、私はそれらを毎日の生活の中であなたに実践してほしいのです」

私たち一人ひとりが、年齢に関係なく、男性か女性か、母親か祖母か祖父かなどにも関係なく、全員、ババの愛を放射できるのです。私たちは皆、ババの道具になれるのです。そのためには、常に、

「あなたは私に何をお与えになりたいのですか? あなたはどのようにして私をお使いになりたいのですか?」

と尋ねることです。


Q情報 9/22支配層の反撃

2018-09-22 13:24:24 | 日記

読者の皆様、こんにちは。ポニョです。
今週にでも秘密情報の公開が行われると期待したのですが、まだなようですね。
昨日、ラスベガスのコンベンションセンターで行われた、共和党の集会は凄かったですね。一万人は来ましたね。
なんとあのバカでかいコンベンションセンターが、いっぱいになるほどの人たちがやって来ましたよ。
愛国者フィーバーですね。
しかも、朝早くからトランプが演説する後ろの席を確保しようとコンベンションセンターの外に並んでいました。しかしこのアメリカでの熱気は何なんでしょうか?アメリカ国民も目覚めて来た証拠ですね。彼らの合言葉はWWG1WGAつまりWe will go one. We go all. みんなが一つになろう。みんなで歩むぞ。とでも訳せば良いのでしょうか?とにかくアメリカの国旗、そして国歌、神の元で俺たちは一つだと主張している愛国者たちです。クリントン、ブッシュ、オバマと売国奴たちが大統領になってアメリカをメチャクチャにして来たので、人々の愛国心が燃え上がったのでしょうね。最近の日本では、鳩山由紀夫総理以外、ほとんどが売国奴首相でしたが、人々はまだまだオネンネ状態ですね。いつになれば目覚めるのでしょうか?
ネオコンが支配するマスコミが洗脳工作をしている日本では、トランプが大統領になってから世界情勢が大きく変わった事が理解出来ないのでしょう。人々が真の情報を得たいと思ってもなかなか難しいですね。自分が知っている限り、Q情報を流しているブログやツイッターはほとんど有りません。でも人々が思ったよりもっと早く世界は動いていますから、トランプが大統領になり、ネオコンの支配から抜け出した北朝鮮のように、ある日突然手のひらを返したように世界は変わりますよ。

集会では多くの人々がQのTシャツを着ていましたが、警備上の理由で、シャツの上に何かを羽織るか、裏返しに着ないと入場出来なかったようです。以前の集会でトランプが演説している演壇の前に陣取った人々がQ一色になり、たくさんの手作りのQ支持のプラカードを持ってきていたので、警備側がQサポーターに自制を要請したようですね。

Qはこの集会は注意するように事前に呼び掛けていましたが、トランプの真後ろに陣取っていた、ヒゲの兄さんが警備員に立ち退かされたようです。

トランプは、集会に出ていたQサポーターに対して手を振った後、両手でQの輪っかを作ってエールを送っていました。

また、マスコミのテレビカメラの放列に向かって、「お前たちは嘘つきニュースだ。支配層の一番の道具だ」なんて言っていましたね。トランプがそう言った途端、全てのテレビカメラがスイッチを切ってテレビカメラの上に付いている赤いランプが消えたのをみて、トランプが、「ほら見ろ。俺が奴らを批判した途端、奴らはテレビカメラのスイッチを切りやがったぜ。」とまくし立てていたのが面白かったです。
https://m.youtube.com/watch?v=9EM2HMMNuPE
この集会の前に、マスコミの中で唯一、親トランプ派のFoxニュースのレポーターであるハニティさんがトランプにインタビューして、いつ秘密書類を公開するかを尋ねていました。
https://m.youtube.com/watch?v=R4OjEksiJA4
トランプは、昨日、その時は国の名前を明らかにしませんでしたが、イギリスとオーストラリアからトランプに直接電話があり、秘密書類を公開しないようにと要請してきたようです。ですから公開する事に慎重に対応しているけれど、でも最終的に全て公開するのは決まっていると言っていました。
どうしてその二国は、他国のトップシークレットの書類の内容を知っているのでしょうかね。完全な内政干渉ですね。


支配層はこの秘密書類を公開されると困る事が沢山ありそうですね。アメリカの全てのマスコミは、秘密書類の公開はトランプの職権乱用だと批判しています。もうパニックモードですね。楽しみです。トランプは出来るだけ早く公開するように努力すると言っています。
でも支配層はそれを阻止しようと必死ですね。ロシアとトランプの関係を調べる為にトランプに指名された副検事総長のローゼンシュタインが、全く仕事をせずサボタージュし、逆にトランプに反逆しています。彼はトランプとの会談で身体に盗聴装置を仕込み、トランプを陥れようとしたと、あの支配層の御用新聞ニューヨークタイムスが報じていましたよ。
仲間割れですか?秘密書類が公開されると、副検事総長の政治生命が終わりだと分かった支配層に、副検事総長が裏切られた可能性がありますね。これは完全なトカゲの尻尾切りではないでしょうか?副検事総長はワラにもすがる思いで、二回もトランプに会談を申し入れましたがトランプに断わられたようです。もうヒッチャカメッチャカですね。

もっとひどいのは、最高裁判事候補をトランプが指名しましたが、もしその人が認められると、トランプが用意しているヒラリーを始め五万人以上の支配層の逮捕状が発動して、捕まった時に全員有罪になるので、特にヒラリーがツイッターで、その人が最高裁判事になる事に猛反対をしていました。
すると、その人を最高裁判事と認めるかどうかの多数決の日の11時間前に、なんとその人が17歳の時に誰かの家のパーティーで、当時15歳だった女子高校生をレイプしたという情報が出て来たのです。

すごい権力闘争ですね。支配層のやりそうな汚い手口ですね。
本当に支配層も必死ですよ。その女性は、レイプされた年月日、場所など全ての情報を覚えておらず、ただその最高裁の判事候補の名前だけ覚えていたのです。彼女はその判事候補と別の高校に通っていたのですよ。本当に不自然ですよね。
一緒にいたとされる判事候補の連れの名前も出て来ましたが、その人はそういう事件は一切無かったと否定しています。もちろん判事候補も、その女性を一度も見かけた事はないと言っていますね。
それだけではなくその女性は反トランプ主義者で、いくつかの反トランプデモでプラカードを掲げるなど積極的に反トランプデモで大きな役割を果たし、自分の兄弟も支配層の経営する市民を盗聴する会社で働いているのです。また彼女のお父さんもCIAで盗聴を仕事としていました。しかし家のローンを支払えなくなり、自己破産をした時の裁判官が、今回の最高裁判事候補のお母さんだったのです。そうです。彼のお母さんも裁判官なのです。

今、彼女はどこかにトンズラして連絡が取れませんが、アメリカのマスコミは揃って最高裁判事候補のネガティヴキャンペーンをしています。トランプにもし秘密書類を公開しなかったら、彼女の訴えも取り下げるので、取引しようと言って来ましたよ。汚いやり方です。日本のヤクザの方がマシに見えます。でも、多数決をすれば彼が判事に推薦される見通しがついたようです。
しかし、その人もブッシュ政権の時にブッシュ政権で働いた履歴があり、100%その人を信用できませんね。

日本語の字幕が付いていませんが、元CIAの偉いさんであるケヴィン シップという支配層の内部情報告発者の動画が三回に分けて公開されています。ものすごく詳しく、支配層によるアメリカ支配の仕組みをバラしていますよ。去年公開された動画は、すでに百万回再生されたそうです。彼が明らかにしたところ、なんと支配層の為に働いているアメリカ人は、米国内だけで百万人は下らないと言っていました。
アメリカはどこにでも支配層の手先はいますから油断出来ません。
https://hooktube.com/watch?v=rQouKi7xDpM
支配層の連中は、なんと深くアメリカに巣食っているんでしょうか?トランプが大統領に選ばれた時も、CIAのトップがお前がCIAに手を付ければ、命は無いと脅したそうです。日本もネオコンに操られた親米高級官僚が、日米合同会議を通じて政府をコントロールしていますが、支配層に乗っ取られた国は大変な国ですね。人々はますます苦しい生活を虐げられます。

昨日の集会でトランプは、アメリカの経済は絶好調だと威張っていましたが、世界の経済、株の上げ下げはロスチャイルドが支配していますので、支配層の金庫番ロスチャイルドが、このまま大統領中間選挙までトランプに追い風を吹かすと考えられません。中間選挙までに経済崩壊を企んでいるかもしれません。

トランプ側としては、秘密書類を公開した後、トランプの予算案が議会で認められない事を理由に、十月一日が期限なので、その時に政府機関を閉鎖して戒厳令を敷き、逮捕状が出ている支配層の五万人を逮捕し、一挙にアメリカの大掃除をしようと計画しているのかもしれません。
Qはトランプが大統領になってから、三年かけてアメリカの大掃除をする入念な計画を立てていると言っています。今までのところは全て想定内の出来事だそうです。支配層の反撃も空振りで終われば良いのですが。

トランプはFRBを残してゴールド兌換制度を復活さすと言っていますが、ロスチャイルドがトランプの思惑通りに動くかどうかが鍵ですね。

ヘルシンキでトランプがプーチンと会談した時に、この秋にプーチンをホワイトハウスに招待すると言っていましたが、後になって来年の二月ぐらいになると変更しました。その理由はアメリカの大掃除がまだ秋には終わっていないからだと言っていましたね。
という事は、経済崩壊ー戒厳令ー五万人逮捕ー支配層崩壊が少しずれ込む可能性があります。
何れにしても、もし支配層がアメリカで崩壊した場合、トランプが金正恩と関係改善をしたように、イランの大統領と会談したり、シリア、アフガニスタンから軍を引き上げたり、日本からも軍を引き上げる可能性があります。そうすれば、沖縄の基地問題も解決しそうですね。親米高級官僚たちはハシゴを外された形になってしまいますね。愉快だ愉快だ。本当に愉快だ。

夢のような話ですが、こういう大きな出来事がアメリカで今現在起こっているのです。日本のマスコミは一切報じませんが。
日本だけではなく世界中で支配層は、人々の愚民化をしていますから自分の頭で考えれる人って少なくなって来ているのでしょうね。特に日本ではマスコミが全て支配層がコントロールしていますから難しいですね。
これから数ヶ月間、Q情報から目が離せませんね。今までローマ帝国から続いて来た支配層の二千年に渡る支配の終焉が近づいて来ました。
支配層の連中が今月になってから、どんどんニュージーランドに逃げ込んで、ニュージーランドの不動産を爆買いしていますが、とうとうニュージーランド政府が外国籍の人間によるニュージーランドの不動産購入規制に踏み切った情報など、まだまだいろいろと面白い情報があるのですが、長くなったので今日はこれで失礼します。世界は大きく動き始めましたよ。ゴールデンエイジが間近ですね。神さんがトランプを使って支配層退治をしています。サイババさ〜ん。早くお戻り下さ〜い。ありがとうございました。